2017/9/28

何のためのアベ政治反対か、野党とは。  憲法・社会・官僚・人権

本日、正午過ぎに衆議院解散。
「火事場泥棒解散」を定説とすべきだろう、と。


で、下記は今朝、知り合いのMLなどに流した私なりの整理です。
ご参考までに

整理しつつ、スタンスを考えました。チャート図的に。

民進党として、参議院議員のみ残し、衆議院と組織は解党
希望党首として、小池百合子氏も出馬の可能性大
  ↓
民進党の、同衆議院関係の相当数が、離党した人を含めて希望へ、
民進党の、リベラル系(私はまあこれを「まともな保守主義」と表現していますが)は残り、地域民進党とか名乗るかも
  ↓
前者―共産党が、希望と競合する所の候補者をおろすか。
おろせば、希望が極めて多数当選、自公・維新で過半数は行かず、しかし希望を合わせて3分の2以上となる
又は
後者―共産党がおろさずとも、希望が多数当選、自公・維新で過半数か不明、希望を含めて3分の2以上をとられてしまうか
残った地域民進党?と、共産・社民と合わせて、3分の1以上を確保するか

前者≒小池百合子が首相の可能性がでてくる
≒安倍政権はなくなるが、2015年安保法を認め、再び改憲発議が可能
なお、参議院民進党は静観して、民進復活を目指すが、不可能

後者で3分の1以上を確保すれば、≒安倍首相が降りて自民党の他の人に変わることとになる可能性があるが
≒2015年安保法の廃止はできずとも、改憲発議を不可能とできる

前者であれば、安倍9条改憲と形が変わるが、9条や緊急事態改憲といった改憲が進む方向だと。

とすると
★ 2015年安保法制廃止、改憲阻止をメインにすれば、
共産党において、小選挙区で当選の極めて困難だが競合候補者をおろされては困り、なすべきは「地域民進党?と、共産・社民と合わせて、3分の1以上を確保」
★ 「安倍首相をおろしさえすればいい」をメインにすれば、
共産党が競合する候補者をおろしてもらい、自公以外ならば、希望にも入れるという選択肢がある
ということになろうか、と。
2

2017/9/27

10月9日までの神奈川13区のチラシ  憲法・社会・官僚・人権

 10月9日まで、神奈川13区ー綾瀬、座間、海老名、大和ーでは、下記のチラシを撒きます。
 民進党の混乱により、野党側の統一候補がまだきまっておらず、弱ったことです。13区の民進党予定候補が「希望の党」に移ったことについては、下記の「かながわ13区4市共同市民の会」のブログに出ています。
 http://blog.goo.ne.jp/4city
 もちろん、民進党で頑張ってきた人も怒りに燃えていました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2017/9/25

東京地裁―ひかりの輪の観察処分取消し判決  カルト・宗教・犯罪

 東京地裁の、ひかりの輪の観察処分取り消し判決について。
 メディアらは、ご自由にどうぞご利用くださいませ。
********
 「東京地裁が『嘘をつくのがワーク』の上祐に騙された」ということでしょう、またメディアらの一部が上祐を使っていることも影響していると思います。麻原への絶対的な服従を隠せない「子供の過激派」がアレフであるのに対し、隠し続けるひかりの輪が「大人の過激派」です。オウム集団での位階制と権威を使って維持されている団体であり、「分派」ではなく話し合って別れた「分流」です。上祐が「グルはやはり麻原尊師だ」と言えば直ちにもとに戻ります。今は具体的な危険性がなくても、監視を続けるべき団体です。観察処分は、そのメンバーや組織動向をさぐるのに必要なことであり、決して外してならないと考えます
―滝本太郎、60歳、オウム真理教被害対策弁護団弁護士、1993年から脱会活動などしてきており、教団内を相応に知る。1994.5.9甲府地裁駐車場の車両にサリンをまかれた滝本サリン事件の被害者
********
8

2017/9/18

火事場泥棒解散  カルト・宗教・犯罪

  略すと「火事場泥棒解散」だな。より詳細には「ミサイル野党混乱便乗、腐敗とアベノミクス失敗隠し、独裁・改憲志向解散」だと

  さて、ガラッと雰囲気を変えないと。自民党の絶対得票率は小選挙区で25%弱、比例区では16-18%なのだ。「売国反動腐敗原発改憲独裁おバカお坊ちゃま内閣」を倒さないと


 山本一太氏、その分析やよし。その恐怖のとおりに、してさしあげたい。この人、安倍首相よりは民に近いのではあろうと(確かに私も大根の値段を知らないなあ)。−追伸、あっ、この人は自民党だが参議院議員なんだぁ
**********
山本一太参院議員のブログより。
「国会が始まれば、森友問題や加計学園問題等が再燃する。閣僚のスキャンダルも厳しく追及されるだろう。内閣支持率が再び下がる可能性が高い。先に行けば行くほど、政権は窮地に立たされるかもしれない」「それなら、今、野党の選挙体制も新党結成の準備も整っていないうちに選挙に打って出たほうがいい!3分の2を維持することが難しかったとしても、議席減を抑えられる。そうじゃないと、解散のタイミングを完全に失う」「民進党は醜聞による主要人事の躓きや離党ドミノでガタガタしている。小池東京都知事の後押しを受けた新党結成も十分に進んでいない。幸い、内閣支持率も回復している。解散するなら今のタイミングしかない!何しろあと10日しかないのだ。新党は候補者を擁立する時間もない」何人かのマスコミ人、政治関係者とも電話で話した。こんな分析をする人もいた。「今、衆院選挙をやれば、最大の争点は北朝鮮問題になる。大多数の有権者は、この危機を乗り切るためにABEの手腕が必要だと感じているに違いない。疑惑がどうのこうのなんて吹き飛んでしまうよ」と。なるほど、そういう側面はあるのかもしれない。が、自分が最も心配するのは「内閣改造直後の臨時国会をやらずに解散総選挙をやる」ことを一般の国民がどう受け止めるかということだ。ちゃんとした説明がないまま選挙をやったら、それこそ「国民をバカにしている」と思われてしまうだろう。この事態だけは、絶対に避けねばならない。確かに野党の選挙準備は全く間に合わない。新党を完全に立ち上げることも、最大野党の民主党が300小選挙区に公認候補を擁立することも、野党共闘も難しいだろう。しかし、無党派層を中心とした「怒り」という名の受け皿が出現したら、それこそ都議選の二の舞になる可能性がある。特に都市部は要注意だ。国民の目には「ABEが国会での疑惑追及を逃れるために解散する」みたいに映る。「選挙に勝つためには何でもやるのか」という批判も起こるだろう。
***********
5

2017/9/5

起きるならば、東アジア戦争  外国・外交

 金王様に実際の攻撃があったり、被害妄想やパニックになっての北朝鮮からの万一のミサイルは、もとより1発ではなく50発ずつでしたか何回もの飽和攻撃だろうと。
 1発撃てば米国から徹底攻撃される蓋然性があるのだから、まず一発でビビらせよう、なんて考えるはずもない。するなら同時発射を可能な限りする外ないのだろうから。

 その中に原爆ミサイルが入っているかは分からず。原爆ミサイルを入れるならば、韓国ではなく日本へのミサイルだろうと推測します。韓国は敵ではあっても同一民族が主だから後々のことを考えればできれば避けたく、一方日本は朝鮮半島を併合していた憎い国ですもん。

 そして日本へのミサイルも、万一の朝鮮半島での戦いが始まった後ではなく、同時であると。すなわち「第二次朝鮮戦争」ではなく、「東アジア戦争」だと
 北朝鮮が今回する場合の敵は米国であり、韓国同様に、米軍基地が多くあるその同盟国日本も敵であり、第一次朝鮮戦争の時と異なり、日本列島に攻撃できるのだから。

 そして、日韓は勿論だが、米国よりも中国に被害が大きく出る可能性が高いと。地理的に波及しやすく、もはや中国は北朝鮮の同盟国ではないということになりますから。

 米国として、自国領土も不安となってきた、まだ米国あての原爆ミサイルはできていないだろうとも考えている時期です。ましてや、どうせ黄色人種じゃないかという感覚のトランプ大統領です。

 だから、北朝鮮を挑発し続けた上で、何かでこじつけたりベトナム戦争関与の時のトンキン湾事件のようなでっち上げて、「自衛だ」として、始めてしまうのではないか、それがもっとも心配です。

 よって、安倍さん日本政府としてすべきことは、北朝鮮相手と同様以上に、米国に物申すことだと考えます。

5
タグ: 中国 北朝鮮



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ