キセキレイ  

今朝は西風が吹きわたっていて、静かにしていればとても爽やか。

朝のうちに1列だけジャガイモ掘りをしたので、シャワーを使い、風にあたって静かにしています。

先日、霊山で出会ったキセキレイ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年生まれとおぼしく、色合いもまだソフトな感じできれいでした。

フロントガラス越しでの撮影です。

窓ガラスを下げてチャンスを待ちましたが、対向車が来てしまい、この1枚のみ。






ゴイサギ  

8時45分現在、けさもまだ曇り。

曇っていても風が全くないので蒸し暑いですね。

日本でも気温40度の夏になってしまいましたね。

相馬市では塩飴が各家庭に1袋づつ配布になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

住民税非課税のエアコンがない家には、3万5千円の補助金が出るとのことです。

学校も最近は水筒持参になっていますが、下校までに500mlくらいの水筒じゃ足りないですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

フィールドでは巣立ち雛をよく見かけていましたが、この時期になるとすでに若様に成長していますね。

ゴイサギはダイサギやアオサギより出遭うチャンスは少ないです。

年に一度二度くらいでしょう。




カイツブリ  

一日中、朝から晩まで夏空でした。

梅雨が明けた空でした。

遠回りになったけれどちょっと寄り道。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨシゴイの来る沼ですが、昨年はヨシが増えすぎてとても撮影は無理状態でした。

全然期待しないでの様子見だったのに、今年はヨシがまばらです。

まばらどころかスケスケです。

クリックすると元のサイズで表示します

あれほどに埋めつくしていたヨシとガマが、どうしたらこんなに減るのでしょう。

方法を知りたいものです。

カイツブリ数組とバン1組がいましたが、これじゃあヨシゴイはちょっと無理かも。







ウミネコ  

オオアジサシオオミズナギドリが入ったというので、一応ドライブ。

ところが鳥の姿がほとんどありません。

河口の浦内にカワウ4羽。

漁港にはカワウさえ見当たりません。

クリックすると元のサイズで表示します

堤防の上を歩いたら、このウミネコがたった1羽で、ボーっとしていました。

頭に青い色が入っているのが気に入りましたw。

その後、海辺をドライブしましたが鳥影なし。

みんなどこに行っちゃったのかしらね。

クリックすると元のサイズで表示します

サギ類  

今朝も降ってはいないものの、雲が厚く暗い。

昨日もこんな感じの朝で、後でほぼ夕方まで降り続きました。

雨降りなので近くのサギのコロニーの様子を見に行きました。

前に行った時は産卵したかどうかくらいの時期でした。

昨日はもうヒナたちの声でいっぱいでした。

カワウのヒナの声はセミのようですが、サギのヒナの声はややダミ声で、近所の住宅なんかはけっこううるさいかもしれません。

アオサギ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゴイサギ
クリックすると元のサイズで表示します

ダイサギ
クリックすると元のサイズで表示します


サギは大型の鳥なので、ヒナといえどもどんどん育ってしまうようです。

ヒナなのにオジサン顔で笑っちゃいますね。

カッパは架空の生き物なので見たことはないですが、カッパのイメージに重なります。

30年くらい前にくらべてサギ類はかなり数を増やしているように感じます。

30年くらい前に新聞記者が出先でアオサギを見かけ、「見た場所はぜったいに言えない」と言っていたことを覚えています。

そのくらい珍しい鳥だったのです。

今では日常の鳥ですね。

農薬の使用量が減ったからでしょうかね。





ガビチョウ  

今朝も雨降り暗い空。

寒いです。

一昨日の日本海の空が夢だったかのよう。

明日は晴れ予報なので、待ち遠しいですですね、青い空。

クリックすると元のサイズで表示します

13日も一日中西風が吹き、青空のまま暮れた日でした。

暮れるのを待って娘一家とホタルを見に行きました。

20時を過ぎるころになってようやく、草葉の蔭でホタルの光が灯り始めました。

寒かったので10匹くらい見たところで帰りましたが、ま、残っていたことが分かり一安心。

クリックすると元のサイズで表示します

もうちょっと暖かい日にもう一度くらい行ってみようかな。

画像は昨日、窓の外にやってきたガビチョウの巣立ち雛。

声がきれいなので動画も撮りましたが、ペアガラス越しなので声は入っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒバを剪定した時、野鳥がとまるかもしれないと思い、除くべき枝をちょっとだけ残すいたずらをしました。

室内から撮影しやすい位置の枝です、もちろん。

そしたらガビチョウが本当にとまりましたw。

今朝はモズの巣立ち雛が来ました。

羽根の油分がまだ足りないのでしょう。

水をはじけずに、濡れてみすぼらしい見た目でした。






イソヒヨドリ  

かなりの距離でしたが、イソヒヨドリはまあまあ大きいので、、。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターの瞬間、首をかしげてしまいましたw。
瞬間ではありますが、こんなに首を回転させて、何を確認したのでしょうw。
クリックすると元のサイズで表示します

背景の植物が紅葉してサンゴみたいにきれい。
ベンケイソウの仲間かな?
望遠にしても何だかよく分かりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

ガビチョウ  

雨が上がり青空が広がったのですが、あっというまにまた雲に閉ざされてしまいました。

今日の首脳会談の結果が待たれますね。

ちょうど今、ホテルから出たと言っています。


ガビチョウの巣立ち雛に出遭いました。

山の上の方がかなりの面積で伐採されていたので、またまた太陽光発電のための伐採かなと思い、登ってみました。

自然エネルギーとはいえ山を伐採してならしますし、除草剤を大量に使いますし、改善が必要な分野になってしまいましたね。

ガビチョウはウグイスと似たように地上近くに産卵するそうです。

ここのガビチョウは伐採して積んである放置樹木の中で産卵したようです。

ガビチョウが鳴いているなあと思ったら、巣立ち雛が近くに出ていたようです。

数メートルは飛びますが、まだうまく飛べません。

親鳥が「逃げろ、逃げろ。飛べ、飛べ」と叫んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何もしませんよw。

立ち止まって見ていたら数羽の雛が頑張って飛び飛び・・・

1羽の雛が枯れ枝に脚をはさんで逆さまになってしまいました。

親も雛もあせっています。

何もしませんから・・・

ガビチョウたちが見えなくなったら、あたりが急にシ〜ンとなりました。

ガビチョウの雛はとてもきれいな声のさえずりでした。










AutoPage最新お知らせ