時事ブログ「グースの勿忘草」

 ↑上のタイトルをクリックするとTOPページに飛びます。右系左系を問わずコメント、トラックバック大歓迎です。URLの提示など出典を明示していただければ引用は自由です。また、「○○ならば○○という結論になる」というような理論、考え方といったものに著作権はありませんから、同意できる部分は自己責任で、ご自分の意見として使っていただいてOK。

 


「時が熱狂と偏見をやわらげた暁には、また、理性が虚偽からその仮面を剥ぎ取った暁には、そのときこそ正義の女神はそのはかりの均衡を保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」
 ラダー・ビノド・パール判事の判決文より。
ランキング支援クリック受付中


カウンター(接続IP数)

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

別館・更新情報

朝日新聞

カレンダー

2018年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:左派初心者
最後の韓国人スリうんたらかんたらは何ですか?
そういうのが要らないと思います。
投稿者:ひぐらし
>そのうち「ハンリュウ」とか「韓流」という言葉は、強盗などの犯罪を表す意味になるかもしれませんね。

それいいですね!
投稿者:miyako
いつも楽しく拝見しております。ひとつだけ。
グースさんの「理論」の使い方がそこは「論理」
じゃないかぁ、って部分が散見されます。気に
なりましたので。
投稿者:ぶ〜みん
う〜ん批評には躊躇しましたが・・・私の個人から見ればグース様のブログも三輪様のも好意的に見させて頂いていました。が人それぞれ考え方も捉え方も様々ですし、それぞれの主張の違いは当然の事だと思いますので一歩的な批判は読者としては控えて頂きたいと思っています。
批判されればグース様も黙ってはいられないのも当然です。三輪様の様に「お前が俺と考えが違うなら入ってくるな!」の主張は本当に皆に自分の意見を理解して賛同して欲しいの疑問になりますし悲しいですね。
そういう意味では読者を制限する発言は控えるべきだと思います。
投稿者:ガルバルディΘ
三輪氏のブログの常連って、心なしか旧日本茶勢が多いような気がするが…
日本茶って「言論」と「宣伝」を取り違えてた傾向もあったからなあ。

てか、「親小泉」「反小泉」間のイデオロギー争いがいわゆる「保守」間にも目立ってきているのが気になるが、冷静に考えれば今回のNGOの件が何で小泉云々と結び付けられねばならんのか理解に苦しむところ(反小泉派の悪い癖だ)。
投稿者:ノーミソマン
グースさまは、北朝鮮の工作員でしょうか。(笑)
投稿者:sanada
貴方の主張に賛成です。

正直、朝鮮人同士で解決してもらいたいですね。
 
日本を巻き込むなと。

まるで、脱北者を助けるのは日本の責務だと言わんばかりの李氏や元入国管理官僚の言い分には腹が立ちます。

彼ら彼女らが北に渡ったのは寺尾や左翼メディアに騙されたり、配偶者に朝鮮人を選んだ結果であって、日本には一切責任は無い。差別は多少あったがそれは何処でもある。当然、北鮮でもある。

すべて、自己責任。
投稿者:Multisyic
外のところは知りませんが、揚げ足の取り合いというより三輪さんの勘違いで疑念を呈された訳で。
議論によって確認される事は無駄ではないと思います。

実は、もともとの外務省の対応がどうであったかが私には不明、報道がその「〜話にならない」という考えを伝えたに過ぎないからです。
もしも交渉の場で、報道どおりのことを相手に伝え引渡しを拒否したのなら、日本は法治国家の立場を失い、以後の交渉は不利になります。
投稿者:のぶ
最近、保守系論客同士の揚げ足の取り合いが目立ちますね。大同小異。目的はひとつ。”保守”よろしくお願いしたいものですね。グースさん愛読しています。お体に気をつけ、がんばってください。
投稿者:なか
国際法と国内法の適用範囲の違いについて分かりやすくご説明いただきありがとうございます、流石グーすさん。
まぁ三輪さんのような自己矛盾があってもそれに疑問を感じない方に対して説明する事は無駄かもしれませんが、その労を惜しまないご意志に感心しました。

今後も読ませていただきます、頑張ってください。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ