2015/11/27

高裁で無罪―「故意」の再検証を、など  カルト・宗教・犯罪

高裁で無罪―「故意」の再検証を、など

オウム事件女性K被告が高裁で無罪判決でしたね。以下、コメントとします。

******
1―弁護人の努力と高裁裁判官の判断、偉いっと思います。証拠を精査して「故意」につき「疑わしきは被告人の利益に」判断されたものです。本人として、運ぶように指示された物がなんなのか、薬品だと分かってとしても何のためなのか分からないという状況は実によく理解できます。末端の実行犯であればあるほど、幹部らが起こそうとしている各事件のごく一部を指示されるまましていたのが実態でしたから。まして、重なるマインド・コントロールと薬物まで使用した洗脳の結果、思考能力と意欲を停止・減退させられていたのが、まさにカルト団体オウム集団のメンバーであり、各事件の関係者にもそれが強く影響しています。

2―従前のオウム裁判では、「故意」につき、知らない筈はないといういわば政策的な思考で有罪認定がされてきた印象があります。この際、死刑が確定している実行犯12名と無期懲役の者を含め、事件によっては本当に「故意」があるといえるのか、その程度は、その強さからして非難可能性の程度はどうかなど、請求されている再審開始の判断においても、改めて慎重に考えてほしいと考えます。

3―なお、この「薬品を運んだ」という行為は、1995.5.16の都庁職員爆傷事件に至ります。それは、1995.3.20の地下鉄サリンも、3.30の長官銃撃事件も起こり、ようやく公安警察が動いていて監視されていた段階での事件でした。裁判傍聴でも、本人が薬品を運んでいたところの写真も証拠に出ていたと下記の通り報告されています。なんとか止められなかったか、と改めて強く感じました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20140522/archive

4―また、同被告は高橋克也被告につき犯人隠避もしていたのですが、平田信被告と同居していた女性と異なり、逮捕の3年以上前に終了していましたから公訴時効が完成していて起訴されなかったものです。なお、同被告と逮捕直前まで同居していた別の男性は、同被告についての犯人隠避罪として執行猶予付有罪判決となっていますが、同被告が無罪であっても嫌疑のあった人を匿っていたので、有罪が変わるものではありません。」

5―最後に、オウム集団(アレフ、ひかりの輪ほか)にあっては、K被告が無罪であっても、オウム集団によって都庁職員爆傷事件が起こされたこと、その他の事件もデッチ上げなどでないこと、地下鉄サリン事件までのすべての殺傷事件がもちろん絶対者麻原さんの指示による事件だったことを忘れず、ねつ造云々などと勧誘の際に言わないでください。

6―誘われた方は、どうぞ、下記にある元信者の話や、麻原さんへの判決文くらいは読んでから決めてください。また、当初からオウムやアレフと聞かされなかったことの疑問を忘れず、観察処分の対象となることは理解された上で入信継続を決めていってください。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shuki/3.html
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html

上記の5、6とも関係しますが、高裁裁判長の説示中には、下記があったとのことです。
「審理した結果、法律的には無罪となりました。ただし、客観的には、あなたが運んだ薬品で重大な犯罪が行われ、指を失った被害者が出ています。あなた自身が分からなかったとしても、あなたの行為が犯罪を生んだことを、心の中で整理してほしい」

*****
7

2015/11/26

日本特攻隊は日本の恥  メディア・ネット

クリックすると元のサイズで表示します

日本特攻隊は日本の恥。 美しいものなんかじゃない。それを美しい精神にしようとする人たちが怖い。ありえない。人として。」

というツィターに対し、末尾のchange.orgというところで、「宛先: SEALDs 奥田愛基 特攻隊員を侮辱したSEALDsに対し公式謝罪を求めます。桑原 一真」として、ネット上の投票を求めている人がいる。末尾要旨の通り


まったく何を言っているのか、何を読んでいるのか。

1−日本特攻隊、特攻隊攻撃という方法が、日本の恥なのは当たり前ではないか。そうでないとでもいうのか。1945年直前頃の時代なのに、あの、人の命、若い一人ひとりの国民の命を消耗品のように使った特攻隊が恥でなくてなんなんだと。特攻隊攻撃は、文字通りの日本史上の恥です。

2−同人は、「特攻隊員は日本の恥」とか書いていない。「日本特攻隊は恥」としている。あなたは日本語をまともに読めないのか、読まないのか。私も多くの関係書を読み、知覧にも参り、元特攻隊員の立場の人の話も聞いた。特攻隊攻撃、ましてこれを事実上強制されたことは、実に哀しいことであり、酷いことでした。特攻隊攻撃を立案、実行した日本のあり方は、強く強く非難されるべきではないでしょうか。
 あなたは、同人が「日本特攻隊」と書いているのに特攻隊員への侮辱ととらえるなど、ひょっとして特攻隊攻撃という手法を否定的にとらえることに、抵抗があるのでしょうか。いかがでしょうか。
 そしてもしそうならば、それは私の考えとも、世界中はもちろん、多くの日本国民の考えとも大いに異なりましょうが、それならそれと明言すべきでしょう。

3ーネット投票という手法、激しい口撃という手法が跳梁跋扈しています。それもまた自由ですが、「日本特攻隊は恥」を「特攻隊員への侮辱」だと直ちに記載し、類似の感覚の人の票を集めていこうとする手法は、ご自身の表現の自由・相互批判の自由の行使として軽はずみに過ぎ、恥ずかしいと思います。いかがでしょうか。

*******
>「日本特攻隊は日本の恥。 美しいものなんかじゃない。それを美しい精神にしようとする人たちが怖い。ありえない。人として。」
>女性が2015年11月17日ツイッター
>ツイッターで非難を浴び、当該女性は記事を削除 >http://nstimes.com/archives/38711.html
>特攻隊員や親族・遺族を侮辱する発言、責任の伴わない自由な発言で他者を罵り貶める発言は決して許されるものではない。
>「SEALDs」に対し見解、公式に謝罪要求
https://www.change.org/p/%E6%A1%91%E5%8E%9F%E4%B8%80%E7%9C%9F-%E7%89%B9%E6%94%BB%E9%9A%8A%E5%93%A1%E3%82%92%E4%BE%AE%E8%BE%B1%E3%81%97%E3%81%9Fsealds%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%97%E5%85%AC%E5%BC%8F%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99?recruiter=53706614&utm_source=share_petition&utm_medium=facebook&utm_campaign=share_page&utm_term=des-lg-share_petition-custom_msg
******

不当な非難をしているかたのFBは下記で、このブログを読んでもらうために、コメントしてみました。https://www.facebook.com/kazuma.kuwabara.96
7

2015/11/25

11月29日大和にて。  憲法・社会・官僚・人権

 「やまと共同行動の会」―憲法九条やまとの会、厚木基地爆音防止期成同盟などのほか「日の丸9条の会」も参加させてもらっている集まりの企画です。
 どうぞ広くご参加ください。

クリックすると元のサイズで表示します
4

2015/11/21

「障害の存在意義など」―教育委員発言から  日常のこと

ようやく辞任。酷いもんでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151120-00050072-yom-soci
***
茨城県教育委員長谷川智恵子氏「妊娠初期に(障害の有無が)もっとわかるようにできないか。4か月以降になるとおろせない」などと発言した問題で、長谷川氏が橋本昌知事に電話で辞任する意向を伝えた
19日、発言を撤回するとともに謝罪のコメント。東京・銀座の日動画廊副社長。今年4月から教育委員
***


この人の発言は、つまり妊婦らに胎児の障害の有無の検査を強く求め、かつ障害があるとみられる場合はその中絶を強く求めているものです。胎児であってもその命の重さを考えない、親の気持ち、痛みを知らない、かつ極めて差別的なものであり、教育委員にはふさわしくないことは実に明白です。

この人、当事者らのつらさを知らないのだろうな、と思う。既にダウン症などについて受精卵診断、胎児診断が容易にできるようになってきていて、その出産率が実に下がってきていることのつらさ、重さを知らないのかも、と思う。乙武さんが、「私も生まれてこなかったほうが良かったのですかね?」と問うた重さを知らないのだろうな、と思う。

この人、18日に発言を撤回していろいろ弁明したが、その中で「***また、生まれてきた子どもたちの命は全て大切なものであると考えております。」などと言っている。なんなのか、今回の発言は、胎児・受精卵についての発言であり、つまりは分かっていないようです。

橋本知事は、当初「障害の有無が事前に分かり中絶したい人が中絶できる機会を増やしたらどうかという意味だと思う。悪いことではない」だと。そして、これにつき「不快感や苦痛を与えたことを真摯(しんし)に反省したい」とし、陳謝とのこと。知事からして弱ったものだ。

検査をするかどうか、中絶するかどうかは親の決めることで回りがとやかく言うことではない。そんな優生思想は、今後ともある程度は避けられないものではあるだろうけれど、胎児本人と親ら周囲に対してひどい人権侵害、痛みを与える「差別ではある」ことをどこまでも自覚しなければならない。

そして
1―妊娠中には分からない障害も今後とも多くあり、出産時、出産後、死ぬまでの生きていく中で、体、精神、知的の各面で障害をもつことも実に多い、
2―例えば統合失調症患者から強くアピール力がある絵が描かれたり、愛を忘れない宗教が興されたり、アスペルガーなり高機能自閉症者の中に特異な能力があったりし直接的にも有益なことがあること、
3―「障害のない正常」な人によってこそ、手酷い政治・経済が行われ、戦争までおこされてきたこと
を忘れてはなるまい。


人類は、身体障害、知的、情緒障害、精神障害などを含めて人類として存続してきた。昔の社会でも、決して排斥とか間引きばかりされてきたのではなく、伝統社会の中に包摂してきたものでもある。私は、なぜ人にはさまざまな「障害」があるのかと思うに、
1―ヒト科ヒトというものを種として他の個体に優しくしていき、維持していくため、
2―ヒトとはなんだろうか、社会をどうしていくべきかを自ら考えつくし成長させていくため、
3―なんらかの異常事態には、ヒトとして多様性を維持して、ヒト科ヒトを維持していくため
ではないかなあ、なんて思う。

7

2015/11/17

「国会開け!」  憲法・社会・官僚・人権

「国会開け!」「国会開け!」

「53条違反!」「53条違反!」

「安倍は退陣!」「安倍は退陣!」

「安倍はひきょう!」「安倍はひきょう!」


・もはや、臨時国会を求めた党派の議員は、衆参両院を占拠して
・「安倍内閣は、我々が10月19日、憲法53条に基づいて臨時国会の召集を求めたのに、いまだ召集していません。明白な違憲行為です。ここに国民から信託を受けた国会議員として、国民の抵抗権の行使として憲法53条の法理からして、明日午前9時から臨時国会を開催します。」
・として翌日開催し、総理大臣の指名とかもしてしまうべきです。
・それほど重大な問題なんです。
・これでは立憲主義も法治主義もあったものではないです。
・野党もメディアも、何をやってるんだ。



  なお、このところ下記フェイスブックの方にずいぶん書き込んでいます。全面的に公表としているつもりなんだが、仕組みがまだよくわからない。
https://www.facebook.com/taro.takimoto.94
  もちろん、仕事しつつ。
5

2015/11/14

憲法-緊急事態条項-など  カルト・宗教・犯罪

安倍さん、「改憲方針で緊急事態条項」なぞとよく言えたものだ。

菅野完(TwitterID:@noiehoie)さんという人、実によく取材され、文章も分かりやすくて凄いと思います。下記の所です。そのシリーズで、11月11日の「日本会議の武道館1万人余り」の分析などでも、よく取材され敬服します。
http://hbol.jp/64526
安倍政権と筆頭ブレーンが目指す「憲法改正」。そして明言された「明治憲法復元]【草の根保守の蠢動 第17回】

で、そこでの指摘からすると、緊急事態条項、やはりかなり重きがあるようです。それに劣後して、家族条項、9条ということ。つまりは、大日本国憲法の復活へという言葉が、しっかりとででいるとのこと。なんとも。

(ああ、家族条項に関しては12月16日の、最高裁判決が注目されます。夫婦同姓の強制は日本の異常な法制であって、もはや憲法違反だと考えます。違憲だと判断することは自民党・安倍首相らに逆らうことですから)

(ちなみに、大日本帝国憲法の天皇主権とて、『天皇の名のもとに、権力者が国民を無視して好き勝手にする主権』です。11日には『国体主権』とか変な言葉が出てきたけれど、つまりは同じこと。)

で、緊急事態条項。2013年自民党改憲草案によれば、末尾のとおりです。しっかし、安倍首相らもよく言うよ、と思う。

1、そもそも、今現在が、福島第一原発事故による「非常事態」の継続中ではなかったかいな。放射性物質、それも高度の放射性物質が時に漏れ出し続けているではないか、事故はコントロールされず、未だ収束など見えないではないか。デブリという崩れ落ちた放射性物質の塊がどうなっているか、未だ判然とせず、その回収など何も立っていないではないか。そんな状況下で、今を平時のごとくよくも捉えたものだ。

2、憲法上の緊急事態条項の必要性なぞ、なんら説明できないんだろうな。災害については、阪神淡路大震災でも、東日本大震災でも、救援に手間取ったことはあっても治安問題になど、とんとならなかった。旧く、関東大震災の時の治安問題は、メディアの誤報、扇情的な報道と、警察の対応のまずさから、朝鮮人数千人が虐殺されたり、無政府主義者の警察による虐殺事件であった。決して「臣民が権力を襲った緊急事態」なぞなかった。その他の一揆とかは騒乱罪で対応できた。

3、内乱については、戦後50年目の1995年のオウム事件。あれは『内乱』だった。しょもない妄想団体であろうとも麻原の指示のもと、化学兵器サリンを2度、主観的には国と社会に向けてつまりは大虐殺のために使われ、さらに化学兵器があるとみられ、自動小銃1000丁も作ろうとしていたのだから。あのときは、警察の捜査の形をとった内戦だったのだから。だが、対応が遅れたのは警察や公安調査庁の大きなミスだったのであり、抑止することも十分に可能だった。憲法上の規定など必要がない。

4、既に緊急事態の場合の法制は、諸々の法に中に規定されています。原発事故でも、災害でも、それらの法の中に。騒乱罪や凶器準備集合罪、まあ色々あるのです。


それをまあ、いろいろな基本的人権を制限できる命令を、国会が定める「法律」ではなく、緊急事態には内閣によって「法律と同等の政令」を出せるとするなど、言語道断です。

安倍さんは、自らの人権が侵害されたと気の痛みなどとんと知らないままに、自らの権力を誇示したい、存分に振るってみたいだけなんじゃないかな、と思う。
『権力者を志す者は、これを得るとさらに強大な権力を求める』
『日々、権力をふるえる場は、人事と予算』
『国家にあって権力をもっともふるえるのは、戦争と国民の権力奪取』なんだから


*******
第九章 緊急事態(緊急事態の宣言)
第九十八条 内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。
2 緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、事前又は事後に国会の承認を得なければならない。
3 内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決があったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。また、百日を超えて緊急事態の宣言を継続しようとするときは、百日を超えるごとに、事前に国会の承認を得なければならない。
4 第二項及び前項後段の国会の承認について
は、第六十条第二項の規定を準場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、「五日以内」と読み替えるものとする。

(緊急事態の宣言の効果)
第九十九条 緊急事態の宣言が発せられたときは、法律の定めるところにより、内閣は法律と同一の効力を有する政令を制定することができるほか、内閣総理大臣は財政上必要な支出その他の処分を行い、地方自治体の長に対して必要な指示をすることができる。
2 前項の政令の制定及び処分については、法律の定めるところにより、事後に国会の承認を得なければならない。
3 緊急事態の宣言が発せられた場合には、何人も、法律の定めるところにより、当該宣言に係る事態において国民の生命、身体及び財産を守るために行われる措置に関して発せられる国その他公の機関の指示に従わなければならない。この場合においても、第十四条、第十八条、第十九条、第二十一条その他の基本的人権に関する規定は、最大限に尊重されなければならない。
4 緊急事態の宣言が発せられた場合においては、法律の定めるところにより、その宣言が効力を有する期間、衆議院は解散されないものとし、両議院の議員の任期及びその選挙期日の特例を設けることができる。
**********
6

2015/11/13

ハラール食店へ自治体助成  カルト・宗教・犯罪

これはおかしい。
******
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1112/tbs_151112_6178202994.html
 イスラム教徒に対応した食事「ハラール」食を出す飲食店に、東京都台東区が、11日、地方自治体として初めて助成金を交付--------
******


これは上記西村新人類さんの日記で知った。こんなこと始めたんだ。
http://sinzinrui.blog.fc2.com/blog-entry-3260.html

台東区は何をやってるのか、と思う。誰か問題とする人はいなかったのか。西村さんの言うとおり。政教分離原則・宗教への援助禁止に違反する、と。

神社への玉ぐし料裁判などでの最高裁の考え方「目的効果基準―目的と効果がその宗教の支援というようなものでもないかどうか」に照らしても、ハラール食の設定支援につながり、広くイスラム教の布教にまあ間接的には役立つから、違反すると考えます。

類似のことでは
1―京都・奈良などでの寺の建物の維持管理への助成
2―調布刑務所などでの、イスラム教徒への特別な食事―豚関係のものは一切使わないという形―の用意
等が議論となってきた。

前者は、歴史的文化財として価値あるものにつき、そこに着目しての支援だから、違憲ではないと考えられてきた。それはたしかにその通りで。
後者は、「それしないと食べなくて死んでしまう」ということであり実際、過去絶食騒動などあったのだから、まあ身柄を拘束する以上、本人が食べないからと言って全一的な健康管理の責任があるので、仕方がないか、と。

 思い出してみれば、タイ人の事件で拘置所に入っていて、調味料にあの魚醤(魚から作った醤油みたいなもの)が、ないので、どうにも食べられないということがあった。拘置所あてに、何とかならないかとしたが、特別に配慮はできないという対応だった。私が買ってきて差し入れやさん経由で入れるとかも打診したが(持参した食べ物は差し入れできないから)対応してくれず、でした。
 これ、イスラム教徒への調布刑務所での配慮と比較し、宗教的なものではないが、それ以上に生まれたときからの心身に根差した食事慣習であり、不平等だなあ、と感じた。 まあ、でもたしかに、ではタイとかの拘置所で、日本の醤油を使えるようにせよ、と要請しあったりしたら限度がないなあ、と。

 まあ、イスラム教徒の少なくなくは、豚関係は一切、口に入れないというのが実に固いもので、それくらいなら飢え死ぬという態度のようだから、刑務所等でのこの差は仕方がない。
   一方、ハラール食認証の店に地方自治体が助成するなど、実におかしい。違憲だと思う。金額がたとえ少なくとも、まさに「イスラム教への支援」という目的効果を発生されるものであり、調布刑務所のように台東区が管理している人の命にかかわるものではないのだから。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ