2018/7/8

ノーコメント  カルト・宗教・犯罪

今日も、どなたから電話をいただいても、訪問されても

そのことは、誰に対しても「ノーコメント」なんです、すいません。

だから、どうぞ無用な仕事はされないようお願い申し上げます。

そして、基本文献として、若い記者さんらも、このブログの上の方で紹介しているる判決文という、基本文献を読んでみてください。高裁の棄却判決文も、裁判経過とその段階までですが、本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。必ずやご自身にとって、プラスになります。
19

2018/7/8

四女にも、私にもプライバシー  カルト・宗教・犯罪

マスメディアの方

それぞれの立場で努力され、必要性がある程度あるのは分かるし、やたら大変な時間外労働にもなっていようと同情はするのですが、しかし、どうぞご配慮下さい。

★私の「ノーコメント」は本当に「ノーコメント」とご理解ください。
 申し訳ないですが、そういうものなんです。

 四女さんは、何も悪いことをしていない、父母の「著しい非行」と彼女への「虐待」を裁判所も認定した、その娘さんなんですよ。
 もとより、オウム集団や「麻原彰晃」というものとも完全に断絶した一般人です。それでも、下記の文章を私に寄せてアップするほどの気持ちでいるんです。
 どうぞお願いします。

1−四女さんが帽子を深くしていたとしても、モザイクぐらい全てかけるのが当たり前でしょうが。

2−自動車を降りたところで、四女さんを少し離れた所から撮影した某テレビ局の方、ひどすぎす。直ちに大声で抗議したところ、詫びられデータを削除してたので会社上部に言うまではしないが、ひどすぎます。

私自身は、うーんまあ、この関係では名前特定と肖像権は放棄でしょうが

3−自動車のナンバーはまさにプライバシー、モザイクかけて下さいな。
―1994.5.9甲府地裁駐車場での「滝本サリン事件」は、私の自動車の空気吸入口にサリンを流された事件だということ程度も知らないんですか。あの事件もA弁護士らが私の自動車がどれか分からなかったら、起きなかったんですよ。モザイクかけないなんて選択肢はないはずです。ひどすぎます。

4−オートバイ4台で追跡なんて、しないで下さい。振り切ろうとして、危なかったではないですか。そして事務所に戻るだけと説明しても、テレビ局に依頼された以上すいません追わないと、とか言われてしまう。振り切られた振りを提案したが、それもできないと。そして焦って道を何度も間違えてしまった。実に危なく、馬鹿らしい。

5−法律事務所前にいるのは仕方がないかもしれないが「ノーコメント」は実際、その通りなんだから、意味がないです。まして、事務所以外の外の所まで来た若いとあるテレビ局の女性記者さん、無理してドア前まで来るなぞ、既に犯罪でしょうが。私の携帯は同テレビ局でも何人もが知っています。いい加減にされたし。

心当たりのある記者さん、メディア本体さん、
どうぞメールででも一言、何か言って下さいませ。
85



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ