2014/6/30

本末転倒‐日本での政治目的のための焼身自殺  憲法・社会・官僚・人権

本末転倒であり、強く非難すべきものと考えます。
日本での政治目的のための焼身自殺

以下、産経新聞記事の抄本

****
新宿南口で男性が焼身自殺図る 「集団的自衛権の行使容認に反対」演説後
29日午後2時10分ごろ、東京都新宿区西新宿の歩道橋上
男性がガソリンのようなものを頭からかぶり、自分で火
病院に搬送されたが、重傷

「ミロードデッキ」歩道橋
同日午後1時5分ごろ、現場周辺にいた男性警備員から110番通報
拡声器を使い、集団的自衛権の行使容認や、
安倍晋三首相の政策に反対する内容の演説

1時間以上にわたって手元の紙を読み上げた後、
ペットボトル内の液体を頭からかぶり、ライターで火
火は、駆けつけた消防隊員らに消し止め
*******

なんか別の報道から、50代の男性との模様。私の知り合いにも、この間の動きに大きな怒りをもち、絶望もしている感じの人がいる。

過去、日本でも、ベトナム戦争の時に、首相官邸前で、日本の実質後方支援に抗議し、焼身自殺した男性がいたと記憶。歴史の中の一つのエピソード記憶だが、若い人には知られていまい。

ベトナムでは、ベトナム戦争当時、実に多くの数十人になるかな僧侶が焼身自殺をしてきた。チベットでも、またウイグルでも、中国政府の弾圧に対して少なくない焼身自殺がある模様。

だが、この自らの命を懸けて訴える行為、焼身自殺という周囲に訴えやすいショッキングな方法にてなす行為は、本末転倒。訴えている内容が「命を守るために」なのに、自分の命とはいえ放棄してなす行為。

まして日本では、チラシ配り、デモ行進、国会議員への要請活動その他の様々な方法での、運動方法がある。報道をあまりしてくれないという問題はあっても、である。
それが希望通りの影響を与えていないからといって、文字通りの命を懸けて訴えるというのは、「目的のためには手段を選ばない」という発想。
こんな行為につき、理解する態度を示せば、続く人も現れてしまう。

(追加−まあ「フランシーヌの場合」という歌を、嫌いではない自分)

本末転倒であり、激しく非難すべきものと考えます。
死なせてはならない。
2

2014/6/24

大人になった子の親  日常のこと

大人になった子の親

うーん、今はそんな事件がないので、書きます。
離婚事件、これまで数百件扱い、相談もいれれば数千件にはなろう。

離婚事件を見るに、親の干渉が原因だよなあ、と思う事案がある。−それは、夫または妻または両方がひどい状況で、親として頼られざるを得ない事案ではなく、親の干渉が原因だよなあ、と思う事案です。

・結婚したのに、やたら親が来たりして、つまりは親が子離れしていないとか、
・実家で出産後、なぜかいつまでも帰らず、帰らないままとなったり
・財産家の親が高齢化してまた同居したいからか、小さな子供までいるのに離婚に向けた干渉を繰り返したり


−昔も確かに、嫁いびりみたいなのでの離婚があったが、今は経験しないなあ。実に減った感じです。なんか状況が違う。

この壮年・老年の親がいなければ、この夫婦は離婚にはならなかったんだろうな、子どもも片親にならなかったんだろうな、なんて思う事案がある。

そりゃ、本人らがしっかりと「新しい家庭」という自覚を持った大人で、夫婦間の成育歴の違いも克服して、自分で判断できればいいのだけれど、親の言うことをいつまでも聴いたりもする。また、そんな親が心配で、そもそも結婚に向けた気持ち、行動もとれないままの「大人となった子」も多いのではないか、と感じる。恋愛も自ら抑制し、結婚に向けた行動もとれないまま。

親の干渉は、少子化でより集中していこうし、子に比較してお金がまだあったりするから、限度がない。

だが、子どもが成人となれば、「追い出す」のが親の仕事だと思う。「居たい」と言っても追い出すべし。親は、子どもが結婚、ましてその子(つまり孫)もできているのであれば、なんとかその家庭を維持させたい、まして干渉して壊すようなことをしないのが、責任というものだと思う。若い人は現代では益々お金がないから余裕あればお金は出してやっても、口を出すべきものではない(ああ、宝くじ当たらないかなあ)。

ああ、それから少子化が進んでいるのに、「家の維持」のため「良い嫁」を欲しがったり、「婿取り」とか未だ考えている親も未だ居たりする、バカかと思う。墓とかも、まあ維持してくれればラッキーと考えるべし。多くの子を成しているのでもないのに維持できる訳がないではないか。そもそも先祖代々の墓なぞ、よほどの名家でなければ江戸時代後期以降の200年程度の風習でしかないし、「名家」であってもそんなのは無常。そもそも300年前の祖先は、25年世代計算で、4096人いるのだ。

そんな親は、子の幸せを真実は望んでおらず、また次世代に対して無責任に過ぎると評価すべきではなかろうか。
5

2014/6/21

読売新聞−読むべきは  憲法・社会・官僚・人権

読むべきは、読売新聞なんです。

決して、東京新聞や朝日新聞、まして赤旗とかではなく。


9条改憲を止めたかったり、解釈改憲を止めたかったら。

原発継続を止めたかったら。


改憲を止めたい人、原発を継続させたくない人は

それは、朝日新聞などばかり読んでいた方が心持が好いだろう。


しかし、世論、時に衆愚政治の危険なところを知るべく、

運動で、突き詰めるツボを知るべく

読売新聞を読むべきなのです。




親戚の人が突如なくなってしまったという連絡あり

私より若い、突然の病気、なんということか。
3

2014/6/20

常識・理念というもの  日常のこと

誰しも、若い頃から「常識とはなんぞや」「これは常識かどちらか」なぞと、考えるのでしょうし、自分は、弁護士としての仕事上、実にいろいろな人に会うことから、考えさせられもしてきた。まして、まあカルト問題でのカウンセリングをしていく中で、つくづく「常識とは何ぞや」と考えさせられました。

で、以下、箇条書きにて。

1−「結婚は愛情をはぐくんだうえでなすもの」
これまあ、昭和30年代生まれ私としては若いうち当然だと思ってきた。で、昔の見合い結婚とか、なんかなあなどと思ってもきた。

だが長じて、また、弁護士の仕事についてみれば、
・結婚前に仲良かった男女が、アッという間に愛憎の離婚騒動、などやたら見たり
・外国女性の離婚で、生活の安定のために結婚したのにと堂々と言われたり
・やたら長い家庭内別居夫婦も多く見たり
にて、まあ

「結婚は、その後愛情を長期間はぐくめそうな人となすべきもの」

と自分の常識を変えてみたりした。
だが
「結婚は経済的、精神的な安定を図るためにするもので、そんな人とすべきもの」
というのが、むしろ一般的なのかなあ。

2−「悪いことや過ちをしたら謝るべきもの」
これ、日本の常識であり、教育でも強調されていること。良いことなんだろう。けれど、外国人被疑者の事件ではそんな感覚はとんとなく、証拠十分なのにやたら否定し、そして実際不起訴になったりするから本人のメリットになったりしている。実際、所によっては交通事故なぞ先に謝った方が負けでもあり、日本でもそんな感じの人が多くなってきた感じ。

うーん、でもなあ、これはこのまま常識でありたいな、と思う。弁護人が内々には説得してる事案でも、否定しつくすことから実刑になることもあるのが日本です。

で、どんな常識がいいのかな。ちなみに「謝れば済む、暴言なぞも撤回すれば済む」なぞと思っている権力者もいたりするから困る。権力者であろうとも、謝っただけで済ませないことが大切なんだがな。

3−「人、特に友人や親しい人は良い人であることを前提に付き合うべきもの」
まあ性善説というものなのでしょう。これは
「人、それが友人でも親しい人でも、そして良い人が良いことと思っての誘いであっても、悪い誘いがあることを前提に付き合うべきもの」

と変えるべきでしょう。

このことは、大学のカルト問題対応のオリエンテーションで、若い人に実際、言ってもいる。「世間智がない」のが、若い人、社会経験の少ない人、温室で育ってきた人の特徴であり素直でいいのだけれど、「世の中にはワルがいる」「良い人も悪いことをする」ということを知らないまま大人になってくると危なさすぎる、と。

ああ、一般事件でも、簡単に悪徳商法に引っかかる人それも何度もひっかる人がいて、何とかならないかなあ、と思う。
 親しかろうと、断る勇気、そんなことを言うなら縁を切る勇気を持ってほしいものです。

4−「正義は貫かれるべきもの、人の世は正義を求める戦いである」
これ、正義感の強い若い人のみならず、教員など公務員を長くしてきたり来た人も少なくなく持っている感覚ですね。社会運動をしている人にも多くみられる常識。

だが、違う、知るべき大切なことは、下記だと思う。

「人の世は、つまりはさまざまな力関係で動いている。『正義』を言うことはあっても、それは力を増す助けになるという効果でしかない。そして『正義』は、人と課題によって違うことがあり、『正義』の名によってこそ多くの悲劇が生まれてきたことを忘れてはならない」
5

2014/6/18

明治大学  グーグル  憲法・社会・官僚・人権

明治大学、グーグル

1−東京新聞 6月17日 朝刊抄本
*********
 日本ジャーナリスト会議(JCJ)とマスコミ九条の会が十九日に開く平和をテーマにした集会が、会場の明治大に開催一週間前になって利用を断られ、急きょ文京区民センターに変更
 大学側は「学生の安全を第一に考えた」と
 「安倍政治と平和・原発・基地を考える緊急集会」で、ジャーナリストの青木理さんや金子勝慶応義塾大教授らが登壇し、集団的自衛権などを通して平和を考える。学内開催を呼びかける告知
 今回、大学は開催一週間前の十二日、利用申請書と主催団体の会員名簿、集会内容の詳細の提出を教員に求めた。「会員名簿は個人情報」と断ると、利用が認められなくなった。
 大学−今月上旬、学内で会場利用の手続きを厳格化。五月に学外の団体が村山富市元首相の講演会を開いた際、約十台の街宣車が大学周辺を回ったり、出来事が続いた
*******


明治大学、何をやってるんだよ、まったく「大学」の名に値しないです、これでは。
街宣車多数の妨害とかに、なんとも簡単に屈するのね。
この問題につき、逆の意見の方の集まりであっても、大学たるものもちろん会場を貸すべし。

下記は明治大学について
http://www.meiji.ac.jp/koho/information/mission/mission.html
********
・建学の精神
 個人の権利を確立し、自由な社会を実現するために、フランス法学を教授する明治法律学校として、1881(明治14)年に創立
 「権利自由、独立自治」は、個人の権利や自由を認め、学問の独立を基礎として自律の精神を養うという理念を広く普及させること。
・本学の使命
 社会や組織の中にあっても、世界を見据えて自らの使命,役割を自覚し、他者との「連携・共生」をはかりつつも、「個」として光り輝く人材**時代の変化や社会の要請を先取りし、未来に羽ばたく優れた人材を育成するため、そして新しい時代にふさわしい価値を見出し、世界に向けて発信**世界に開かれた大学を目指
********



2−で、「明治大学」でググってもこのニュースが、なかなか出てこない。

その他の大学でググっても、ニュースとかではなく、なんかその部活動とかが、やたら多く出てくる。アクセス数が多いものが優先してくるのが検索というものだと思っていたが、そうではないのか。

なんかなあ、グーグルもおかしくなっているのではないか、と心配。
5

2014/6/17

宗教趣味者  カルト・宗教・犯罪

まあ、世の中いろいろな方がおられるんです。
以前、1度、いや2度お会いしたかな(Abel)さん。

本職で実に忙しいはずなのに、様々な新宗教に顔を出されて、そしてエネルギッシュに、下記の自らの掲示板などにやたら、様々な名前で書きこんでおられる。その中には私を示す「友北」も時にある。過去、捕田友北とかが、あったかな。

http://honfleur.sakura.ne.jp/bbs/bbs3/nerimb3.cgi

今回「友北」という書き込みがある。長く見ている人は「ああ、アベルさんがまた自作自演しているのね」「誰かが偽りの友北としているのだろう」と分かるだろうが、ちょっと見にはわからず、また誤解を広く与えてしまう場合もあろう。

(追加−と書いたら、同掲示板でアベルさんが自分ではないと記載してますね、決めつけのような文章を書いてしまい、申し訳ないです。ここにお詫びします。削除線を引き、青文字を追加して訂正もしました。アベルさん、その「友北」は私ではないところ、リモートホスト晒しとかして、止めて下さらないでしょうか、お願いします。)

オウムがらみでは、公安警察も公安調査庁も、もちろんアレフ、ひかりの輪とも、アベルさんのこと驚きだったでしょうね。私も驚き。

で、どなたか様
「友北」は私がネット上などで広く使っているペンネームです。そして、上記掲示板の中の「友北」は、私の書き込みのごとく記載されています。
しかし、私はこの書き込みをしていません。一応私文書偽造罪になるのかなあ、いや「文書」ではないから、そうでもないか。電磁的云々になるのかどうか。まあ何にしても、民事的には違法ですょ。やめて下さいませ。

*******
Message#52019 2014年6月14日(土)01時15分
From: 友北

Message#52029 2014年6月17日(火)02時15分
From: 友北
*******

アベルさんは、宗教趣味者のこの頃はいかがですか。というだけでなく、「相手にされたい症候群=構ってちゃん」になってしまわれたのかなあ。
3

2014/6/12

生きていくということは  日常のこと

まああの、

「生きて行くということは、恥も重ねていくということさ」

なんて、若く真面目な人に言いたくなる。

「馬齢」という言葉の意味でもあるのかな。

生きてくるのが長くなると

天に向かって、何も恥ずかしいことはなかったとか、

人を傷つけたり、少しの罪も犯して来なかったとか、

言える人はいまい。

だが、真面目な人は、少しの挫折や恥ずかしいことで

やたらマイナス思考になってしまわれている。

若い内はなおさら、大きなことだと捉えてしまいやすい。

なににせよ「生きていればこそ」なんだがな。

もちろん、楽しみも悲しみ、苦しみもあり、

それでも生きていればこそ、ですもん。

雨で鬱々としますが、まあボチボチと。


5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ