中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連に秋田県の「秋田竿燈祭り」の公演が来たので見に行く

今朝の大連は霧でした。

クリックすると元のサイズで表示します
朝の出勤時です。日中は大気汚染、夜9時前に帰宅しましたが、また霧となりました。

さて只今、大連は「アカシア祭り」が開催期間中なんですが、その一環として、一昨日の土曜日と昨日の日曜日に市中心部「労働公園」内で、総合的な日本文化紹介イベント「ジャパンデイ」が行われました。詳しくは在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所(通称:大連領事館)のサイトであるこちらをどうぞ。

私は初日土曜日の催しである「秋田竿燈(かんとう)祭り」の公演を見てきました。近所、しかも夜開催(20:00〜21:00)ということもあって、夕食後の散歩も兼ねました。入場は無料です。

私は関東の人間で、「秋田竿燈(かんとう)祭り」については全く知りませんでした。重要無形民俗文化財に指定されていて、青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつり、と並んで「東北三大祭り」の一つなんですねえ。「秋田竿燈(かんとう)祭り」の公式サイトはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
夜の労働公園内です。東口からの入園です。今の大連は大体、夜19時をちょっと過ぎた頃が日の入です。

クリックすると元のサイズで表示します
池の真ん中である「蓮池ステージ」ではロシア組、それも子供達がコサックダンスを披露していました。『イッテQ』でチャレンジしていた「森三中」を思い出しました(笑)。来月から毎年恒例で夏限定の「ウラジオストク⇔大連」の直行便が始まりますが、そうなると街中や観光地、海岸などでロシア人を見ることも多くなります。

クリックすると元のサイズで表示します
20時が近くなってくると皆、サッカーボールモニュメントのある階段の下の「獅子広場」に移動です。開始5分前ぐらいでしょうか、提灯に火が点(とも)されました。

クリックすると元のサイズで表示します
3本の竿燈が立ちました。それぞれ46個の提灯が付いています。場内説明によれば、高さは10m超で、重さも50kg超です。

クリックすると元のサイズで表示します
この竿燈を手、額、肩、腰など、それぞれの場所に乗せてバランスをとるのです。ガキの頃、誰でも掃除の時間に箒(ほうき)を手のひらの上に載せてバランスをとる遊びはしたことがあるでしょう。こちらはスケールが桁外れです。空いている手に扇子を持ち、扇ぎながら行っている方もいました。凄いの一言です。「ドッコイショー ドッコイショ」掛け声と太鼓、笛の演奏も入ります。継ぎ竹をしていって、15mをはるかに越える高さになった竿燈もありました。楽しませてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
大連のランドマークタワーである、労働公園「緑山」の電視塔をバックに行われる、日本からヒトとモノ全てが直輸入の「本物の」祭りです。良い機会に恵まれましたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
30分ほどの演技後、一旦、休憩が設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します
この時、観客のすぐそばにまで竿燈を持ってきてくれて写真撮影させてくれました。大連ですから観客には日本人もいて、日本語が飛び交います。演者の方は一つ一つ丁寧に質問に答えていました。日本語を話すと周囲の中国人からは思いっ切り注目を浴びます(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
デカいです。そして高さもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
5分間ほどの休憩後、再開です。

クリックすると元のサイズで表示します
大きく湾曲した竿燈もありました。これも見事に手のひらに乗せるだけで操るのです。

約1時間で終了です。もっと見たかったです。

クリックすると元のサイズで表示します
片付け方がまた見事で、一斉に提灯の火が消えるんですよ。観客の中国人からは「おおっ!」という凄さの声が漏れました。

骨組み中心の一本竹は10m超なわけですから、一体どうやって秋田からここ大連まで持ってきたのか、終演後に演者の方に聞いたら、「飛行機に乗せて持って来ました」と教えてくれました。大変な作業だったと思います。そして「ぜひ秋田にも見に来て下さい」とのことでした。もういいおっさんですが、まだまだ知らない祖国・日本の「美」は多いですねえ。我ながら恥ずかしいことです。

異国で堪能した日本の伝統美。関係者の皆様、良い勉強の機会をありがとうございました。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「大連に住んでみたいおっさん」様、こんばんは。

>以前、ジャカルタに

ジャカルタでですか。現地の方の目にはどのように映るんですかね。

>実家の浅草

良い所にお住まいですね。両さんみたいで羨ましいです。
投稿者:大連に住んでみたいおっさん
以前、ジャカルタに済んでいた際、日本人会で日本から神輿を借りてきて担ぎました。何でわざわざなのですが、日本人なのですね。ちなみに先週は実家の浅草で三社の神輿を担いできたところです。
AutoPage最新お知らせ