2013/5/14

イベントのお知らせ  フレンチポップ
友人のイベントに参加することになりました。
私の番は18:00〜19:00と早目ですが、1時間みっちりフレンチポップを掛けますので、よかったら来て下さいね。

A LOVE SONG #1
【日時】2013年5月19日(日)18:00-
【場所】BE-WAVE
http://be-wave.co.jp/shinjyuku/soundwave/
※1Fは改装中ですが、地下フロアで開催です!

【LIVE】
THE11
-SPECIAL GUEST-
Masanori Shimada(THE HAMMOND CONNECTION)
【DJs】
toyopee(IN THE PACIFIC、FABULOUS PARADE)
JDF(APRIL DANCER)
ミナト
【料金】
1,500円(with1D)

2012/10/31

ちょっと寄り道  観光名所
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------


2012年7月15日(日) 旅行4日目(その5)
パリ → アヴィニョン → ゴルド → セナンク修道院 → ルシヨン → セニョン → アプト

さて、今日回る予定だった場所も全て回り切ったし、あとは今晩の宿泊先へ向かうだけ。
でも夏のヨーロッパの日照時間は長く、19:00だというのにまだ日本の15:00くらいの日差しなので、ちょっと近くの村に寄り道して行くことにする。

クリックすると元のサイズで表示します
フランスの田舎道は長閑で気持ち良いですね〜。

向かった先はガルガ(Gargas)。
ここはあまりにも何もなかったので、駐車場に5分車を停めただけですぐに移動してしまいました。
そして次に向かったのはセニョン(Saignon)。
駐車場が広かったのでとりあえず車を降りて村の中を散策してみることにする。

クリックすると元のサイズで表示します
セニョンの観光案内図。
私の影が映ってますね(^_^)

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場から坂を上って行くと石畳の小道に石造りの家が並び、何となく小さなゴルドといった印象を受ける。

クリックすると元のサイズで表示します
丘の上に佇む教会。
中に入ってみたけど誰もいませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
村の中心にある噴水。
画像には入っていないけど、右奥にはホテル兼レストランがあったが、残念ながら移転してしまった(?)。
ホントひと気が無く村全体がひっそりとしています。

クリックすると元のサイズで表示します
古い遺跡の上から村を見下ろしてみる。
20:00ともなるとさすがに夕方の日差しになりますね。

クリックすると元のサイズで表示します
セニョンで見掛けたPANDAちゃん。
なんと限定車のビアンカでしたよ。

セニョンの探索もあっという間に終わり、今度こそ今晩の宿泊地に向かいます。
今晩の宿泊地はどこかというとアプト(Apt)という村です。

宿にチェックインし村の中を散策に出かける。

クリックすると元のサイズで表示します
どうやらこのあたりがアプトの繁華街のようです。
もう商店は全部閉まってますね。
21:30で薄闇になってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
村の中心部。

どこかで食事をしようと思ったが、どこも既にラストオーダーが終わっていてこの日は夕食にありつけず(T_T)
夜遅くまで営業している店が1軒くらいあるだろうと思っていたのが間違いでした。
パリや地方の大きな都市と同じ感覚で村に来ちゃいけませんね。
結局持っていたお菓子と宿で買ったジュースで済ますことになったのでした。


-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

2012/10/30

"美しい村"ルシヨンへ  観光名所
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------


2012年7月15日(日) 旅行4日目(その4)
パリ → アヴィニョン → ゴルド → セナンク修道院 → ルシヨン → セニョン → アプト

セナンク修道院から次に向かった先は本日の"美しい村"2つ目となるルシヨン(Roussillon)。

クリックすると元のサイズで表示します
ナビの指示通りに走行していたら、いきなりこんな山道に案内されてしまいました。
轍は結構深いし、轍に乗り上げて走れば横の草木に車が擦れて傷つきそうになるはで、おかげでハラハラドキドキしながら運転しましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
やっとの思いでルシヨンに到着。
車はちょうどこの場所の後に縦列駐車し、またしても徒歩で村まで移動。

クリックすると元のサイズで表示します
村の入口。
ちゃんと"美しい村"の看板が吊り下げられていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ルシヨンはかつてオークル(天然の赤土)の産地で栄えていたので、建物も地元の土で作られていて赤いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
村の中心。

クリックすると元のサイズで表示します
高台から村の中心を見てみる。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴルドに比べるとこじんまりとした村だけど、また違った良さがありますね。

クリックすると元のサイズで表示します
村から見る赤土の採取場跡
あそこまで歩いて行って見ましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
「赤土の小道(Sentier des ocres)」入口。
ここから赤土の採取場跡を散策できます。
料金は2.50ユーロで10歳未満は無料。

クリックすると元のサイズで表示します
結構規模が大きいです。

クリックすると元のサイズで表示します
人が小人のように見えますね。まるで巨人の国のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
履いていたスニーカー、アディダスの跡。
しっかりと足跡を残しましたよ(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
巨大な蟻塚のような採取場跡。
もうこの頃にはズボンの裾とスニーカーはオークルで真っ赤。

クリックすると元のサイズで表示します
時間は19:00ちょっと前。だんだん陽が傾いてきたのでそろそろルシヨンを後にすることにします。


-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

2012/10/29

セナンク修道院へ  観光名所
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------


2012年7月15日(日) 旅行4日目(その3)
パリ → アヴィニョン → ゴルド → セナンク修道院 → ルシヨン → セニョン → アプト

ゴルドから次に向かった先はセナンク修道院。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴルドから約20分、ガードレールも無い細い道路を下って行くと谷間にセナンク修道院が見えてきます。

修道院へ続く横道の近くの道路にみんな車を縦列駐車しているので自分もそれに倣い駐車。
あとは徒歩で修道院へ向かう。

クリックすると元のサイズで表示します
あら、奥に駐車場があったのね。

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場の奥から修道院へ続く遊歩道。
画像の左側がちょっとしたラベンダー畑になっていて、そこの中を歩くことができる。

クリックすると元のサイズで表示します
中に入るとこんな感じ。
よく見掛けるセナンク修道院を紹介する画像に写っている建物の前のラベンダー畑は立ち入り禁止になっているので、ここでラベンダーを間近で見て堪能しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ満開にはなってないけど綺麗ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
古い石造りの修道院と紫色のラベンダーの組み合わせが綺麗ですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
更に近付いてみる。
修道院の右側の建物の1Fには結構大きめのお土産屋さんがあり、ラベンダーのトワレや石鹸など色々なラベンダーグッズが売っています。

クリックすると元のサイズで表示します
その建物の2Fは有料の資料館のようで、ラベンダーの収穫などについてのパネル展示がされているようですが、殆どの観光客は入場していないようですね。

ラベンダー畑も満喫し、次はまたまた"美しい村"ルシヨンに向かいます。


-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

2012/10/28

"美しい村"ゴルドへ  観光名所
-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------


2012年7月15日(日) 旅行4日目(その2)
パリ → アヴィニョン → ゴルド → セナンク修道院 → ルシヨン → セニョン → アプト

アヴィニョンでレンタカーを借りてまず最初に向かったのはフランスの"美しい村"ゴルド(Gordes)です。

クリックすると元のサイズで表示します
ナビもちゃんと案内してくれるので順調です。

クリックすると元のサイズで表示します
アヴィニョンから約40分でゴルド到着。
ビューポイントにはちょっとしたパーキングスペースがあるので、車を停めて写真を撮ることができる。

クリックすると元のサイズで表示します
村の中心よりちょっと下のところにある駐車場に車を停めてそこから徒歩で移動です。
駐車場の入口のお兄ちゃんに料金を払って空きスペースに停める。
料金は画像の看板に書いてある通り1日3ユーロ。
危うく満車"COMPLET"になるところをギリギリセーフで停めることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
村の中心に聳え立つお城。
聞くところによると16世紀ルネサンス時代の建造だとか。

クリックすると元のサイズで表示します
お城近くのお土産屋さん。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと離れた庭園からお城を眺める。
ラベンダーも咲いていますね。

クリックすると元のサイズで表示します
お城に向かって左側の通りを道なりに下って行くと、お土産屋さんやアートギャラリーが並んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
高台から見下ろすリュベロン自然公園が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと奥に入ると人もいないひっそりとした通りになる。

クリックすると元のサイズで表示します
石の色と青空、雲の白さに赤い花、緑のコントラストも美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
裏通りにあった民家のテラス。
こんなに美しい眺めのテラスを持っているなんて羨まし過ぎる!

リュベロン自然公園の眺めも堪能し、次はセナンク修道院へ向かいます。


-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ