2018/9/12

限りないWhiteに!  


60過ぎると、何があってもおかしくない。

 無理がきかないのと、メンテナンスが必要になってくる。
多少の問題も、「そんなことはどうでも良い」と乗り切ってきたが、もうアクセルが利かない!
 気持ちだけはやきもき≠キるのと合わせて小心的になったのか。


 最近あった問題で…

6月末に 東京の某弁護士の名前で、、こんな封書が届いた。簡単に説明すると…
「パソコンのソフトを無断でコピーして使用している(中間省略)BSA、それを解決するのにお金がかかる」…と言う内容だ
 高価な封筒に配達証明つきで送られてきた。もっともらしい様相だが、弊社の休眠に近い会社にも送られたので、「これは高尚な詐欺だ」と判断して投げていた。

 すると8月中頃にまた、「なんの返答もないので、最終通告」に近い内容が、高価な封筒に配達証明つきでもっともらし様相で封書が届いた。

  …!…?

 正直言って、グレーな部分と気になる事がある。
慌てて、同業者等数社に「この様な封書が届いていますか?」と問い合わせてみたが弊社だけだった。

 なんで!!うちの会社だけなんだ?!

    それは…社長が騙しやすい田舎紳士(いなかっぺ)と思われたのか!

    それとも…優良企業?だからだろうか!

  ここは後者としておいて…

 専務、常務 とも相談して最終的に、、

・多くの万人がしている事だからと言っても違法は違法。
・弊社は曲がりなりにもビジネスをしている。
・自分の過去の記憶で、数十年前にライブハウスの音楽著作権の問題が起きた時に、氷山の一角にて、見せしめの様にあるところが摘発された記憶がある。
 
 未だに、この封書が詐欺なのか本当なのかわからないが、この咎めが来た事により

パソコん内のビジネスソフトを正規ライセンスに入れ替えました。

このことにより年間数十万円の支出になるが、企業コンプライアンスを考えると仕方ない。

 これで喉に引っ掛かている小魚の骨が取れてホットした。

(逆に この封書に感謝だ)


      ★

 そしてそして、最近の問題が…
自分の老体と共に、会社の老朽化が著しい

弊社は、昔の家具工場跡を購入して使用していることから、雨漏りや腐ちく 更にトイレや水回りなど直さなければならないヵ所だらけだ。
 使い勝手を考えると、工場の建て替えも必要かもしれない。

 実はここも、日本の縦割り社会的法律にはグレーだ。土地利用法から消防法、建築法と基準にひっかかるとこばかりだ。調べると昔の家具やの段階からグレーで来ているところが多い。

 大変悩むところ…
如何せん、何やるにしても、申請と時間とお金が莫大に必要となる。
 
 ここも冷静に考えて…

・企業として このまま細々と営むのであれば別にいいのだが、気持ちだけは興隆に行く気だ。
・曲がるなりにも、土地は増えている。東神楽に籍を置いている企業としても。
・更にこの問題は、私の代で処理していかなければならない問題です。

 そんなことで、先ずは一から申請のやり直しに掛かることにしました。

役場の建築課に相談に行き是正していく方針です。
 「建築課の〇〇さん、よろしくお願いいたします」(ペコリ)

      ★


 冒頭で書いた…
若い時は、無知だけに 怖いものはなかった。


しかし、今は人数も人数だけに企業の責任者として、コンプライアンスを守っていかなければ企業はやれない。
グレーは限りないWhiteにしていかなければならないだろう。





 

 


 

 




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ