2017/8/6

読書日記.66  その他

<乱読王の読書日記.66>

パナマ経由 カリブ海渡れば
失くした恋が 胸の中 吹き荒れ
思い立ったら 翼広げ
気の向くままに裸足になるさ
人生とは ワインと恋の手段


2017年/平成29年

0101(日)
順子さんのマンションから帰宅し、寝ずに年賀状を書いてから午後3時頃まで寝る。起床後、大晦日の格闘技番組RIZINをダイジェストで観てから石橋のTSUTAYAへ。以前に観た心霊ヴィデオ3本を再び借りて帰宅。夕食後、久しぶりに白州の水割りを飲みながら心霊ヴィデオを観る。

0102(月)
帰省中の友人の林と、午後より甲山大師に初詣に行く。いつものように御神籤を引くと、林は大吉でおれは凶だった。「まち人 来ません 来てもやがて別れることになります」と書かれていた。そうかなるほど、待ち人は来ないのか。なるほどね、仕方ないか。初詣の後、北千里にあるファミリーレストランのトマト&オニオンで休憩。その後、焼肉屋久太郎から珈蔵へ。
クリックすると元のサイズで表示します

0103(火)
疲れていたので昼まで寝る。起床後、朝食を食べてから外出。久しぶりに箕面109に映画「海賊とよばれた男」を観に行く。珍しくほぼ満員。映画は「永遠の0」と同様に素晴らしく良かった。百田尚樹の作品は岡田准一でこそ面白い。「永遠の0」も「海賊とよばれた男」もあえて原作は読んでないだけにストレートに面白さが伝わった。深夜、コーヒーを飲みながら地上波放映していた「バイオハザード」を観る。DVDは持っているのだが。

0107(土)
午後より箕面109まで映画「バイオハザード ザ・ファイナル」を観に行く。満員ではなかったのでいつものようにエグゼクティブシートで観る。格闘シーンがハイスピードなので観る者に伝わらない。なんだろうな、シリーズの中で一番面白くなかったな。これがシリーズものの問題点か。映画の後、大地の詩で遅めの昼食を食べて帰宅。夕食後、借りていた映画「ロストバケーション」のDVDを観る。メキシコの秘密の浜にサーフィンに来たアメリカの女子大生が鮫に襲われて負傷しつつも水面から浮き出た岩に逃げ、そこからの脱出に挑む話。意外に面白かった。夜、布団に入って、矢作俊彦「さまよう薔薇のように」を読む。

0109(月)
起床時寒気がした。大事を取って昼まで寝る。かなり回復したので起床し、食事してから外出。石橋駅で待ち合わせしていた看護師の直美くんと逢い、服部天神駅まで十日戎へ行く。耳の復調と体調の回復を祈り、御神籤を引く。甲山大師での御神籤は「凶」だったのでリベンジのつもりで引く。直美くんは「大吉」でおれは「吉」だった。おおっ、と思っていると「待ち人 来らず」と書かれていた。「吉」でもこの結果かと少し笑えた。服部天神の後、直美くんと喫茶果琳でコーヒーを飲む。十日戎でこの店でコーヒーを飲めるのはある意味で幸せなのだろう。その後、十三まで行き、がんこ寿司で夕食。久しぶりの日本酒らしく直美くんは酩酊していた。可愛い奴。

0114(土)
シネピピア売布に映画「シン・ゴジラ」を観に行く。これは面白い。ゴジラの中に〇〇〇〇が入っているとは思わなかった。東京湾から上陸したゴジラが、友人の林の住む大田区から壊滅させていく所が笑えた。映画の後、石橋のかつれつ亭で夕食。

0121(土)
土曜出勤。午後よりT先生と心斎橋までコンサルティング会社主催のセミナーに行く。セミナー終了後、母が入院する池田の回生病院へ。夕食は蕎麦の名店のあみでざる蕎麦。

0126(木)
夕方より、広告代理店のA社長との新年会にT先生と車で出かける。京阪枚方駅前のホテル1階のレストラン。色々と考える夜だった。

0127(金)
業務の問題点を社労士のN氏に相談のため、ホテル・グランヴィア大阪1階のカフェへ。なかなかタメになることを教わった。その後、クリニックに帰る。

0128(土)
クリニックの新年会に出席する。北浜の豚肉料理の店で、以前に勤務していた健康茶メーカーの旧事務所から10秒ぐらいの場所にある。もうこのあたりに来るとは思わなかったのだが。午後10時過ぎに解散。

0204(土)
大手企業の部長夫人マダムSと、岩屋の兵庫県立美術館まで「アドルフ・ヴェルフリ展」に行く。作品としては今ひとつ。心に響かない。その後、三宮まで。明日はおれの誕生日なので、マダムより三宮の神戸牛専門店で夕食をご馳走になる。申し訳ない。人妻と飲むと実に切ない。

0205(日)
うっかり53になってしまった。朝から何人もの友人とGFからお祝いメールが届く。みなさん、ありがとう。夕方、順子さんから電話を貰い、梅田で逢う。NU茶屋町の牡蠣料理店ガンボ&オイスターバーで夕食をご馳走になる。素敵なプレゼントまで頂いた。申し訳ない、こんなおれなのに。

0207(火)
コンサルティング会社のセミナー出席のため、東京出張。夕方に終わり、丸の内オアゾの入口で美形人妻のW女史と待ち合わせ。彼女とは北浜の健康茶メーカーに勤務していた頃に知り合った。当時の彼女は、北浜の弘得社というレトロビルで経営されていたステーキ屋で働いていたのだが、おれが東京に行かなくなってからは逢う機会がなかった。43歳になった彼女はため息が出るほど美しくなっていた。オアゾの中の鮨屋の竹山で夕食。いや、ここの鮨屋は美味しい。竹山の後、東京駅近くのBARで酒。その後、八重洲ステーションホテルに戻る。

0208(水)
セミナー2日目。参加料の高いセミナーだからか、昼食は人形町今半のすき焼き弁当。弁当とはいえ、今半のすき焼きが食べられるとは思わなかった。美味。セミナー終了後、東京駅のうに料理屋で夕食を食べてから帰阪。

0211(土)
午後より、箕面109で映画「マグニフィセントセブン」を観る。「七人の侍」と「荒野の7人」にインスパイアされた作品ということだが、実に良い作品だった。こういう映画をまだ作るハリウッドはいいよな。少し感動した。こういう作品を待っていたんだ。

0214(火)
勤務先のクリニックの女性スタッフと、GFからのバレンタインディのチョコレートをたくさんいただく。こんなおれなのに全く申し訳ない。みなさん、ありがとう。

0218(土)
午後より、アートディレクターのひとみくんと中之島の東洋陶磁美術館に「台北国立故宮博物院 北宋汝窯青磁水仙盆」展に行く。人類最高の焼物と呼ばれる作品を見るが実に素晴らしい。青磁というものがこれほど美しいとは思わなかった。その後、淀屋橋のMJB珈琲で休憩してから、odonaのゴッチーズビーフ淀屋橋で夕食。熟成肉が美味しいのなんのって。夕食後、梅田まで歩き、芝田町のBARでウイスキー。  

0219(日)
午後よりフェブラリーステークス投票。爆勝ち。その後、誕生日月の特典1000円の金券が届いたのでブラックドラゴン号に乗って牧落のHIRO珈琲まで行く。サンドイッチとコーヒーをいただく。コーヒーを飲みながら久しぶりにアーウィン・ショーの「夏服を着た女たち」を読む。ニューヨーカー派の作家であるショーは何より短編が素晴らしい。彼の作品を読むたびに満ち足りた気分になる。夜、ベニー・グッドマン楽団のCDを聴きながら久しぶりにウイスキーの水割り。自宅で飲むのは久しぶりだ。

0225(土)
阿倍野のハルカス美術館まで、「拝啓ルノワール先生」展へ行く。梅原龍三郎に絡ませなくてもよかったんじゃないのか。ハルカスの後、モンゴル整体院で施術を受けて、フープのタワーレコードを見てから梅田に戻る。ホワイティの花柳で夕食。たまにはひとりもいいな。深夜、録画していた「孤独のグルメ」を数本観る。松重豊は苦手だが、ドラマはいい。

0304(土)
直美くんと、肥後橋の国立国際美術館まで「クラーナハ展」に行く。それほど期待していなかったのだが意外に良かった。聖書がテーマの美術作品はいい。鑑賞後、館内のレストランで昼食。美術館のレストランは美味しくない所が多いが、ここは料理もスイーツも美味しいし、何より安い。お薦め。その後、久しぶりに靭公園で直美くんとほっこりする。

0311(土)
久しぶりにシネリーブル梅田まで、映画「アンチポルノ」を観に行く。おれは園子温のファンではないが筒井真理子が好きなので観に行く。映画は相変らず園子温らしくつまらないが、筒井真理子の裸は良かった。美熟女万歳だな。シネリーブルの後、ヨドバシカメラの近くにある京都勝牛で昼食。京都発祥だからか美味しいのだが量が少ない。昼食後、茶屋町の丸善ジュンク堂。調理書のコーナーでジョエル・ロブションのフレンチ関連の書籍を読む。以前から思っていたことだがロブションのフレンチというのは時代的にもう古いんじゃないか。バター、クリームを排したベルナール・ロワゾーの“水の料理”すら時代遅れに思える。料理は常に進化しているのだ。夕方になり、コピーライターの中島さんと西梅田の博多華味鳥で水炊きを食べる。中島さんはグラビアタレントの安枝瞳に似ていて可愛い。ただ、話すと若いのにしっかりしている。夕食後、電通近くのBARへ。

0318(土)
夜、帰阪中の林とワンカルビで夕食。お互い収入はそれなりにあるのに、ワンカルビに行くことが多い。ただ、食べ放題とはいえワンカルビは美味しい。夕食後、珈蔵でコーヒー。深い話に終始。深夜、ひかりTVで「甦るトゥナイトU」を観る。山本晋也監督も若いな。 

0320(月)
最近知り合った30代OLのK嬢と、芦屋の谷崎潤一郎記念館に行く。谷崎はダシール・ハメット、植草甚一、小栗蟲太郎、アーウィン・ショーと共におれに影響を与えた作家だ。谷崎は耽美派作家と呼ばれているが要するに変態だ。おれは変態ではないが、「春琴抄」みたいに、火傷で醜くなった好きな女性の顔を見ないために、己の眼を潰すなんて気違いな感覚が好きだ。これは田山花袋の「布団」、江戸川乱歩「人間椅子」に通じるものがある。同行したK嬢は可愛くて良いのだが、この美術館には耽美な人妻と来るべきだったのかも知れない。何を言ってるんだおれは(笑) 美術館の後、三宮まで行き、中山手のフレンチレストランのパトゥで夕食。ここは美味しい。

0324(金)
カメラマンのリュウ・イツキ氏経営のネットショップで、フィルムカメラのリコーオートハーフを購入。なぜこのご時世にフィルムカメラかと言われそうだが、あくまでおれがフィルムカメラ好きなのだ。オートハーフというカメラは形が抜群にいい。

0401(土)
人妻GFのマダムM女史と神戸に行く。彼女とは昨年のルミナリエ以来だ。予定していたレク先が休みだったので、歩いて中突堤まで行き、港めぐりの船に乗る。たかだか50分の船旅だが意外に楽しい。夕方になり、三宮まで戻り、タイ料理スワンナプームタイで夕食。タイ料理も久しぶりだが、トムヤムクンなどはやはり美味しい。夕食後、梅田でマダムと別れる。深夜、オダギリジョー主演「大川端探偵社」を観る。やはりこれは傑作だ。

0403(月)
もう買わないと思っていたのに、またデジカメを買ってしまった。フジフィルムのファインピクスX100。7万9千円。いやこれが素晴らしい造形美なのだ。まさにライカだよ、これは。
クリックすると元のサイズで表示します

0408(土)
久しぶりに京セラドームまで、オリックスバファローズ対日本ハムファイターズの試合を観に行く。おれが球場に到着する寸前に大谷が負傷して戦列を離れていた。いつものように内野の一番位置の高い座席でコーラを飲みながら観戦する。土曜日の昼下がりに野球観戦なんて贅沢な楽しみだ。長い間、近鉄バファローズ〜オリックスバファローズのファンクラブに入っていたのだが、開幕前に再入会した。バファローズは日本シリーズはおろか、リーグ優勝からも常に遠い位置にいるけれど、それでいいんだ。そういう球団だからこそ応援したいのだ。試合はバファローズの勝利に終わり、気分の良いまま南堀江の坂井さんの店に行く。久しぶりに楽しい話に終始。

0415(土)
午後より箕面109で映画「ゴースト・イン・ザ・シエル」を観る。アニメの「攻殻機動隊」は素晴らしいのだが、実写版は今ひとつ。義体のスカーレット・ヨハンソンが裸に見えて仕方がない。それも太って見えるのだが。夕食はキューズモールの大地の詩でサーロインステーキを食べる。夜、埃をかぶったままの2つのカメラバッグを開けてみると、中から名機のニコンF3、チェキ、ペンタックスMZ−7、望遠レンズが出てきた。よく放置したままだったなあ。

0420(木)
オリックスバファローズがパリーグ2位にキタ――(゚∀゚)――!! どうなってんだよ、まったく。優勝を狙おうってのかい。とにかく嬉しい。

0424(月)
朝、箕面ライフプラザまで、申請していた障害者手帳を貰いに行く。聞こえにくくなった右耳は治療しても回復の兆しが見えないので障害者手帳を申請した。自分を障害者と認めたくない人も多いようだが、手帳を手に入れることによる特典も多いからおれは全然構わない。

0502(火)
退勤後、阪急17番街のゼノン倶楽部で髪を切る。いつもは高校の後輩の経営する地元の理容室を利用しているのだが、一度くらいは女に髪を切られたい。それなら美容師のGFに頼めば良いのだが、さすがに純粋な美容室には行けませんし。ゼノン倶楽部は顔剃りもあるから美容室ではないのだが、女性が顔を剃り、髪を切る。17番街から夜景を見ながら、女性スタイリストに髪を切られ爪も切られる。何という幸せ。なかなか男前に仕上がった(笑)後輩の理容師には言い訳をしながら、たまにここに通ってみようと思った。

0503(水)
帰阪中の林と、りんくうアウトレットにドライブ。まめ寅で天丼の昼食を食べ、ブルックスブラザースで夏向けのワイシャツを買う。箕面に戻ってからワンカルビで夕食を食べ、珈蔵でコーヒーを飲んで別れる。

0504(木)
午後より順子さんと、箕面109で映画「無限の住人」を観る。作品的には白いのだが木村拓哉がやられすぎ。強いんだか弱いんだか。映画の後、焼肉屋さかいで夕食。久しぶりに順子さんと真剣な話。夕食後、タクシーで帰宅。

0505(木)
午後より南港ATCまでトミカ博へ行く。50を過ぎたおっさんがトミカ博に行くのもどうかと思うが、行くと心弾むのもまた事実だ。ミニカー数台を購入した後、別館にあったラーメン屋の金久右衛門で昼食。美味しいと評判の店だが、おれ的には麺屋7.5Hzの方が好きだな。

0513(土)
午後より図書館司書のみのりさんと京都。河原町の何必館・京都現代美術館の「アンリ・カルティエ・ブレッソン展」へ行く。ブレッソンはブルース・ウエーバーと共におれの好きな写真家だ。こんな所にこんな充実した美術館があるとは思わなかった。規模は小さいが素晴らしい。何必館の後、京極通りの天丼のまきので昼食。ここの天丼は本当に美味しい。りんくうアウトレットのまめ寅、駅前第一ビルのかえんと並ぶ味。まきのの、鳩居堂で文具を見たり、スマートでコーヒーを飲む。夕食は先斗町いづもやの川床で懐石料理。夜風が心地良かった。
クリックすると元のサイズで表示します

0514(日)
ヴィクトリアマイルで枠連勝ち11万2300円勝ち。投資額を引いて10万円の純益。春競馬は順調だ。負けたのは皐月賞のみ。昨日のデート費用も回収した(笑)

0520(土)
クリニックで開催するアート展に出す水彩画を描く。筆を握るのは何年ぶりだろう。いつものように下書き1時間、彩色20分。タイトルは「懐かしい眼をした女」。

0527(土)
大手商事会社OLの真弓さんと海遊館デート。海遊館が目的ではなく、大阪文化館で開催中の「藤城清治展」だ。ケロヨンで知られる藤城氏の作品はどれも素晴らしい。期待していた以上だ。駄作がまったくないんだな。この人の作品は日本の宝だよ。藤城展の後、海遊館を見てから梅田に戻り、久しぶりに阪急グランドビルのはまぐり庵で夕食。

0605(月)
バミューダで行われている今年のアメリカズカップ(歴史の古いヨットレース)だが、予選は6艇出て日本チームは4位と準決勝進出を果たした。ソフトバンクは糞だが、日本代表なので頑張ってほしいな。アメリカ(チームオラクル)には絶対に勝てないが何とか3位あたりにはならないものか。
クリックすると元のサイズで表示します

0610(土)
午後より箕面109で映画「ローガン」を観る。プロフェッサーXことチャールズ・エグゼヴィアが要介護老人として出ていたが、この人って初期三部作あたりでジーン・グレイにテレキネシスで木っ端微塵にされませんでしたっけ。ウルヴァリン(ローガン)の最終作品の割に救いのない作品だった。本当にアメコミか疑わしくなる。映画の後、大地の詩でステーキ定食の夕食。

0615(木)
女優の野際陽子逝去。この人が亡くなるとは思わなかった。黙祷。この人の持ち味が出ているのは、やはり「京都迷宮案内」か。

0623(木)
癌で闘病中の小林麻央逝去。よく頑張ったなと褒めてあげたい。成仏して下さい。

0624(土)
午後より御影の香雪無美術館まで、「悉有仏性展」に行く。その後、ダンケでバターコーヒーを飲む。夜、石橋で林と会い、久太郎で焼肉。最近はワンカルビばかり行っているが、この店も悪くない。夕食後、珈蔵でコーヒー。

0628(水)
コンサルティング会社のセミナーで東京へ。帰りの新幹線の中で色々と考えたのだが、ひとつの結論に至った。

0629(木)
1年4か月勤務したクリニックを辞めることになった。なかなか自由で良い職場だったのだが。広報室の業務をまとめることにしよう。

0701(土)
ひとみくんと中之島の東洋陶磁美術館まで、「ハンガリーの名窯 ヘレンド」に行く。久しぶりに逢ったひとみくんはスカート姿でとても可愛い。いいねえ。ヘレンドの陶器はどれも気品があって華やか。東洋陶磁美術館はこういう素晴らしい作品の展示が多い。美術館の後、いつものように淀屋橋のMJB珈琲で休憩。コーヒーを飲んだ後、中之島OVAとデルフォニックスに寄り、西梅田から新地に抜け、つるとんたんで夕食。少し深い話。その後、電通近くのBARで酒。

0715(土)
午後より阿倍野のハルカス美術館まで「北野常富展」に行く。美人画の大家だがどの作品もいい。どこかで見たことのある作品も多い。その後、箕面に戻り、石橋で帰阪中の林と会い、北千里のトマト&オニオンで夕食。少し暗めの話に終始。珈蔵でコーヒーを飲んだ後で別れる。帰宅してから司馬遼太郎「関ケ原」の上巻を読了。10回以上読んだ作品だが、もうすぐ映画化作品が上映されるので再読してみた。やはり大谷刑部少輔吉継と島左近がいい。

0717(月)
祝日。直美くんと神戸市立博物館に「遥かなるルネサンス展」に行く。祝日だからか少し並んだ。博物館の後、南京町に行き、群愛飯店で点心を食べる。その後、バーニーズニューヨークから元町を散策。夕食はタイ料理のスワンナプームタイ。

0726(水)
午後より新しく入ったパートさんの歓迎会を兼ねて、おれの送別会を開いて頂いたので出席。辞めていくおれに申し訳ない限りだ。場所は天満のフレンチレストランのル・クロ・ド・マリアージュ。料理も美味しく、T先生と奥様のY先生、スタッフのみなさんに色々お気遣い頂いた。ありがとうございます。解散後、天満のステーションビルを見て回る。夜、「関ケ原」の中巻読了。日本最大の合戦なのだが、三国志に較べるとやはりスケールは小さい。

0731(月)
退職日。引継ぎの資料とトリセツをすべて仕上げるのに何とか間に合った。やれやれ。みなさんに挨拶して19時退勤。19時半に淀屋橋で順子さんと逢い、フレンチレストランUNIQUEで夕食。慰労を兼ねて順子さんが招待してくれたのだ。ありがたいことだ。金目鯛の料理とフォアグラの料理が秀逸。夕食の後、新地のBARでウイスキー。短い勤務期間だったが、色々大変な仕事でもあった。でもまたこれで仕事の幅はまた広がったとも言える。とにかく明日からは楽しいヴァカンスの始まりだ。

1

2017/1/1

読書日記.65  読書

<乱読王の読書日記.65>

愛した日の事を 忘れないと言えば
睫毛ふせてお前 背中にしがみつく
灯が逃げる ビルの角で
お前はおれを離さないのさ
腕をほどけば それが最後とわかっているから


0503(火)
帰省中の友人の林と須磨のアウトレットまでドライブ。昼食はいつものようにインド料理のゲイロード。アウトレットを見て駐車場から出る時にまさかの渋滞。駐車場での渋滞なのだ。箕面に戻ったが大幅に遅れたので、きんのぶた牧落店に電話して約1時間ずらしてもらう。食後、珈藏でコーヒー。雨が強くなる。

0507(土)
スタイリストの順子さんと箕面109で映画「キャプテンアメリカ シビルウォー」を観る。アベンジャーズの内戦とも言えるこの作品は原作を読んでいたが、映画版ではマイティソーもハルクも出ないので興醒めだ。なんだろうな、この手の抜き方は。箕面キューズモールの大地の詩で夕食。

0518(水)
午前の診療の終了後、T先生と北区豊崎のブランディングコンサルティング会社に行く。ここの女性社長にクリニック販促等の意見をいただく。終了後、T先生と別れ、ヨドバシカメラで買い物。直帰する。

0521(土)
午後より阪急香櫨園の大谷美術館のスイスデザイン展に行く。西宮駅でOLの奈緒さんと会う。彼女とは某銀行主催のコーチングセミナーで知り合った。父上は輸入会社の社長をしており、まさにお嬢様だ。つばの広い帽子に白いブラウス。実に可愛いお嬢様だ。お様様とやさぐれ者のおれは不似合にも腕を組んで展覧会を観て、その後に三宮。中山手のタイ料理屋へ夕食に行く。

0525(水)
ガラケーでは操作に限界を感じ、今まで否定してきたスマホに変えることにした。しかし大手家電ショップで購入したスマホは不慣れのためか操作に苦闘する。大丈夫なのか、おれは。

0526(木)
クリニックで2回目の健康セミナー。今回は栄養知識をテーマにしたもの。管理栄養士のM先生が講師でとりあえずうまくいった。この調子で参加者を増やしていきたいものだ。

0528(金)
優れたロースト技術を持つ松本珈琲スタッフの坂井さんと、きんのぶた牧落店で夕食。懐かしい音楽の話や格闘技の話に終始。楽しい夜だった。

0625(土)
午後より元スポーツトレーナーのK嬢と岡本へ行く。彼女との付き合いも長いが、神戸方面へのデートは初めて。珈琲春秋でコーヒーを飲みながら懐かしい話。五十肩の治し方について聞いてみる。彼女の理論的な話に納得。学生街を見て歩き、その後に三宮へ。ギリシャ料理のテスタロキ二で夕食。

0709(土)
珍しくひとりで肥後橋の国立国際美術館「兵馬俑展」へ行く。始皇帝の死後に共に埋葬されたと言われる兵馬俑だが、なかなか興味深い。美術館の中のカフェでコーヒー。その後、中之島のOVAで休憩した後、駅前第3ビルの北斗星で夕食。ここは安定した美味しさの洋食屋だ。

0723(土)
夜、焙煎士の坂井さんと会ってヘップナビオの居酒屋魚作で食事。友人から美味しいと聞いたが、それほどの店ではない。平凡な味の料理だ。食事の後、喫茶YCにコーヒーを飲みに行く。今日も格闘技と音楽の話に終始。坂井さんがオーナーとなるカフェがもうすぐ南堀江にオープンする。楽しみだ。

0727(水)
午後より天満橋OMMビルの樂待庵でクリニックの懇親会。スタッフ全員が揃うのを初めて見た。楽しいひととき。解散後、淀屋橋駅のてもみんでマッサージを受けるが失敗。逆に疲れた。ひとみくんの勤務するデザイン事務所が近くなので電話して、ブルックリンロースティングカンパニーで一緒にコーヒーを飲む。髪を括り眼鏡をかけたひとみくんが実にマニッシュで可愛い。

0729(金)
退勤後、タワーレコードマルビル店に行くと、なんと森田童子の全作品が再版されていた。これには驚く。森田童子の作品は一度CD化されているが廃盤になった後、音楽系のオークションで高値で取引されていた。嬉しくなって代表作の「マザースカイ」と「東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤」の2枚を購入。ああ、何という幸せ。

クリックすると元のサイズで表示します


0805(金)
昨日に続いて、DVDでドラマ「荒地の恋」を観る。原作はすでに読んだが激しい小説だった。平凡に生きてきた詩人の北村太郎(豊川悦司)が、詩神と酒神に愛された男・田村隆一(松重豊)の妻(鈴木京香)と恋に落ちる話、豊川悦司も松重豊も良いのだが、役柄は逆だった方が良かった。原作を読む限り、破滅的な人生を進む田村隆一の方が魅力的だ。全員実在の人物というところが凄い。

0808(月)
天皇陛下がお気持表明。色々問題はあるのかも知れないが、陛下がご存命なうちに退位させてあげて欲しいな。仕事は本当にきついと思うので。「退位したいのだ」「わかりました!」とはならんのかね。重要な問題であっても、要するに手際だと思うのだが。

0811(木)
夏休み初日。帰省中の林とりんくうアウトレットへ。いつものように豆寅で天丼の昼食を食べ、箕面の焼肉屋久太郎で夕食。その後、珈蔵でコーヒー。今日はいつも以上に深い話となった。

0813(土)
順子さんと伊丹空港の家具店アクタスのバーゲンに行く。グラス等を見ていると店のスタッフが寄って来て「何かお探しですか?」と聞かれた。「お洒落なグラスを」と順子さん。「奥様とご主人様の好みは共通でしょうか」と聞かれたので「いや、われわれは夫婦ではなくて」と言おうとすると順子さんが「私も主人もイッタラアラビアのグラスが好きなんです」と答えた。アクタスを出た後、順子さんは「今日だけ新婚夫婦で」と笑った。いや、我々は熟年夫婦ですよ、どちらかと言えば(笑) 空港のレストラン収穫祭で夕食を食べる。若鶏の香草焼きが美味しい。

0814(日)
深夜、吉本ばなな原作の映画「海のふた」をDVDで観る。故郷の海辺の町で自分の好きなかき氷だけを売る女性を菊池亜希子が演じる。はじめちゃん役の三根梓もいい。なかなか良い作品だった。

0820(土)
証券会社勤務の渚くんと箕面109に映画「X−MEN アポカリブス」を観に行く。ラスボスのアポカリプスが意外に弱いのが笑える。しかし作品的には良い出来だった。ストーリー的には悪役だが、おれは実はマグニートーが好きだ。映画の後、焼肉屋さかいで夕食。

0827(土)
夕方、梅田でマダムM女史と逢う。西梅田の花蓮で食事。既婚者であるマダムと逢うひとときは楽しくせつない、このところの近況について話す。既婚者であることが非常に残念な人がおり、マダムはそのひとりだ。彼女と逢うと「あなたは帰る、あの日の場所に。僕は僕のままで」というケミストリーの歌の一節を思い出す。

0903(土)
久しぶりに美容師の典子さんと逢う。花柄のワンピースが夏らしくて可愛い。西宮北口駅で待ち合わせてそのまま岡本へ。学生街を散策して珈琲春秋でコーヒーを飲みながら近況など。以前は典子くんと呼んでいたが、もう「くん」ではない美しさが彼女にあった。やはり美容師という仕事は自分自身も洗練されていくのだろう。輸入食材店ハンドインハンドで海外の食材を見て、摂津本山駅近くのRYURYUでパスタ。その後、岡本を歩き回り、阪急三宮へ。サンセット通り近くのタイ料理で夕食。

0910(土)
OLの真弓さんと兵庫県立美術館まで藤田嗣治展へ。レオナール・フジタの作品はポップなものも多く興味深いものばかり。その後、ミュージアム内のカフェでコーヒー。最近読んだ本の話や、恋愛についての話など。美術館の後、おれがひとりで食事するために行っている栄食堂へ。ただの町の食堂だが、どの料理もハズレはないし、玉子かけごはんの卵が大分県産の逸品・蘭王だったりするから驚く。美味しい。真弓さんも「こんな所にあんなすごい食堂があるのですねえ」と感心していた。その後、阪急三宮へ行きミント神戸で買い物。この日の夕食は久しぶりに生田神社近くの鶏料理屋へ。

0917(土)
このところ坐骨神経痛に悩まされている。とにかく痛い。梅田からあべのベルタに移ったモンゴル整体院で、午後に坐骨神経痛の施術を受ける。少しだけ回復したが完全ではない。その後、南堀江で本日オープンの坂井さんのカフェに行く。コンクリートの打ちっぱなしがお洒落な内装。オーナーの坂井さんも経営者としての風格があり今後に期待できるカフェだ。箕面の松本珈琲の頃から坂井さんのコーヒーのファンだったおれだが、今日飲んだブラジルも実に美味しかった。坂井さんの店の後、難波でアートディレクターのひとみくんと待ち合わせて、なんばCITYの北新地鳥屋で夕食。

0922(木)
祝日なので、先週に続いて真弓さんと神戸ゆかりの美術展まで、「松本零士・牧美也子展」へ行く。この美術館は六甲ライナーに乗って行くので、少し旅をした気分になる。おれも真弓さんも松本零士好きなので、なかなか興味深い展覧会だった。ハーロックやエメラルダスが持つ戦士の銃の実物大モデルが展示されていたのには驚く。美術館を出た後、アイランドセンター駅地近くのバルで昼食。その後、元町へ行き、南京町へ。夕食は珍しく南京町の群愛飯店で食べる。

0923(土)
私用のため帰省中の林と会い、焼肉屋久太郎で夕食。その後に珈蔵でコーヒー。ちょっと暗めの話に終始する。お互いそういう年齢だから仕方がない。

1015(土)
中之島の大阪市立東洋陶磁美術館の「朝鮮時代の水滴展」にひとみくんと行く。この美術館は地味だがおれのお気に入り。水滴とは硯に水を注ぐための陶製の容器のこと。ただそれだけの道具なのに興味深い作品が多い。美術館の後、ひとみくんと中之島の遊歩道を歩き、淀屋橋のMJB珈琲まで行く。ここは老舗の珈琲店で、堂島でコピーライターをしていた頃や北浜の健康茶メーカーにいた頃は自転車でここまで来てよくさぼっていた。ひとみくんはその頃から淀屋橋のデザイン事務所で働いていたので、当時はここで一緒にコーヒーを飲むことが多かった。「ここに来ると昔を思い出しますよね」とひとみくんが言う。確かに。あの頃のひとみくんは「探偵物語」の薬師丸ひろ子のような髪型で可愛かった。むろん今も可愛い。夕食は駅前第3ビルの洋食屋・北斗星。その後、北新地のいつものBARへ。

1105(土)
真弓さんと阪急御影駅近くにある香雪美術館「野々村仁清展」へ行く。この美術館に来るのは初めてだが高級住宅街の京都っぽい路地を抜けて到着した。なかなか歴史的情緒のある建物だ。ただ展示品が極端に少ないようだ。仁清の作品を見た後、美術館の庭で薄茶と和菓子をいただく。これは風情がある。「なにか、映画のツィゴイネルワイゼンみたいですねえ」と真弓さん。確かに鈴木清順的趣のある庭だが。その後、阪急三宮に行き、センター街を散策。元町の鰻屋のうな重で夕食。「鬼平犯科帳に出て来そうな鰻屋ですねえ」と真弓さん。彼女の表現は実に的確なビジュアル表現だから楽しい。中山手のBARに流れてウイスキーを飲む。

クリックすると元のサイズで表示します


1112(土)
午後より外出。地下鉄西梅田駅の改札で真弓さんと会う。肥後橋の国立国際美術館「ルネッサンスの巨匠展」へ行く。そこまで認知度の高い画家の作品ではなかったが、宗教画としての作品はそれなりに良かった。見た後、ミュージアム内のカフェレストランでコーヒーとタルトを食べる。このカフェは京阪神の美術館の中でも一番良いと思うのだが。その後、ふたりで歩いて中之島フェスティバルホールの1階にあるサイクルライフショップのOVAへ。おれも真弓さんも会員なのでコーヒーをいただきながら少しゆっくりする。その後、ホール入口にあるこだわりの文具ショップのデルフォニックスを見る。堂島まで戻り堂島地下街へ。地下街入口近くに堂島ホテルインターナショナルがあるわけだが、今年で廃業するという。堂島ホテルインターナショナルは神戸ANAクラウンプラザホテルと共におれの好きなホテルであり、20代で初めて女性とホテルのBAR(堂島倶楽部)へ行ったのもここだった。なんか残念だ。夕食は真弓さんと一度行ってみようと言っていた駅前第2ビルのぶどう亭へ。店内は混んでいたがなかなか美味しい洋食屋だった。東梅田を抜けてお初天神通りの某BARでウイスキー。髪を短く切った真弓さんはいつもにこにこしていて癒される。月のきれいな夜だった。

クリックすると元のサイズで表示します


1113(日)
午後よりエリザベス女王杯。実力的に見てマリアライトが本命。対抗にクイーンズリング、あとミッキークイーン、パールコートの4頭を馬連ボックス各5千円✕6通り。マリアライト・クイーンズリングの枠を本線に3枠を卍買い各1万円で。しかしまさかのマリアライト敗退でクイーンズリング勝利。馬連は外したが枠連で何とか勝つ。配当720円で7万2千円を獲得し投資額6万円を引いて純益1万2千円。危ないところだったな。  

1117(木)
午後より、オフのT先生と車で大阪産業創造館のあきない・えーどへ。ここは経営相談や起業に関して相談に乗ってくれる大阪府委託の団体だ。ここで女性のコンサルタントに相談。大阪産業創造館の後、T先生と北浜で別れ、クリニックに戻る。来週のセミナーの準備をしておく。

1119(土)
昼より外出。うめだ阪急の入口で順子さんに会い、阪神電車で岩屋へ。兵庫県立美術館「ポンペイの壁画展」へ行く。おれも順子さんも欧州の古代史マニアだからかなかなか興味深い。古代都市ポンペイはヴェスヴィオ山の噴火により壊滅したが、よくこれだけの壁画が残っていたと驚く。観終った後、ミュージアム内の海沿いのカフェでコーヒー。室外に出て飲んだ。天気が良くないからか夕方のような景色。少し肌寒い風が吹く。50代のおれと40代の順子さんが海を見ながら熱いコーヒーを飲む。どこかで見たような風景だなと感じた。順子さんが「なんか「ジュリア」みたいね」と言う。おれも同じことを考えていた。フレッド・ジンネマンの監督作品「ジュリア」の中で、ハードボイルド小説の元祖ダシール・ハメットと女流作家のリリアン・ヘルマンが砂浜で海を見ながらコーヒー(酒だったか)を飲むシーンだ。同じことを考えていたのが少しおかしかった。その後、神戸三宮へ行く。ミント神戸で買い物をした後、中華料理屋・桃源で夕食。ここはラーメンも豚足も腸詰も美味しい。

1120(日)
午後よりマイルチャンピオンシップ。今日の本線はサトノアラジンとイスラボニータ、あとはデムーロのサトノルパン、戸崎のフィエロ。今回は枠連を買わず馬連のみ5000円×6通り。あえてミッキーアイルは消してみる。今回は珍しくミッキーアイルが逃げ切り、皐月賞、凱旋門賞以来の完敗。まあ別に構わない。夕方にいつもの理容室へ。帰宅後、悪寒がしてくる。まずいな、これは。

1121(月)
昨夕より悪寒がして体の節々が痛い。明日はセミナーなので休むなら今日の方が良いと考え、朝にT先生に連絡して休むことにする。解熱剤を飲んで夜まで眠ると熱は下がりかなり回復した。やれやれ。

1122(火)
本日は秋の食材をテーマとしたセミナーを開催。まあまあの参加者数で安心した。セミナーの準備で溜まっていた仕事をして、退勤したのは午後8時だった。

1123(水)
勤労感謝の日で休み。午後に外出し、地下鉄北浜駅の地上出口の所でひとみくんと会い、久しぶりに神農祭へ行く。ひとみくんのライダーズジャケット姿がいい。道修町で行われる薬神・神農さんを祭るイベントだ。列に並んでひとみくんとお参り。勤務先のクリニックの収益拡大と新事業の成功を祈っておく。そのまま露店街を抜けて淀屋橋ODONAを経て北新地へ。つるとんたんでうどんすき。食べている時にひとみくんより神農さんの「破邪清浄守」の念珠をいただく。いつの間にか神農さんで贖ってくれていたのだな。優しいね。ありがとう。その後、北新地の外れにあるBARでお酒。

1126(土)
あべのハルカスまで棟方志功展に行こうと思っていたのだが、友人の林が帰阪したので急遽夕食を食べることにする。夕方に林と会い、北千里のファミレスのトマト&オニオンで夕食。このファミレスはなかなか良いし気に入っている。その後、珈藏でコーヒー。深い話に終始。

1127(日)
朝まで雑用をしていたので午後まで寝る。朝食後、ジャパンカップを観戦。今回は枠連を買わず、キタサンブラック、ゴールドアクター、デムーロのサウンズオブアース、リアルスティールの4頭を馬連ボックスを各1万円。このレースの3歳馬は絶対的に不利なのでディーマジェスティは消し。結局キタサンブラックが勝ち、サウンズオブアースが2着で馬連配当は2570円。馬券的には25万7000円勝ち、投資額6万円を引き、純益19万7000円獲得。先週完敗したマイルチャンピオンシップの負け分を取り戻した。

1201(木)
午後より某コンサルティング会社の部長代理が来院し打合せ。その後、T先生と車で北浜へ行き、アート関連の方と川沿いのノースショアで打合せ。今月院内でアート展を開催するのでその打合せ。T先生とは北浜で別れ、梅田まで戻りJR大阪駅で東京出張のチケットを購入して帰宅。本日レンタル開始の心霊ヴィデオを借り忘れたことに気付き、後悔する。

1202(金)
珍しく定時退勤。梅田のカスケードでパンを買い、レンタルビデオ屋で心霊ヴィデオを4本借りて帰宅。ぎりぎり「鬼平犯科帳ファイナル前篇」の放映に間に合った。原作を全巻読み、吉右衛門のドラマ鬼平もほぼ全話観ているおれとしてはファイナルを見逃せない。レギュラーである同心の小柳が斬殺されるなど、なかなか骨太な展開だ。鬼平を観た後、水割りを飲みながら、ひかりTVの「ほんとにあった呪いビデオ58」を観る。

1203(土)
夕方、うめだ阪急前の紀伊国屋でマダムM女史と待ち合わせ。その後、神戸三宮へ。中山手のトリトンカフェでコーヒーを飲んだ後、ロシア料理のバラライカで夕食。この店は来店した直後はいつも客は数人しかいないのだが、店を出る時はほぼ満員になる。その後、ルミナリエへ行く。昨年もマダムM女史と来た。年の瀬の神戸に彼女と来るとどこか幸せな気分で癒される。寒い季節のイルミネーションはやはりいい。三宮駅に戻り、高架下のJAZZ喫茶JAVAでお茶。マックス・ローチと組んだクリフォード・ブラウンのトランペットが流れていた。その後、梅田に戻りマダムと別れる。

クリックすると元のサイズで表示します


1204(日)
午後よりチャンピオンズカップ観戦。デムーロのゴールドドリーム、コパノリッキー、サウンドトゥルー、武豊のアウォーディーの4頭を各1万円で馬連ボックス、枠連は買わないことにした。結果1着サウンドトゥルー、2着アウォーディーで.馬連配当1390円。13万9000千円を獲得し、投資額を引いて7万9000円の勝利。まあまあの結果か。昨日途中で寝てしまったので、夕食後、「闇裏動画2」「心霊闇動画16」「ほんとにあった呪いのビデオ70」を観る。心は震えませんなあ。

1206(火)
朝起きると正常な右耳が聞こえにくい。これは困った。近所の耳鼻咽喉科に寄ってから出勤。回復しないのでどうしたものかと思っていると、T先生からクリニックの近所に非常に良い耳鼻科があると聞き、行ってみる。検査をしてもらった結果、かなり聴力が落ちている。両耳の中耳の部分に腫瘍があると言われ、効果のある薬を塗布してもらい、ステロイド薬の飲み薬を出してもらうことにした。治癒すれば良いのだが。

1207(水)
クリニックで女性向けのセミナーを開催。大手製薬メーカーの3社の女性社員の人を講師に「アスタキサンチン」「冬の保湿」「女性のゆらぎ期」をテーマに話してもらった。参加者もほぼ満員でなんとか無事に終了した。セミナーは残すところ、あと一つ。ただ、右耳回復のために処方されているステロイドの副作用がきつい。激しい疲労倦怠に、会話するのも億劫という厄介なもの。なんとかしないとこのままでは仕事にならない。

1209(金)
帰宅すると、母が布団で寝ていたので聞くと玄関で転倒したという。家の中に自力で入ったらしいが、だんだん膝裏が痛くなってきたと言う。少し様子を見ることにした。

1210(土)
母の調子が良くないので、看護師の直美くんと京都に行く予定だったが中止した。直美くんは快諾してくれた。申し訳ない。終日在宅して心霊DVDを観て過ごす。

1211(日)
午後より阪神ジュベナイルフィリーズを観る。本命にソウルスターリング。不敗馬フランケルの仔だから間違いないだろう。対抗はリスグラシュー、それに穴としてシグルーンの3頭を馬連卍買い。今回は各2万円を3通り。結果ソウルスターリング1着、リスグラシュー2着で馬連配当510円。利益は10万2千円で純益は4万2千円。深夜、母の足が冷たくどす黒くなってきており、少し当たっても痛いというので救急車を呼ぶ。おれも同乗し千里中央の関西メディカル病院へ搬送される。今年2回目の救急車だ。母は緊急救命室で治療を受けてから入院となった。明け方にタクシーで帰宅して、入院の準備をしてから寝る。

1212(月)
3時間ほど寝てから、再びタクシーで関西メディカル病院へ。改めて入院手続きして、母と会ってからクリニックに向かう。終日眠たかった。

1213(火)
午後より今年最後のセミナー。あいにく雨なのに参加者はほぼ満員。とりあえず春に企画した健康セミナーはすべて終了した。やれやれだ。定時退勤後、関西メディカル病院へ行く。

1216(金)
退勤後、関西メディカル病院。母と近況を話す。帰宅後、コーヒーを飲みながらひかりTVで心霊番組。

1217(土)
午前中、タクシーで関西メディカル病院に行く。ソーシャルワーカーの人と母の退院後の件について話し、その後、母の所に行って主治医と話す。MRIで検査すると微かに骨にひびが入っているらしい。入院は長引くか。病院の後、御堂筋線で天王寺に向かう。あべのハルカスの棟方志功展を観てから、モンゴル整体院でフヌスト師より五十肩の治療を受ける。このところ不調だったがかなりマシになった。午後6時に近鉄百貨店の入口で待ち合わせた順子さんと逢い、あべのハルカスにあるダイニングの塚田農場で夕食。宮崎地鶏が美味しい。夕食後、あべのアポロ近くのBARでウイスキー。順子さんの真っ赤なストール姿が実に可愛かった。

1218(日)
疲れていたので昼まで寝る。午後より朝日杯フューチリティステークス。来週は有馬記念なので軽く買う。勝っても負けてもどちらでもいい。今週はバタバタしていたので考える時間がなく、珍しく馬連は買わず、枠連のみを購入。不敗馬フランケルの娘ミスエルテが人気だが、この馬を外した枠連3点をボックス各1000円。結果ミスエルテは敗れて枠連的中だが3140円と良い配当。配当3万1400円で純益2万9900円。今週はこんなもので良い。

1221(水)
10年ぶりに東京出張。最後に東京に行ったのは前職のスローライフ部時代以来だ。今回は医療業界の新規ベンチャーで成功した起業家のセミナー。今後の新事業に役に立つ可能性は半々か。帰りの新幹線まで時間があるので、前々職の健康茶メーカーの東京支社に立ち寄る。久しぶりに支社長と会って話す。フェイスブックではおれがいた頃より繁栄しているように思えたが、収益は低下しているらしい。商品の売れ行きが悪くて解雇された元同僚も多いと聞いた。当時おれが好きだった女性社員と再会。少し福々しくなったが、可愛さは昔のまま。それだけでも立ち寄って良かった。「今度メシでも食おうぜ」と言った支社長と再会を約束して別れる。その後、帰阪。

1223(金)
朝、関西メディカル病院に母を迎えに行きタクシーで帰宅。午後より中山大障害を観戦。本命〜対抗が勝つ可能性は90%だが、あえて本命〜伏兵で買う。馬連3点ボックス1500円と久しぶりに安く購入。こういうレースに何十万も使うのは賢明とは言えない。結果、中山大障害は敗退した。別に構わない。問題は明日の有馬記念だ。夕方まで母の様子を見て問題がないようなので外出。梅田で順子さんと逢い、久しぶりにグランドビルのはまぐり庵で食事。少し懐かしい話をする。順子さんとの付き合いも長いが、お互い良い年になってしまった。食事の後、芝田町のBARへ。おれはウイスキー、順子さんはカクテル。その後、タクシーで順子さんのマンションへ。彼女が用意してくれたシュト−レンを食べながらコーヒーを飲み、「クリスマスの約束」を観る。今年のゲストは宇多田ヒカル。この人はやはり歌が上手い。「クリスマスの約束」を観た後、順子さんの希望でトリュフォーの「終電車」「突然炎のごとく」のDVDを朝まで観る。

1224(土)
クリスマスイヴ。午前中に箕面市役所に行き、母の高額医療の限度額認定証の申請を行う。その後、阪急石橋で直美くんと逢い京都へ。今日の直美くんは白いダッフルコートを着ている。どこかせつない。映画「私たちが好きだったこと」で夏川結衣が白いダッフルを着ていたのだが、これがまたせつない。おれは黒いピーコートを着ていたので二人は白黒でなかなか面白い。直美くんが使いやすい包丁が欲しいというので錦市場の有次へ行き、色々見た結果、直美くんはペティナイフを、おれは薄刃両面包丁を買う。直美くんは刃面に「直美」、おれは雅号の「浮月」と彫って貰った。年配の彫り担当の人が「浮月とはまた珍しい名前ですなあ」と言ってくれたので、「号ですよ、号」と言うと、「包丁に号を彫られる人も珍しいですね」と返された。包丁を買った後、最近オープンした天丼屋まきので昼食。いや驚いた、この天丼の味は素晴らしい。大阪駅前ビル地下のかえん、りんくうアウトレットの豆寅を超える味だ。その後、鳩居堂まで行って千代紙や硯を見た後、三条のイノダコーヒで休憩。夕食は新京極通りの端にある三嶋亭ですき焼き。明治6年創業のすき焼き屋だが本当に美味しい。まさに絶品。クリスマスイヴに京都の老舗のすき焼き屋とはまた良いのではないか。京都から帰阪後、東豊中の直美くんのマンションへ。ひかりTVでドラマ「男女7人秋物語」の再放送を観る。このドラマの岩崎宏美はいい。昔好きだった女性を思い出す。「夏物語」「秋物語」を通しておれは岩崎宏美が一番好きだ。結局朝まで全作を観る。

クリックすると元のサイズで表示します


1225(日)
午後より有馬記念。今回はキタサンブラック、ゴールドアクター、サトノダイヤモンドの3頭以外の入着はないと考える。各5万円を馬連卍買い。結果、サトノダイヤモンドが勝ち、2着にキタサンブラックで馬連440円と最低配当。しかし5万円分が的中し、22万円を獲得して投資額の15万円を引くと純益7万円。これはこれで仕方ない。しかし勝てたのだから良しとする。競艇の賞金王は辛勝した程度だった。夜、淀屋橋オドナのうおまんにて広告業界仲間の忘年会。二次会は堂島のカラオケルーム。ひとみくんと「ロンリーチャップリン」、順子さんと「二人の大阪」、コピーライターの中島さんと「別れても好きな人」をデュエットした。ひとみくんと恋ダンスを踊ってみるが難しい。順子さんが恋ダンスを完璧に踊れることに驚いた。

1228(水)
代休。午前中に箕面市の介護関連の人とケアマネージャーが来宅し、足腰の悪い母の介護認定。午後より阪神百貨店催場で開催されている中古CDフェアへ。3時間ほどいたのだが買ったのは中原めいこのベストのみ。豚晴で昼食を食べた後、疲れていたので駅前第三ビルの北京整体院にて施術を受ける。痛い。いつもは大丈夫だが今日は押された背骨が激しく痛い。

1229(木)
年内最後の勤務。データをバックアップしたり、色々な業務処理をして午後5時に退勤。帰宅後、夕食を食べてから心霊番組。深夜、迎えに来てくれた順子さんの車で彼女のマンションに行く。「朝までドキュメント72時間」を観ながらコーヒー。観終わった後、順子さんに恋ダンスを習うが完全マスターは遠い。だめな50代だ。

1230(金)
順子さんに自宅まで送ってもらってから朝の10時まで寝る。起床後、タクシーで関西メディカル病院へ。箕面市より限度額認定証が届いたので、母の入院費の差額を受け取る。その後、帰宅。夕方、今年最後の大一番の競輪グランプリに投票と観戦。思い切って2車単を3点(各5000円)で勝負。予想が見事に的中して2車単配当5670円とやや荒れ。得た額は28万3580円で投資額1万5000円を引いて純益26万8500円と大きく稼いだ。夜になり外出。帰省中の林と会い、きんのぶた牧落店で忘年会。その後、珈蔵でコーヒー。

1231(土)
朝、仏壇を掃除して、すべての部屋に掃除機をかける。掃除がすべて終了したのは夕方だった。その後、正月に観る心霊ヴィデオを石橋まで借りに行くが収穫なし。仕方なく、駅前のキーコーヒーでコーヒーを飲みながら今年の反省。前半は1年半ぶりに仕事を再開。内科クリニックで広報を担当する仕事に就き、今までのようなつまらない拘束もなく楽しく働くことができた。後半、母が怪我で入院して、仕事の合間にそれらに発生する業務を処理していくのはきつかったが何とかこなせた。来年は出張も増え、おれに求められるものも大きくなるが、なんとか前に進みたい。帰宅後、年越し蕎麦を作り母と夕飯代わりにした。夕食後、格闘技番組ライジンを観る。村田夏南子に期待したが百戦錬磨の中井りんに敗れ、今度は絶対に勝つと息巻いていた山本美憂がまたも完敗。ギャビ・ガルシアと闘う予定だった神取が骨折で、女子プロレスラーの堀田祐美子が代理で出たが無様に負けた。考えてみればバルトに負けた高阪も、いずれガルシアと闘う神取のために負けた感のある堀田も噛ませ犬なんじゃないか。そんなことを考えているうちに除夜の鐘が鳴り、新年がやって来た。年が明けて、車で迎えに来てくれた順子さんと逢い、昨日に続き彼女のマンションへ。カラヤン指揮のウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏するビゼーのオペラ「カルメン」を順子さんと観る。やはり「カルメン」は良い。今年も頑張ろうという気持になる。オペラを観た後、引き続き久保田利伸のライブを朝まで。自宅には午前中に帰宅。昨年は色々あったが、今年は楽しい一年にしたいものだ。

3

2016/5/2

読書日記.64  その他

<乱読王の読書日記.64>

あなたの幸せ願うほど わがままが増えてくよ
それでもあなたを引き止めたい いつだってそう
誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ
そのまま扉の音は鳴らない
誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ
みんなの願いは同時には叶わない


2016年/平成28年

0101(金)
新年なのに昼過ぎに起きる。起きてから鶏肉を入れた雑煮を作って食べてから年賀状書き。年が明けてから書くなんて珍しい。本来は12月20日頃までに書くのが常識人なのだろう。遅れて届いたみなさん、申し訳ありませんでした。夕方までに年賀状を書き終えてポストに投函。もう外は暗い。帰宅後、コーヒーを淹れて飲みながら吉田篤弘「レインコートを着た犬」を読了。本当に読み終わるのが惜しい良い小説だった。

0102(土)
昼過ぎより林と会い、甲山大師へ恒例の初詣。おみくじは今年も末吉。これもここ数年変わっていない。今年はお互い忙しいのでアウトレットなどには行かず、阪急山田駅近くのファミレスのトマト&オニオンでだらだら。その後、箕面に戻り、きんのぶた牧落店でしゃぶしゃぶ。満員だった。食べた後、新今宮の珈蔵でコーヒーを飲みながら長々と雑談。深夜に別れた後、大晦日の東急ジルベスターコンサートを再見。何回観てもシルヴィ・ギエムのボレロは素晴らしい。

0103(日)
新年なので新しい財布を買おうと梅田まで出かける。昨年のギャンブルの利益は100万円近くあるのだが、若干端数のお金があるのでそれで買おうと考えた。阪急メンズ館に行くとバーゲン中だった。地下のポール・スミスでもバーゲンをしていたので、薄いブルーの大型長財布を購入。高かったけれど別に構わない。その後、紀伊国屋書店本店で白石一文「光のない海」のサイン本を購入。久しぶりのハードカバー本だ。昔から通っている三番街の豚晴でランチに海老フライ定食。美味しい。タワーレコードに寄るつもりだったが疲れたので直帰。

0107(木)
某団体の就活コンサルティングに行こうと阪急箕面線に乗ると、競馬仲間の森さんと会った。話しながら梅田に向かっていると、だんだん気分が優れなくなって眩暈がしてくる。心配して下さった森さんと別れて、梅田駅のベンチで休養していると全身に汗が流れ悪寒がしてくる。某団体に電話して就活コンサルティングを断り、ふらふらしつつ帰宅する。低血糖か高血圧かとも思うのだが違う気もする。帰宅して熱い風呂に入ってから夜まで爆睡。かなり回復する。やれやれ。

0109(土)
昨晩悪寒がしたので、大事をとって昼過ぎまで眠る。起床後、天麩羅うどんを作り朝食にした。その後、カウント・ベイシーオーケストラの「ベイシーズ・ビートル・バック」を聴く。スイングの王様とそのオーケストラがビートルズナンバーを聴かせる。なかなかいい。午後3時過ぎに松本珈琲に行きコーヒーを飲んだ後、服部天神まで十日戎の宵えびすへ行く。おれは商売人ではないのだが母の足腰が良くないので、服部天神は足の神様なのでお守りを貰いに行ったのだ。お参りをした後、喫茶ピーコックで遅めの昼食にカレーライスを食べ、いつものように果琳でコーヒーを飲んで帰宅。夕食は珍しくトーストとコロッケ。その後、ひかりTVで心霊番組を観る。

0113(水)
某企業より面接に呼ばれ、夕方より京都の大宮まで出かける。大宮は良い街だが、さすがにここまで来るのは遠い。応接で面接を受けたのだが、案内してくれた女性がなぜかメニューを持ってきて、「お好きなものをお選び下さい」と言った。メニューを見るとコーヒー、紅茶、ジンジャエール、はちみつレモン、緑茶、ほうじ茶と書かれてあった。来客にファミレスなみの飲料を選ばせるようだ。ここで、はちみつレモンというのもどうかと思うので、無難にほうじ茶をお願いした。面接の後、十三まで戻り、印度屋で夕食を食べて帰宅。

0114(木)
箕面109シネマズまで、映画「スターウォーズ フォースの覚醒」を観に行く。去年の末に時系列でスターウォーズの旧作6本を観たのでストーリー的に解釈しやすかった。映画は非常に面白かったが熱狂するほどではない。ハン・ソロが死ぬという設定は、残る8作、9作に老齢のハリソン・フォードが出演できる可能性の低さからか。

0115(金)
昼前に梅田に行き、某就活支援団体との打合せ。しかし全く役に立たない。ネットの転職サイトの話をしても担当者は「へえ、そんなのあるんですかあ」と感心する始末。就活支援の仕事をしていながら知識がまるでない。呆れる。その後、堺筋本町まで行き、3月末で業務が終了する大阪人材銀行に登録する。たかだか3か月しか猶予はないが一応登録しておく。登録の後、久しぶりに紀伊国屋書店本町店に寄ってから帰宅。

0119(火)
先日、京都の大宮まで面接に行った企業より電話があり不採用を伝えられた。良い会社だと思っていたのだが、昨日ネットで企業のクチコミを見ていると誰一人としてこの企業の良い部分を書いておらず悪口ばかりだった。内容的に退職者のグチというよりも在職者の辛い話が多くて、要するにブラック企業だったということなのだろう。不採用で良かったのかもしれない。

0121(木)
パイプ煙草とフィルターが残り少なくなってきたので、庄内のシリウスタバコまで買いに行く。その後、BOSSで夜ランチのカレーを食べる。美味。

0124(日)
松本珈琲の後、梅田へ。H&Mで新しいマフラーを買い、その後、紀伊国屋書店の入口でアートディレクターのひとみくんと会う。そのままぶらぶら歩いてお初天神通りのニューミュンヘンで酒。冬にビールはどうかとも思うが、店内は温かいので冷たいビール(おれはノンアルコールビールだが)は美味しい。おれの就活状況の話とか恋愛についての話など。いつものように瓢亭で蕎麦を食べて別れる。

0127(水)
深夜、映画「龍三と七人の子分たち」のDVDを観る。北野武監督作品だが中途半端に面白くない。こういう作品に出る藤竜也が辛い。

0128(木)
深夜、映画「キャデラックレコード」のDVDを観る。プロデューサーを兼ねるビヨンセもマディ・ウォータース役のジェフリー・ライトも良かった。作品的に素晴らしい作品。これはブルース版「ジャージーボーイズ」だよなあ。いや、良かった。

0129(金)
本日も梅田で就活支援団体のコンサルタントと話。何のために就活支援団体のコンサルタントをやっているのだとイライラする。その後、人に贈るためのCDを購入するためタワーレコードへ行く。デイジー・ガレスピー「クローサー・トゥ・ザ・ソース」を購入。ついでにマディ・ウォータースのアルバムも購入した。タワーレコードの後、駅前第3ビルのマドラスカレーに行ったのだが店が消滅していた。仕方なく麺屋7.5HZで昼食。

0131(日)
松本珈琲でスタッフの坂井さんと話した後、千里中央へ。セルシー1階の無印良品で看護師の直美くんと会い、千里阪急ホテルの中華料理・三楽で食事。ここで中華料理を食べるのは初めてだがなかなか美味しい。来週はおれの誕生日なのでプレゼントに香水をいただく。おれの好きなジバンシイのウルトラマリンだ。嬉しい。その後、彼女のマンションに行き、一緒に映画「プロヴァンスの贈りもの」のDVDを観る。おれは10回目くらい観ているが何度観ても素晴らしい作品。

0203(水)
昼から松本珈琲で坂井さんと話してから、川西阪急へ。ロクシタンでセドラのスティックタイプのコロンを購入。似合わないようだが実は柑橘系の香水やコロンが好きだ。その後、モザイク地下階の池田屋でとんかつとかきフライの定食を食べるが美味しくない。

0205(金)
昼から千里中央のヤマダ電機で洗濯機を調べる。だいたいの見当をつけてから、北大阪急行に乗り梅田まで。地下鉄梅田駅改札近くの文具屋Too前で順子さんと会い、阪急グランドビルのはまぐり庵で食事。この店は夜景の見える窓際の席を予約するに限る。はまぐりを堪能した後、歩いて済生会病院近くのBARでウイスキーを飲む。今日でうっかり52歳になってしまった。なんとなく長生きはできないだろうなと思っていたのだが、意外に50歳を軽く超えてしまったので呆然としてしまう。順子さんから誕生日プレゼントに腕時計をいただく。嬉しい。ありがとう。

0206(土)
母に頼まれて、昨日に続いて千里中央のヤマダ電機に行き、洗濯機を購入。その後、江坂に行く。東急ハンズで自分の誕生日祝いにポーターの長財布を購入。ブックオフでピーター・メイルの本を探すがなかった。ハンズ前のやよい軒で昼食。帰宅すると旧友の恭子から誕生日プレゼントにチョコレートとジュピターコーヒー、パスタソース等の詰め合わせが届いていた。ありがとう。美味しくいただきます。

0208(月)
午後よりブラックドラゴン号(自転車)に乗り、市役所まで行く。市民税の納付が遅れたので窓口で処理。その後、ブックオフに行き、1冊だけあったピーター・メイル「贅沢の探求」、懐かしい大藪春彦「傭兵たちの挽歌」、北方謙三「さらば荒野」を購入。その後、誕生日ギフトカードが送られてきたので牧落の「HIRO」で小豆トーストとコーヒーを注文。その後に松本珈琲に行き、スタッフの藤川さんと北方謙三の話など。

0210(水)
昼に洗濯機が届く。予想通り排水ホースと給水ホースが短いので千里中央のヤマダ電機まで行き購入。北大阪急行の千里中央駅の近くにあるとんかつ屋梅八で昼食、美味しくない。
 
0212(金)
面接の前に職場見学に来て下さい、と南森町の編集プロダクションより連絡があり、昼過ぎに出かける。るるぶの西日本地区を担当しているプロダクションだが、あまりに老朽化している建物に部屋があって汚いのだ。おれがよく観る心霊番組で霊が出るアパートみたいだ。おまけにトイレがあまりに汚すぎる。社長もあまりに愛想が悪く、気持ちが少しダウンして梅田に戻る。泉の広場のKYKで昼食を食べて、星乃珈琲で休憩して帰宅。(ちなみにこの編集プロダクションは、職場の雰囲気を確認してから正式な面接をしましょう、と連絡があって見学に行ったわけだが、その後まるで連絡がなく、3週間後に不採用メールが一方的に届いた。職場見学は無駄足だった。だったら呼ぶ必要なんてなかったと思うのだが)

0215(月)
午後に肥後橋のSP(セールス・プロモーション)会社まで面接に行く。この会社の社長のブログを見ていたらEXELEのリーダーのHIRO氏みたいなイラストキャラが載っていたのだが、面接で会ってみると貧相な小男だった。重いのに制作物(ポートフォリオ)まで持参したのに見ようともしない。だめだな、ここはと感じた。梅田の豚晴.で昼食を食べて帰宅する。

0219(金)
先日、某医療機関の院長のT先生より電話連絡をいただき面接に行く。その電話の時に、将来的な展望や目標をお聞きしていたので、履歴書と職務経歴書と共に今後の提案書も持参した。通常の面接は約10分で、内科医のT先生と奥様で小児科医のY先生にプレゼン的なものを行う。いつものような企業の面接ではなかったが、自分の考えをお話しできて良かった。

0221(土)
今年のG1初戦のフェブラリーステークス。本命決着と読んだので、馬連5千円を3点勝負。何とか勝利を収め、配当3万4千円で投資額を差し引いて純益1万9千円。まあ本命戦なので仕方がないか。一番人気のノンコノユメは敗れたが、昨年のチャンピオンズカップから直行では流石に勝てまい。ステップレースを踏んでからでないときついよな。

0225(木)
深夜、DVDで映画「ダ・ヴィンチコード」を観るが面白くない。かなり期待したのだが、全然だめだった。

0227(土)
先日一次面接を受けた医療機関の二次面接。今日も少しプレゼン的な話。T先生は快活で頭も切れるし、何よりこれからの夢を熱く語るところがいい。採用を決めていただき今後の話など。1年3か月にわたるロングバケーションもようやく終了だ。母の体調が良くなかったので色々と世話ができたことは良かったし、おれ自身が休養できたことは意義のある休みだった。帰りに駅近くのとんかつの名店で昼食を食べる。その後、淀屋橋で下車し久しぶりにブルックリンロースティングカンパニーでコーヒー。帰宅後、おれの就職を心配してくれていた友人とGF数人にメールで報告しておく。

0228(日)
仕事が決まったので、新しい補聴器を購入するために眼鏡市場へ行く。聞こえにくい周波数を調整してもらい、耳の型を取りオーダーする。出来上がりは約1週間後。深夜、先日の「ダ・ヴィンチコード」に続いて、DVDで映画「天使と悪魔」を観る。これもイマイチ。どうせならフリーメイソンをテーマにした映画を作れば良いのにと思う。

0301(火) 
中之島のサイクルショップOVAに行き、以前より欲しかった京都のコゼバッグのメッセンジャーバッグを注文する。OVAは自転車のある生活をテーマに新しいライフスタイルを提案するショップでフェスティバルホールと同じ建物にある。コゼバッグは元女性メッセンジャーの野口さんが手作りするメッセンジャーバッグで、本来は京都にある彼女のアトリエまで出向き注文するのが前提だ。しかしなかなか京都まで行く機会がなかったのだが、大阪では唯一OVAでオーダーできるのだ。カラーオーダーできるので、すみれ色(紫)をベースカラーに、緑色のボケット、内部の防水ターポリンを蛍光色に近いグリーンでオーダーしてみた。完成が楽しみ。OVAの後、梅田に戻り茶屋町のABCストアで通勤用の革靴を購入した。その後、阪急メンズ館のルイヴィトンに久々に寄ると、もう作られないと言われていた日本版の手帳リフィルがあると聞いたので購入。7000円。インターナショナル版は使いにくいから勘弁してくれ。

0302(水)
採用していただくことが決定した医療機関に、雇用についての打合せに行く。勤務時間は午前10時から午後6時までで基本的に残業はなし。週休2日で、土・日を休みにしていただいた。老齢な母や自分自身の体調を考えた時に大変ありがたい条件で嬉しい。初出勤は23日と決まり、まだしばらくバケーションは続く。帰りにいつもの洋服屋で明るめの新しいスーツをオーダーする。

0305(土)
新しい補聴器が出来たので眼鏡市場に受け取りに行く。今まで安価な補聴器を使用していたので、どこか性能にピンとこない。まあそのうち慣れるのだろうな。

0308(火)
直美くんと久しぶりに神戸へ。たちばなで昼食に明石焼きを食べ、センター街で買い物など。中山手のロシア料理屋バラライカで夕食。その後、ミント神戸で彼女の買い物に付き合う。今日は直美くんに就職決定祝いでご馳走してもらった。ありがとう。

0310(木)
松本珈琲の後、例年通り中山寺まで観梅に行く。母は行くのがしんどいというのでおれひとりで行く。おれは桜より梅が好きだ。満開を少し過ぎた感じか。帰りにいつも通り参道の店で草餅を買って帰る。

0311(金)
墓参りへ。祖母の箕面墓地から、父の眠る川西一の鳥居の霊園まで行くつもりが、駅前でどれだけ待っても送迎バスが来ない。事務所に電話すると「もう着くと思いますよ」と言われた。駅前と霊園は約10分の筈なのに35分後にバスが来た。運転手に聞くと「さあ」の一点張り。おかげで閉門の関係もあって10分しか拝めなかった。あまりに腹が立ったので、夜に霊園の管理会社にメールしておく。久しぶりに頭に来た。

0312(土)
おれの不在時に、霊園の管理会社の課長と昨日の送迎バスの運転手が自宅に詫びに来たらしい。別に詫びてもらわなくてもいいから、きちんとした仕事をしてほしいものだ。

0315(木)
仕事も決まったので、京都の知恩院まで曾祖母の回向に行く。知恩院の後、八坂神社を抜けて、一澤帆布で秋のフライフィッシング用のバッグを購入。昼食は若狭屋で海鮮丼。夕刻にイノダコーヒ三条店で順子さんと会い、中華料理レストランの柳華で夕食。杭州コースを注文したのだがフカヒレが美味しい。就職祝いで順子さんにご馳走してもらった。ありがとう。その後、三条の路地を入った所のBARで酒。終電で帰阪する。

0316(水)
ロードショー公開を見逃したので、売布神社のシネピピアまで映画「ラストナイツ」を観に行く。ラストナイツ=最後の夜ではなく、最後の騎士と訳すのが正しい。紀里谷和明の作品だが、忠臣蔵をモチーフにしているのが意外だ。非常に重厚感があり、胸が熱くなる良い作品だった。近年の洋画のベスト3に入るぐらいか。

0317(木)
タワーレコードのマルビル店まで、予約していた大滝詠一の新譜を受け取りに行く。亡くなった偉大な才能が、他のアーティストに贈った曲を自身が歌ったものが本人死後に見つかったというもの。小泉今日子「怪盗ルビイ」と薬師丸ひろ子「探偵物語」が秀逸。深夜に日本野鳥の会の会報を読みながら濃い目に入れたコーヒーを飲む。嘘のようだが、これでもおれは日本野鳥の会の会員なのだ。

0319(土)
帰阪中の林と会い、車でりんくうアウトレットへ。昼食にまめ寅で天丼を食べた後、珍しくニューバランスの店舗へ行く。仕事も決まったことだし、久しぶりにスニーカーでも買おうと考えたのだ。しかし良いものがなく諦める。その後、ブルックスブラザース等に寄り、タリーズでコーヒーを飲んだ後、箕面に戻る。夕食はきんのぶたでしゃぶしゃぶ。その後、珈蔵でコーヒーを飲む。林より再就職祝いにペリカンの万年筆をいただく。27歳でコピーライターになった時も林よりモンブランの万年筆をいただいた。その万年筆は取材等の仕事で25年間酷使して、先月ついにペン先のプラスチック部分が割れてしまった。今回いただいたペリカンはおれが死ぬまで保つかもしれない。

0322(火)
1年4か月のロングバケーションを終え、明日からまた働くことになった。前職で頂いた最後の賞与も退職金も手つかずのままだ。今まで勤務した会社は良い部分もあったのだろうが失望する部分も多かった。新しい職場は部署の壁もなければ、老害に苦しむこともない。自分の責任を棚に上げて若手を吊し上げて責める上司もいなければ会議を開くことを目的として満足するバカな社員もいない。こういう職場を長年待ち望んでいた。全力で頑張りたい。

0323(水)
本日初出勤。新しい仕事は医療機関の広報担当。T先生にお願いして朝10時出勤にして頂いたので通勤が楽だ。パソコンの導入がまだだったので、それ以外の仕事に従事。午後になり、T先生より「パソコンを買いに行きましょう」と誘われて車でヨドバシカメラ梅田まで。その前に昼食を食べることになり、新梅田食堂街の洋食店スエヒロでご馳走になる。ありがとうございます。その後、ヨドバシカメラに行き、高いパソコンを買っていただいた。その後、T先生と別れて帰宅。

0324(木)
朝からパソコンとプリンターの設定を行う。おれの自宅用パソコンとは少々勝手が違ったが、1時間もするとすっかり慣れた。定時に退勤して、淀屋橋のMJB珈琲の前でひとみくんに逢い、イタリアンの店でディナー。最近のイタリアンの店やフレンチの店は店名が複雑で覚えられない。就職祝いでひとみくんにご馳走になった。なんだかみなさんにご馳走してもらっているようで申し訳ない。ひとみくん、ありがとう。食事の後、新地裏通りのBARで酒。明日も仕事があるので終電で別れた。
 
0325(金)
定時で退勤して帰宅。母と夕食を食べた後、アアルトコーヒーを淹れて飲みながらひかりTVで「ほんとにあった呪いのビデオ46」を観る。このシリーズは、ほぼ全巻DVDで観ているのだが、再び観るとまた違った趣がある。その後、DVDで購入した「超ムーの世界」を観る。

0326(土)
松本珈琲に寄ってから神戸三宮へ。久しぶりにマダムA女史と会い、駅前のチャウチャウ餃子へ。新しい仕事の話、ゲスな話に終始。その後、にしむら珈琲で引き続きゲスな話。彼女とは終電で別れる。西宮の銘菓「おかき巻き」を頂いた。(注・翌日食べたのだが実に美味しかった)

0327(日)
午後より高松宮記念。10中8、9本命決戦だと予測したので、馬連4頭をボックスで5千円買う。やはり本命対抗で決着がつき低配当。しかし5千円だから50倍なので4万5千円余の勝利となり、投資額を回収してもマイナスにはならなかった。競馬の後、松本珈琲に行ってコーヒー。

0328(月)
定時退勤後、職場近くの駅で昔の同僚のNさんを見た。彼女はかつておれが勤務していた会社の1年後輩で、年齢もひとつ下。九州の離島出身、家族で大阪に来た後、うちの会社に入社した。お客様相談係だったのだが、その後に色々あって老齢の社長の愛人になってしまった。気の弱い性格の女性だったが、愛人兼社長秘書となってからは社内の人事や決定事項にも色々口を出していたらしい。らしい、というのは彼女が社長の愛人になった頃におれが会社を辞めたからだ。その後、タワーマンションも買い与えられ、女帝と呼ばれるようになったと聞く。しかし昨年その社長(その頃は会長)が死に、名実ともに現在の社長が全権を握るようになったのだが、その後の粛清は想像できるものだろう。駅で見たNさんは社長秘書だった頃とは違い男物の防寒着にサイケデリックなタイツ、バッグだけはブランドものだった。携帯で話しながらバッグをぶんぶん振り回していた。詳細はわからないが平日の夕方だったし、会社を追放されたのかも知れない。彼女は歓楽街のある駅で下車して人ごみに消えて行った。まさか熟女専門風俗に堕ちたのか等と勝手なことを想像してしまった。なんか嫌なものを見たなあ。その後、いつもの洋服屋へオーダーしていたスーツとワイシャツを取りに行く。スーツはぴったりで良いのだけれど、オーダーしたワイドカラーとボタンダウンのワイシャツ2枚のうち、ボタンダウンがレギュラーカラーの襟になっていた。仕方ないなと思ったのだが一応スタッフの人に話すと、お詫びの言葉と共に緊急で作り直しますと言われた。その後、三番街の牛たんのもりの屋で夕食。先週の競馬に勝ったので極上の牛たん定食を食べた。これは美味しい。

0330(水)
午後より、T先生と奥様のY先生と一緒に北区豊崎のうどん店で食事。店名は失念したが店内には多くの色紙で貼られていた。ご馳走になった。ありがとうございます。その後、ご夫妻と別れ、ヨドバシカメラで事務所に必要な備品を買いに行く。その後、阪急百貨店地下の豆狸でいなり寿司を買って箕面へ。仕事帰りの松本珈琲の坂井さんと箕面駅で会ったので、駅前のパン屋コンセルボで雑談。帰宅してから、いなり寿司と赤魚のお吸い物を作って母と夕食。

0331(木)
定時退勤後、紀伊国屋書店に寄り、オペラに関しての翻訳本を斜め読み。劇場で本物のオペラが観たいのだが高いだろうなあ。当分はDVDで我慢か。

0401(金)
患者さんにお渡しするクリニックの情報紙の制作に終始。全体的には比較的早めに出来たのだが、T先生と細部について色々検討し、午後8時に完成。患者さんの反応が気になるが喜んでもらえればと思う。梅田に着き、先日に続いて牛たんのもりの屋で夕食。杵屋グループとは思えないほど美味しい。帰宅後、アアルトコーヒーを飲みながら、ひかりTVで「ほんとにあった呪いのビデオ47」を観る。

0402(土)
午前中は歯科で治療。その後、松本珈琲でコーヒーを飲んだ後、梅田へ。最近オープンした駅前第3ビルのダイヤモンドカリーで昼食。客は皆無だったが味は悪くはないと思うのだが。しばらく第3ビルを歩いた後、紀伊国屋グランドビル店の前で松本珈琲の坂井さんと会い、はまぐり庵で食事。食事の後、喫茶YCでコーヒーを飲み11時に別れる。坂井さんとゲスな話で盛り上がった。たまにはいい。

0403(日)
昼まで寝る。その後、朝食兼昼食。1日にオープンした箕面駐車場1階のいい一日のカフェに行ってみるが満員で入れなかった。仕方なくカフェクリエに行き、先週の仕事の整理等。その後、松本珈琲でコーヒーとパイプ。

0405(火)
退勤後、渡辺橋のOVAまで行き、オーダーしていたコゼバッグのメッセンジャーバッグを受け取りに行く。仕上がりは紫地と緑色なのでエヴァンゲリオンカラーだ。なかなか良くて気に入った。その後、サントリーから堂島ホテル前を経由して、駅前第3ビルの洋食屋の北斗星で夕食。ここは味が安定していて安心できる美味しさだ。

クリックすると元のサイズで表示します


0407(木)
管理栄養士のKさんと打ち合わせ。彼女は管理栄養士だけでなく、介護関連の仕事にも関わる人でなかなか尊敬できる女性だ。おまけに美人だし明るいので話しやすい。

0408(金)
今月開催予定の院内セミナーで、講師を務めていただくアスタキサンチン製品メーカー営業部のMさんと打ち合わせ。女性の観点から紫外線対策の重要性や加齢対応についての話をお願いする。院内で患者さん向けに開催する初めてのセミナーなので何とか成功させたい。

0409(土)
坂井さんの奥さんの出産が近いので、中山観音まで安産のお守りを授かりに行く。その後、いつもの参道の店で草餅を買って帰宅する。

0410(日)
桜花賞は圧倒的一番人気のメジャーエンブレムを消しと判断して、ミルコのジュエラーを本命と考える。対抗はシンハライトで馬連。やはりメジャーエンブレムは馬群に沈み、1着ジュエラー、2着シンハライトで配当は960円という低配当だったのだが、今回はエンブレムを外したジュエラーとシンハライト、他1頭の計3頭馬連のみ1万円✕3通りを買って9万6千円、投資額を差し引いた純益6万6千円獲得。まあ順当な勝利か。

0414(木)
コゼバッグのメッセンジャーバッグを買ったばかりなのに、ついついuni&coの一枚革のメッセンジャーバッグ3万5千円を買ってしまう。まったくおれはどうかしている。もういい加減にバッグを買うのはやめないとなあ。しかし実にいいんだ、これが。当分はコゼバッグとuni&coの2本柱で行こう。

クリックすると元のサイズで表示します


0416(土)
松本珈琲の後、梅田でマダムM女史と逢う。12月のルミナリエ以来だ。珍しくDDハウスの薩摩料理の店ごかもんで食事しながら新しい職場の話や、恋愛について、結婚についての話など。楽しいひとときだった。YCでコーヒーを飲んでから別れる。彼女と逢うと実にせつなくなる。

0417(日)
本日の皐月賞は珍しく予想が外れた。しかしあまり自信がなかったので投資額が少なく深手を負わずに済んだ。まあ仕方ないか。

0423(土)
松本珈琲の後、西九条のシネヌーヴォへ。映画「サム・ペキンパー 〜情熱と美学」というドキュメンタリー映画だ。おれはペキンパーのファンなのだが、彼ほど才能があるのに認められなかった監督も珍しい。名作西部劇「ワイルドバンチ」は今もおれのフェイバリットムービーだ。映画の後、商店街にある格安鰻屋で特上鰻重を食べる。1500円と破格の値段だ。

0424(日)
安産守りのお返しに、坂井さんの奥さんより濃紺の素敵なカップ&ソーサーをいただく。申し訳ない。坂井さんからは彼自身が焙煎したブラジルの珈琲豆をいただいた。感謝だ。ありがとうございます。

0426(火)
初めての院内セミナーを開催した。今回のテーマは「紫外線対策」について。参加された方々におれが開会のご挨拶をしてからT先生が紫外線について話され、その後にアスタキサンチン製品メーカーのMさんより同製品によるスキンケアとアンチエイジング効果について話していただいた。参加者からの質問もあり、1回目のセミナーは無事に終了した。安心した。この調子で6月より毎月セミナーを開催する。夜、アマゾンで宇多田ヒカルのCD3枚とミュージッククリップのDVD2枚購入。最近何故か今さらながら宇多田ヒカルにはまっている。

0428(木)
深夜、宇多田ヒカルのミュージッククリップを観ながら、坂井さんよりいただいたブラジルを淹れて、奥さんよりいただいたカップ&ソーサーでいただく。いつも松本珈琲で飲むブラジルとは少し違い、コーヒーらしいコーヒーの美味しいブラジルだった。松本珈琲のブラジルはコーヒーと言うよりも“ブラジル“という飲み物であって純粋なコーヒーではないような気がする。それは“天下一品のこってり”がそういう名前のフードなのであって、ラーメンとはまた違うという感じか。坂井さんの焙煎の腕も匠に近づきつつあるようでおれも嬉しい。 

0429(金)
GWの初日。新しい職場は7連休+2連休と非常に嬉しい。7日間休んで金曜日に出勤してまた土・日休み。天王寺動物園内にある大阪市立美術館に初めて行き「王義之から空海へ」という日中の名筆の展覧会に行く。チラシには地下鉄天王寺駅下車と書いてあったのだが、かなり歩いて到着すると、新世界からの方が圧倒的に近く、こんなことなら動物園前から行けば良かったと後悔した。美術館の後、新世界から日本橋を歩き、四ツ橋線に乗って西梅田まで。前から気になっていた堂島地下街の京都勝牛という牛かつ専門店で夕食。60秒で揚げて供される牛かつは本当に美味しい。

0501(日)
GWの3日目。夕方より天皇賞観戦。最後まで迷ったが昨年の菊花賞馬キタサンブラックを消した。武豊騎乗に疑問はないのだが、なんとなくこの馬が好きではないのは北島三郎の持ち馬だからか。果たして1着はキタサンブラックで馬連の配当は獲得できなかったが、こんな時のために枠連を買っておいた。今回は枠連を高めに買っておいたので配当6万6500円のうち、投資額1万3千円を引き、5万3千500円の純益だった。まあ競馬に負けて配当に勝ったと言うべきか。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ