2018/5/14

早くもリタイアか!  

おや!おや! どうしたの!
 5月病ですか?

昔もブログで書いたことがあるがなんでも病名≠付ければいいというモノじゃない、私のガキの頃はこんな病名はなかった!

 5月病とは、春に生活環境が大きく変化した者のや、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出す、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る、抑うつ、無気力、不安感という症状らしい。


「自分の遣りたい事と違う」…と言う前に
先ずは、体力を作りなさい!と言いたい。なんぼ部活をやっていても学生と社会人とでは体力が全然違います、そんな体力もない奴が、自分の好きな道に行きたいと言っても同じことの繰り返しが目に見えている。
「仕事は二の次にして、自分の体力を鍛えることに専念しなさい」と言ってやったが…
 やっぱり、今日は出てきていないか!

 早くも新人のリタイヤが出てしまった。
社長としてはとても残念です、折角「縁」があって弊社に来たのに、会社のいろはのい≠ヌころか、仕事の辛さも解らないうちにだ。

    ★

 基本的に
「自分の遣りたいこと」が→「仕事」になっているという事はほとんどありません。逆にそのことだけを追求する者は、ほとんど失敗します。
 仕事とは趣味ではありません。自分が生活する為のもので、辛さがあって当たり前で、特に人との摩擦はつきものです。

 
 遣り甲斐のある仕事とは…
どんな仕事でも、日々自分のレベルアップを感じれる仕事は必ず好きになります。
だから知識を増やし 創意工夫し挑戦するべきなのです。挑戦して成功した結果がその者の成長した証です。

背伸びして視野をひろげているうち、
背が伸びてしまうこともあり得る。
それが人生の面白さである。



 
 

2018/4/16

ソフトは道具  

 一向に減らない…!

なるべく常務や専務に仕事を振って、自分の仕事を減らそうと思っているが
一向に減らないのはなぜか!!

新年度の始まりもあるが、昨年の引き続きと合わせて一気に動いてきたのもある、やはり仕事の能力も落ちてきたのかもしれない。

特に今までプランは全てillustratorの8.0しか使っていなかったが それをCS4に切り替えているため今までのベースを直しながら新しいソフトに慣れるのに時間がかかっている。
解らなくなると…「鉄〇君〜」「彩〇〜」とか「〇画〜」と猫なで声で教わっているのが現状です。

 
 最近チョット、自分の中でブームなのが、色々なソフトやアプリを使いこなすのに目覚めています、熟す≠ワではいかなくても、使っているとヤハリその使い勝って良さにハマるからです。

会議や打ち合わせは「PowerPoint」が断然で便利で、その素材作りがillustratorで簡単に作り上げることが出来ます。
 更にDJIとかGoproのアプリの凄さは音楽まで乗せて瞬時に編集仕上げてくれるところが凄い。


しかし、どれも一か月以上使用していないと忘れてしまう。必ず仕事に取り入れていくように心がけています。
 
基本的にソフトやアプリは道具です、
なんぼ良い道具でも、使う者のセンスが問われます、自分で言うのもなんですが…センスはなくても意外と応用力に長けて、100均の商品などが部品材料で使うと とんでもなく化けるのと一緒で、ハマると面白い。
 


そんなんで…
これから、CADや3DCADの学校に行こうかと思っています。
 誰か、、教えてくれますか!




2018/4/11

喜怒哀楽こそ  



喜怒哀楽の順番がいいのだ

人間だから「怒り」と「哀しみ」は「喜び」と「楽しみ」に挟まれている。

これが「怒・喜・楽・哀」では人は持たないのだ。

オセロと同じで、マイナスなモノがプラスに挟まれているから人間はプラス思考に生きていける。

そして 大袈裟に「喜び」と「楽しい」を表現するべきだ。


 喜怒哀楽が、スムーズに出せる人は、賢人だと思う。
それは、学問をする時など、新しい発見に、喜んだり、憤ったり、悲しんだり、面白がったりする習慣が身に付くからだ。

TVのクイズ問題でも、回答が出る前に答える。正解ならヤッター≠ニ言わんばかりに快い快感が走る。

ものごとの本質を知ろうと何かを究めようとすればするほど、私たちは、自分の心に刺激を与えることになるから、なおさら心が働くのだ。


喜怒哀楽が、上手く出せない人は、何事にも関心がなく惰性で生きているのと一緒になってしまう。


感情(喜怒哀楽)こそが、“情熱をもたらす”のだ。

知らないことを、一つ聞いて覚えたら…
 「へ〜 いいこと聞いた!」と、得した気分で、インプットする。

 その繰り返しが
  教養人になるのだ。


2018/4/8

4月勉強会  

新入社員の顔も見慣れて来た

4月になり、慌ただしい毎日が続き
やっぱり新年度の始まりだからか!
各企業の決算事から 大きな契約事があったり、経理からは保険の関係上早めに4月の査定を出してくれと 急き立てられるし、一向に余裕の無い毎日だ。

今年は、全社員の前でも説明したが、
給料の見直しにて、基本給(年齢給)を上げることにしました。
今年の新人も昨年の新人よりは若干上がる様になり、更に入社3年以降の者達からは、仕事の成り行きも覚えて来ているため責任世代の安定化を目指し待遇の改革を行いました。

やはり、世間で言う「働き方改革」に伴い、合わせて人材不足対策を担うものです。
まだまだかもしれないが、ここ5年ぐらい本州での職場も踏まえて全体的にはそうとう改革されてきていると思っています。

しかし、個人の生活環境にて人事異動事は、多少イレギラも踏まえて考えていくことにしています。


   ★


 ずぅ〜と前から気がかりだったのが、、
会社もトラックやフォークリフトが増えている事で、社員の機械類の取り扱い方が雑で見ていられなかった。
(雑と言ったら失礼だが、基本的な「物理」を理解していないようだ)

機械類は全てテコの原理と油圧が使われており基本は物理です。
そんなことで、どの様に説明したら解ってもらえるかと試行錯誤し、最終的に中学生レベルの問題集「仕事に役立つ物理」を作り、それによって説明していくことにしました。


 問題集がこちら


クリックすると元のサイズで表示します

男性諸君14人にテストを行いましたが、、
 正直言って、これほど皆が出来ないのに愕然としました。

25問中、最高点が10点、一番出来ないのが2点でした。

 えっ…テコの原理も解らないのか…!

 えっ…滑車の計算もできない者がユニックを使っているのかと…!

 (チョット社長として泣けてしまいます。)

     これだも、機械も雑に扱うわ…!

先ずは
 機械類を無理なく大切に扱えば、永く使えるし その分自分たちの収入に跳ね返る事を教えて
更に勉強会をしないとダメ見たいだ。

 「頼むから大事に使ってくれ!」

  (-。-)y-゜゜゜








2018/3/26

2018年 入社式  



2018年 
平成30年 平成として最後の入社式が本日行われた。

今年は新卒者 5名を迎い入れる。

 桜ほころぶ 蕾の様に 鋭気に満ちた若人たちだ
社長も嬉しく思う。

 
クリックすると元のサイズで表示します

 ・伊藤 もも

 ・平澤 美月

 ・平向 悠嘉

 ・尾矢 拓夢
 
 ・三浦 武累


クリックすると元のサイズで表示します

 入社式の動画は只今編集にて出来次第HPにアップされます。

クリックすると元のサイズで表示します

 今回、先輩より歓迎の一言に、
   阿部悠之裕のあとに、サンシャイン〇〇も駆け付けた。

 「ゼスト入社…ゼストを愛し…ゼストに愛され…
    わ・れ・こ・そ・わ・…〜〜!!!」
        「イエェェェェェェイ!!!!」
   
  新入社員もチョットドン引きした
     ゼストの文化らしい…入社式だった。



2018/3/19

2018 ZestWorld  


 2018 ZEST WORLDがやっと、
やっと、終了した。
全社員を集めて行われるZW!4回目になるが今では、会社の一大行事である。

一年の締めとして 
 社員に一つ一つ数字を説明し、そして未来に向けて、意識の共有。
どのように説明したらわかりやすいのかと
私も資料作りに約1か月ほど掛かかりました。

 数字を並べれば並べるほど、複雑になり試行錯誤しているうちに、
たまたま、昔の動画が出てきました。
私もこれを見た瞬間、思わず込み上げるモノがあり、もう複雑な説明はやめよう…

「これを、今いる社員に見せよう…」
「これが今も変わらない、ゼストの文化なのだ」と確信しました。
それから、資料の作り直しです。

会社も30年になり、企業を続けるためには
時代の流れに合わせて 変わっていかなければならない。
しかし、
 基本となる精神と文化は変えない。
 これが企業を興隆に続けれることなのだ。

正に、2本の動画の中に基本となる精神と文化があった。



       ★


 
 漲るこれはZWの時だけに使う言葉だ。

 「勢いがさかんで、あふれるほど満ち広がる」エネルギーの集中です。

特に今年は、この漲る@ヘは半端ないものとなった。
 それは、社員だれひとり力を抜くことなく、全力で取り組んでいるからだ。

これほどまでに、何故 みんなが全力なのか
 それは、「全員が一つの目的に向かって行く」と言う明確なものがあるからだ。


クリックすると元のサイズで表示します





第二部 懇親会において
  見事!優勝旗を手にした「花金チーム」




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ