中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

大連に「中国雑技団」の60周年記念公演が来たので見に行く

今日の大連は久々の雨でした。朝から夕方近くなるまで小雨が降り続けていましたね。最高気温も17度でした。

クリックすると元のサイズで表示します
あと5分ほどで日没で、気温は12度です。大連の日没時間は夜7時を過ぎるようになりました。

先月の半ばになりますが、大連に「中国雑技団」が来て、結団60周年の記念公演『天地宝蔵』が行われたので見に行きました。4月17日(火)の公演が市中心部「中山広場」で、翌18日(水)は郊外の「開発区」です。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のチケットです。280元(=約4900円)の席を買いました。一階席の真ん中ぐらいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
会場は大連中山広場近代建築群の一角である「大連人民文化倶楽部大劇場」です。ここは1950年にソ連によって建てられました。会場前に移っている人影は「支那人」ダフ屋です。とにかくしつこく話しかけてきますが、無視します。

クリックすると元のサイズで表示します
「公演案内」のアップと写る「支那人」ダフ屋です。

クリックすると元のサイズで表示します
公演45分くらい前に入場しました。ロビーの様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
二階席へ通じる階段です。

クリックすると元のサイズで表示します
通路の掲示物からこの劇場の歴史が学べます。1972年6月に時の総理である周恩来が来て観劇していった時の様子です。日中国交正常化の前なので、この公演時に居合わせた日本人はまずいないと思われます。私も生まれる前ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
開演30分ぐらい前になると扉が開いて中に入れました。劇場内の様子です。係員さんが席まで誘導してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
天井です。

クリックすると元のサイズで表示します
劇場の前方左側と、

クリックすると元のサイズで表示します
前方右側です。

クリックすると元のサイズで表示します
前座はマジックショーでした。会場内の空気を暖めます。この日は子供連れのお客さんも多かったですね。

ピエロが宝探しをしていく、という約90分の公演です。公演内容の一部を撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
ロープ上で一輪車です。

クリックすると元のサイズで表示します
輪潜りですね。「イッテQ」の企画で台湾で「みやぞん」もやっていましたが、こちらは3メートル超のありえない高さです。

クリックすると元のサイズで表示します
中国雑技団といえば軟体女性です。「人間ツリー」の上での演技です。御覧のように観客は皆、カメラのシャッターを切りまくりです。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた人間2人分の高さである、3メートル超の高さでの演技です。

クリックすると元のサイズで表示します
素晴らしい演技に引き込まれます。

クリックすると元のサイズで表示します
中国雑技団の演技のメインは全て女性です。

クリックすると元のサイズで表示します
最後の演技は自転車です。バランス感覚が凄くて、

クリックすると元のサイズで表示します
タイミングを計って、最後の最後は演者全員で乗ります。15人ぐらいでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
あっという間の90分公演でした。生での観劇はやはり迫力と感動が桁違いでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
終演は夜9時でした。夜の「大連人民文化倶楽部大劇場」です。

クリックすると元のサイズで表示します
他の観客と一緒に「中山広場」内を歩いて帰宅します。昨年閉館した、日本統治時代に南満州鉄道が経営した高級ホテルチェーンで最も格式の高いホテルだった、1914年竣工の「大連ヤマトホテル」です。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップは全て消され、閉館が実感できます。

クリックすると元のサイズで表示します
真っ暗ですね。リニューアルはいつでしょうか。第一級の「遺産」です。これまでこのホテルに関係した「支那人」を漏れなく一斉排除し、新たに中国人の手で新装開店してくれることを願って止みません。

中国在住ですから、本場・中国での「中国雑技団」の生観劇は良い記念になりました。大連らしく、また滅多に無いチャンスでもありましたから、日本人の観客も居ましたね。結構、日本語を耳にしました。次回の公演も楽しみです。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:dalian4649
「仙草蜜」様、こんにちは。

>実は私も1988年の9月に上海で、雑技団
の公演を観賞したのを思い出しました。

中国なんで常設会場があるイメージですが、意外に見るチャンスって少ないですよね。次は少林武術公演ですかね。

>大連賓館にしても、

昨日、前を通りかかったら、二階の喫茶店は営業中のようで、正門玄関前には案内看板があり、そして中山広場側に面した二階の窓も開いていましたよ。
投稿者:仙草蜜
dalian4649様

お世話様です。

大連の大連人民文化倶楽部大劇場で雑技団の
公演を見に行かれたとのことで。

実は私も1988年の9月に上海で、雑技団
の公演を観賞したのを思い出しました。

まだ昭和の時代でした(笑)。

大連人民文化倶楽部は中山広場を取り巻く
建築物のなかで、戦後建てられたものであることは意外と知られていないかもしれませんよ
ね。

大連賓館にしても、できることなら日本のホテル業者、できればAPAホテルあたりに買収してもらえたらよいですね(笑)。
投稿者:dalian4649
「大連に住んでみたいおっさん」様、こんにちは。

>ヤマトホテルの中に入るのは無理ですよね。

今のところ中に入るのは可能です。一階ロビー周辺などはゆっくり見られます。しかし写真撮影は、エレベーター前に座っていて、一日中スマホ中毒の係員にダメと言われます。こういった「旧人類」は排除して欲しいですね。

>さすが中国でしたね。

自分さえ良ければいいという国ですから(笑)。
投稿者:大連に住んでみたいおっさん
夏に大連に行くのですが、ヤマトホテルの中に入るのは無理ですよね。歴史を感じさせる外観だけに中もみたかったです。さて、3月に行った際は中山広場で結婚写真を撮っている方がいましたが、その後ろではなぜか花火をぐるぐる廻し、挙句に火のついたまま花火が飛んで行ったりして、さすが中国でしたね。
AutoPage最新お知らせ