中国遼寧省大連で生きるおっさん

〜 「若者」もすなる「ブログ」というものを「おっさん」もしてみんとてするなり 浅学菲才ながら、毎回一生懸命書いている大連ブログでございます 〜

 

日本 今日はこんな日

ただ今の大連 正確な時間

ただ今の大連 天気&気温

ブログ更新カレンダー

2017
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ

検索



このブログを検索

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

小林麻央さん逝去 合掌

クリックすると元のサイズで表示します

初めて見たのは、まだ上智大学在学中だった『恋のから騒ぎ』でした。本当に綺麗な方でした。34歳、早すぎます・・・。

二人のお子さんに人一倍の幸せが訪れますように。

合掌。
投稿者:dalian4649

大連の地下鉄が海へ延伸(3) 「てんこ盛り」の「偽」ヨーロッパ世界遺産風景区を歩く

前回の続きです。

本日のエントリーは「偽」世界遺産風景区です。以前のエントリーでちょこっと取り上げたことがありますね。ヨーロッパ(ベルギー&イタリア)の世界遺産都市と建築物をそのままパクって、再現したカオスなエリアです。

地下鉄2号線「東港」駅(「D」出入り口)を出て、そのまま20秒ほど直進、最初の角を右に曲がるだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
遠くに「尖がり帽子」の建物が見えますね。建物に向かって直進して行くだけです。周囲は何もありません。ゴミだらけの空き地と建設途中のビルだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
着きました。建設途中のビル、そして噴水です。

クリックすると元のサイズで表示します
道路の向かい側は「中国色」と「支那臭」が一切感じられないヨーロッパ風の「街」です。この日は大気の状態が抜群だったので、青い空がよく映えます。

クリックすると元のサイズで表示します
皆、写真を撮っていました。ただ張りぼてで中は空っぽです。

クリックすると元のサイズで表示します
汚い国・中国、そして満州・大連、とは思えないでしょう。パクった元ネタの都市はど〜こだ?

クリックすると元のサイズで表示します
写真左下には結婚記念写真を撮っている様子が写っています。ここは撮影スポットですね。

クリックすると元のサイズで表示します
建物入口前には2頭の象の置物、そして遠くまで果てしなく続いていくパクった「街」です。写真左端に写っている丸みのある建物は、来週から始まるダボス会議の会場となる「国際会議センター」です。

クリックすると元のサイズで表示します
象の置物のアップです。体がミイラ化していますが何なんでしょう。隣には外国メーカーの高級車が停まっていますが、「支那成金」ってこういうのを好むのかな?未就学児が泣き出すレベルです。

クリックすると元のサイズで表示します
では、ここの「街」の正体です。御覧いただけますように、正式名称は「布魯日(BRUGES)風情区」というようです。「BRUGES」、つまりベルギーの代表的な観光都市で、世界遺産都市でもある「ブルッへ(ブルージュ)」を元ネタにパクったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは本物、ベルギーの世界遺産都市・ブルッへ(ブルージュ)の一風景です。この写真の出典はウィキです。

蛇足ながら、この世界遺産都市であるベルギーのブルッへ(ブルージュ)、大連はおろか中国の一切の都市とも友好都市関係は結んでいません。ベルギー国民、ブルッへ(ブルージュ)市民や関係者としては、まさに青天の霹靂で、「ハァ?!」といった感じでしょうねえ。

さて、先程の看板写真ですが、最上段にこのエリア名を「Montage 海昌・東方水城」とも記してあるのが御確認いただけます。「海昌」というのは大連の大きな企業です。企業詳細はこちらです。かなり幅広く手がけている大企業です。つまり「大連海昌集団」が作った「東方水城」という名のエリアだということです。では、この「東方水城」というエリアは何なのか、端的に一言で表せば、冒頭にある英単語=「Montage」です。「Montage」を和訳すると、「異なった種々の要素を並べて一つにまとめる」です。私的に意訳しますと「ごちゃ混ぜ、一緒くた、カオス(混沌、無秩序)」です。

長くなりましたが、カオスなエリア!大連海昌集団が作り上げた「東方水城」、というのが日本語訳じゃないですかね。実際、凄いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
では入ってみます。一気に観光客が増えます。

クリックすると元のサイズで表示します
カフェです。

クリックすると元のサイズで表示します
運河と建物です。建物は張りぼてのようで、内装、そして人が住んでいる気配はありません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
橋が見えますね。このエリアの「元ネタ」となっているベルギーの世界遺産都市・ブルッへ(ブルージュ)、その地名の由来は「橋」で、市内に張り巡らされた運河には無数の橋が架かっています。この点もしっかりとパクっています(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらにも写真左端に橋です。ただ、この橋の「ネタ元」はイタリアの「水の都」ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)にある「リアルト橋」だと思います。別名「白い巨像」と呼ばれる橋です。そう言えば、さっき「ミイラ象」がありましたよね(笑)。歴史の学習と一緒で「点」ではなく「流れ」で現象を捉えると、こういう伏線も分かるというものです。

「Montage」の名のとおり「ベルギー・ブルッへ(ブルージュ)」から、やはり世界遺産都市である「イタリア・ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)」へと足を踏み入れたようです。ちなみにイタリアのヴェネツィア(ベネチア、ベニス)は中国の蘇州、青島と姉妹都市関係にあります。

クリックすると元のサイズで表示します
イタリアの「水の都」ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)と言えばゴンドラ。これにも乗れますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴンドラのチケット売り場です。一人20元(=約330円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
団体さんが来ても大丈夫な数です。実際、かなりの人気です。

クリックすると元のサイズで表示します
出発しました。

クリックすると元のサイズで表示します
乗船客は皆楽しそうです。子供なら大喜びでしょう。この風景写真、絶対大連(中国)ってバレませんよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは「お大尽」幼稚園なんですが、この石像、

クリックすると元のサイズで表示します
中国の多くの教育機関で建てられている「孔子」でしょ。「ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)」に建てられちゃったか(笑)。ノーベル平和賞に対抗して「孔子平和賞」だとか、世界各国に「孔子学院」だとか、孔子は「支那人」によって最も憂き目に遭わされている偉人でしょうねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
写真左端から大連の「ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)」に建つ孔子、「ヴェネツィア(ベネチア、ベニス)」の運河と橋、そしてこれまた世界遺産建築物の「コロッセオ」です。
まさに「Montage」!!!

歴史を知っている人が見たら噴飯もの(!)の珍百景ですよね。歴史の知識が無いと笑えません。まあ、ここに来ている全ての中国人と「支那人」は、この知識を持ち合わせていないと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
「コロッセオ」に近付きました。

クリックすると元のサイズで表示します
中です。やはり張りぼてです。メイド・イン・チャイナですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
蛇足ながら、この「コロッセオ」の隣には「元ネタ」のイタリア同様、「コンスタンティヌスの凱旋門」も「コピー済」です。フランスのパリの象徴的な建築物「エトワール凱旋門」のモデルとなった建築物ですね。凄いよな〜「Montage」(笑)。来週開催のダボス会議で来連するイタリア人がいたら見て欲しいよなあ〜。ちなみに周辺は御覧の通り、レンタル自転車に乗って「風情」も味わえます。

以上、カオスな「偽」世界遺産風景区でした。「支那人」の本質、そして彼らの抱く理想郷と憧れ、を垣間見ることができたのではないでしょうか。いまや少数勢力となった中国人、少しは連中の「暴走」に修正掛けろよ・・・。

最後に大気の様子がとても良いので、港に寄って対岸、そして船を見て帰ります。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連の地下鉄が海へ延伸(2) 「鬼城」=ゴーストタウン、を歩く

今日は夏至ですね。

北半球では今日が一年のうちで日の出から日没までの時間が最も長い日です。まあ一番「昼」が長い日なんですね。今日の大連の日の出は4:28、日の入は19:22です。最近は暗くなるのが夜8時ぐらいですから、大気が良い日は仕事終わりに海岸線を散歩なんてことも出来ます。港町ならではの楽しみ方ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
3日前になりますが、この日曜日(18日)は気温も34度まで上がりました。もう10年以上も大連に住んでいますが、ありえない数値ですよ!

クリックすると元のサイズで表示します
御覧のように、この日の湿度は32%で、湿度よりも気温の数値の方が高いんです!カラカラ!

今日は午前中に今年初めてのセミの鳴き声を聞きました。私の家は庶民居住区なんですが、先週辺りから夕方、近所に移動アイスクリーム屋が来るようになったし、例年同様、そのうち金魚屋や網戸の張替え屋も来るでしょう。夏の到来ですね。大連の庶民居住区に残る「昭和」の一風景で、私は好きですね。これでカブトムシやクワガタが捕れる所があったら最高なんですけどねえ。飼いたいですよ、オオクワガタ。

さて、前回の続きです。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄2号線「海之韵」駅(「B」出入り口)を出て直進すると、直ぐ海に着きました。綺麗に整備されています。手すりの向こう側は、

クリックすると元のサイズで表示します
入ってはいけないのに釣りをやっています。「目上の人が見ていなければ、何をやってもかまわない」、これも「支那人」の持つ常識的な考え方ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもこう撮ると綺麗ですが、

クリックすると元のサイズで表示します
内情はこうです(笑)。蛇足ながら、写真中央部左寄りに写っている山は、遥か遠くにある開発区の「大黒山」です。

クリックすると元のサイズで表示します
海の向こうには小島の数々です。

クリックすると元のサイズで表示します
大連はフェリーターミナルが3箇所もあります。山東省の煙台や威海へ向かうフェリーです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは年季が入ったタンカー。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは作業、採掘用ですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
上空には日本から飛んで来たANA(全日空)です。カーゴ便ですね。車輪が出て着陸態勢に入っています。

クリックすると元のサイズで表示します
駅に戻ります。「海之韵」駅(「C」出入り口)です。ここも周囲は開発中で何も無いんですが、

クリックすると元のサイズで表示します
何か開発していますね?

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「アジア最大の迷路」を作るようです・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
同駅(「D」出入り口)です。週末ですが人の気配無し。

クリックすると元のサイズで表示します
同駅(「A」出入り口)です。ここも人の気配無し。片道4車線(!)の道路もガラガラ。気持ち良いんで、歩いて地下鉄の次の駅=「東海」駅に向かいます。真っ直ぐ行くだけです。

中国では投機目的の不動産投資と開発運営事業の失敗で未完成放置されたり、人々が入居する前に廃れた都市や地域を「鬼城」と言います。ゴーストタウンってやつですね。ここ東港新区も「失敗」濃厚です。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラガラ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラガラ〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラガラ〜〜〜。

クリックすると元のサイズで表示します
何か小奇麗な建物を作っています。何かというと、

クリックすると元のサイズで表示します
小学校のようですね。場所柄、庶民や貧乏人の通学は無理でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
で、地下鉄「東海」駅に着きました。朝鮮半島のバカチョン共が喜びそうな駅名です。こちらは「D」出入り口です。週末ですが、生気は全く無し。

クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄駅前には一応、6月6日より路線変更となって新たに開通した536路のバス停がありますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
周辺の風景です。建設中のビルだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱりガラ〜ン。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもガラ〜〜ン。道路を清掃する方が写っていますけど、道路綺麗ですから、休んでて下さいな(笑)。

再び歩いて地下鉄の次の駅=「東港」駅に向かいます。これまたこの大通りを真っ直ぐ行くだけです。

クリックすると元のサイズで表示します
着きました。同駅(「C」出入り口)です。側面のガラスが2枚割られていて、ヒビだらけなのが御確認いただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここも周囲は皆、建設中のビルばかりです。

クリックすると元のサイズで表示します
最上階のアップです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは同駅(「D」出入り口)です。人が居ました!

さて、少し歩いて「偽」世界遺産風景区に行きます。カオスな世界ですよ。

次回に続きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連の地下鉄が海へ延伸(1) で、乗りに行く

今日の大連は昨日同様、大気汚染でした。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日はなんと気温が33.5度まで上がりました。こちらは昨日付け大連地元紙『半島晨報』(A13ページ)の記事です。見出しは「昨日の大連市内区の気温は何と33.5度! 何なんだ、この暑さは?」とあります。この中国語表現、こちらの東北部の方言を使った表現ですね。

こちら満州は中国南方や日本と違って大陸性の気候で湿度が全くありません。一昨日の湿度は30%。気温が33.5度ですから、湿度の数値よりも気温の数値の方が高かったですね(笑)。洗濯物はメチャクチャ速く乾きますよ。暑いですが、汗ばむことはありません。

先週、2回にわたって延伸された大連の地下鉄のエントリーを書きました。地下鉄1号線の延伸乗車記です。

大連の地下鉄が大幅延伸、初日乗車記(1)
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/562.html

大連の地下鉄が大幅延伸、初日乗車記(2) そして「支那人」
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/563.html

今日のエントリーは海の方向へと延伸された地下鉄2号線の乗車記と、その周辺の散策記です。地下鉄1号線のイメージカラーが「緑」なのに対して、2号線は「青」です。

クリックすると元のサイズで表示します
今までの終点は「会議中心」駅でした。ダボス会議が行われる「国際会議センター」がある所です。今回新たに延伸されて「東港」、「東海」、「海之韵」、の3駅が増えました。

クリックすると元のサイズで表示します
では、地下鉄2号線「友好広場」駅(「A」出入り口)からスタートします。中国各地を結ぶ鉄道「大連駅」の地下鉄最寄り駅です。なお、最寄り出入り口は、こちらではなく「D」出入り口です。地下鉄「青泥窪橋」駅は最寄りとなりませんので御注意下さい。

クリックすると元のサイズで表示します
この「友好広場」駅(「A」出入り口)は「大連外国語大学」行きのバス乗り場でもあります。この大学、郊外の旅順口区にあるのでとにかく遠く、アクセスも悪いです。片道8元(=約130円)です。所要時間は90分といったところでしょうか。

私は正直、「親日都市(!?)・大連」を支えている最大の功労者は、この大学だと思っています。日本語教育機関の代名詞的存在で、日本語を学ぶ学生数も桁外れです。しかし前回のエントリーではないですが、ちょっとウラの姿を目にしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年3月に撮った同所の写真です。写真左に移っているのが「友好広場」駅(「A」出入り口)です。写真右、大型バスのフロントガラスの表示で「大連外国語大学」行きであることが御確認いただけます。このバスの名前が「何号」かというと、

クリックすると元のサイズで表示します
これ日本の尖閣諸島でしょ?(笑)。大連外国語大学は日本人留学生、教員、関係者もかなりの数です。このバス、どういった気持ちで利用するんですかねえ・・・。

まあ日本人なら中国(人)とのビジネス(交流)で誰もが経験する初級編(!)=「片手で握手、片手で殴る」、の実例ですね。興味のある方は漫画『取締役 島耕作』をどうぞ。

脱線しました。
クリックすると元のサイズで表示します
同駅同出口の斜め前にはローソンです。海周辺には何も無いので、ここで調達しておきましょう。所謂「まるごとバナナ」は美味しいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
「友好広場」駅からの運賃表です。

クリックすると元のサイズで表示します
「友好広場」駅から行ける全駅(地下鉄1号線、2号線、旅順12号線)の運賃表です。

クリックすると元のサイズで表示します
空いている車内です。

クリックすると元のサイズで表示します
あっという間に終点の「海之韵」駅に到着です。

クリックすると元のサイズで表示します
新しい駅ですから何もかもがピカピカ(!)なのがお分かりいただけます。

クリックすると元のサイズで表示します
この地下鉄2号線、終点は「機場」駅=大連周水子国際空港、です。

クリックすると元のサイズで表示します
「海之韵」駅の周辺地図です。「B」、「C」出入り口の真ん前が海ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
地上に出ました。「海之韵」駅(「B」出入り口)です。周囲は開発中で何もありません。

クリックすると元のサイズで表示します
始発と終電情報ですね。

目の前の海へ向かいます。

次回は周囲の「鬼城」=ゴーストタウン、を歩きます。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649

大連「労働公園」の「日中友好と反日」、そのオモテとウラ

前回のエントリーはかなりのアクセス数を頂きました。ありがとうございます。今日もまた同じ場所である大連「労働公園」ネタで行きます。

前回のエントリーで取り上げた「日本語石碑出土の現場見学」を終え、園内をブラブラします。

クリックすると元のサイズで表示します
ボートは15分で20元(=約330円)です。園内にある「二カ国語教育」幼稚園の前にある池です。週末は親子連れとカップルで人気ですね。乗船の際はライフジャケット着用です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは蓮の葉で満たされています。開花はまだみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは爺婆でいっぱいです。お見合い情報交換コーナーですね。

クリックすると元のサイズで表示します
コーナー周囲に「本人」は居らず、年老いた「代理人」の両親ばかりです。情報がいっぱい書かれた「履歴書」が置かれています。でも肝心の写真添付はどれも一切無いでしょ?何故?「羊頭狗肉」だからですよ(笑)。内容も「粉飾」ばかりです。

大連の週末お見合い会場
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/259.html
「男は年収、女は年齢」、大連の無料お見合い会に潜入する
http://sky.ap.teacup.com/dalian4649/320.html

クリックすると元のサイズで表示します
園内の遊園地です。昭和の面影を残していて、私は結構好きですね。ガキの頃の郷愁を覚えます。

クリックすると元のサイズで表示します
金魚すくいです。20元(=約330円)ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
メリーゴーランドです。二階建て式で立派なもんですよ。20元(=約330円)です。支払い後、まずは二階部分で一回楽しみます。終わったら一階部分でもう一度楽しみます。一回支払いで二度楽しめるということです。東京浅草「花やしき」のメリーゴーランドよりもはるかに凄いです。

クリックすると元のサイズで表示します
ただ今、改修中のここ「労働公園」です。今回の改修事業が無ければ、前回のエントリーでも取り上げた「石碑」が発掘されるという大発見も無かったわけです。かつて在ったジェットコースターは綺麗さっぱり撤去されてしまいました。「花形」アトラクションだったのに・・・。夕方、ガラガラで一人乗った時は、係員がチケット代をまけてくれた時もありましたねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えます。ジェットコースター跡地です。奥に移っているのは大連市ナンバーワンの高校である「二十四高校」(日本統治時代は「春日小学校」)、そしてその隣にあるグラウンドです。このグラウンド、日本統治時代は「大連満鉄倶楽部の野球場」でした。時代は変わって大連は野球からサッカーの町となりました。北京の「核心」もサッカー好きです。御覧のように、ここも綺麗なサッカーグラウンドに変身してしまいましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和を感じさせてくれる乗り物ばかりです。ここは緑溢れる園内と気軽に行ける遊園地です。

クリックすると元のサイズで表示します
さて数年前から設置された「問題」の「アトラクション」です。

クリックすると元のサイズで表示します
角度を変えてアップで。中国の国旗「五星紅旗」を掲げた「中国公船」が連なっていますねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
「一番船」(笑)をアップで。

クリックすると元のサイズで表示します
「アトラクション」名ですが、和訳すると「中国釣魚島 僕らが巡回を行う」ですか。正しくは「日本国尖閣諸島 僕らが侵略する」ですね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
お〜、巡回してる!

クリックすると元のサイズで表示します
昨年まではちゃんと「島」が復元されていたんですが、今年は御覧のように単なる「ゲート設置」に「劣化」してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
早速、親子連れのお客さんですね。日本人のみならず外国人の目には哀れにしか映りません。

クリックすると元のサイズで表示します
サッカーボールモニュメントの所まで来ました。日本統治時代は忠霊塔があった所です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは約二ヵ月前、4月16日付け大連地元紙『半島晨報』(A05ページ)の記事です。見出しは「労働公園のサッカーボールモニュメントが都市庭園科学館に生まれ変わる」とあります。同記事によれば、このサッカーボールモニュメント、6、7年間ほど放置されており、内部は崩落も見られたそうです。この度、再開発の対象となって、新たに「都市庭園科学館」として生まれ変わることになったそうです。

まあ日本人が市長なら「大連サッカー記念館」でしょ。お客さんはその外観からサッカー関連を想像して来館する人が殆どだろうし、今現在こそクラブチームは広州にナンバーワンの座を譲っていますが、それまで大連は国内リーグ八連覇、選手もイングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティで活躍、中国サッカー史上で最も成功した名選手である孫継海(スン・チーハイ)を筆頭に現役の代表選手を生み続けています。先程も書きましたが、北京の「核心」は大のサッカー好き、来連も無いとは言い切れません。まあ「ズレている」んですよ、感覚がねえ。町の歴史を顧みて(!)、他都市には無い強みと生かし方、更には本当に市民と観光客が喜ぶ「為人民服務」を考えようよ・・・。

脱線しました。
クリックすると元のサイズで表示します
すぐ側には魚に餌やりの出来る場所がありました。凄い食い付きです。15元(=約250円)です。

クリックすると元のサイズで表示します
「草原」斜面に来ました。今の時期はピクニック、日焼け、結婚記念写真撮影等に使われ、長い冬季はスキー場、雪遊び場となります。ここもガラガラなので個人的には好きな場所です。

クリックすると元のサイズで表示します
すぐ側には「問題」の場所、桜林があります。「中日友好之桜」という石碑があります。

クリックすると元のサイズで表示します
御覧のように日本を表す「日」の字は徹底的に「叩かれて」います。おまけにその隣には黒字で落書きされています。和訳すると「アメリカ人と日本人は全員死にやがれ!」と書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
アップです。「支那人」の仕業です。そりゃ見つかった石碑も地元紙報道初日に破壊されるというものです・・・。この「前例」を全く生かせていないんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
裏は記碑となっています。今から約22年前の1995年4月に建てられました。

この「落書き」、今年1月2日のエントリーでも取り上げました。こちらです。

つまりこの「落書き」、半年近く放置されていることになります。

ここ「労働公園」は市中心部にある市内最大公園です。来園していただけると実感できますが、日本の感覚ではまずありえない規模=デカさ、なんですね。当然管理者、関係者もメチャクチャ多く、実際、北門にはずら〜〜〜っと関係者が顔写真入りで展示、紹介されています。公務員です。しかし「論理」という武器を使って考えれば、「落書き」を半年放置しているということで、連中は全く管理が出来ていないということがお分かりいただけたと思います。

ここの公園名は「労働」公園。管理人や関係者の皆様、「労働」しようか(笑)。

蛇足ながら、大連の日本人留学生らで組織されるサークル「大連留学生社団」は昨年、市内の清掃活動も行っていましたね。学生ばかりなのに本当に頭が下がる団体です。日本の自治体なら表彰状や感謝状を出しますね。人の心を打つ行為だからです。日本に来ている某国の留学生なんて逮捕状ばかりでしょう?

また脱線しました。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは前回のエントリーで取り上げた「日本語石碑出土の現場」の、すぐそばにある池です。ここもボートが乗れますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは蓮の花が咲き始めていました。

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗です。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは白。

以前にも書きましたが、私の座右の銘は、この蓮の花を表した言葉=「泥中の蓮(でいちゅうのはちす)」です。蓮は汚い泥の中でも屈すること無く、清らかな花を咲かせることから、この言葉の意味は「汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きるさまの例え」です。

私は今、中国に居ます。水、空気、人、物・・・。全てが「汚れた環境」です。

なかなか疲れる生き方ですよ(笑)。

ブログのランキングに参加中です。ここをクリックしていただけますと、当ブログの現在の順位が御確認いただけます。宜しくお願い申し上げます。

投稿者:dalian4649
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/113 
 
AutoPage最新お知らせ