2018/7/6

思い出すこと  カルト・宗教・犯罪

思い出す

早川は、宗教好きのおっちゃん
「このままよりも早く死にたい、なんて許さない、死ねば償えると思ったら困る、坂本は良い奴だったんだ、死ぬまで苦しんでもらう、悩んでもらう」と最高裁の時の接見室で言い

井上は、先生に褒められたい幼いままの中学生
「私が死刑させないと言っているからといって頭を下げるな、許されたなんて誤解するな、何万カルパたっても許しはしない。簡単に死なせない。死ぬまで反芻してもらう」と高裁証人になった後の面談で言った。

もう死んじゃったなあ。

ああ、何人かの死刑囚の親御さん一人ひとりの顔、思い出す。
坂本弁護士にあっていた親御さんもいるんだもの、凄すぎる話です。

今、どうしているかなあ。

「いつかまた会えます。急がなくていいんです、必ず会えるんです」
と言いたい。

35

2018/7/6

四女松本聡香さんより  カルト・宗教・犯罪

     ********** 
私の実父松本智津夫が多大な迷惑をおかけした被害者の方、ご遺族の方、信者のご家族、元信者の方、刑務官の方、そして世間の皆さまに改めて深くお詫び申し上げます。

死刑が執行されたことにより被害者の方、ご遺族の方が少しでも心安らかな日々を取り戻せることを心より祈っております。

松本死刑囚は一度の死刑では足りないほどの罪を重ねましたが、彼を知る人間の一人として今はその死を悼みたいと思います。

執行はされるべきものでしたが、ただひとつとても残念に思うのはかつての弟子であった元幹部まで6人も執行されたことです。宗教的な理由においても、責任の重さにおいても、今日の執行は教祖一人でないといけなかったと思います。洗脳されて事件に関与してしまった元幹部の執行の是非はもっと議論され熟慮のうえでないと社会に課題を残してしまうのではないかと心配です。

まだ信仰を続けている信者には、これ以上松本死刑囚の罪を増やさないようにどうか後追いなどしないで、早く夢から覚めてほしいと願っています。
    *************


ご本人にコメント出しますか、と電話で聞いて、少し考えてメールで送られてきたものです。このままアップして良いとのことであり。2018.7.6 15:58
メディアにおかれて、上記を転載などすること、どうぞご自由に。
230

2018/7/6

死刑執行  カルト・宗教・犯罪

20180706の8:57
松本智津夫死刑囚の死刑が執行された。立ち会えなかった、残念です。人ひとりの命が失われてしまった、悲しいです。本人には、「生まれてくれてウェルカム」と言いたい。現役信者さんには、「麻原彰晃という人はもともと存在しなかったんだよ」と伝えたい。複数とも言われている。他のオウム事件死刑囚12人の中から執行された人がなければいいんだけれど。
11:00訂正  本日、教祖以外の6人として、早川紀代秀(68)▽井上嘉浩(48)▽新実智光(54)▽土谷正実(53)▽中川智正(55)▽遠藤誠一(58)−の死刑を執行するとのこと。
 残る6人についても、極めて近く執行する可能性が高い。そこで、ここに訂正します。



松本智津夫死刑囚の死刑が執行された。
立ち会えなかった、残念です。

人ひとりの命が失われてしまった、悲しいです。

本人には、「生まれてくれてウェルカム」と言いたい
  (22:30補充、生まれて来なければ良かったのにとは言わないよという私も気持ちです。中島みゆきの♪「誕生」内の言葉。同死刑囚の法廷の滝本サリン事件の被害者としての陳述の時に説明しました。)

現役信者さんには、「麻原彰晃という人はもともと存在しなかったんだよ」と伝えたい。


そして教祖以外に6人、早川紀代秀、井上嘉浩、新実智光、土谷正実、中川智正、及び遠藤誠一の死刑を本日執行するとのことである。残る6人の死刑囚は端本悟、広瀬健一、豊田亨、宮前一明、林康男及び横山真人となり、その執行も不安である。(「残る6人の一文は一部訂正20180709の17:17)

この12人の素顔は、下記にあります。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=22

既に何度も述べているように、この12人の死刑は執行してはならなかったし、してはならない。頭は麻原のみであり12人は手足だった。12人は自然死するまで事件と麻原を振り返り、時に応じて述べていくことで、オウム集団の根絶、類似事件の防止に役だったはずである。12人は、オウム集団にあって殉教者としてあがめることになって行こう。

個人的には、麻原が更に元弟子ら一つひとつの命を道連れにしていくことも許せない。

松本死刑囚の死刑執行は、オウム事件とオウム集団にとっては一つの区切りだ。
だが、今日の他の6人の死刑執行は、有害無益であり、ここに強く抗議する。


おって、メディアにおかれては、私のコメントとして上記をどうぞご利用ください。
55



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ