2013/9/29

茂原市女子高校生−子どもの自由のこと  カルト・宗教・犯罪

茂原市女子高校生−子どもの自由のこと

信仰・思想・結社の自由、特に子どもの自由

>千葉県茂原市の不明女子高生は統一教会二世と判明
>7月11日に行方不明。8日公開捜査の女子高生が今月26日、無事発見された。
>この不明女子高生が統一教会の二世であることが判った。
>家出を繰り返していたというこの二世が取った行動の背景にあるものは何か。
>自宅から程近い神社内で発見
>合同結婚式で誕生した祝福家庭と呼ばれる教団の家庭
>二世は教団内では“原罪の無い神の子”であるとされている。
>そんな二世が失踪し行方不明となった今回の事件、
http://dailycult.blogspot.jp/2013/09/blog-post_27.html

そんな背景が確認された。なんと、そうだったのか。
・そりゃ、「原罪のない子」とされたが、様々に教え込まれ、布施などで経済的にきつく
・そもそも親が互いの愛情で結び付いたのでもない、時には国籍も違う親同士の結婚したうえでの生活。
・併せて、統一教会での合同結婚がなければ自分はいなかったという事実
・社会を知るにつれて、自らの家庭の異様さを知っていき
・好きな異性ができても、付き合うことには強く反対される実態

そりゃ辛いだろう。
・神社にいたのも、ひょっとしたらそこであれば親は入らないからかしら。
・周囲の人は事情を知っていて、守ってあげたり、食事を渡したりしてあげていたのだろうか。
なんとも、哀しい。


オウム真理教、統一教会、エホバの証人、ヤマギシズム、それからホームオブハート、ライフスペースなどで、子供のことが話題となってきた。

・オウムでは、親と引き離され、義務教育も受けさせない典型的な酷い状況
・エホバでは、子を連れまわす布教、集会や家庭でのムチを打つ体罰、学級委員会選挙でさえ投票させない、誕生日祝いもできない状態、進学への阻害、もちろん必要な輸血についての妨害
・ヤマギズムでは、親と別の生活、一日2食、労働
・ホームオブハートでは、ダンボール箱の中にいれたままの生活、もちろん言ってい思想の注ぎ込み
・ライフスペースでも、同様

ホームオブハートと、ライフスペースは、今はどうなっていいるのか。決してなくなったものではない。ライフスペースの高橋は既に出所し「成田ミイラ事件」での刑罰は冤罪だったと未だ宣伝し、その集まりの案内を送っても来る状態。

エホバは、長く強く批判されてきたからか、子どもを連れまわしての布教は確かに少なくなり、ムチも集会では堂々とは使わなくなったとも聞く。少しは改善したが、未だ家庭内でのムチはあろうし、輸血禁止の教義は変わらず(成分輸血とか自己血とか例外は訳が分からない)。臓器移植はしていいのでして、不思議でもある。

ああ、創価学会などでも、親が長く入ってきて、経済的にも精神的にも辛かった、ということを聞くことが何度もある。

もちろん、エホバでも、創価学会でも、そして統一教会その他でも、熱心な信者として大人になっていき、そのまま信者である人も相当程度いるのだろう、と思う。それぞれ何割ぐらいなのかな。


 通例の親において、子が破壊的カルト問題において、親はその権利として、強烈なことをしたいとしばしば相談が来る。そして、その場合「親権による方策」を主張したくなる。
 しかし前記のような事案、今回の茂原市の事件を知るにつけ、親がその宗教・思想により、子にどこまで影響を与えて良いか、かなりの疑問でもある。

 思うに、子どもの基本的権利-子どもの権利条約など参照のこと-が、親の意向と添わない場合、親の権利は制限させてしかるべきだと思う。

 表題の件、なんとか児童相談所が関与できないものだろうか。
18歳までは、児童相談所も相談を受けてくれるのであり、実際、自ら児童相談所に行く、カルト2世の人もいて、対応してくれることもあるのです。


 ちなみに、翻ってみるに、子が破壊的カルトに入っている場合の対応も、「親権による方策」ではなく、夫婦同居の原則、互いに扶養する義務に類似した、話し合いをそれなりにしていく義務というようなものではなかろうか、と考える。

 12-3歳まではまったく親の自由、20歳になったらまったく子どもの自由というのも極端に過ぎる、と強く思う。
8

2013/9/16

破壊的カルト、宗教  カルト・宗教・犯罪

神秘体験・一人オウム?  というもの

 弱ったものだと思うが、下記がオウム真理教が破壊的カルトであると同時に宗教でもあるということの影響です。
 未だに「カルトと宗教の違いは」なぞという質問を見かけるが、それは、リットルとグラムの違いは、と聞いているのと同じことなんです。株式会社にもまともなのと、とんでもないのがあるのと同様、宗教にも、まともなのと、とんでもないものがあるさぁ。宗教以外にも、ヤマギシズムやらボランティア団体で変になったしまったもの、ハーレムカルトと言う外ない破壊的カルトがいくつもあるさぁ。

 宗教であれば尚更に、最後は思想闘争というか、さらに「心」の問題が残るのだと。

****
下記2チャンネルより
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1379078261/

果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?242
*****
1 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 22:17:41.04 ID:qmvnHWQY
 現役信者・元信者・一般人を問わず、オウム真理教・宗教団体Aleph・ひかりの輪の教義を議論するスレッドです。
 瞋恚・害心・邪悪心を背景に妄語・綺語・悪口を垂れ流したいだけの方々は、レス書き込みをご遠慮下さい。 ****

2 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 22:19:54.07 ID:qmvnHWQY
>>1続き
滝本太郎弁護士先生のようにオウム真理教の教義の話ではなくオウム事件の責任問題の話しかできない方、悪意を持ち誹謗中傷したいだけの方の書き込みはご遠慮願います。

******
61 :神も仏も名無しさん:2013/09/16(月) 18:43:27.31 ID:rsVIC3eX
今回スレを立てた方、つまり前々スレを立てた方かな
こんにちは。

>2-滝本太郎弁護士先生のようにオウム真理教の教義の話ではなく
>オウム事件の責任問題の話しかできない方、
>悪意を持ち誹謗中傷したいだけの方の書き込みはご遠慮願います。

オウム真理教の最大の特徴は、麻原さん指示での多くの極悪非道の事件さあ

したがって、その分析、責任問題を抜きにしての教義の話は、本質をつかみようがないものであり、欺瞞でしかないものです。

また、書き込み者を制限しようとしたり、批判されることで誹謗・中傷と感じてしまう心証でいるとすれば
本質と言うものが、情報交換、論議を重ねることで得られるのではないか、とことにまあ依拠したここの意見交換である以上、
ひどく矛盾した態度であり、要するに「聞かざるでいたい」と言っているのでしかないです。

仮に本質は、神秘体験とかで分かるのであって、論議などでは分からないと言うようなことであれば、
ご自身が書き込むということは、宣伝工作か、マスターベーションでしかないことになります。

事実を見つめる目、見つめ続ける気力と勇気をもたなければ
「犀の角」は、途方もなく間違った方向に行くし
「解脱」とかは、チョミランマの頂上ではなく、マニアナ海溝に落ちていくものでしかない
と思うんだ。

62 :神も仏も名無しさん:2013/09/16(月) 18:50:28.62 ID:rsVIC3eX
あっ、失礼

チョモランマ  マリアナ海溝

今日は風雨でしたね、凄かった

で、夕陽がとても綺麗でした


******
5

2013/9/15

雨、秋  日常のこと

昨日の仙台での公開講座、無事終わりました。参加者100人程でした。

アンケートを見ると、数日前に地元新聞やテレビで報道してくれたからでしょう、このことに問題意識を持ちつつも、どう対応すれば良いか困っている方なども参加もあり、開催した意義がありました。

それぞれの報告者、論者の話が興味深く、論議もしたくもっと時間がほしいとの声が多かったです。たしかにそうですが、まずは集中しての論点提示ということで、意義があったかと。

願わくば、地元新聞においても、数日前ではなく、うーーん、記者会見をした2週間ぐらい前には出してほしいなあ、です。人は都合があり、「あっ明後日」では出たくても出られない方が少なくない筈なので。

雨だなあ、なんか鬱々とするものです。

気分には、気候も相応に影響すると思われます。

鬱病とかの人は、「そんな日だから」と考えて

どうぞボチボチとしていって下さいませ。

3

2013/9/14

9月14日公開講座「被災地をねらうカルト!?」  カルト・宗教・犯罪

9月14日、仙台での公開講座です。
http://www.jscpr.org/activity.htm#20130914

 日本脱カルト協会公開講座
  『被災地をねらうカルト!?』
−大学やコミュニティでとるべき対策とは−


日時:2013年9月14日(土) 13:30開演
会場:日本キリスト教団青葉荘教会(仙台)
参加費 当日受付、資料代500円(学生・障害者の方:無料)
後援:日本学生相談学会


(青葉荘教会様の御厚意により会場をご提供頂いておりますが、本公開講座は特定の宗教の立場を取るものではありません。本講座の趣旨にご関心のある方はどなたでもご参加ください。)


本公開講座の趣旨
 2011年3月に起きた東日本大震災、福島第一原子力発電所事故は、未曽有の被害を巻き起こし、人々の間に地震や津波等の天災や放射能への恐怖を深く植え付け、社会不安を巻き起こしました。幸い生き残った人々の多くも心に傷を抱え、その上、生活の基盤やこれまで生活してきたコミュニティ(共同体)や人間の絆を一方的に奪われ、孤立した状態に置かれている方もいらっしゃいます。
 そのような中、人々の社会に対する不安や孤独感につけ込み、多くのカルト的な団体が被災地や大学などにおいて、新たな信者や資金の獲得をしようと暗躍しているという憂うべき実情があります。
 本公開講座は、「被災地とカルト」というこれまで余り論じてこられなかったテーマに正面から取り組み、カルト問題の理解を深め予防と対策を考えるため、カルト的な団体による手口の紹介から、大学やコミュニティにおいて講じるべき対策まで、講演や全体討議を通し、参加者の皆様共々、考え、学ぶきっかけを作ることを目的とするものです。

講演者 (予定、順不同、敬称略)
松永 和紀(まつなが わき)
サイエンスライター。京都大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学専攻)。毎日新聞社記者を経て独立。著書『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』で日本科学技術ジャーナ
リスト賞2008を受賞。2011年、消費者団体Food Communication Compass(FOOCOM.NET)を設立し、同代表兼編集長。共著「もうダマされないための「科学」講義」(光文社新書)など。

新免 貢(しんめん みつぐ)
宮城学院女子大学学芸学部教授、同宗教センター長。日本基督教団北須磨教会牧師であった1995年1月、阪神大震災を体験。印度学宗教学会理事、緊急生活援助貸付金を取り扱う特別委員会代表、(社)神戸国際支縁機構理事。大地震・大津波ボランティアセンター代表として被災地に何度も足を運ぶ。

藤倉 善郎(ふじくら よしろう)
フリージャーナリスト、「やや日刊カルト新聞」(http://dailycult. blogspot.jp)主筆。日本脱カルト協会調査・研究部会所属。近著『「カルト宗教」取材したらこうだった』 (宝島社新書)。

藤田 庄市 (ふじた しょういち)
宗教ジャーナリスト、フォトジャーナリスト。大正大学文学部哲学科宗教学専攻卒。日本写真家協会会員。(財)国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター研究員。現代宗教、カルト、山岳信仰、民俗宗教・芸能など、宗教取材に従事。

司会者(順不同、敬称略)
竹迫 之(たけさこ いたる)
日本基督教団白河教会牧師、十代時に統一協会を経験し後に牧師。現在、脱会者や2世脱会者の精神的ケアに従事。日本脱カルト協会理事。

山口 貴士(やまぐち たかし)
弁護士(リンク総合法律事務所)。2004年から国際的なカルト対策会議に参加し、国際的な動向について情報を収集・発信。日本脱カルト協会理事。霊感商法被害対策弁護団。


主 催 : 日本脱カルト協会(JSCPR)
http://www.jscpr.org
後 援 : 日本学生相談学会(JASC)

0

2013/9/9

2013.9.4-婚外子も法定相続分平等判決  憲法・社会・官僚・人権

婚外子も法定相続分平等判決

先日の最高裁での判例変更。ようやくでした。
憲法14条に違反しますもん、もともと。
生まれは、自分で選べるものではないのだから。

で、広く知ってほしいこととして、ここで変わったのは、「婚外子の相続も、平等にしたかったら、遺言書を書いておく」というのが、「婚外子であろうがなかろうが、分け方を決めておいたり、平等にしたくなかったら遺言書を書いておく」という違いだけです。

判例の変更は、遺言がなく皆が限度までの権利を主張した場合の「法定相続分」の問題でしかないのだから。もともと、妻と嫡出子だけであっても、そういうつもりだったんならば、それなりの遺言書を書いておいて欲しかったなあ、と思う事案が少なくないです。もっと、弁護士の所に、気軽に相談に来るべき、と。

ああ、弁護士、それもまともな弁護士の助言でないと、やたら節税ばかり考えた遺言書でむしろ紛争を拡大させてしまったり、肝心なあと1行の記載がなかったりして、後々問題を残すことが少なくないものですから、ご留意を。一度など、ハンコも指印もなかった、なんていうこともありました。本当にそんなこともあるのです。


さて、人によっては、生まれで不平等があるのはあたりまえ、親の資産、収入、環境また性格、知的能力、運動能力などでも、その後の生育環境からして子どもは不平等ではないか、だから結婚制度を維持するために、婚外子は法定相続分の差別は甘受すべき、なんて言う人がいる。

たしかに生まれながら皆、平等なわけではないです。なるほど、と思う人はいよう。だが、
1−憲法14条は「人は生まれながらに不平等だが、平等であるべきである」という規範を示したものです。
2−収入格差などは、累進税率、育児手当、奨学金などで平等に持っていく方法があり、実際、まだまだ不十分だけれどそのようにしている。
3−子供に障害などあったりして不平等だからこそ、療育を篤くすることなどが憲法14条から要請されるのです。
4−一方で、同じ親から生まれたのに法定相続分が法律上違うのは、法律自体が差別を作っているのであり、もろに「平等であるべきである」という規範に違反している。

これ、多くの違和感を表明している人は、資産などある男性の正妻と妾がいて、正妻が努力した場合で、その子ども同士の法定相続分のことばかり想像している傾向にある。

だが、
1−母の相続においても、法定相続分の差別があるんです。
−つまり、女性がある男性と恋愛して子ができたが結婚に至らず認知のみであり、後に他の男性と婚姻してから子どもが生まれ、母の収入・財産が多いところ、母が死亡した場合も、差別があるのです。同じお腹から生まれたのにね。

2−夫の正妻と妾さんがいたような場合であっても、正妻とは極めて長く別居し、夫の資産形成や看とりを妾さんがしてきたような場合もまだ相当程度あり、それでも夫死亡により子ともに差別があるのです。正妻の相続権2分の1、妾さんの相続権ゼロは当り前でしょうけれど、その上での子供までの差別です。

3−正妻との間に子どもがいたが、長く十数年も生活費は送ってきたが別居つづけ、まあ離婚してもらえず、内縁の妻ができてそちらにも子どもができたが、直後に事故で死亡した、と言うような事案もあるのです。(そりゃ、今は裁判離婚が認められる範囲が広くはなりましたが、まだまだ裁判までしない人も少なくないのです)


そんなような場合まで、子ども同士の法定相続分が違っていていいのかしら、違和感を感じるのではないかしら、と思うんです。

だから、
1−最高裁判決は正しい、と。実に遅すぎたんです。
−国会で改正すべきだったところ、自民党議員の多くの反対その他で改正されないままだった。国会の怠慢だったんです。
−判例変更と言う形だったので、どこまで遡及させるか、未解決事件には遡及させざるを得ないと言う問題が出てしまった。法律改正で決まったならば、死亡時点で分けられたものを。弱ったことです。

2−同様の事態は、夫婦別姓での婚姻を一切認めない婚姻制度です。
−両性の合意のみで婚姻できるのが憲法の規定であるところ、未だ姓を同じくしないと婚姻届出を受け付けてくれないという制度は、憲法違反なのだ、と私は思います。
−実際、一人っ子も増えて墓の承継という困難もあるとき、自民党議員の多くもそんな必要性を分かってきているだろうに、なんとも、なんです。

3−衆議院議員の定数是正も、未だまともにできない国会、その怠慢なんです。


なお
結婚する人が減ってしまう、と言う論者もいるが、たしかに少しは関係するかも、です。
ただ、
1−若者の不安定雇用の増加という問題こそ、婚姻比率減少の最大の原因だと思います。要因前提の50%以上を占めるのではないかしら。

2−少子化対策には、「結婚しないで子どもを産んでも、後々ひょっとしたら結婚してできる子どもとの間に差別がない」ということで、むしろ対策として良いのではないか、とも思います

3−婚姻数増加、少子化対策には、夫婦別姓婚姻の容認をすることも効果があると思いますが。


再度書きますが、今回の判例変更の通りにしたくないならば、ともかく、遺言書を作成すれば良いのです。
5

2013/9/8

自らの不明を羞じ、お詫びと祈り  日常のこと

自らの不明を羞じ、お詫びと祈り。
2020年のオリンピックが東京になるとのこと。


私は過去、このブログの中で検索したら、東京都のオリンピック招致活動のことを、2007.4.10、2007.12.30、2008.2.20、2009.10.3そして2012.10.26書いてきた。

2012年のオリンピック招致活動は、東京にならず私の書いてきたとおりだった。
で、2012.10.26に書いた内容は、再度の招致活動に関するもので「再び失敗するにきまってるのだから、もったいない」としました。
間違えました。ここに、自らの不明を羞じて、関係者らにお詫びします。

1度失敗して2度目ということもあるのですね。過去の東京オリンピックも、確かにそうではあった、と。
以上。

で以下は蛇足ではありますが、気になるので。

 1940年?予定だった東京オリンピックは、戦争前夜により日本は返上せざるを得なかった。それも一つの歴史。

1−今回、福島第一原発事故の、放射性物質で汚染された水タンク問題など、水がクローズアップされましたが、事故自体がそもそも終息していないことは確実。目処はとんと立てられていない。

2−再び大地震でもあったら、第4号炉が崩壊しないか、タンク自体は?、1号炉、3号炉はどうなるのか。

3−そもそも、あれだけの大地震の後、当り前のにある筈の噴火がまだない

4−南海とか、東南海の大地震も、関東大震災も、実に心配


どうか、どうか無事に2020年のオリンピックを開催できることを祈ります。そして、それに向けて、景気回復はもちろん、原発事故のあらゆる場面で−間違いがあっては困るからとして確実な努力による−の終息、福島ともどもの東北復興を、進めていく、進めていかせましょう。
6

2013/9/2

なにごとも証拠を−化学兵器?  外国・外交

刑事裁判はもちろん、民事訴訟でも、外交だろう、政策だろうと、まして軍事侵攻をするかどうかなど、なんとしても正確な情報、そして他を説得するためには、確実な裏付けを欲しいです。

いろんな事件で、実に感じる。
録音一つで勝つこともあれば、言っていることが正しいとは思われても書類が作ってなかったら負ける、なんてこともある。
日記をつけるとか録音とか、依頼した後であってさえ言っても実施しない人もいて、実に困ることもあった。

今日では、例えば暴行・傷害事件について、その場が監視メカラから少し離れていて写っていなかったからとして、警察や検察官が弱気になったりして、それも困る。この間まではそんなものなくても証人や違法でない範囲の取り調べ手法により、捜査していたものだが、明らかに能力が下がっている。

とはいえ、科学的技術は怖ろしく進んでいて、そうである以上要求されても仕方がないところ。資料、史料の採取過程についての信頼性が保たれるならば、その1つの鑑定のみにて一気に真実が判明していくと。

で、シリアの化学兵器使用の問題
−なんで記者らは、「化学兵器と言っても何なのか」「その根拠はなにか」ともっともっと、聞かないのか。能力不足なのではないか、なんて思う。


このブログの下記2005.4.18に書いたのだけれど、
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20050418/archive
日本警察と多分自衛隊こそ、サリンであればその裏付け検出に優秀になってしまっていると思う。
なにせ、1年半も前の雨ざらしにされていた私の自動車(洗車はしていなかったです)から、メチルホスホン酸モノイソプロピルが検出されたから、サリン使用と分かり、ノブの部分からはなんとかが出たからVX使用が推定された(ただ断言できる物質ではなかったからそちらは不起訴)なのです。

シリアでの、被害者の血液、衣服その他から、簡単に検出できる筈のこと。まして空となった弾頭も写真に写っていた。
−動画では、被害者は、泡を吹くとか、涙、鼻水をやたら出すとかが見えず、痙攣も少なく、瞳孔も「開いてしまっていた」という報道があり、有機リン系のサリン等の神経ガスとは違う。それもあって、米国の言うことを私も容易に信頼できないんです。


日本国政府の政策決定者も、その程度は分かっている、その上でどう対応するかを考えているとと思いたい。−昨日、血液から何か出たとあったが、どこの誰と誰から、どんな物質が出たのか、明白にして欲しいと。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ