廻って回って  






きっとこうなると思ってた

疑いが確信に変わって現実になった


自分で想像していたよりも

ずっとずっと

私は強くなれていたみたいで

落ち込むどころか明るかった


何かが一瞬で断ち切れる音がして

重くのしかかっていた何かが すっと消えた

苦しさ 寂しさ 切なさ 全部一緒に詰め込んで

気配すら残さず消えていった


人間はとても薄情で

ずっと信じ続けていた大事な希望でさえ

それが消え失せてしまえば

希望を持っていた自分が馬鹿らしく思えて

そう思っていた自分を記憶から消そうとする


あんな風に思って私はバカだったと開き直って

しまいには無かったことにしてしまう

もっと時間が経てば

勝手に初めから何もなかったことになって

自分の力じゃもう思い出せない


希望を信じ続けていた

その純粋な気持ちも 貴重な時間も

無駄になってしまうよ


広い世界に たくさんの人がいて

全員の意見が 思いが 伝わる保証はどこにもない

それでも人は

必死に思い続けて 時に傷つき 時に喜び

先の見えない真っ暗な道を 一人で歩いている


何の先導も無しに

前を歩けているのかすら分からない

少しの希望 少しの感情 少しの記憶

たったそれだけで今日も歩く


今この瞬間

何人の人が傷つき涙してるのかな

0

運命じゃない人  






当たり前が思い出に変わって

いつからか平気になっていた

きっと今なら

笑って祝福できそうだよ


心の奥

眠っていた何かをそっと起こしてみる

輝くあの日々 輝くあの瞬間

昔と同じ微笑ましい気持ち

今は無き羨む気持ち

ああ そうか 私は成長できたんだね

醜くても傷つきながら

少しずつ大きくなっていたんだね


今まで何度傷ついたのか

これから何度傷つくのか

そんなこと分からないけど

たとえその思いがが嘘だとしても

忘れられているのなら

それでもう十分なんだよ


辛かったね 苦しかったね

もういいよ よく頑張ったから

全部じゃなくていい

残したいものがあるのなら残したっていいんだよ

その上から

全く違う新しい思い出を 新しい記憶を

積み重ねていこう

そしたらきっと 分からなくなるから

感情と一緒に時間が持っていってくれる


そのまま 振り返らないで

ずっとずっと 前を見ていて





0




AutoPage最新お知らせ