2011/12/11

県道生駒停車場宛ノ木線の歩道整備について  奈良県議会

11月定例会 奈良県議会での一般質問内容

C道路整備について

 (2)県道生駒停車場宛ノ木線の歩道整備について、一刻も早い整備が求められるが今後の事業展開についてどう考えているのか?

・県におかれては、国道168号等の整備を進めて頂き、さらに、近鉄生駒駅北側の再開発事業にも支援を頂いており、そのような県の取り組みには感謝しております。
ご存じの通り、生駒市は南北に細長い形状のまち。
その中で、南北の幹線道路として4車線の国道168号が通り、それを補い生駒市の中心である近鉄生駒駅に接続するのが県道生駒停車場宛ノ木線であります。この県道生駒停車場宛ノ木線は、歩道が狭く、さらに段差があり、車椅子の方やベビーカーを押している方が、車道を通らざるを得ないなど、非常に通行しにくく危険な状況です。

クリックすると元のサイズで表示します

沿道には、生駒警察署、郵便局の本局があり、大型ホームセンターも出店されたばかり。歩行者も多いがバスや自動車の交通量も多い。
以前、歩道整備を含めて拡幅事業を進めておられたが、用地買収が難航したとの理由で、平成18年度に事業認可を延伸しなかったため、今は事業が止まったまま。
県の担当者が努力されているのは認識しているが、今のまま放置して良いはずがなく、通行人の安全を確保するために、一刻も早い歩道整備が求められるが、今後の事業展開についてどうお考えなのか?
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 奈良 生駒 議会

2011/12/11

11月定例会 一般質問内容 つぶたにともし  奈良県議会

11月奈良県議会定例会 一般質問内容

C道路整備について

県道枚方大和郡山線上芝工区の進捗状況と今後の見通しはどうか?

・平成23年5月の線引きの定期見直しで、生駒市の学研北生駒地区を市街化区域に編入し、近隣商業地域の指定をされました。学研北生駒地区では、具体の店舗の出店計画が進められており、周辺地域の住民は、富雄川沿いの県道枚方大和郡山線への交通の集中による渋滞の発生を危惧されています。現在の事業中の県道枚方大和郡山線の上芝工区について、整備推進が必要と考えますが、事業の進捗状況と今後の見通しはどうか?

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 奈良 生駒 議会

2011/12/11

奈良県議会11月定例会質問内容  奈良県議会

11月定例会での一般質問の内容です。

B奈良の食の魅力づくりについて

・今秋、10月18日に新公会堂で「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012」の出版発表会が開催され、奈良は初めての掲載で、県内25店(三ツ星1店・二つ星3店・一つ星21店)が星を獲得しました。
翌朝の朝刊の各紙には「奈良にうまいものあり」の言葉が躍り、奈良の「食」が一躍クローズアップされました。
県では、これまで「奈良にうまいものなし」を払拭すべく、奈良の畜産物を使った名物料理づくりの「奈良のうまいもの」や有名シェフが集まった「奈良フードフェスティバル」などで、県内の飲食関係業者やシェフなどと連携を強化され、県内の食の情報発信とレベルアップに取り組んでこられました。
県の新たな取り組みとして、10月26日には県自らが県内の飲食店8店を「眺望のいいレストラン」として認定し、積極的な支援に乗り出されたところです。
また、県内各地で、「ご当地グルメの祭典」など、食をテーマにした多様なイベントが開催され、大いに賑わってきています。
今年度に入り県全体としての食の盛り上がりを大きく感じています。美味しい食には、言うまでもなく美味しい食材は欠かせないものであり、奈良が誇る畜産物などの食材を、この機会にあわせてPRする事が重要です。
県はこれまで奈良フードフェスティバル等県食材を活かした食の魅力づくりに取り組んでこられたが、今年のミシュランガイド掲載等、食の盛り上がりを踏まえて今後奈良の食の魅力づくりに向けた取り組みをさらに充実すべきと考えますがどうか?
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 奈良 生駒 議会

2011/12/9

奈良県議会一般質問要旨@  奈良県議会

11月定例会 一般質問の内容です。
@県と市町村が連携した効率的な行政運営への取り組みについて(知事)
 ・大阪都構想は、大阪府と大阪市の二重行政を解消することが目的と聞いています。
  3年前の代表質問において県内の二重行政が行われていないか?県と市町村が
  タイアップして事業の効率化を図れないかを質問しました。
  知事はそのことを認識して頂き、県・市町村の役割分担検討協議会を立ち上げ
  県と市町村、市町村同士の事業の効率化を図るシステムを構築され、今日の
  奈良モデルの基礎となった。
  県と市町村の人的資源、財源、様々な公共施設等を県全体で有効活用する
  ことなどを目標に、平成22年から奈良モデルとして県と市町村が一体となり
  効率的な行政運営に取り組んで来られましたが、どのような具体的な
  効果があったのか?また、現在の取り組み状況や今後の進め方について
  知事さんの所見を伺いたい。

A民間経営感覚の向上と人材育成の取り組みについて (総務部長)
 ・大阪府議会に提案されている「職員基本条例」については、公務員は民間に
  比べて目に見える効果を上げにくいことなどから、成果主義に反対する意見など
  色々な議論がされています。成果主義などについては、一部理解できるものの
  給料や人事制度は、職員が不平不満を持たないよう納得しやすい制度にする
  事が大事ではないか?
  
  業務の整理あるいは無駄の削減といった民間の経営者の感覚やコスト意識を
  行政に導入すいることが大切であると、これまでの会議においても提言して
  きたところです。経営感覚という大げさなものではなくても民間の感覚、
  県民、県民目線で職員の意識改革を図る事が大変重要である。
  また、同時に、県政が直面する諸課題に積極的に取り組んでいくためには、
  職員のひとりひとりが課題の現状を把握して、解決に向けて自ら考え、
  自ら行動するとともに、県庁が組織としてその力を十分に発揮できるよう、
  今後の県政を担う若手職員の人材育成も肝要であります。
 
  県では職員の民間経営感覚の向上と人材育成を目指して、平成11年度から
  民間企業派遣研修を実施しているが、今までこの研修を実施してきてどのような
  効果があったのか。また、その効果を踏まえて、今後の行政運営にどのように
  活かしていこうと考えているのか?

  クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 奈良 生駒 議会

2011/12/8

奈良県議会11月定例会一般質問  奈良県議会

クリックすると元のサイズで表示します

奈良県議会11月定例会で一般質問を行います。

12月8日(木)2番目の質問です。13:30以降になります。
奈良テレビや県議会のネット中継・録画でもご覧頂けます。

質問内容は・・・
1、奈良県と市町村が連携した効率的な行政運営への取り組みについて
2、民間経営感覚の向上と人材育成の取り込みについて
3、奈良の食の魅力づくりについて
4、道路整備について
  県道枚方大和郡山線上芝工区の進捗状況と今後の見通しはどうか?
  県道生駒停車場宛ノ木線の歩道整備について、
   一刻も早い整備が求められるが今後の事業展開についてどう考えるのか
5、教員が民間の経営感覚を持つ為の取り組みについて
6、学研高山第二工区の取り組みについて (要望)
 クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 奈良 生駒 議会



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ