2014/11/26

中島みゆき=日本最良・最高・最大の宗教家、歌手  知識人の責任

これまだ書いてなかったです。

私が思う日本最良・最高・最大の宗教家、歌手=「中島みゆき」だと。

 「宗教」ってのは、会社や事業がまともなのとそうでないのがあるのと同様に、それ自体として、良いも悪いもない。「宗教」の定義って、いろいろ言う人がいるけれど、定義ってのは「あるべき」ものを表現するのではなく、「ある」ものを表現するものなんですから。

 と言うことで、ここでいう「日本最高の宗教家」というのは、「宗教のあるべき影響力をもっとも及ぼしている」という意味です。あるべき影響力というのは、私思うに「生きる力」を与えているという意味かな。

 「宗教家」っていうと、大きな団体の代表だったり、小難しい漢字やら経典やら、昔の外国語をひっぱり出してきて説明している人というように思っている人がいようが、そうではない、と。
 「宗教家」は、その教えと心情とを多くの人に、それも深く伝わるべく、様々な工夫をしてきた。辻説法、農業指導、社会改革、その時代としての医療行為、多くの歌などなど、です。小難しい話をしてきたのは、ごくごく一部の人のみで、それ自体で影響力などは余りなかったというべきでしょう。それらは、現代ではひどく分業化されてきているにすぎない。

 「生きる力」を、ここ数十年、もっとも多くの人に与えてきたのは、中島みゆきさんでしょう。彼女の歌で、いったい何人の命が救われただろうか。程度に拠ろうが、数十万人、数百万人、いや数千万人ではないでしょうかしら。
 だれかしっかり翻訳して、世界的なヒットとしていってほしいなあ。
 まあ、そんな言葉やら「日本最高の宗教家」なぞと言われてしまうと、中島さんにはご迷惑なんだろうけれど、書いてしまった。
 まあ単純に「最高の歌手」でいいのだろうけれど。


「ファイト♪」
−「いっそ流れ落ちてしまえば楽なのにねぇ♪」とかあたり、実に心に響きます。昔子どもから「なんで流れ落ちないの?」と素直に聞かれたときは参りました。だいたい出だしが「あたし中卒やから…」だがクレームもあり得ない歌詞です。

「糸」
−「夢追いかけ走ってころんだ日のあとのささくれ」「震えてーた風の中」とか、うーんすご過ぎる。

「空と君のあいだに」
−家族などの深い愛情、「君が笑ってくれるなら、ぼくは悪にでもなる」ってすごいです。これね、1994.5の発表でテレビ「家なき子」の主題歌だったんだけれど、カルト団体に家族が絡め取られたご家族のその気持ちに、まさにピッタリなんです。
 で、1995.3発覚のオウム事件にて、脱会者の集まり「カナリヤの会」のまあ主題歌みたいになりました。会の名前の由来は、「オウム」と似ているのと、童謡「かなりあ」の詩が会の趣旨にピッタリだからなのは確かなんだけれど。なお、その2月に300本ぐらい作った「自殺虐殺防止用テープ」には「生きるぞ、生きるぞ、生きるぞ」の後に、これらの歌を入れました。後になったが、ジャスラックに使用料金を払いました。

「誕生」
−これ、聞かせたい被告人とかかなりある。一般事件では弁護限りだから、そんなことをしていいとは思わないが、松本智津夫死刑囚には是非伝えたかった。殺した人も殺された人も、そして自分も彼も「めぐり逢う命」なんだな、と。
 その法廷で伝えたけれど、本人は知らないままかな。死刑囚の処遇ってもっともっと工夫すべきだと思うんだが。すなわち、下記の資料25−2に記載したけれど、まさに法廷で。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/shiryou24-.htm
 なお、その時、弁護人から異例の質問があり「ということは、一番最後の部分、生まれてくれてウエルカムということを伝えたいということですか。」と聞いてきた安田好弘弁護士は(その他批判したいところは多くあるけれど)、まあ大したものだと感じました。安田さんは死刑を止めたいという文脈だろうけれど、私は、縁あるものとして歌詞通りに「私、いつでもあなたに言う」うえで死刑執行を、という意味ですが。

「海よ」
−これ、東日本大震災の後に知ったのだが、なんと。と思いました。切ない思い、深いです。

「バクです」
−これ、何年前か新しい歌で、私は数か月前に知りました。うーん、すごい。これ「宗教家」としてあるべき姿をまさに描いた歌ではないか、と。長く実践し続けることができたら、それこそ聖人だと。

「時代」
−そして、やはりこれでしょう。普遍性がある歌です。

まあ、その他実にいろいろ、何がいいかなあ。
−先日、CD3枚をもらってしまった、わあい。知らない曲もまた多くある。運転の時ぐらいだけの時間だが、聞いていこうっと。
6

2014/11/23

11月24日は日比谷公会堂  憲法・社会・官僚・人権

以下、ご案内までに−どなた様も、どうぞご参加を。

全国から集まろう大集会
−11.24日比谷集会&パレードのチラシ
−安倍内閣の改憲暴走を許さない!九条の会集会&パレード−

日時−11月24日(月・休)
場所−日比谷公会堂

集会:13:00〜14:30 開場12:30(11:00より入場整理券配付)/パレード 15:00出発
入場無料・申込不要/手話あり/
主なプログラム
●よびかけ人あいさつ
●各地・各分野から「月間」の取り組み報告
●朗読劇「非戦を選ぶ演劇人の会」

主催−九条の会11・24集会&パレード運営委員会
Tel 03-3221-5075 
0

2014/11/22

11月22日カルト問題シンポ  カルト・宗教・犯罪

(下記集まりは180人程の人が集まり充実したものとなりました。)

11月22日シンポ
「カルト問題とマインド・コンロール論再考−今なお幻想の彼方へ惹かれる若者たち」


案内ポスターは、http://www.socialpsychology.jp/sympo/58/poster58.pdf

日時−11月22日(土) 午後1時30分〜4時30分
場所−フェリス女学院大学緑園キャンパス
−キダーホール

(横浜駅から相鉄線25分、最寄り駅「緑園都市」駅下車 徒歩5分)

講演
−西田公昭氏(立正大学) 「一般にも社会心理学者にも知って欲しいカルトとマインド・コントロールの知識」
−太刀掛俊之氏(岡山大学)「大学におけるカルト問題と予防教育の実践」
−紀藤正樹氏(リンク総合法律事務所)
「『マインド・コントロール』と『カルト』問題−免疫力のある社会に向けて−」
指定討論
− 安藤清志氏(東洋大学・指定討論者)
−渡辺浪二(フェリス女学院大学・司会)
参加費 当日受付、資料代500円(学生・障害者の方は無料です)
主催 日本社会心理学会・日本脱カルト協会(JSCPR)

 地下鉄サリン事件からすでに20年近い年月が経過し、カルト問題は終息し、過去の物語であるかのように感じられるかもしれません。
 しかし、それは誤りです。大学に入学する学生はサリン事件以後に誕生した時代になり、かつての事件は忘れ去られ、あろうことか今日においても、カルトという幻想の彼方に迷い込む若者がいるのです。メディアによって、オウム真理教の事件に関わった関係者の裁判が現実に進行していながら、この現実です。
 このような出来事に戸惑いと不安を感じますが、他にもオウム真理教や巨大なカルト集団のみならず、小規模な問題あるカルト的集団の世相を騒がす出来事は後を絶ちません。
 このような現代において、カルト問題とその解明に寄与してきたマインド・コントロール論を、改めて考えてみることは意味があるものと思います。カルト集団も変容してきていますが、一方のマインド・コントロール論も当初の概念からさらなる発展を遂げてきました。
 今回のシンポジウムは、社会心理学会と日本脱カルト協会の共催という初の試みです。その狙いは、学術的、理論的な枠組みにとらわれることなく、すぐれて社 会的事象である問題への関心を高め、その対策まで積極的に迫ることにあります。もちろん、学術的なマインド・コントロール論の発展と精緻化にも関心は向けられます。
2

2014/11/16

『忠臣蔵選挙』  憲法・社会・官僚・人権

『忠臣蔵−圧迫と偏狭、専制と隷従を承認するかどうかの選挙』だと思うなあ。

衆議院が解散される、12月14日選挙?だと。

安倍内閣、実にすごいことをしてきました。選挙後も安倍政権であれば、下記のようになりましょう。


1−国債を大量に発行し、それを日本銀行が買い取る部分を多くして、つまり「お札を刷るだけ」という禁じ手を取るばかりなんです。それは緊急事態のカンフル剤だったはずだが効果がない。
 選挙後も安倍政権であれば、この方策により中毒が深まって行き、間もなく国債の信用崩壊、ハイパーインフレかと。

2−色々な年金のために集めた大金を、株式投資に多く振り向けるようになり、ギャンブルを勝手に始めている。欠損を出して崩壊した企業年金も多くあるのに。
 選挙後も安倍政権であれば、これが続き、年金なぞますます益々信頼できようがなくなる。

3−少子化対策をすると言いながら、もっとも重要な原因である「若者の不安」の元凶である低賃金・非正規労働の範囲を広げるだけ、そして正社員には限度なき長時間労働をさせるだけです。
 選挙後も安倍政権であれば、労働者派遣法の改正が控えています。3年限りでなく一生非正規労働、正社員となれば過労に倒れれば使い捨て、となります。

4−法人、それも大企業への優遇税制は維持し、格差を拡大させる税制を拡大していくばかりです。消費税もまた然りで、延期しようと同じこと。

5−福島原発事件があり、あれほどの被害、それも今現在も続いているのに、原発再稼働への道を開き、かつそれを拡大させようとするばかり、
 選挙後も安倍政権が続けば、これが促進されていく。原発は、いったん事故あれば以上に深刻かつ広い被害を及ぼすだけでなく、既に経済的にも採算の合わないことが明らかになってきているのに、です。
 これは上記経済政策同様に、ルイ15世の愛妾が言ったという『我が亡き後に洪水よ来たれ』の発想であり、現在の富裕層の生活が維持できればよい、将来の国民も子供らの生活も安全性も知ったことではない、というものです。

6−欧米からまでの「これでは保守ではなく反動だ」という不安の声にもめげず、中国・韓国と対立を深めるばかりできて、実に偏狭です。最後にはちゃっかり尖閣諸島につき領土紛争があることを実質、認めてしまった。
 選挙後も安倍政権であれば、個人の尊重ではなく声高に『国』ばかりを言う無用な対立が深まることになります。

7−安保条約でさえ要請されていないのに、米国が戦争する時には、自衛隊も前線に派兵されることになります。
 安倍政権は、実に卑怯にも(日本男児にあるまじきこと)、閣議決定による『解釈改憲』により集団的自衛権の行使を認めたんですから。
 近代国家成立後、戦争はすべからく「自衛」の名のもとに始められています。まして「集団的自衛権の行使」ともなれば、限度なしになります。
 選挙後も安倍政権であれば、自衛隊法などが改正されて、憲法に違反した法律により、一路「親しい国の敵を自らの敵ともする」ことにより、海外派兵に進んでいきます。後に裁判所が「違憲だ」なぞと言っても間に合いません。

8−選挙後も安倍政権であれば、12月10日施行の特定秘密保護法に加え、捜査手法での司法取引、盗聴容認の拡大などにて、国民に「拠らしむべし、知らしむべからず」がより容易になり、まさに専制的政権となっていきます。

『圧迫と偏狭、専制と隷従を承認するかどうか』
が争点だと、私は思う。

12月14日、おおっ、赤穂浪士・忠臣蔵
−民主党とか、東京の泉岳寺で出陣式をすればいいのになあ。

4

2014/11/14

11.14大和で集会−50年前大和での墜落事件  憲法・社会・官僚・人権

(下記集まりは無事開催いたしました、ご遺族からのお話はとても重く心うつものでした。)

11月14日−舘野鉄工所に墜落50周年慰霊、市民の集い

1964.9.8の大和市への墜落事件
 この9月8日に新たな慰霊柱をたて、9月13日市民100人近くが集まり、上草柳コミュニティセンターにて慰霊集会をしました。現地道路際にて慰霊祭をしました。読経もいただきました。ご遺族の話が聞けて、あまりに悲惨な事故だったと現実に感じました。

 神奈川県内だけでも「憲法九条やまとの会」ができた2006年段階で、墜落62件、不時着54件だもの。1964年は4月に北隣の町田市市街に墜落し4人が死亡、31人が負傷、9月に市内舘野鉄工に墜落し5人が死亡、3人が重傷でした。今、著名なのは1977年9月の横浜市の住宅街に墜落し幼児2人と母親も亡くなった事件です。
 1964年の騒ぎは歳の自分も覚えているが、報道は10月10日開会のオリンピックに消されてしまった。9歳上の長兄が町田の墜落を見に行ったといっていた、すごかった怖かったといっていた。

この9.8の新しい慰霊柱記事は下記
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140706-00089964-kana-l14

町田市街への墜落に関する運動は下記
https://www.facebook.com/machidanobeigunkituirakujiken

大和米軍墜落事故は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

在日米軍墜落事故の一覧は
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

この11.14の集まりに、どうぞご参加くださいませ。
******
舘野鉄工所に墜落50周年慰霊、市民の集い−1964.9.8大和市に米軍機墜落5名死亡事故を風化させない−
・日時−11月14日(金)18時30分開演
・場所−大和生涯学習センター大ホール
・神田香織さん講談「悲しみの母子像」
http://www.city.yamato.lg.jp/web/content/000005677.pdf

場所は、大和駅下車北口から徒歩10分、大和市深見西1-3-17

主催−舘野鉄工所に墜落50周年慰霊実行委員会
共同代表
大波修二(厚木基地爆音防止期成同盟)、宮応勝幸(大和市平和委員会)、斎藤竜太(憲法9条やまとの会)、中村優子(大和の空を考える市民ネットワーク)
参加費−前売1000円、当日1300円、高校生以下500円
前売の問合せ−当法律事務所でも対応しまぁす。
*******
1

2014/11/12

三女さんへ  カルト・宗教・犯罪

三女さんへ

1−ご自身は今、下記ブログ「お父さん分かりますか?麻原彰晃の三女アーチャリーのブログ」を記載し、麻原さんや教団のことを書いている。
http://blog.asahara-kousoshin.info/l

2−その教団に関することとして、ご自身の弟である長男が、下記で私も書いた通り、教団相手に異様な訴訟を提起した。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20141025/archive

3−ご自身の教団への関与については、野田の下記ブログなどに、2003.6.2、上祐以外の幹部を秘密裡に集めたなど、多く書かれている。これら記載は公益目的に合致し公共的な事柄です。
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-1076.html

4−ご自身は、2004年3月入学させてもらえなかった和光大学相手に、教団とは関係ないなどと主張して慰謝料請求訴訟を提起し、判決により金30万円と遅延損害金を受領してもいる。
http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/2004/03/post.html

5−ご自身は、実名を記されたことなどから起こしたメディア相手の訴訟でも2009.3.4、教団とは関係がないなどと証言してきた。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20090304/archive
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-4549.html
なお、この三女の損害賠償請求はすべて棄却されている。
http://youzo.cocolog-nifty.com/data/2009/07/vs-2335.html

6−ご自身は、その他の場でも、同様に述べている。
http://greenolive.exblog.jp/4646666
月刊『創』2000年6月号

7−ご自身は、もとより今はもう大人


以上から、ご自身は、いくつも提起されている疑問点に答えないといけないです。
6

2014/11/11

裁判員裁判は争う事件のみに  カルト・宗教・犯罪

以下は、下記読売新聞記事の抄本

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141031-OYT1T50146.html
*****
遺体のイラスト、証拠採用せず…裁判員賛否両論
2014年10月31日
遺体のイラストを証拠採用しなかった傷害致死事件の裁判員裁判の判決が31日、東京地裁、被告に実刑 裁判員らの意見は「イラストはあった方が判断しやすかった」「見たら気分が悪くなったかも」などと賛否両論。 被告は今年1月、東京都中野区の自宅で、母親(当時64歳)の背中を複数回蹴るなどし、呼吸障害で死亡。懲役5年を求刑された被告に、懲役3年を言い渡した。 被告は当初から起訴事実を認め、犯行の悪質性が争点。検察側は、骨粗しょう症で痩せ細っていた母親を暴行した凄惨せいさんさを立証しようと、写真より裁判員の負担が少ないイラストを証拠請求 地裁はそれでもショックを与えかねないとして、別の方法での立証を求めた。
*****


そりゃないよぉぉぉ、と考えます。

 刑事裁判は、被害者側からいわば復讐権を国家が奪い取ったものであもあり、被害者側のことも十分に考慮した判決でなければならないものです。本件は息子の母に対する犯罪だから『復讐代わり』とは違うだろうけれど、こんなことであれば、赤の他人が被害を被った場合も、写真もイラストも証拠とできなくなってしまうではないか。

 「別の方法での立証」って、見聞した警察官や医師の証言とか、鑑定書での「背部に長さ**cm、深さ**cmの擦過傷、***の打撲傷、**の***、***の***、出血量推定**ml」とかでしかない。写真、それもカラー写真である場合とは余りに異なる。ましてイラストも採用されないようでは、「実態」の重さ反映していないではないか、と。

本末転倒になっていってしまう。

裁判員裁判は、争う事件だけに限定し、かつ「量刑」は裁判官に任せるべきです。その通りの法改正を強く望みます。
すでに2010.11.20、下記に書きもしました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20101120/archive

整理すると、
1−そうでないと、量刑判断において十分な証拠を使うことができず、不適正である。
2−そうでないと、既に判明しているように、量刑が類似事件、類似の被告人経歴であるのに大いに異なる事態が出てきており、不平等である。
3−既に対象事件が多くなり過ぎ、やたら裁判開始が遅くなってしまっており、きわめて深刻な事態である。
4−争う事件だけを対象とすることによって、重大事件ではないが市民感覚をもっと取り入れるべき事件−痴漢事件、名誉棄損事件、公務執行妨害事件など−をも、対象とする制度変更ができる。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ