2014/12/30

本−仮想儀礼  カルト・宗教・犯罪

http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%84%80%E7%A4%BC%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%AF%A0%E7%94%B0-%E7%AF%80%E5%AD%90/dp/4101484163

上記に紹介の、篠田節子「仮想儀礼」、いいですね。
−儲けのために新宗教を始める男性2人なんだが、その中のエピソードや、手法など、かなり取材をしているな、と思います。オウム真理教、統一教会、エホバの証人、自己啓発セミナー、創価学会、ヤマギシズムとかの情報を相当に得て書かれている。
−「弥勒」や「聖域」という本も書いている著者だからこそ、仏教的な所の書き方なども優れていて、いいですね。

−現実との決定的な違いは下記です。

1つは、本物の破壊的カルトの場合は、代表らは、この男性2人のように儲けを考えるにしても「善良」な人ではなく、人格障害というべきであり、反社会性、妄想性、演技性人格障害の面が強く、方向性は大いに違うものだと。

1つは、確かに、問題ある背景ある人がメンバーになっていく事実もあるのだけれど(実に悲しい辛い背景ある人もいます)、本物の破壊的カルトでは、8−9割はごく普通の人がはめられていくのだということです。

その点が誤解されると大いに困るものだな、と考えます。


ビートたけしの「教祖誕生」という本・映画も面白いのだけれど、同様な感じです。「仮想儀礼」は教祖誕生よりも、より取材を重ねまた現代化したものという感じ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E7%A5%96%E8%AA%95%E7%94%9F

興味深く、そして入る人の心情などが相応に分かるものでもあるので、お勧めです。
4

2014/12/30

備忘録−三女と野田ブログ抄本  カルト・宗教・犯罪

以下、情報部分を備忘録までに

麻原三女−訴訟3つと日弁連へ、と野田ブログでの反応

野田君の「つっこみ所」は、私も同意です。

******
三女ブログ
http://blog.asahara-kousoshin.info/
人権救済の申立を行いました
2014.12.23 Tuesday
---公安調査庁の「認定」について2014年12月19日、日弁連に対して人権救済の申立を行いました。なお、以前にもご報告したとおり、12月9日には、
1 公安調査庁に対し、わたしに対する「幹部」認定の処分の取り消しと名誉毀損の損害賠償請求
2 11月8日付けの産経新聞の一面で、わたしが「実質幹部」であるとの断定的な表現をして報道したことに対する損害賠償請求
3 任意団体アレフに対し、構成員の不法行為の監督責任について損害賠償請求
の三件の訴訟を提起し、司法記者会にも訴訟を提起した旨を伝えましたが、Aの産経新聞に対する訴訟、Bアレフに対する訴訟はどこのマスコミも報道はしてくれませんでした。
投稿者:三女
******
******
野田ブログ
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1093.html
 件(くだん)の提訴内容3なんだけど、マスコミの人から聞くところによれば、どうも二宮君の書き込みが問題らしい。その内容は、拙ブログでもここで一部掲載されてる。要するに、教団内掲示板において二宮君が投稿した内容を問題視している。
「長男は悪魔に取りつかれている」「三女は気が狂っている」「三女の指示や三女へのお伺いなしに教団が動いた事は無く、必ず三女を通す仕組みになっていた」
 上記のような記述が不法行為(みたい)で、それを放置したアレフ(共同幹事)宛の提訴になっている。この辺のところ、なんで二宮君自体を被告にしていないのかがよくわからないんだけど。
 で、小生からの突っ込みどころは、以下の2点。
A、そもそもどうやってこれらの情報を手に入れたのか?
(内部向けという掲示板、その存在の認識)
 一応その一部は拙ブログにも載っているけど、まさか「野田ブログ記載」とか言うんじゃないでしょうね?そうではない、というのなら、内部エージェントとのやりとりを認めることにならないか?
B、1.2の訴訟内容において、「役員ではない」「教団とは関係ない」というのなら、なぜ二宮君から魔境扱い、キチガイ扱いされたことを問題視するのか?
オウム・アレフは、教団と関係なくなった人間は、「下向した」と烙印を押される。如何にも「地獄に至る救済されなかった故人」みたいな扱いをする。----

 そもそも、この問題も、誰が魔境扱いしてるか、だよね?二宮君でしょ?10年前の分裂騒動の時に、その場しのぎでコロコロコロコロ自分の立場変えてた二宮君でしょ?(革命か戦争か、5章6章参照)ママとあっちゃんに不満があっても、会議で直接言えなくて、「俺もう修行も何も分からなくなってきたよ」とかヘロヘロになって、仕方なくあっちゃんにフォローされた二宮君でしょ?(革命か戦争か、77p参照)強制捜査の時は、「マイトリーパベビーシッター」の派遣法か何かのものすごい微罪で逮捕されただけなのに、起訴されないで出てきたら、「しばらく実家に帰っていた方がいいんじゃないか…」って弱気になって、マイさんに引き止められてた二宮君でしょ? その逮捕されてる間、メロメロになって喋りまくってた弁解に、「薬物を食事に入れられたんじゃないか」って言った二宮君だよね?(95年6月頃の教団誌参照)有り得ないよね〜、たかだか派遣法か何かの微罪で薬物混ぜて吐かせるなんて。
 その場しのぎの責任転嫁は、いつもの話じゃん。串刺し事件にしろ、除名師暴行事件にしろ、もうどっちが悪魔なんだって話で。荒木君他、下の幹部連中も取り繕うの大変だねぇ〜、ホント、お疲れ様。-----
********
5

2014/12/22

備忘録−ケロヨンクラブと三女さん  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに、

ケロヨンクラブ事件
北沢さん、病気で裁判休止になった期間が長くずいぶん伸びたが、ついに確定。体は大丈夫かな。
ケロヨンクラブでは、アッという間に2人も死んでしまった。代表の北沢さんの言い方は、麻原さんが胸の中にいるだったかな。子どもの居る女性信者らを集め、その生活保護費を集めて団体維持に充てるという分派。子どもに酒を飲まして転がしたりのイニシエーション、竹刀で何万回だったかな叩く修行などなど。小規模の分派は、一気に凝縮していく危険性がより高いという事例です。
******
2014.12.8 リーダーの有罪確定へ メンバー暴行死事件
 最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、オウム真理教分派グループ「ケロヨンクラブ」のメンバーに暴行をして死なせたとして傷害致死罪に問われたリーダー、北沢優子被告(50)の上告を棄却する決定をした。懲役8年とした1、2審判決が確定する。決定は8日付。
 1、2審判決によると、北沢被告は平成17年9月、部下に指示して東京都中野区のアパートで女性メンバー=当時(36)=を竹刀でたたき死亡させた。
 北沢被告は「指示をしていない」と無罪を主張したが、実行役の証言などから1、2審は「修行名目で多数回殴打するよう指示した」と認定した。
*********


三女さんのことは、ここの下記2014.11.12にも記載した。三女さん、自分が問われているんです。http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20141112/archive
****
備忘録
 麻原死刑囚の三女、アレフ「実質的な現職役員」とみて調査 公安調査庁、教団の観察処分更新請求へ
 同庁は、三女が面会時、刑事収容施設法が禁じる死刑囚らの間の書籍のやり取りを仲介していたとみて事態を重視。さらに、立ち入り検査などの情報収集の結果、三女がアレフと密接な関係にあるだけでなく、大きな影響力を持つとの見方を強めている。三女が要件に入れば、麻原死刑囚の子供としては初めてとなる。
 同庁によると、アレフは現在も、麻原死刑囚を絶対的帰依の対象とするなど反社会的体質を堅持。ひかりの輪は「脱麻原」をアピールしながらも、麻原死刑囚の修行を特徴づける儀式を実施するなど「麻原隠し」を行っているという。
 三女は自身のブログに教団とは一切関係ないと記載。アレフは産経新聞の取材に応じなかった。ひかりの輪は「オウム真理教の過ちに対する反省を深め、改革を進めてきた。当団体には麻原(死刑囚)の教義に従う者はいない」などとして観察処分の更新に異議を唱えている。
*****
 
4

2014/12/16

オウム問題−テレビ  カルト・宗教・犯罪

1−12月13日、下記番組に生で出ました。報告までに。
事前に書いておけばよかったかも。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shinsho/
テレビ東京12月13日昼11時30分〜
週刊ニュース新書−田勢康弘、繁田美貴
▽スクープ!オウム麻原“獄中指示”の全容
▽いまも引き継がれる指示とは…教団でいま何が
【ゲスト】滝本太郎(弁護士)

2−12月17日だったかな、
フジテレビ夕方のスーパーニュースかなあ
オウム絡みの報道があるかも。
http://www.fujitv.co.jp/supernews/index.html
1

2014/12/8

「選挙−保守と反動の戦い  憲法・社会・官僚・人権

クリックすると元のサイズで表示します

この流行語大賞、なんか左翼の陰謀だとかいう人がいるが、全く違う。サヨクというレッテル付なぞ大間違い。

すなわち、「集団的自衛権の行使を認めない」のは、
・これまでの自民党の政策でもあり、
・日米安全保障条約が日本に求めていることでもないのだから。

結局、今回の選挙は、「左翼の右翼」の戦いでも「保守と革新」の戦いでもなく、

「従前の保守・革新をあわせた保守主義」

「反動主義」の戦いなんだと。


12.10に特定秘密保護法が施行される。すでに安倍政権のやり方に支配されているNHK、遠慮している民放、ヨイショしている一部新聞、いったい日本社会はどうなっていくのか。「翼賛体制」をどこで止められるか、または止められないかが論点です。
4

2014/12/2

滝本太郎=NHKではブラックリスト  メディア・ネット

滝本太郎=NHKではブラックリスト

 昨日午後4時過ぎに、NHKのとある人から電話が来た。夜11時30分からのニュースウェブで、オウム真理教に対する観察処分請求があったので、教団の実態と観察処分について話してほしいので、急遽で申し訳ないが出られませんか、とのこと。

 私は、「都合つくからいいけれど、私はNHKでブラックリストではないかしら、行ってやはりキャンセルでは困るから」と申した。相手は、「えっ、今度の選挙に出るとか、表だって誰か支援しているとかありますか」というので、「いえそれはない、奇跡の詩人問題ってご存知ないかな、当時海老沢会長が(2014.12.8訂正−NHKが)国会質問まで受ける事態になったことなんだけれど、今の官房長官の菅さん(菅義偉)。だから上にまずは確認して見てください、可能ならばオウムのこと話せるし話したいから出るから」と説明した。で「そうでしたか確認してみます」と。
 で午後5時前にまた電話があって「すいません不勉強でした、結論から言うと、そのとおりで今回の依頼はなかったということにてお願いします」とのことでした。
 つまり、私はNHKでのブラックリスト。

 オウム集団のことなど私は広く説明したく、やはりNHKは広い視聴者層があるから言われれば出たいのだけれど、こんな実態です。こんなことで良いのかしら。

 もちろん私は、NHKを時に批判している。時には褒めもしているかと。是々非々です。このブログで「NHK」と検索すると、下記のとおり出るように。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%82m%82g%82j&inside=1&x=0&y=0
 これらは、当たり前のことだと思っている。これらで出演のブラックリストとするようでは、報道機関の名に値しない、まして公共放送。

(一方で、オウム問題で、NHKは、坂本事件の1989年11月以降の教団の成長に寄与してその後も総括していない中沢新一氏や、事件発覚後、教団の暗部はみせずにつまりは支援する映画「A」につき、教団から「映画A推進委員会」というダミー団体まで作ってもらえた森達也氏を使っていた。今も使っているのかな、やめたかな、ひどいものだ。)

 NHKが頑ななのは、このブログの前が開設される前「小うるさおじちゃん日記」であった当時の、奇跡の詩人問題なのだろう。
 すなわち、2002年4月28日『NHKスペシャル』で放送されたドキュメンタリー番組「奇跡の詩人 ?11歳 脳障害児のメッセージ?」については、徹底的には批判した。ウィキでは下記。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA

 私は、ネット上で広く深く批判されていた状況下で、自ら旗頭になってしまって、その先陣に立つこととなってしまった。で、NHKに内容証明郵便を出したり、渋谷のNHK前で「うちわ」を配ったり、実際、ドーマン法などの被害者の人らとともに、NHKの責任者らと面談に至るまでした。

 そして決定的にNHKとして決定的に感じただろうことが、冒頭に記載した通りの、菅議員の質問だったのだろう。当時権力者の(今も??)海老沢会長相手だった(が出てこず、専務理事の板谷駿一氏が出てきた、2014.12.8訂正)。菅議員は、後にNHK予算も管轄する総務大臣となり、今は内閣官房長官。もちろん菅議員のその後については私は何ら関係がないが、ともあれNHKとしては、とっかかりの滝本も嫌っただろうと。その問題が2002年中でした。

このことについて、石井謙一郎さんと共にまとめた本は下記
『異議あり! 「奇跡の詩人」』同時代社、2002年6月
http://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E8%AD%B0%E3%81%82%E3%82%8A-%E3%80%8C%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E8%A9%A9%E4%BA%BA%E3%80%8D-%E6%BB%9D%E6%9C%AC-%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4886834752

 NHKが、「奇跡の詩人問題」で強く批判されたこと、国会で質問までされたことは当たり前のことでもある。放送法に違反する疑義もあり、酷過ぎたから。その他の私の批判も決して誹謗中傷などではない。もとより現在の経営委員とか会長の批判も、すべきことはしてよいものです。
 菅議員がその後に総務大臣になったり、今内閣官房長官になったこと、そしてNHKの社会部、報道部らとして対応しにくいかもしれにいのは、私とはなんら関知しないことです。
 なお、このNHKの私ブラックリスト化は、自分としては当然だが、菅氏に伝えてもいない。NHK事態として判断してほしいから。

 ああ、以前も高齢者専用賃貸住宅の問題では、一応取材・報道があったけれど、受任していた担当弁護士の私への取材は無くなっていったな。裁判所が、経営会社に対する仮処分申立も認めたという実に珍しい事例だっだけれど、正面からの題材に使えなかったですね。担当記者の方が可哀想だった。悪いが私が受任弁護士だから、この題材を詳細に使うのは難しいかもよ、と言った記憶もあるが、やはりと。

 今もNHKは、私を使わない。オウム問題についてさえ、です。というか、オウム問題をよく取材している人は、滝本はつまりは局は使わない、ともう十分知っていよう。
 良い番組自体は作ってほしいから協力すべきところは協力しているんだけれど。

 実な失礼な話です。
 放送自体は、西田公昭先生が出られて7分くらいかな、話をしておられたからよかったけれど。
 ああ、昨日の電話の人が失礼だったというのではないのです。大変恐縮しておられた。NHKが、私をこんなことでブラックリストに入れているのが失礼だと。
7

2014/12/1

500円以下の還付について  憲法・社会・官僚・人権

 本日、とある役所から仕事の関係で「130円を還付するからこれこれ」と手紙が届いた。保険料の類につき、亡くなってなってしまったので払い過ぎだった計算になるということなんだろう。こういうこと、時にあるんですよね。60円の時もあったなあ。

・うーん、行政が課税間違いをしていて還付するときには、利息を付けて返すとか当たり前ではあるのだが、費用がばかにならない。
・ましてや、制度上、途中死亡などにより還付する場合に、費用が還付金を超えること明らかな場合、還付なんておかしいのではないか、と。費用に人件費も含めれば更に大変なことです。

「法治主義の厳守、行政の潔癖性・信頼性の確保のため」ということなんだろうけれど、なんとかならんのかなあ。

1−行政側の間違いによる還付であっても、500円以下の場合は、特に請求がない限り還付も、その通知もしないで良い。
2−まして、制度上還付する義務が生じるが、行政の間違いによるものでなく、かつ還付金額が500円以下の場合は、還付しない。
とかの法律を作ったら、いいのになあと考えます


そりゃ、払う側としては、実に少額でも返すのが当たり前、と言いたいだろう、とも思う。500円だって、と。

だが、例えば、税金の納税が遅れて延滞税などつく場合も、計算上1000円までは請求しないことになっているんです(昔は500円でした)。それから、本税が1万円を超えていないときはそもそも延滞税はつかなかったんじゃないかな、違うかな。さらに、税金関係などは端数処理において様々な所で「切り捨て」ということにて、納税者・納付者側に有利にされています。

ですから、逆に還付の場合も、1000円とかうーん500円以下であるならば、しないでいいではないか、と。

このたとえ少額でも還付するという現在の制度は(1円でもなのかしら、ああ細かく調べればあるのだろうが厄介)、行政の潔癖性・信頼性等を目指すあまり、「費用対効果」を考えておらず、行政費用を還付金額以上にはるかに多額をかけているだけであり、つまりは市民・国民の不利益になっている、と思うんです。

だから、上記のように、制度を改正すべきではなかろうか、と。

あのー、昔1年だけでしたが、県税事務所の仕事をしましてね、いろいろ実に勉強になりました。司法試験に受かるのが、1年遅れたのが人生にとっては結果論ですが良かったです。
 たしか当時10円だったなあ、当時手計算でして、私が計算を間違えてしまっていて還付する必要があった。正確に言うと、不動産の価値計算につき、単位額が決まっていない土地で、周辺の土地の値段をその面積で割って、当該地の面積を掛けて計算するのだが、単価が.9999円の端数となった場合これを切り捨てるべきだったが、もともとの設定単価は.9999円のときは切り上げた数値であることは明白だから、単純に掛けたのです。それは間違いだった。今はどうなっているのかなあ。でそれを還付する手続きをしたことがあります。
 切手を貼って通知を出した翌々日だったか、電話が来た。「あんた馬鹿か、切手代は自己負担じゃないんだろうが、あんたの人件費もある、この電話代もある」などと罵倒されました。その通りなんです、私の間違いで申し訳ありません、と繰り返すほか仕方がない。結局、受領してくれないので持って行って、お茶を出してもらった記憶もあるなあ、ああ、訪問までしたのは他のことでだったかなあ。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ