中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり 大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2017年の中国の祝祭日が決定する、そして反乱を起こす大連の各大学

12月に入りましたね。あちらこちらでクリスマスツリーを見るようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは「オリンピック広場」前にあるデパート「パークソン(百盛)」の入り口の様子です。さて昨日、李克強率いる国務院が来年2017年における中国の祝祭日を発表しました。年末恒例の「行事」です。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けて、本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。右斜め上に注目です。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。見出しは「来年は中秋節と国慶節が合体し、8連休(!)となる」とあります。結構ビックリしましたね。今回の「目玉」のようです。今の日本のサラリーマンなら8連休なんてまず取れないですよね(笑)。

分かりやすくカレンダー表示にします。中国共産党の公式機関紙『人民日報』のweiboからの転載です。

が、その前にちょっと蛇足を。『人民日報』は最上部の題字が毛沢東による、中国で「最も地位が高い新聞」ですが、今やメディアとしての信頼性は低く、中国では「題名と日にちしか合っていない」とバカにされるまでに墜ちた新聞です。日本では朝日新聞と提携関係にあります。「類は友を呼ぶ」とはよく言ったものですね(笑)。この新聞、今や大連の街中の「青空新聞屋」さんでは売ってもいませんね。庶民は誰も買わないという事ですね。

もう一つ蛇足を。この『人民日報』社のビル(北京)ですが、「男性器」にソックリということでも話題になりました。こちらです。で、対になる「女性器」が2019年完成予定の新空港(北京)です。興味のある方(笑)はこちらの記事をどうぞ。

今日はこの『人民日報』の「題名と日にちしか合っていない」のを逆手にとって転載します。「日にちに誤り」が無いというのは「お墨付き」だし、『人民日報』的には「年に一度だけの晴れ舞台」といったところでしょうからね(笑)。

では、改めまして2017年の中国祝祭日カレンダーです。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは本日付け大連地元紙『半島晨報』(A09ページ)です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

3月は祝祭日が無く「働き尽くめ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

6、7、8、9月は「働き尽くめ」です。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

11、12月は「働き尽くめ」です。

「假」は「休み」を表し、「班」は「平日扱い」を表しています。

まあ、毎年こういった感じで「お上」が発表するわけですが、これを公然と「無視=否定」している組織があります。それが大学です。大学は「学」の無い毛沢東が、最も嫌った連中である「知識層」=お利口さん、ばかりの組織ですからね(笑)。「こんなの従ってらんねーぜ!」といったところでしょうか。中でも毎年5月の「労働節」、つまり日本でいうところのGWですが、「知識層」は、ここに納得がいかないようです。

クリックすると元のサイズで表示します
「お上」による「労働節」の「法定」は3連休ですが、今年の大連各大学の「労働節無視」ランキングです。「大連大学」が突出していて12連休(!)ですか。27大学あるうちで「法定順守」は8大学。さすがに「国家重点大学」の大連理工大学(985工程、211工程大学)と大連海事大学(211工程大学)の2校は順守していますね。まあ大連の大学では8〜9連休というのが「普通」みたいですねえ。これ、中国では有名な「上に政策有り、下に対策有り」の実例です。

中華人民共和国は中国共産党の指導に基づく国家です。あらゆる組織に例外はありませんし、また認められてもいません。自由など許されません。が、多くの大学は来年も今年に倣って一気に反乱を起こすでしょう。まあ「赤信号、みんなで渡れば怖くない」と言いますしね。「お上」もナメられたものです。

「賽は投げられ」ました。中国に長期滞在している方は、早めに早めに一時帰国便を押さえておきましょう。マイレージ利用なら尚更です。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

得点王ケンペスの悲報に泣く、そして中国の報道

元ジェフ千葉の選手で2013年J2得点王のケンペスが亡くなりました。飛行機事故です。まだ現役バリバリの34歳ですよ!監督以下チーム一つが丸ごと突然消えてしまって、今年一番のショッキングなニュースでした。帰宅中にスマホを見て知ったのですが、ラッシュアワーで混雑するバスの中にもかかわらず、思わず日本語で「えっ、マジか・・・」と声を出してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
一夜明けて本日付け大連地元紙『半島晨報』の一面です。御覧のように、この飛行機事故が大きく取り上げられています。大連は港町であり、またサッカーの町でもあります。今でこそ広州に主役の座を明け渡していますが、かつてはここが主役の町でした。孫継海も大連の出身ですし、「大連実徳」を経て「マンチェスター・シティ」へと旅立って行きました。

今回の事故はかつて中国リーグにも短期間ながら所属していた選手が一人犠牲になりました。やはり他人事ではなかったのです。

今シーズンはかつて大連のクラブに属していた多くの人材がJリーグへと渡ったり、成功を収めました。旧「大連実徳」の「金珍圭(キム・ジンギュ)」(ファジアーノ岡山)、旧「大連アルビン」の「ピーター・ウタカ」(サンフレッチェ広島)、そして「ブルーノ・メネゲウ」(セレッソ大阪)です。ウタカはJ1得点王ですからね。Jへ関心は低くないんですよ。

今回はこの事故について、中国側からの報道の様子を取り上げたいと思います。写真は全て中国のサイトからの転載です。

クリックすると元のサイズで表示します
現場です。遺体は一体一体、白い布に包まれていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
山頂には丁寧に多くの遺体が並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘリで無言の帰宅です。

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、パラグアイの南米サッカー連盟本部です。半旗です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、「シャペコエンセ」の本拠地、ブラジル南部に位置するシャペコの町です。教会に集結したサポーターです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
泣くしかないですよね。快進撃を続けてコパ・スダメリカーナの決勝戦まで来たチームが、直前に丸々一つ突然消えてしまったのですから・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
教会の中です。祈りが捧げられています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
所変わって、こちらはホームスタジアム「アレーナ・コンダ」の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
スタジアム内のロッカールームです。祭壇が設けられました。皆、亡くなりました。あり得ない・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
残った選手は今回の決勝戦にベンチ入りしなかった選手です。ロッカーには一つ一つ番号(=背番号)が振られているのが確認できます。ケンペスの背番号は「33」でした。

クリックすると元のサイズで表示します
サポなら泣くしかないです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

以下は、私がジェフ千葉のホームスタジアム「フクダ電子アリーナ」で、観戦時に撮った、在りし日のケンペスの姿です。敬称略です。

クリックすると元のサイズで表示します
2013年8月4日の「水戸ホーリーホック」戦です。試合後のサポーターへの挨拶時に撮りました。片方のスパイクを脱ぎ、美味しそうに水を飲み干しています。この年は22得点を挙げ、J2得点王になりました。クラブとJの歴史に名を残したんですね。永遠に残ります。

クリックすると元のサイズで表示します
2014年8月11日の「横浜FC」戦です。試合前のウォーミングアップ時の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
「兄弟?」なんて言われていた田中佑昌(ヴァンフォーレ甲府)と。

クリックすると元のサイズで表示します
試合中です。ドウグラスから厳しいマークを受けます。

クリックすると元のサイズで表示します
2014年10月5日の「アビスパ福岡」戦です。試合前のウォーミングアップ時の様子です。

クリックすると元のサイズで表示します
兵働昭弘(水戸ホーリーホック)と。笑顔が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します
もうこの笑顔を見ることは出来ません(泣)。

今年はリティやオーロイがフクアリに来てくれて、ケンペスはスルガ銀行チャンピオンシップで現役バリバリで再来日するかも、なんて夢を見させて貰っていた矢先の事故死でした。

ファン対応はとても紳士的で、ベンチ入りしなかった時のフクアリのコンコースでのサイン会はとりわけ長い列でしたね。本当にナイスガイでした。心からのご冥福をお祈り致します。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「久光百貨」大連店の終了と日本食材スーパー「しんせん館」の最期(2)

前回の続きです。思いっきりローカルネタですが、かなりのアクセスを頂きました。厚く御礼申し上げます。

さて、「閉店」前日の様子ですが、地下1階の日本食材スーパー「しんせん館」を見に行きます。

クリックすると元のサイズで表示します
見た目はいつもと変わりありません。ぶっちゃけ、現地日本人的には、この「久光百貨」大連店の「存在価値」は、「しんせん館」=地下1階、しかありません。1階〜9階までの全てのテナントが「要らない」存在でした。そのため他のテナントが撤退しようが、ここだけが残ってくれればどうでも良かったんですね。この時はこの「見た目」から少しは希望を持っていたんですけど・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
奥に入るに従ってスカスカになった棚が目に付くようになりました。化粧品やシャンプーのあった棚はもう撤収済みでした。

クリックすると元のサイズで表示します
この日は「食べ納め」ということも頭をよぎって、揚げ物コーナーでコロッケ(2個で8元=約130円)と鶏のから揚げ(15.7元=約260円)を買いました。ラッピング中のおばちゃんと話をすると、今日から店内の商品は値引き開始で、店内の商品と在庫処分が目標。ここのスーパーの閉店は巷(ちまた)で言われている明日(9月1日)ではなく9月15日との事。9階までの他のテナント個々の「閉店」は不明だそうで、自分達も15日以降はどうなるか(解雇?)不明だそうです。まあ「突然と朝令暮改」、「情報非公開」、「後は野となれ山となれ=無責任」、「無慈悲な切り捨て」は中国ビジネスでは常識。仕方が無いといったところですね。

クリックすると元のサイズで表示します
スーパーの隣からエレベーターへと続く日本食屋台村はもう綺麗サッパリでした。まあここのエリアは新装開店時からスッカラカンでしたがね(笑)。お客さんが食べているのを見た事がありませんでしたね。「もう日本人が少ない時代」、「高い」、「中国人シェフ」といった三拍子では失敗も必然だったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
9月15日が「事実上の終了日」という情報を得たので、また後日、来てみました。百貨店入り口のフロア案内板は修正されていました。4〜6階が工事中とありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
1階は広〜く取っ払われて「コート屋」になっていました。御覧のように中国チックなデザインに素材、そして価格は1000元〜10000元でした。こんなゴミ、誰が買うんでしょうか?(笑)。フロアは客より店員の数の方が多かったですね。店員もおしゃべり、スマホいじり、レジで菓子食い、などやりたい放題でしたね(笑)。誰も買わないのを店員も知っているんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
エレベーターに乗りました。2〜6階は工事中とありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらはエスカレーターです。3〜6階は工事中とありますね。そして地下1階、1、2、7〜9階は営業中とありますね。

先程の百貨店入り口のフロア案内板、そしてエレベーター内のフロア案内、そしてこのエスカレーターのフロア案内、情報が三者三様です。これが中国です。前回のエントリーでも書きましたが、「信」がない、という事なんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
迎えた完全閉店の日(9月15日)です。見事にスカスカになっていました。特に買う物もありませんでしたね。

在りし日にここで買った、日本でも知らない人は居ないおなじみの商品の、現地生産製品の一例です。全て「本物」です。日本で生活している方はなかなか見るチャンスが無いと思いますので、数例を紹介してみます。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは御当地、大連製の商品です。「三島食品」の看板商品で、「赤しそ」のふりかけである「ゆかり」です。同社の公式サイトは面白いですね。こちらです。日本では携帯ペン型の「ゆかり」はかなり話題になって直ぐに売り切れでしたね。こちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら「三島食品」はライトレールに乗って大連駅から「開発区」駅に行くと、「開発区」駅の到着直前に進行方向に対して右側の窓から見えます。

これまた蛇足ながら、ライトレールに乗って、大連駅を出発して1分ほどすると進行方向に対して右側の窓から港の様子が見えてきますが、只今、ちょうど建造中の、「遼寧」型空母の2番艦が「車窓」で見られます。すでに就航中の1番艦とソックリです。その存在はデカいのですぐ分かります。結構、見応えありますよ。空母の製造過程なんて、なかなか見れるものではありませんからね。まあ北朝鮮の存在同様、人民はあまり興味ないようですね。ただ軍事関係なので、無断撮影は絶対に止めましょう。警告しておきます。旅の記念に車窓から見るだけにしておけということです。

クリックすると元のサイズで表示します
話を戻します。「永谷園」のインスタント味噌汁「ゆうげ」です。日本の物に比べて、味はイマイチです。

クリックすると元のサイズで表示します
「桃屋」の海苔の佃煮「ごはんですよ!」です。これまた同社の公式サイトは面白いですね。こちらです。11元(=約180円)と手頃な価格なので人気商品でした。入荷すると数日ですぐに売り切れでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
これまた在りし日の、「しんせん館」で購入したのみの食品(米は除く)による、私の夕食のワンショットです。女房殿や子供へのメールに「今日食べた物」として写真添付していました。「ごはんですよ!」、「はちみつ漬けの梅干し」、「コロッケ&アジフライ」です。

完全閉店日のこの日はお客さんは誰もおらず、レジのお姉さんとおばちゃんも暇そうでした。もともと日本人社員が視察に来た時以外は「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」すらも言わない「中国平常の」レジ店員でしたが、話しかけたら「明日からはどうなるのか誰も分からない、知らない」と言っていました。省都・瀋陽の「久光百貨」は既に閉店していますからね。明るい「未来」はまず期待薄という事は分かっているんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
完全閉店翌日には早速、撤収工事が始まっていました。

日本食材調達への道がまた狭くなり、暮らし難さが一層増した大連2016年の下半期です。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

「久光百貨」大連店の終了と日本食材スーパー「しんせん館」の最期(1)

昨日の大連は強風で、早朝はマイナス6度まで下がりました。こういう日に限って早出出勤なんですね・・・。日中も気温はそれほど上がらず、最高気温はマイナス2度でした。

クリックすると元のサイズで表示します
今日も昨日同様、朝は御覧の通りマイナス6度でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日、郊外の旅順区ではマイナス7度まで下がり、雪だったようです。本日付け大連地元紙『半島晨報』(A07ページ)の記事です。和訳は特に不要でしょう。

さて、北京ではイトーヨーカドーが全面撤退のようですね。こちら大連では、もう二か月半以上も前の話題になりますが、「久光百貨」大連店の営業が事実上「終了」し、同時に地下一階にあった日本食材スーパー「しんせん館」も「最期」を迎えました。「久光百貨」についてのウィキはこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します
この「久光百貨」大連店の地下一階にあった「しんせん館」、大連市中心部に住む日本人にとっては無くてはならない「日式スーパーマーケット」でした。昨年はNHKの「ドキュメント72時間」が取材に訪れ、同年8月に放送されました。大連の日本人社会内ではちょっとした話題にもなりましたね。「ドキュメント72時間」の公式サイトはこちら、ウィキはこちらです。

毎月発行の日本人向け現地フリーペーパー誌が4、5冊もある大連ですが、いつも新規開店情報ばかりで閉店や撤退情報はまず載せません。何故? カネにならないからです。この「久光百貨」大連店の「終了」は、こちら現地では結構大きな話題(悲報)でして、中国人、日本人を問わず、未だに来連される方からよく聞かれるので、私が自分の足で見聞きし、撮り溜めてきた一部始終をまとめておきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
「久光百貨」大連店の公式weiboには9月1日閉店との発表がありました。しかし実際は9月1日に閉店を迎えることはありませんでした。翌日以降も普通に営業していたんですね。こちらは9月2日付け大連地元紙『半島晨報』(A17ページ)の記事で、見出しは「公式サイトに久光百貨大連店は9月1日閉店とあったが、本当?」とあります。まあ中国と言えば「ウソ、偽物、朝令暮改」ですからね(笑)。全てにおいて「信」の無い国だという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
左側の白い建物が「久光百貨」大連店です。「労働公園」西門周辺から撮った姿です。前身は日本のアパレル企業「イトキン」のイトキンビルでした。ビル完成後、4年ちょっと営業して2007年に閉店。その後、2009年に「久光百貨」大連店として生まれ変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します
別方向から撮りました。右のビルです。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ目の前に写っている透明のパイプのような物は地下鉄「青泥窪橋」駅への入り口です。

クリックすると元のサイズで表示します
近づきます。「閉店」前日の8月31日に撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
入り口ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
「閉店」を翌日に迎え、この日、店内は大変混雑していました。1階のアディダスは撤収作業中。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは閉店セールで「叩き売り」状態。

クリックすると元のサイズで表示します
カルバンクラインは綺麗さっぱり撤収完了済。

さて、地下のスーパー「しんせん館」はどうなっているでしょうか?

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

小雪舞う大連とノスタルジック満州

今日の大連は寒かったです。

クリックすると元のサイズで表示します
風がかなり強く、お昼時には小雪が舞い、気温もマイナス1度でした。

クリックすると元のサイズで表示します
帰宅時の夜7時半にはマイナス3度まで下がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日お昼の雪です。降り始めた時のベランダの様子です。全然溶けません。

クリックすると元のサイズで表示します
向かい側の茶色い屋根は、うっすらと真っ白な雪化粧です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今日は雨から雪へと変化せず、いきなり雪が降ってきたので、地面に落ちた雪も溶けません。砂ぼこり同様で、強風に煽られて舞い、隅っこに溜まりました。1時間ちょっとで止んでしまったので、本格的な積雪とはなりませんでした。とはいえ、大連この冬の初積雪ですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
このところ夜は結構冷えます。つい先日も仕事がちょっと遅くなって23時近くに帰宅したのですが、久々に夜の路面電車に乗りました。ヘッドライトを灯し、満州国時代そのままの姿で走る大連の路面電車です。

クリックすると元のサイズで表示します
車両の一番前と一番後ろが乗車口で、真ん中が降車口です。乗車口の様子ですが、上の現在時刻(22:23)を示している所が「乗車カード(電子マネー)」を当てる所で、すぐその下がお金を入れる所です。運賃は距離に関係無く、一回乗車につき1元(=約16円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
車内です。夜10時半近くですからガラガラです。日中では考えられないぐらいとても静かです。しかしこの雰囲気、凄く好きなんですよね。異国を感じさせず、昭和初期にタイムスリップした感じが味わえますから。個人的には凄く贅沢な時間を過しているように感じます。

クリックすると元のサイズで表示します
大連駅前で降りました。こちらは「下り」列車です。後部はヘッドライトが灯されません。

クリックすると元のサイズで表示します
大連駅前からトコトコ歩いて「青泥窪橋」の「中山路」です。中央分離帯がある片道4車線の大通りです。車が走っていなかったので、ちょっと道路に侵入して撮りました。本当は絶対にやってはいけません(笑)。

大気汚染の日よりははるかにマシですが、明日はもっと寒くなるようで憂鬱です・・・。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/109 
 
AutoPage最新お知らせ