2015/1/31

○○法務事務所とか  日常のこと

「○○法務事務所」とか困るなあ、と。

行政書士の事務所であるのに、「法務事務所」となっていて、弁護士と誤解して依頼してしまう方もいるかも。少なくとも、弁護士同様に能力・権限があると誤解して依頼する人がいることは確実。

たしかに、弁護士法上は刑罰まで決めて、弁護士に限っているのは「法律事務所」という名称のみだから、「法務事務所」がそのまま法律違反ではないのだけれど。

過去、何件もの行政書士が、まずい内容証明郵便や相手方交渉をしてしまい、後に依頼者がこちらに相談に来て、実に苦労して解決したことがあった。

それは、どんな事案も、最終的には訴訟がありえるのだ、それを考えながら進めなければならないのだ、という自覚と感覚、もとより経験に疎く、その結果、法律の条文通りに考えたり、更に時にはその適用も証拠関係の評価も間違えて、通知を出したりし始めてしまうから、だと思われる。

私は、19歳の時に、行政書士試験、宅地建物取引主任の試験は受かっています。司法試験の勉強を始めて1年そこそこの段階だった。後に弁護士などになれなかった場合も、食っていけるようにしておこうと考えて。今はもっと難しくなったのだろうけれど、担保されているのは、その限りの能力だろうと。

その資格者らからは嫌われる主張なのだが、弁護士の合格者数も増えているのだから、すべて「弁護士」に統合していくべきだと思う。司法試験の合格者数を増やす過程にて、統合していくはずではなかったのか、業界団体が強いから進まないのかなあ、と思う。

日本に比較し欧米などの「弁護士」はやたら人数が多いと昔から言われているが、欧米には「行政書士」とか「司法書士」とか、中途半端なものはなく、単純比較などできようもないはず。

もちろん、司法書士らの一部のには能力の高い方もおられるし、各専門的なことは各分野に優れている人を紹介する一環として、登記関係は司法書士ら頼むようにしているのですが。
1

2015/1/29

備忘録−1.16産経新聞より  カルト・宗教・犯罪

以下、下記で見ることのできる1.16の自分のコメントを備忘録までに。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0116/san_150116_1463634620.html

オウム高橋被告初公判 「検察・弁護双方なすべき主張した」識者の見方
産経新聞1月16日(金)22時8分
 オウム真理教による地下鉄サリン事件などをめぐり16日に始まった元信者、高橋克也被告(56)の裁判員裁判について、サリンの被害に遭った滝本太郎弁護士と、地下鉄サリン事件被害対策弁護団事務局長の中村裕二弁護士に話を聴いた。

*******
 滝本太郎弁護士の話 「事件が風化する中で、市民である裁判員が参加し、オウム真理教がかつてとんでもない事件を起こしたことを知ってもらう良い機会だ。一方、時間の制約があり、事件の背景まで切り込めなくなる可能性があるのが裁判員裁判のデメリットでもある。今回の裁判を通して、今もオウムの残党に若者の入信が増えていることに対し、カルトやマインドコントロールの恐ろしさを分かってほしい。事件の遺族らが公判に参加したことも、高橋被告に現実を直視させる意味で良かった」
*******
2

2015/1/28

私のカバン  日常のこと

ここでプライベートなことはまず書かないのだが、これは書いてしまいたい。

私は、ここ10年以上、同じ鞄を使ってます。私が使っているのは、下記にはなかったサイズの型番21069の幅42cmのものです。
http://kabanya-san.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1525307&csid=0

だが、もちろんチャックなどいつかは壊れていくので、今は4つ目です。2度は、デパートや上野まで廻って探し、4つ目は通販にて何とか見つけることができました。

この鞄は、下記のような点で気に入っています。
1−底板がしっかりし、かつ下に大きめの鋲4つが施されていて、濡れた路面などにおいてもカバン本体は濡れない。
2−中身にいろいろ入っていても、平らな所に置けばまず倒れない。
3−通例のアタッシュケースと違い、入れ口が外からも3か所あり使いやすく、また柔らかめな印象である。
4−入れ口はすべてチャックがあり、外から容易には手を入れられない。
5−上記サイズのは、電車に座っても左右になんとか迷惑を掛けない大きさです。
6−ちなみに、8000円程度と安い。


多く売っている日本のカバンは、値段を気にせずに探しても、路面に気軽におけないものだし、横の入れ口にはチャックがないので不安があります。材質は、いわばビニールに近い合成皮革だが、アタッシュケースと手提げ通勤かばんの中間的なものであり、かつ工夫がされていると。

もっと売られてもいいのになあ、とつくづく思います。

そして、今回、なんとかして見つけた所は下記です。宣伝してあげたいです。というのは、1つ上のA3がそのまま入るサイズのをネット注文してしまい、届いてから電話で相談したら快く取り替えてくれ、差額の送金もしてくれたからです。感心しましたあ。
鞄ヤ
http://www.kaban-ya.net/
2

2015/1/26

イスラム国人質事件  外国・外交

イスラム国が、湯川さん、後藤さんを人質として、日本その他に要求を突き付けている事件

私は、今は、外側に向けて何も書くべき、言うべき時ではないと思うので、何も書きません。

メディアから聞かれることもあったので、一応、書きました。



3
タグ: 中国 北朝鮮

2015/1/16

冒頭「人は死ぬんです。」だと  カルト・宗教・犯罪

今日午後2時からの、読売テレビ系列『ミヤネ屋』に出ました。
いつも、後になってしまい申し訳ないです。

私、オウム事件については専ら信者対応をしている立場であり、被害者参加人の代理人とか特別傍聴なりをするわけにはやはり行かないので、時間に自由がありました。

今回の裁判は、「アレフ」と名称を変えた教団が、分流の「ひかりの輪」とともに残存し、オウム集団と事件の本質を知らない若者を中心に、ポチポチと入信者がいる現今の中で、今回の裁判は、実態を改めて知っていってもらうことに、大いに意義があるので、メディア対応もしています。

で、何に驚いたって、午後行われた弁護人の冒頭陳述が『人は死ぬんです』から始まったということです。

報道では、下記の纏められている。それ自体は背景として、また事件の実態からして、弁護人として主張すること何らおかしくないんです。
**********
弁側側は「麻原に対する帰依は絶対で、信者は背けば地獄に落ちると信じていた」と、オウムの教義などの説明に1時間以上をさいた上で、地下鉄サリン事件については、「高橋さんは茶褐色の液体を見たが、それが何かは誰からも説明を受けていない」などと主張しました。
**********

そして、まずは衝撃的な言い方をして印象に残そうとしたのだろうけれど、『人は死ぬんです』から始めるなど、失礼至極だろうが。配慮がなさすぎるだろうが、被害者、遺族を悲しめるだろうが、と。

「人は死ぬ、必ず死ぬ、絶対死ぬ、死は避けられない」は教祖麻原が延々と言い、道場に流れていたいわば脅迫文言です。信者弁護士ではないはずなのに、なんなんだかぁ。
6

2015/1/15

色々な人−さかはらあつし氏  カルト・宗教・犯罪

http://www.hochi.co.jp/topics/20150113-OHT1T50144.html
上記は、「サリン被害者が監督!オウム映画、2月中旬クランクインへ」という
2015年1月14日スポーツ報知の記事

http://www.bengo4.com/topics/2548/
上記は「地下鉄サリン被害者が「オウム」のドキュメンタリー映画を制作 「教団幹部」に密着」という弁護士ドットコムの記事。

https://motion-gallery.net/projects/ichimainoshashin
上記は、監督との「さかはらあつし」氏のカンパ募集、趣旨のサイト


「地下鉄サリン事件の被害者である私(さかはらあつし)が、事件発生から20年となる今年、地下鉄サリン事件の加害者であるオウム真理教(現・アレフ)で現在も広報部長を務めている荒木浩氏に密着し、カメラのレンズを通してオウム真理教の真実に迫る、という内容です。なぜこのタイトルなのかは、映画の中で明らかになります。サリンを吸った私でなければ撮れない映画です。

まずこの映画を私がなぜ撮るのか、説明しなければなりません。

1995年3月20日、当時会社員だった私は地下鉄日比谷線でサリンの撒かれた車両に乗り合わせました。サリンを吸ったことで後遺症を抱えることとなり、務めていた会社を辞めました。私の後遺症は記憶違いがなければ、生きている人の中では二番目に重篤だということです。それ以来、手足がしびれ、睡眠障害、体力不足と闘う毎日です。」で始まる。


ああ「サリンとおはぎ」という本を書いた人なんだ。
下記に紹介されている。
http://1000ya.isis.ne.jp/1484.html
アマゾンでは下記。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%8E-~%E6%89%89%E3%81%AF%E9%96%8B%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%8F%A9%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8D-%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AF%E3%82%89-%E3%81%82%E3%81%A4%E3%81%97/dp/4062160315/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1421301327&sr=1-1&keywords=%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%8E

世の中には色々な人がいるから、不思議ではない。「サリンとおはぎ」を読んで、危ないなとも思っていた方。まあ出来上がってみないと批判はできないものだが、一言だけ。

アレフもひかりの輪も、あまりに欺瞞的であることを知ってくださいね、そして自らの発想自体に疑問も持ってね、と。


そのアレフは、人を勧誘するに当たり、信頼関係が確立した後にオウムと分かるようにして、しかし「1−事件はでっち上げ」として勧誘している。ついで「2−尊師は関係がない、弟子が暴走した、スパイもいた」とかいう。やがて、神秘体験などで感染にはまってきた中で「3−あれはポアとして有効だった、尊師には深いお考えがある」と言うように進んでいく。その大幹部が荒木君さ。

監督さん、そんなふざけたことをしているアレフの大幹部に密着するというのだから、まずそんな勧誘方法の問題点を深く指摘しなければならないよ、と。それから重要なことは、荒木君も体験した薬物のイニシエーションはどんな感覚だったのか、今は良いことと思っているのか、そしてその体験を教団の一員としてどうとらえているのか、とか聞かないと。

ああ、ひかりの輪については、これを率いている上祐こそがこの荒木君を取り立ててきて、結局、後にアレフの大幹部とさせてしまった人。また大幹部で事件内容も知っていた上祐が、イケシャアシャアと「宗教事業」ができる立場なのか、とね。盗人ずうずうしいというものだと。一人で汗と涙を流してみる気もないのか、と。

通例の感覚を全て忘れてしまうと、映画「A」につき、オウム教団から撮影の便宜を図ってもらうだけでなく、「映画A推進委員会」とか作ってもらい上映に協力してもらいながら、イケシャアシャアとしていられる森達也氏と同じ類になってしまうよ、と。 麻原弁護団のいう「弟子の暴走」に賛同しながら、教祖につき弁護団のいう無罪主張をしているのではないと言うなど、自己撞着、自己矛盾の平気な森達也氏と同じになってしまうよ、と。

もちろん、現役幹部の荒木君に密着してつくっていけば、問題の本質が描けると考えること自体が安易だ、と。

ああ、(下記は2015.2.5追加訂正)
1−自らの紹介で『私の後遺症は記憶違いがなければ、生きている人の中では二番目に重篤だということです。』はいかんです。
 謝罪して、訂正しないといけないです。被害なぞ受けなかったほうが良いのはもちろんですが、「記憶違いがなければ」という無責任が書き方をしているが、もちろん間違いです。

2−高橋克也被告の裁判を傍聴するに当たっては、居眠りしないでください。係官から注意されるなど、恥ずかしいとわかってください。

3−サイトを見ると、オスカー賞とかアカデミー賞とか、誇大妄想ではないか、と気になります。

4−本を書いたり、映画を作ろうとしたり、それは生きているからであり、まさに幸いでした。
5

2015/1/14

アレフの綱領など  カルト・宗教・犯罪

アレフやその広報部の現在のホームページを見ても、下記のとおりであり、名称を変更した時の「綱領」「規約」「活動規定」が出ていません。
http://www.aleph.to/
http://info.aleph.to/index.html

 アレフへの名称変更は、麻原教祖からの獄中説法により指示され、また、アレフは、団体としては、法的には宗教団体オウム真理教から継続しているものであると主張しています。
 それにもかかわらず、そのホームページに、もともとの「綱領」「規約」「活動規定」を出さないというのはどうしたことか。実に欺瞞的です。

 これを、持っていないメディアもいるようであり、こんな不誠実な態度であることが広く知られているのものでもないので、下記のとおりPDFにて掲示します。
「綱領」
atj.txt
「活動規定」
atk.txt

「規約」はなぜかアップできない。なんでだろう。おって。ついでに、被害対策弁護団が、1990.11.1に発行した「狂気の宗教」もPDFで掲示したかったが、これは重すぎたみたい。おって。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ