無題
◆◆落選記録◆◆
'91年(?) 講談社児童文学新人賞 予選落ち
'91年(?) アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'91年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'92年(?) JOMO童話賞 予選落ち
'92年頃(?) キリスト教童話賞 予選落ち
'93年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
'94年12月 第12回 アンデルセンのメルヘン大賞 予備選考通過
?年 新美南吉童話賞 予選落ち
?年 某ジュニア小説誌公募賞 予選落ち
2009年 JOMO童話賞 予選落ち
2010年 アンデルセンのメルヘン大賞 予選落ち
2010年 家の光童話賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2010年 日本新薬 こども文学賞 予選落ち
2010年 「児童文芸」童話の小箱 投稿 没
2014年 長編児童文学新人賞 予選落ち
2016年 講談社児童文学新人賞 予選落ち
2018年 文藝賞 予選落ち
2018年 小説 野性時代短編コンテスト ←new!

2008/10/25

「洗い屋お姫、捕物帳」越水利江子  読書感想

クリックすると元のサイズで表示します
最近躍進著しい 越水利江子氏の新刊である。書かれてあるのは、いたってオーソドックスな時代劇だ。だが、「洗い屋」や「投げ縄術」といった新鮮な素材。何よりも主人公の境遇や内心の描き方は、デビュー作「風のラブソング」と共通する作者ならではの感覚だ。
『ストーリーは、よくあるパターンでいい。お話の骨格は古典および名作に学んで、肉付け及びお化粧は、必ず、その参考にした古典および名作にはないものをもってくること』「これが出来ないとプロになれない」
これは、私にとってのバイブル。久美沙織の「新人賞の獲り方教えます」に述べられている語句だ。
その点から、「洗い屋お姫、捕物帳」は、頭角をあらわしはじめた作者のプロフェッショナルな仕事といえる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ