2013/4/19

SARSから10年、中国を襲った「鳥インフルエンザH7N9型」  

中国当局は3月31日、上海市で87歳の李姓の男性が鳥インフルエンザH7N9型に感染して死亡したことを発表した。患者の死亡から27日後だった。庶民は当局が隠ぺいしようとしたか、発表を故意に遅らせたのではないかと疑念を深めた。



(1)フェルディナント:やめた方が…制止を振り切ったF氏が日産の“巨体”に挑みかかる

今週から新シリーズ。フェルディナント氏がチョイスしたのは日産「キャラバン」。そう、あの商用車です。しかもあまり見かけない超ロングで幅広のデカイやつだ。ADフジノは「やめろ」と言うが……。



(2)「首相指示」乱発の舞台裏

安倍晋三政権の「第3の矢」と国内外から注目される成長戦略。議論の過程で目につくのが各省庁への首相指示の乱発だ。戦略策定を待たずに進む政策も出始めたが、先行きに懸念も。



(3)大前研一:衰退する日本の製造業、新たな貿易立国モデルが必要だ

日本の製造業は、事業所数も従業員数も減少し続け、その衰退傾向に歯止めがかからない。しかし一方で、高い競争力で世界シェアを独占する日本企業も存在する。日本が長年拠りどころとしてきた従来型加工貿易立国モデルの見直しが必要になっている。



(4)米国が韓国に愛想を尽かす日

「手間ばかりかかる朝鮮半島に米国はいつまで留まるのか」——。日本、米国にとって鬼門の朝鮮半島の過去と未来を木村幹教授と読んだ。



(5)PR: 平成25年度の再エネ賦課金の負担額が決まりました!


(6)PR: 西荻窪駅4分 新築マンション88平米5980万円より


(7)書評まとめ:ITが人の仕事を奪う、ITサービスは所有から利用へ、黒田総裁らの寄稿本など、5冊の書評

ITの発展が人の仕事を奪い始めたとの視点で、経済への影響やITと人との関わり方を説く。米国で失業率回復が遅れている一因に、小売業のセルフレジなどITによる省力化があると分析。車の自動運転や自動翻訳などITの進化で、さらに雇用が奪われる新し…



(8)首都高の老朽化:首都高の修繕などに必要な巨費をどう調達する?

総延長距離301.3キロ、1日の交通量97.4万台の首都高速道路。一部区間が建設から50年以上たち、老朽化が深刻になっている。7900億円以上かかると試算される造り替え・修繕をどう行うのか。費用の捻出が課題だ。



(9)メガソーラー:バブル状態のメガソーラー、送電線の敷設が課題

2012年7月の「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」以降、太陽光発電のブームが続いている。とくに「メガソーラー」建設は過熱気味で、その市場規模は急拡大している。だがその一方で課題も見えてきた。



(10)【経営キーワードクイズ】ロジカル・シンキングの分野において、その場で「何を考え、論じるべきか」を指すものを何と呼ぶ?

一般的な用語としては「論点」「課題」「問題」などと訳されるもの。ロジカル・シンキングの分野において、論理を構造化する際に、その場で「何を考え、論じるべきか」を指すものを何と呼ぶ?



(11)PR: 管理者育成の決定版!『管理者教育に求められる育成法』とは?


(12)チャイナ・プラス・ワン:アジアの最新経済指標を読む

アジアが日本企業の進出先として注目を集めている。依然として存在感のある中国をはじめ、チャイナ・プラス・ワンの新たな投資先として注目を集めるタイ、インドネシア、インドなどの市場はどうなっているのか。AsiaBizオンラインの人気連載「三菱U…



(13)河合 薫:「競争しない奴はいらない!」 中小企業“切り捨て”社会の行く末

楽天の三木谷社長はTPP(環太平洋経済連携協定)などの自由貿易や規制緩和の推進、企業の国際化、常に成長を続けることの重要性を番組では熱く訴えていたけれど、190万円のコストが捻出できなかった零細企業をどう思ったのか?



(14)ブラック企業にならない方法

早稲田大学ラグビー蹴球部を大学日本一に2度導いた経験を持ち、現在日本ラグビーフットボール協会のコーチングディレクターを務める中竹竜二氏に取材する機会がありました。



(15)小田嶋 隆:まことにはた迷惑な襲名披露

世襲はシステムの問題というよりも、国民的なメンタリティの問題なんではなかろうか。世襲議員の比率が異様に高いというお話も、実は、地盤がどうしたとか色々言う以前に、「われわれがそれを望んでいる」ということであるはず。



[info]
イエロー ☆送料無料☆ICチップ付き ICY50 EPSON対応互換インクカートリッジ
0

2013/4/14

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ