2013/5/2

【「実践力」を鍛えるグロービスの授業とは? 】  



(1)バフェットが地方新聞を買収し続ける「ワケ」 ——東日本大震災を報じた「石巻かほく」に、地方紙の意地を見る

三陸河北は、東北を代表する新聞のひとつである河北新報社(本社・仙台市)が1980年、石巻地方のニュースの充実を図る目的で設立した子会社である。「河北新報」本紙に折り込む形式で、地域紙「石巻かほく」を発行。月曜日付だけが休刊の日刊紙である。



(2)PR: 8年連続FX業界No.1*の外為どっとコムなら、


(3)竹中平蔵:スウェーデン型の「経済を強くする社会保障」を考えよ

日本人が思い描くイメージと違って、スウェーデンはアメリカ型競争社会の一面を持つ。北欧モデルの一部をつまみ食いするのではなく、パッケージとしての“攻め”の社会保障を日本は学ぶべきだ。



(4)大前研一:若者と高齢者の起業支援で日本社会を活性化せよ

起業を目指す若者の背中をポンと押す小口助成制度が来年度予算案に盛り込まれることになった。若者だけでなく高齢者の起業も促し、日本社会全体を活性化する政策が求められている。



(5)PR: 8年連続FX業界No.1*の外為どっとコムなら、


(6)田原総一朗:「橋下個人商店」は国政政党に脱皮できるか

大阪市長の橋下徹氏に頼まれ、9月23日、国政新党「日本維新の会」の第2回目の政策討論会に参加した。参加したのは橋下さん、幹事長の松井一郎大阪府知事、日本維新の会に合流するとされる国会議員らで、私の役回りは維新の会と国会議員の理念が一致する…



(7)PR: 住宅ローンの借換えで総支払額はどれだけ変わる?


(8)竹中平蔵:「攻めの社会保障」こそが中期的な日本の成長戦略になる

2050年の日本は世界で最も悲惨な国になるとの経済誌の予測が話題になっている。その予測を覆すには「攻めの社会保障」で経済を強くするしかない。しかし民主党も自民党も、中期的な経済戦略を欠いているのが実情だ。



(9)大前研一:攻勢かけるソフトバンク、NTTドコモは縛りを解かれ世界企業に飛躍できるか

ソフトバンクのイー・アクセス買収によって、国内の携帯業界はどうなっていくのだろうか。iPhoneの独り勝ちにより、王者NTTドコモがジリ貧を続ける中、ソフトバンクの動きは新たな競争を誘発する可能性もある。



(10)猪瀬直樹:東電、東京都との会合で東電病院売却を表明

東京電力経営改革本部(本部長:下河辺和彦会長)と東京都の第1回定期会合を開き、東京電力病院の売却を決めた。東電は抽象的な改革計画ではなく、子会社のリストラについて具体的なアクションプランを示すべき、と提案した。



(11)財部誠一:48年ぶりIMF・世銀の年次総会、新財務大臣で政権は何をしたいのか

10月9日(火)から東京で国際通貨基金(IMF)と世界銀行(世銀)の年次総会(12日〜14日)および関連行事が始まった。日本での開催は東京オリンピックのあった1964年以来、じつに48年ぶり。メガバンクの経営幹部は大きな期待感と緊張感を持…



(12)大前研一:各省庁のムダな予算要求が日本をギリシャ化させる

来年度予算の概算要求が9月7日に締め切られ、一般会計の総額は今年度の当初予算と比べ7兆円余り多い98兆円となった。野田政権の中途半端な「社会保障と税の一体改革」と見当違いの「日本再生戦略」が、財政悪化を招いている。このままでは日本はギリシ…



(13)PR: ボルボ V50 CLASSIC


(14)伊藤元重:TPPはどうなる? 他の国々との経済連携協定も避けて通れない

民主党政権時代に出てきた政策課題の中で、大きな関心を集めたものの一つが環太平洋経済連携協定(TPP)への参加問題であった。野田政権では政策課題の中でもプライオリティの高い位置におかれ、国内の世論も賛成と反対に割れ、大論争になった。



(15)PR: 住宅ローンの借換えで総支払額はどれだけ変わる?


[info]
プラチナシート 17 ペア ★5 中日x楽天
0

2013/4/30

伊藤元重:デフレ脱却で「重い荷物」と「急な上り坂」が楽になる  

アベノミクスに対して、一部の識者から懸念や批判の声が上がっている。その多くは、「あまりに極端なリフレ政策に頼ることは、国債の価格暴落につながることになりかねない」と指摘する。



(1)PR: 上野毛駅徒歩6分 新築70平米 4400万円台より


(2)PR: 新型フォーカス、4月13日より発売開始!


(3)小山昇:クレームを利用して部下からの信頼を勝ち得よ

人間には功利心や名誉欲があります。煩悩を捨て去った聖人でもない限りは、大なり小なりだれでもそうです。「承認欲求」というのでしょうか、他人から認められたい・尊敬されたいと願うのは、もう本能に近いくらい深く、強い衝動といってもいい。私の見ると…



(4)田原総一朗:サッチャー元英首相 「私には後悔という言葉はない」

イギリスの元首相、マーガレット・サッチャー氏が4月8日に亡くなった。87歳だった。私は、首相退任後に来日したサッチャーさんにインタビューをしたことがある。



(5)田原総一朗:景気回復「期待」の裏に隠された「解」のない政策課題

安倍晋三首相が主張する経済政策「アベノミクス」に対する反論が強まっている。アベノミクスは大胆な金融緩和、機動的な財政出動、成長戦略を「3本の矢」とする政策だが、まずはこれをわかりやすく考えてみたい。



(6)50万円カーの衝撃

「できるだけ安くしていくということは、今まで閉じていた世界を開放していくことだ」。これは米グーグルの盲目のプログラマー、T.Vラマーン氏の言葉です。ラマーン氏はグーグルで年齢や身体の条件に関わらずアクセスできる環境を作り出す「アクセシビリ…



(7)アメリカの歴史の舞台となった小さな川

米国では、約60カ所の国立公園を含め、400近い施設が国立公園制度で指定・管理されている。だが全米50州のなかで唯一、そうした国立施設をもたない州があった。東海岸のデラウェア州。ほかの州に先駆けて合衆国憲法を批准したことから「最初の州(フ…



(8)部屋の中でオブジェにもなる、「球体デザイン」がユニークなサーキュレーター

デザインユニットの&designが「空気の球体」「風のイメージ」をモチーフにデザインしたサーキュレーター。正面から見ると蜂の巣のような形をしており、側面から見ると滴のような形に見える。今までのサーキュレーターにはないユニークなデザインが特…



(9)PR: 自動車保険一括見積もりで図書カードプレゼント実施中!


(10)先住民の森を蝕む、アマゾンのマホガニー乱伐

「赤い黄金」と呼ばれるマホガニーは、最上級の木材として高く評価されてきた。丈夫だし、木目は赤く美しい。伐採された1本のマホガニーが加工されて欧米の店頭に並ぶ頃には、数百万円の価値になることもある。



(11)伊藤元重:崩壊の危機に直面する日本の医療、重点分野への集約化が求められる

医療現場の話を聞くと、本当に日本の医療は大丈夫だろうかと心配になってくる。「医療崩壊」という言い方がけっして誇張ではないように思える。今後高齢化がさらに進めば、医療費は膨張する一方である。ただでさえ赤字垂れ流しで続けてきた医療は、今後ます…



(12)ブラック企業にならない方法

早稲田大学ラグビー蹴球部を大学日本一に2度導いた経験を持ち、現在日本ラグビーフットボール協会のコーチングディレクターを務める中竹竜二氏に取材する機会がありました。



(13)大前研一:優秀な外国人教師で子供たちの英語力を鍛えグローバル人材育成の第一歩に

教育委員会制度改革や英語教育改革の提言がなされているが、いずれも方法論に危うさを感じる。教育問題は子供たちのことを中心に、長期的な視野で考えるべきだ。



(14)財部誠一:鳥インフルエンザよりも恐ろしい“豚死事件”の真相と中国社会の闇

中国で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染が拡大している。3月31日に世界で初めて人に感染したと中国政府が発表してから3週間。死者は20人、感染者の数はついに100人を超えた。パンデミック(感染の世界的大流行)のリスクが現実のものになりつ…



(15)田原総一朗:仮釈放されたホリエモン、「メディアに革命を起こしたい」

3月27日の朝、私はある電話で起こされた。ホリエモンこと、堀江貴文さんからのものだった。寝ぼけ眼のまま「どこから電話をかけているの?」と聞くと、さっき出所したばかりだと言う。長野刑務所を出てから一番に電話をしてくれたらしい。



[info]
11 柏DOMe A220番台 S ジュンスカ SKY JUN 1枚 WALKER
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ