中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり  一人の名も無きおっさんが、浅学菲才ながらも、自分の言葉と写真で、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2018
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

中国北方ナンバーワンの桜名所、大連「龍王塘桜花園」に行く(2)そして「支那人」

こちら中国は「労働節」三連休の二日目です。

前回の続きで、大連市郊外の旅順口区にあり、日本統治時代に日本人によって作られたダム、そして「中国北方ナンバーワンの桜の名所」とも言われる「龍王塘桜花園」の桜を見に行った時の様子を記します。今日は「珍百景」と「支那人」です。

クリックすると元のサイズで表示します
満開の時期を外してしまっていますが、広い園内を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します
園内の食堂です。花見客で大賑わいの園内ですが、御覧のように「お花見」しながら飲食が楽しめる「屋外特等席」でも空席が多いですね。昼時ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
店名看板のアップです。「(龍王塘)桜花園 適価 食堂」とあります。

中国の観光地では「ボッタクリ」価格の飲食店の存在が当たり前です。ですからこういう言葉をわざわざ入れるのですが、あまり効果が無いみたいですね(笑)。駅中や駅前の商店でもよく見る言葉です。

蛇足ながら、韓国では「一般タクシー」と「模範タクシー」の二種類の存在が有名ですね。「一般タクシー」が文字通り「一般」ではなく「ボッタクリ」だから「模範タクシー」という名の「普通のタクシー」が新たに生まれたのです。

「支那チョン」という「一括(ひとくくり)にした言葉」は実に理にかなっていますねえ(笑)。そりゃ日本は「孤立」するというものです。

日本の飲食店ではボッタクリかボッタクリではないかではなく、「味自慢」と書かれた看板を掲げる店が多いですね。これこそが飲食店の追及すべき「本質」だからです。

クリックすると元のサイズで表示します
脱線しました。さて、日本統治時代に日本人が作ったダムの「頂上」へと向かいます。

クリックすると元のサイズで表示します
階段を上ります。

クリックすると元のサイズで表示します
もう少しで「頂上」です。

クリックすると元のサイズで表示します
着きました。ダムを横切ります。風もあるので高所恐怖症の人は厳しいかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
貯水地を望みます。このランプも日本統治時代のものだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ダム「頂上」の中心部です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代にこのダムを作った日本人関係者の名が全て彫られ、残されています。よく文革の時代を生き抜いたなあと思います。これが「反日デモ」とも無縁だった大連という町の異質性です。

クリックすると元のサイズで表示します
ダム「頂上」から歩いて来た桜の林を望みます。

クリックすると元のサイズで表示します
帰ります。ダム「頂上」から下りました。ダムの壁です。

クリックすると元のサイズで表示します
壁によじ登って自撮りをする「支那人」です。

クリックすると元のサイズで表示します
桜の林を通り抜け、出口に向かいます。夜はライトアップされる機器も備えられた桜の木に黒のデイパックを掛ける「支那人」と木に寄りかかる「支那人」です。これを「類は友を呼ぶ」と言います。本当に嫌な気分になります。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラリと変わって、結婚の記念写真を撮る中国人カップルです。綺麗な新婦さんでした。お幸せに!

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本物の孔雀(くじゃく)が二羽です。ビックリしました。

では、ここ関東州(満州)に日本人が残した桜のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今でこそ東京へは空路3時間ほどでひょいっと帰れますが、当時は大連港から海路(船中二泊)で福岡県北九州市門司港、そして夜汽車で東京という長旅です。桜は日本の春の代名詞です。この桜がこちら大連に居た日本人の心をどれほど癒したか、想像に難くありません。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄の車内で見た「支那人」です。桜(八重桜)をこのように楽しむ人間は日本には居ないでしょう。何故なら、

クリックすると元のサイズで表示します
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉は有名だからです。マナー違反者が堂々と公共交通機関を使うなよ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
折しも、地下鉄車内のモニターでは「支那人」犯罪者が次々と「紹介」されています。顔写真に加えて、名前、住所、身分証番号、加害総額などが全て「披露」され、辱めを与えられています。

日本でも中国籍の犯罪は、マスコミを通じて、ほぼ毎日のように報道されますが、こちらは「本店」そして「総本山」です。数、規模は桁違いですよ。そもそも中国は日本とは真逆の「性悪説」の国ですからね。悪い人が多くて、良い人が少ないという実情からです。親は子供に「知らない人は悪い人」と教えるのがこの国の常識です。で、スマホ決済の新時代を迎えた今、中国社会で重要視されているのが個人の信用力を点数化した「芝麻信用」ですよね(笑)。

暇つぶしがてら、モニターをじっくりと見ていると、「罪人」は皆、街中で見かけるような普通の顔で、凶悪犯面(きょうあくはんづら)がいません。この国に来たら「他人を信じるな」という良い勉強になりますよ。長く住み続けると「まさか、あの人が!」なんてことは無くなります。「やっぱりね」が普通になるという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
変わって、こちらは「解放路」を散歩していた時に見た姿です。デイパックからは梅、桃が覗いています。大連には日本のようなホームセンターがありません。市場(いちば)でも盆栽や苗木は売っていません。中国人にこの写真を見せたら十中八九、どこかから勝手に掘って、折って、盗んできたと言うでしょうね。市中心部最大の公園である「労働公園」のチューリップ泥棒も有名ですしね。まあ、中国の『古楽府』からの言葉を借りれば「李下に冠を正さず」です。

桜の次は大連の代名詞である「アカシア」の季節が到来です。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ