2015/2/8

なた豆商品の自由度  
大学も変革の時を迎えている。2004年の国立大学法人化から、4月で10年が経過した。「国立大学」の時は、運営面で大学が主導的に何かをできる環境になかったと思う。総長は大学の顔としての立場であり、現在のような大学運営をする余地はあまりなかった。 【財源いかに獲得】 それが法人化で制約はあるものの「挑戦できる」素地が生まれてきた。言い換えれば、ある一定の制約の下で運営によって、大学は良くも悪くも変わるということだ。裁量の余地は明らかに増えている。法人化10年、第2期中期計画を終えてこれから第3期に入る。次の10年はたとえ今の制度が変わらなくても、大学間の格差が広がる可能性がある。制度自体がフレキシブルになり、なた豆商品の自由度が高まるほどその傾向が強くなるだろう。 それぞれの大学が「何に焦点を当てるか」という特色出しに懸命になる時代の到来でもある。教養教育、専門教育、研究教育…と大学ごとにいろいろな得意分野がある。その枠の中でなた豆茶サイトの運営力の真価を問われる。大阪大学は研究型総合大学だが、安閑と構えていると格差の荒波にのみこまれてしまう。大学が使命感をもって臨まなければならない。この10年間はある意味で助走期間だったが、なた豆運営費交付金が減少しつつある中で、大学独自の財源をいかに獲得していくか。交付金が将来的に減る傾向にあるのは否めないだろう。次の10年は戦略・戦術面での知恵だしが求められる。 大学が独自に獲得する資金は現在、競争的研究費、寄付金、産学連携経費、授業料収入、病院収入などがある。この中で寄付金の重要性は高まるだろう。また産学連携など、お金の一部を留保して得た中央財源をどれだけ多く基礎研究、学生や若手育成に還元できるかが問われる。 学生が最初に大学に触れる関門となる入試も多様化する。大学独自の色合いが強まるはずだ。阪大でも科学オリンピックで優秀な成績を残した学生を選抜したり、課外活動を評価した選抜法などをすでに導入している。
0

2012/1/29

黒コンで目の印象アップ!  
初めは一部の女子高生の間で人気だったカラコンも、今や30代の女性達の間にも浸透しています。いってみれば、珍しい物・奇抜な物を好む若い世代だけのものではなくなったわけで、それに伴ってブルーやグリーンなど色付きばかりでなく、黒コンと呼ばれる黒目をより大きく見せてくれるカラコンに人気が集まっているそうです。確かに年齢を重ねると、目先の奇抜さだけでは通用しなくなる部分ってありますよね。例えば脱毛処理ひとつとっても、イーモリジュのような脱毛器でないと、カミソリでは肌が負けてしまったりするようになります。いずれにしろ、カラコンの選択肢が広がることは若い世代にとっても悪いことではなさそうです。
0

2011/12/27

メガネちゃん大変身!  
ずっと目立たない「メガネちゃん」だった私が、カラコンに度ありがあることを知って以来、それこそ人生が一変しました。思い切って挑戦してみたところ、予想以上に周りから好意的な目で見てもらえるようになったんです。聞けば、昔の私はメガネのせいか取っ付きにくい雰囲気があったのだとか。もちろんメガネばかりが原因なワケでなく、カラコンにしたことで性格的に明るくなれたというのが1番の理由だと私自身は思っていますが、ダイエットした訳でもなく、整形した訳でもない、それこそ無料で様々な出会いをゲットできた私はラッキーだったナと感じています。
0

2011/3/3

通信講座で資格をとろう  
私、通信講座の資格にとても興味があるんです。新聞の広告などにもよく入っているので、すごくチェックしてしまいます。その中でも興味があるのが、ファイナンシャルプランナー資格。生活設計や資産運用、それに年金など。お金の動きが、まったくわからないのでとても興味のある資格なのです。そのほかで興味があるのは、歯科助手 資格取得です。歯科衛生士は専門学校に行かないといけないけど、歯科助手なら通信講座でもとれるので、すぐ実践で使えるのがいいなって思っています。
0

2010/9/16

資格の勉強  
資格取得のための学習法についてです。

@通学講座
短期間で効率よく資格を取得したい方に最適です。
ライフスタイルに合わせて色々な時間帯でのクラスが設定されています。
学習計画が徹底しており、受験対策や就職支援などのサポート体制も充実しています。

A通信講座
自分のペースで勉強でき、時間の制約や通学の手間が省けます。
通学講座と同様のカリキュラムですが、受講料はお安くなっています。

B独学
通信講座と同じく自由さはありますが、教材を自分で調達して学習計画も一人で立てなければならないので、自己管理ができる人には向いています。

どの方法で資格取得を目指すかは人それぞれ。
自分に合った方法で無理のない学習が進められるようにしましょう。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ