2010/5/11

読解力アップの勉強法「読解の方程式」 後藤智則 口コミ  読解の方程式

詳細はこちらをクリック


「読解力」が無いと大変なことになります。
「国語なんて嫌いだ」ではすまされません。



国語の勉強方法ってよくわからない、という人は多いと思います。漢字や四字熟語などは覚えれば得点できるのでよいとして、どうやって習得したらよいのかわからないのが文章の「読解力」です。


「読解力」が無いと、どうなるのでしょうか?


当たり前ですが、国語の成績が伸びません。特に長文読解問題は悲惨でしょう。


しかし、それだけではありません。他の教科の成績にも影響するのです。参考書に書いてある内容や先生の説明を正しく理解できなかったり、試験の時に設問の意味を取り違えたりします。


「読解力」は文字で書かれた文章だけでなく、話し言葉を正しく理解する上でも必要です。つまり、円滑なコミュニケーションに欠かせない能力なのです。


「読解力」が無いまま大人になると、仕事や日常生活の様々な場面でトラブルが起こります。例えば、こんな例がありました。


「最低限、20万円の利益になりますよ」と言ったら、
相手は「20万円にしかならない」と理解したのです。


これでは、意味が反対になってしまいますね。あやうく、商談が壊れるところでした。笑い話ではすまされません。それくらい、「読解力」というのは大事なのです。


それでは、どうやって「読解力」を伸ばしたらよいのでしょうか?


誰でもやるのが、問題集で長文読解問題をできるだけたくさん解くという方法。でも、これだけでは効率が悪く、実際、なかなかできるようになった気がしませんよね。


これはちょうど、数学で方程式の解き方を学んでいないうちから、文章題をやみくもに解いているようなものです。「文字式の計算」や「方程式の解き方」に相当する部分の勉強が抜けているんですね。


実は、文章の読解にも基本的なパターンがあるのです。それをしっかり学べば、「読解力」は付きます。数学の問題を解くのに近い感覚で、国語の長文問題を解くことができるようになるでしょう。


ところが、文章読解の基本法則をしっかり解説した教材が少ないのです。塾などでも、意外と教えてくれません。それもそのはず、塾や学校の国語の先生は、もともと文章読解が得意な人が多いからです。「何でわからないのか」がわからないのです。


しかし、あることはあるんですね。「読解の方程式」というビデオセミナーが、「読解力」の基本法則を解説しています。105分のビデオセミナーを活用することで、数日〜30日後には「読解力」が身についていることを実感できるでしょう。


このビデオセミナー、この手の教材としては破格の価格で販売されています。

詳細はこちらをクリック




このサイトは、後藤智則さんの読解力をアップさせる勉強法「読解の方程式」のレビュー、内容、口コミなどの情報を公開しています。




藤本式記憶術 藤本憲幸 効果


ジニアススタディ 川村明宏 口コミ


試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 レビュー


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ