トウネン  

築地市場の移転先である豊洲では地盤沈下とか。

こちら東日本大震災で80cmもの地盤沈下が起きたが、最近は地盤隆起が続いていて、50cmくらい持ち上がり、返って復旧工事の済んだ部分に段差ができているそうです。

今日は松川浦に入っていました。

遊歩道などはまだ未整備で、倒木がすさまじかったです。

ハチには気をつけて歩きました。

最後の最後に、見慣れぬ鳥に出遭いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イソシギをよく見る所なのですが、写真で大きくしてみたらトウネンの幼鳥でしょうか。

間違っていたらご指摘お願いいたします。

(鳥がご専門の竹さんに問い合わせたところ、トウネンで間違いないそうです。よかった。)










ご案内  

早くも来月のご案内です。

講演は定員20名なので、定員オーバーの申し込みがありそうでちょっと心配です。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴイサギ(ホシゴイ)  

今年生まれの鳥たちも独り立ちし始まっています。

林の枝の上に何かいるように見えたので一応カメラで確認。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、いました。

地味な鳥ですから、うっかり瞬きなんかしたら気づかずに通り過ぎてしまいそう。

幸運にも陽が射しましたが、それでもコナラの樹皮そっくりですw。


オオバン  

風はないのに、涼しい朝です。

夜のうちに降るかもと期待しましたが、雨音はついに聞こえてきませんでした。

今朝も雨が落ちてきそうなほど雲が厚いのですが、降ってきませんねえ・・・

昨年もこちらで夏を越したオオバン。
今年も2羽が残っています。

昨年と同じ個体じゃないかなと思いますが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年は巣が確認できませんでした。

見えない所にあるかもしれません。
この時期なら雛も出歩けるほどになっているはずですが、幼鳥も確認できませんでした。

鳥たちが渡りをするのは餌の確保のためなのだそうです。

多分、冬場の餌の確保のためという意味でしょう。

夏場は故郷の自然も旺盛になるので帰省するということなのでしょうね。

でも、旅先の夏でも餌に困らないなら、危険をはらむ長旅をするより、移住してしまうというのも賢い選択かも。

チャレンジャーの番かもしれません。










カイツブリ  

今日も曇り。
風があるのでしのぎやすい。

カイツブリの鳴き声はきれいですね。

あんなに小さな体なのによく響きます。
湖面が音を跳ね返しているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

何を食べているのかと思い、レンズで近づいてみました。

けっこう暇なく食べているのです。

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカザリガニかな?

Yちゃんが撮った写真ではトンボをくわえていました。

ウシガエルもいる沼なので、案外、カエルも食べているかもしれません。






キセキレイ  

今朝は西風が吹きわたっていて、静かにしていればとても爽やか。

朝のうちに1列だけジャガイモ掘りをしたので、シャワーを使い、風にあたって静かにしています。

先日、霊山で出会ったキセキレイ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年生まれとおぼしく、色合いもまだソフトな感じできれいでした。

フロントガラス越しでの撮影です。

窓ガラスを下げてチャンスを待ちましたが、対向車が来てしまい、この1枚のみ。






ゴイサギ  

8時45分現在、けさもまだ曇り。

曇っていても風が全くないので蒸し暑いですね。

日本でも気温40度の夏になってしまいましたね。

相馬市では塩飴が各家庭に1袋づつ配布になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

住民税非課税のエアコンがない家には、3万5千円の補助金が出るとのことです。

学校も最近は水筒持参になっていますが、下校までに500mlくらいの水筒じゃ足りないですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

フィールドでは巣立ち雛をよく見かけていましたが、この時期になるとすでに若様に成長していますね。

ゴイサギはダイサギやアオサギより出遭うチャンスは少ないです。

年に一度二度くらいでしょう。




カイツブリ  

一日中、朝から晩まで夏空でした。

梅雨が明けた空でした。

遠回りになったけれどちょっと寄り道。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨシゴイの来る沼ですが、昨年はヨシが増えすぎてとても撮影は無理状態でした。

全然期待しないでの様子見だったのに、今年はヨシがまばらです。

まばらどころかスケスケです。

クリックすると元のサイズで表示します

あれほどに埋めつくしていたヨシとガマが、どうしたらこんなに減るのでしょう。

方法を知りたいものです。

カイツブリ数組とバン1組がいましたが、これじゃあヨシゴイはちょっと無理かも。










AutoPage最新お知らせ