2014/3/30

父子鑑定、嫡出子推定のこと  憲法・社会・官僚・人権

丁度今はその類の事件がないから書きます。

具体的な事件扱いとは何ら関係がなく、長年感じていることとして、うーん、
1−子が生まれてすぐに妻が子を連れて別居やら離婚の事件とか
2−妻が浮気しての離婚事件での、少し前に生まれた幼児がいる場合とか、はもちろん
3−子が小さなうちに、妻がはっきりした理由なく離婚を求める事件
にあっては、離婚交渉の過程で、必ずや男の方は親子鑑定を求めた方が良いと思うなあ。


弁護士として、女性側であればわざわざ言わないが、男性側なのに求めるかどうか打ち合わせしておかなければ、今の時代、後に弁護過誤と言われてしまう可能性があるのではないか、とまで思う。

だって、このような時、夫以外の子どもの場合が、一般に比べて数倍つまりうーん何%かな高い数値になっていると考えられます。そして、DNAでの父子鑑定は実に安く簡易・確実になっている。調停になってなくとも両者または片方に弁護士がつけば調整可能でしょうし、鑑定業者は全員が了解・立会ならば弁護士関与がなくてもやってくれるでしょう。

実際、乳児のうちに離婚する事案で、疑問が一応あった事案で実施して、夫の子であることが確定して安心して養育費を払い続けたこともある。まあそれを疑ったことから慰謝料というか解決金を少し増額したけれど、納得の問題です。

ああ、子が小さなうちに離婚してだいぶ経ってから父子関係に疑問を持って、改めて確認したいという相談も時にあり、元妻側と折衝したりすることもあります。養育費を払っており子が小さければ話を持って行きやすいが、まあそうでなくとも弁護士として対応するものではあります。養育費支払いを続けるか否かそしていつかの相続の際のために、何より納得のために、しておいた方が良いなあと思います。

その関係でああ、民法の「嫡出子推定規定」というあれ、それから女性の6ヶ月間の待婚期間というあれ、あまりに実態と反しているから削除すべきだ、と強く思います。(特に離婚後300日の嫡出子推定とか、バカかと思う。今の時代、弱い女性が妊娠中なのに離婚させられて離婚後出産なんていう事態よりも、戸籍上の離婚後300日以内に別の男性(後の夫とか)の子を生む事態の方がはるかに多いではないか、と。争いがないのにいったん前夫の子として記載されるのであり、不可思議です。あれはDNA鑑定がなかった時代の規定なのだと)

なお、母と結婚していても、父は当然にではなくすべて「認知」して初めて父になる、という制度設計もありましょうが、それはフランスのような事実婚の方が多いのではないのだから、まだやり過ぎでしょう。例えば、出産時に妻から生まれた子どもは、戸籍上父の子とはするが、しかしいつでも父子関係否認の訴えをできる(ただし父子でなかったとしても従前費用の返還は請求できないとでも)としないと、既に時代に合わないのではないか、と思う。こう改正するとき、遡及適用するのか、するならどこまで遡及させるか、母自体は自業自得だけれど、混乱が起きることは間違いがなく、難しいが。
3

2014/3/26

在特会対応と警察の動き  カルト・宗教・犯罪

在特会対応と警察の動き

なんか昨3月25日、横浜の桜木町で「在特会」の低劣なデモがあり、西洋人男性一人が、差別だっ、として抗議したところ、唾を吐いたとか吐かなかったとかで逮捕され、深夜ようやく釈放された模様

デモの内容は、下記のところで自分らでアップしているそれ以前のようなものかと。差別扇動、憎悪拡大のためのものと言う外ない。
http://www.nicozon.net/tag/%E5%9C%A8%E7%89%B9%E4%BC%9A

なんともはや。
1−公安警察は、こんな差別のためのデモにつき、しっかり事態を見極めてほしいです。
2−国会は、こんなヘイトスピーチにつき、名誉毀損罪類似の犯罪類型をしっかり作ってほしいです。


後者については、既に下記ブログに記載してあります。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20131008/archive
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20130404/archive

このような対策を取らず、日本国とした放置したままであると、
1−条約違反のみならず、今回の西洋人?逮捕などが国連その他にも知られ、日本の評判がますます悪くなるのではないか。

2−なんかなあ、在特会が、「在日韓国・朝鮮人の法的地位」の歴史的経緯を知らずまたは無視して主張している事柄、さらに嘘偽りの事柄が「嘘も100回言えば本当になる」になって日本の多くの人が誤解し、それが日本の政治を動かすこととなり、ますます孤立してしまうではないか。

3−韓国らからの不当な請求があっても理のある対応ができようもなくなり、さらに今後、仮に中国らが尖閣諸島を占領したりした時に、大きく抗議したくとも、こんな在特会と同じように思われたくなく、動けないではないか、と。

(既に北朝鮮政府の日本人拉致に対する運動や、フリーチベット運動の主張において、こんなヘイトスピーチ、レイシズムと一緒と思われたくなく、障害になってる感じです)


以下は、推薦本、しっかり調べてよく書かれています。
「在日特権」の虚構 : ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ
野間易通著、河出書房新社 (2013/11/21)

ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
有田芳生著 岩波書店 (2013/9/28)


それにしても、「在特会」に参加したり、いわゆるネトウヨとしてしょもないことを書き込んでいる方々、言動を起こすのならば責任が生じるのです。まともに勉強してほしいです。(だいたい生活保護や年金制度が「日本国民のためのもの」と思っているだけで基本的な間違い、外国籍の人も日本にいれば、まして仕事をしていれば税金を支払うのと同様に様々な権利義務があるのです)果ては、誰でも彼でも「在日だっ」とか「認定」して分かった気になっているなぞ、思考の省略が過ぎます。
6

2014/3/25

これも詐欺の類  日常のこと

********
送信者
全国通信被害対策弁護団

件名
【財産差し押さえの危機にある貴方様を救うためにご連絡をしています!大至急、メールをご確認下さい。非常に危険な状況です。】57129792

内容
メール閲覧・送信無料
http://whxxpb7b.a******sia/member/pp.do?pp=3KQMxkSmzSzI1kAwe7B5*********YQ==&url=messageReply&message_id=157918872
貴方様の個人情報が悪用されてしまっています。
今、貴方様に《355万円》の債務が生じており、このままでは何もしなければ【財産差し押さえ】を受けてしまうという大変危険な状況です。
この危機的状況から貴方様をお救いする為、ご連絡しております。
調査結果を下記メールから確認し、ご返事を下さい。
Domain
*************


 こういうメールが来る、なんとも。間違ってもクリック反応しないように下記は*****を入れておきました。ああ「弁護団事件」とか私も幾つかしているけれど、必ずや代表弁護士名、法律事務所住所、電話を明確に記載してあるものです。まして、弁護士側から連絡することはあり得ないものです。
 つまり、上記のメールとかも詐欺ですから、レスなりクリックなりしないようにしましょう。その外、「NHKの紹介で弁護団を組みました」とかり電話が来ることもあるようですね。気をつけましょう。
 まあ、ここのブログを見る方で騙される方はまずいないのだろうけれど。

 ああ、パチンコ必勝法詐欺の被害者で、なんとかしようと相談を受けていたら、ロト6の勝利法は本物だ、とそちらもつぎ込んでいて、最後まで分かってくれない人がいたなあ。今はどうしているかな。
 騙されやすい人とそうでない人、何が違うのだろうか。
3

2014/3/22

オウム真理教を笑い飛ばしもする感覚の大切さ。  カルト・宗教・犯罪

ジャパンタイムズに「オウマー」のことが出ているんですね。
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/03/20/national/aum-cultists-inspire-a-new-generation-of-admirers/#.UyuCIdHNvIU

表題は、下記
Aum cultists inspire a new generation of admirers
-Good looks and commitment to a cause attract sympathetic 'Aumers'


うーん、英語がペラペラだと良かったのになあ。読むにしても直ちには分からないところが少なくない。以前、少し努力したけれど、どうにも続かず、駄目じゃなあ。

 私の所にも取材に来てほしかったなあ。オウマーと比較的付き合いが深いのは私だしなあ。なお、オウマーが書き込んでいるサイトをしっかり紹介していてくれるのが、下記の西村さんリンク集です。
 http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/


1−オウム真理教事件には、集団のあほらし過ぎる実態も実に多くあり、その笑い話の裏に、限度なき末恐ろしい確信犯としての事件、そして麻原以外にとっては宗教犯罪があるのだであり、それを正面から捉えているのが「オウマー」

2−オウム真理教問題の解決には、これらについて「笑い飛ばす」感覚を併せ持たなければ、社会においてのむ込むことはできないと思われ、それを感覚的にか実行しているのが「オウマー」
 笑われるのがオウム真理教としても最も嫌なのです。だからこそ、漫画で嘲笑した小林よしのりさんの所には直ちにVX溶剤の刺客がいき、オウマーの代表西村さんも、「空中浮揚」をした私ととともに、昨年、串刺し写真にされて呪殺対象となったのだから。

3−で、昔の滝本オフ会あたりは、何人ものオウマーが来た。若い人の感覚を知ることができたと思う。昨年あたりまた新たなオウマーが出現しているが、若い人の感覚を知ることは、とても大切だと思う。そうでなければ、対処方法の前提たる社会実態を感得できないから。


 ああ、滝本オフ会は、匿名でのハンドルネイムだけでの参加としたことから、オウマーや単に関心をもった善意の人、それから脱会者だけでなく、後に分かってきたことでは隠れ公安警察、隠れ公安調査庁、隠れ現役信者それから実に不安定な人も来ていた。ちなみに、マスメディア人は一人も来ていなかった、感覚が鈍いな、と思った。
6

2014/3/20

心痛の回復のため  カルト・宗教・犯罪

3月20日ですね。涙雨のように感じる。親しい人が亡くなった場合、その心痛からの回復は「時薬が一番」なんて言うけれど、本当かなぁ、と思う。

少なくとも犯罪、まして故意の犯罪により死なされた場合は、加害者の真摯な反省が遺族として感得できること、それがもっとも大切なことだと、私は断言したい。

オウム事件の場合、未だ教団が残っている、それも「アレフ」は麻原を堂々と教祖してあがめ、「ひかりの輪」はいけしゃあしゃあとメディアに出ていて相手をするメディア人も何人かいる。これが、心痛からの回復のために、もっとも障害になっている。

言い換えれば、今もそんな信者であること自体が、手酷い加害行為だということ



********
別の話、まあそんな教団を復活させないための番組ということでは共通する話題
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20140121/archive
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20140122/archive
に書いた、
2012年12月30日深夜に関東地方で放送のテレビ東京「あの声が聞こえる〜麻原回帰するオウム〜」に関するBPO決定だが、記者会見の内容が、下記に出ているのですね、ぜひご一読を。

つまりは、人物特定がしにくいように、所在など更に工夫した上で、再放送をしていいですよ、むしろ「公共性、公益性が高い」から是非そうして、というような感触を受けます。テレビ東京さん、どうぞ再放送して下さいませ。
http://www.bpo.gr.jp/?p=7241&meta_key=2013 


以下、その要点と言うか、留意したいところ。
**************
申立人から求められていた再放送しないことについて。
---「再放送をしてくれるな」と言うことは、表現の自由にも関わる。そこまでは立ち入っていないということだ。

人物が特定出来ない状況で放送すれば、カウンセリングや手紙の内容を放送しても放送倫理上問題がなかった、という判断か
---放送をする時には、心の機微に触れるものであればあるほど、特定されないような表現方法を採ることで、脇を固めることが大事なのではないか、ということを、このケースでは考えさせられた。

「隠し撮り、隠し録音の取材手法とその放送の当否」**取材方法については特に今回の判断の中では示していないという理解でよいのか
---隠しカメラ、隠しマイクは、原則として使用すべきでなく、例外として使用が許されるのは、報道の事実に公共性・公益性が存在し、かつ不可欠の場合という基準。今回はそれを前提として、問題の部分の放送の仕方を議論したということだ。

---プライバシー侵害かどうか、その違法性が阻却されるかどうかという点はあるが、他人に知られたくない自分の内面を知られてしまったという点が、具体的な被害と言えば被害であろうと思う。

---ネット社会におけるテレビの利用のされ方という点から、表現手法にかなり気を配ってやっていく必要が今後は出て来ると特に強く思っているので、その辺を考慮した。

---放送の公共性・公益性が極めて高い放送なので、プライバシー侵害として違法だという判断をするかどうかという点が非常に難しく、委員会では意見が一致しなかった。ただし、放送倫理の問題として、こういうことを局側に望む、という点では意見が一致したので、その限りで本人を救済したという結果になった。本人に対する救済の必要性との関係は、公共性・公益性との兼ね合いでバランスをとる
***********
4

2014/3/19

ミニスカート姿云々  日常のこと

ミニスカート姿云々
まあ、どうでもいい話題とも思えるが、いざという時の問題でもあり、私として「白々しい」議論をテレビでしていたので、書いてしまう。

どこぞの航空会社で、女性キャビンアテンダント(スチューワーデスということでなんでいけないのかしら)につき、ミニスカート制服も導入すると、問題になっている。

幹部の中年男性あたりが提案し始めたのだろうが、何にしてもしょもない話。

だがなあ、批判するのならばスカート自体の問題と、ここの下記で既に書いているように「ハイヒール」のことをこそ問題とすべきでないか。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%83n%83C%83q%81%5B%83%8B&inside=1&x=66&y=10

つまり、いざという時の安全性を考えるならば、
1−ミニだろうがそうでなかろうが、スカート自体をやめて、スラックスにすべきなのです。
昔の白木屋デパート火災事件で、和服の下に下穿きを履いていないことから逃げるのにためらった女性がいて転落死亡者が多かったと、まあ言われている、という事態ではあるまいに
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/061shirokiya.htm
スカートの下はしっかりストッキングやらに加え「見せパンツ」みたいのも履いているのだろう。ミニが流行していた時代ならば当り前程度のスカートでもある。
それでもあえて言うのであるならば、そもそもスカートはいかん、スラックスにすべし、と言うべきと。

2−そして、いざという時の行動のためには、履き物の問題こそが大きいものではないか、と。
 そりゃ、機内での活動の時は、ローヒールに履き替えているとかなんとか言うのだろうけれど、そんな履き替えをすること自体、合目的的ではないし、確実とは思えないですわ。ローヒールでもヒールが結構あるな、と感じることもあります。

履き物のことも、スカート自体の問題も言わない関係者って、白々しすぎる。

ああ、仕事仕事。
2

2014/3/17

佐村河内守氏、小保方晴子氏  日常のこと

佐村河内守氏、小保方晴子氏

天国から地獄へという点では共通する。
(社会的な意味の限りでしかなく、拘らなければどういうこともないが)
そして、関係者には大きな衝撃と被害を与えたことも確か。

前者は、NHKなど多くのメディアにはなんでそこまで見る目がなかったのか、
後者は、他の共同研究者名の13人は何をしていた訳?
と、周りについて不思議に思うことも共通している。

人間の「業」というのかな、哀しいものでもある。そんなことを言うと、すぐ「前世が」「持っているカルマが」とか、言いだす人がいるけれど、いやいや人間の煩悩がいくつも絡みついて、時に生じてきた普遍的な現象です。明治時代からの著名学者の超能力ごっことか「奇跡の○○」とかは、そんなものばかり。

ひとごとではないよなあ、メディアは経験していないことまで話させたがる、なにごとも断言させたがるし。やがて信用をなくして行く人が少なくない。自戒自戒

だがなあ、
1−福島第一原発の被害や、他の原発の再稼働問題
2−秘密保護法により、ますます情報が隠され操作され酷い状態となっていくこと
3−海外派兵のための9条改正やら、解釈改憲やらで招来される事態
4−経済金融政策が失敗して行くこと、派遣等非正規労働を当然と拡大していく労働政策に、TPOもかなあ
そんなことで予想される手酷い被害、危うさよりも、はるかに小さなこと。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ