2013/1/31

名言−「どの面下げ」  カルト・宗教・犯罪

「あれだけの事件を起こした団体の幹部が残党を率いて新しい宗教だとか思想だとか言うのは、“どの面下げて”である」−藤倉さん

上祐さんさぁ「人を動かして得た金銭なぞ、貴方自身の賠償にも謝罪にも、まったくなっていないんだよ。まして残党を率いた『宗教事業』なんぞで得た金銭など、被害者は受け取りたくないんだよ。やむなく受け取っているんだよ。そしてやっているなら支払うのは当然の義務なんだよ。総括するというならば、自分で汗水流して働きなさいな。」なんだよ。−滝本


下記に記載、全く賛同します。
********
http://dailycult.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html#more
1月22日、東京・新宿のライブハウス「ロフトプラスワン」
〈上祐史浩・著「オウム事件 17年目の告白」出版報告トークライブ!〉
だったとのこと。

藤倉「(今回の上祐氏の)本はとても興味深かった。ただ、完全に利害から離れた人の告白本ではなく、ひかりの輪を維持しなければならない立場の人の本であるという点を差っ引いて読むべき。この本を読んでいると、(上祐氏が)麻原の指示に疑問を感じたり麻原に苦言を呈する場面が描かれていますが、実は、“組織を守る”という動機に対しては常に忠実だった。組織を守るという動機はいまも持っている。そういう人が書いた本として読んで欲しい」

藤倉主筆「ひかりの輪は解散した方がいい。あれだけの事件を起こした団体の幹部が残党を率いて新しい宗教だとか思想だとか言ってるのって、失礼かもしれないですが“どの面下げて”という感覚の人は多いと思う。上祐さんが残党を率いて団体を続けていると、そこに所属している人たちにとって、オウム事件は永久に終わらないのではないか。宗教や思想というものを基準に考える集団から離れて日常を送る努力に導く責任が、上祐さんにはある。なのに、その努力の跡があまり見えない」
*******
5

2013/1/23

部分社会とメディアのしょもなさ  日常のこと

1−桜宮高校の生徒の記者会見から分かる「部分社会」

下記が詳しいです。
*****
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/UnNews:%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E7%AB%8B%E9%AB%98%E6%A0%A1%E3%81%AE%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%80%81%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E3%82%92%E9%96%8B%E3%81%8F
生徒による橋下市長への反論が終わったあとに行われた、生徒と弊紙記者との質疑応答の様子を掲載する。
------
弊紙記者(以降記者)「えー、まずは本日はこのような記者会見、本当にご苦労さまです。」
桜宮高校の生徒(以降生徒)「はい。」
-------
記者「それではまず1つ目の質問ですが、本日の教育委員会の決定はどうして不服なのでしょうか。」
生徒「この高校は体育科に魅力を感じて受験したいと思う生徒がほとんどなのです。それなのに体育科の入試を中止し、定員を普通科に回すなど考えられません。」
記者「しかし新たに普通科としたものについては、体育科と入試科目等を同一なものにし、カリキュラムもスポーツに力を入れる方針[1]となっていますが?」
生徒「体育科でないと駄目なんです。普通科なんかに回されるのは、私たちは納得がいきません。」
記者「どうしででしょう?部活動についても普通科の生徒が入部してはいけないという決まりは無いでしょう?」
生徒「このままでは私たちの大切な後輩を残して卒業できないので、体育科の入試を行って欲しいです。」
記者「そうですか…」
--------
記者「では、あなた達の大切な後輩が自殺した件について何かありますか?」
生徒「心の傷は深く、重く受け止めています。しかし心の傷を癒せるのは先生なのです。だから体育科の入試の中止を反対しますし、先生の総入れ替えにも反対します。」
記者「でも、自殺した生徒も深く心に傷を負っていたと思うんです。その生徒の傷を癒すことなどもう出来ないのでは?」
生徒「もう少し在校生や受験生のことを考えてください。先生を全員異動させるのは反対です。」
記者「あ、あなた達の心の傷の話でしたか…。」
--------
記者「それでは、次の質問に移らせて頂きます。橋下市長が『バスケ部顧問による体罰を生徒も容認していた』『体罰の背景に勝利至上主義があった』[2]などと述べていますが、あなた達はどのようにお考えですか?」
生徒「私たちは体罰を容認していません。試合に勝つことだけを目標にしているわけでは無く、礼儀や作法など、人として一番大切なことを教えてもらっています。」
記者「えっと、体罰を容認していないのに、体罰による指導が、人として一番大切なことを教えてもらっていることになるのですか?」[3]
生徒「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っています。」
記者「でも、礼儀や作法を教えていた先生が無許可の寮を部活生に使わせて、寮の使用料を自身の口座に振り込んでいたそうじゃないですか。礼儀や作法以前の問題では?」
生徒「でも、体育科の入試の中止も、先生を全員異動させるのも反対です。多くの生徒が学校を守りたいと思っているのです。」
記者「はい…以上です。」
生徒「最後に一言。私たちは、今回の結果が覆せるものだ、と強い思いを持ってきました。もう少し在校生や受験生のことを考えて。」
*****


−訂正説明初め−上記の抹消線は1月24日夜入れました。これを「詳しいところ」と考えて転載したこと、誠に恥ずかしいです。穴に入りたい。なんか類似のことはテレビでも見た映像にあったことから、上記が詳細なものと誤解してしまいました。実に恥ずかしい。正しい全文がどうにも見つからない。あったらどなたかお教え下されれば幸いです。−訂正説明終わり−

 桜宮高校が、部分社会の様相を呈してきたことは間違いがないと思う。

「部分社会」については、このブログ内で検索すると幾つか出るように、何度か書いてきた。橋下大阪市長がこの高校での、スポツー関連科だけなのかどうか、ともあれ生徒までの異様性を指摘していることは、実にその通り、です。

あの生徒の記者会見、おかしいもの。
・校長や教育長などに記者会見を求め、また発言するのは実に理解できる。
・生徒会長とかでさえなく、運動部の主将8人だと。‐つまり生徒を代表していない。
・そして、上記の質疑にある通りの発想。報道されているような内容。

−「礼儀作法の前に、命がもっとも大切、死んだ人にはもう会えない!、暴力はダメ」だろうが、と。
−メンバーの一員である生徒、それも体育部主将らの発想が分かるのであり、価値感が社会とずれた「部分社会」かと。


2−メディアが、いまだ当該教諭の名前や写真を明らかにしないのは、実におかしい。何時までも警察の広報でいたいのか。

当該教諭が、会見もしないのは実に不誠実なことです。

そして、記者会見に応じないまま、そして約30発も殴打したことが間違いないと判断できるとき、明白に暴行罪にはなる。
平手で、そうは強くないものではあっても、少なくとも暴行罪、それも学校での部活動、それも有力な部活動の指導者と言う優越的な地位を利用した悪質なものです。

メディアは独自に判断して名前は、出すべきものです。

−まったくもって、条例違反の電車痴漢事件なぞ必要もないと思われる会社員でさえ、逮捕発表があれば名前を出すのに、遥かに重い事件であって告訴もされている「被疑者」であるのに「逮捕」とかがなければ名前を出さない、あれば直ちに出す、と言うのはメディアが自己判断を放棄しているものでしかない。


で、ここでは出します。
小村基(47歳)被疑者−ご家族にはなんらの責任もないことをどなたもご留意を。なお、その正しい経歴はどうにも確定できない。もともと出ていたものが削除されたのかな、変な話だ。顔かたちは、グーグルにて「桜宮高校 バスケ 顧問 小村基 画像」検索すれば出てきます。厳しい顔立ちだが、なんともと感じる。

上記は、なんら名誉毀損とはならない。
上記の通り、悪質な暴行罪に当たる人物であることは間違いがなく、なんら名誉毀損にならないのものです。
14

2013/1/22

白々しい、ちなみに「体罰」でさえない  憲法・社会・官僚・人権

******
大阪市立桜宮高校の体罰問題に絡み
・橋下市長が(体育科、スポーツ健康科学科)の募集中止を要請
・市教委は21日、臨時の市教育委員会議を開き、体育系2科の募集は中止し、普通科に振り替え
 本来の普通科(定員160人)は、試験日程が3月11日で、国・数・英・社・理の5科目。体育系2科(同計120人)から振り替える普通科は、体育系2科の試験日程(2月20、21日)のままで、試験科目も現行の国・数・英の3科目と運動能力を測る実技検査で実施。募集範囲も体育系2科と同じ府内全域。入学後のカリキュラムもスポーツに特色のある内容を検討すると。(2013年1月22日読売の要旨)
******


つまり、「どうせ1年限りの1年生だけ『普通科』」
実に白々しい。

それこそ、いじめられたり、体罰、教育のあり方に疑問をもつ生徒と、受験生らの不信を募らせるばかりではないか、と。

A−「敵」をつくってのみ実力あるように魅せる橋下市長については、その顔を立てる。
B−教育畑にとっては、実質は変化なきよう、時にはしっぽ切りにしていくという一環。


「教育長」と橋下市長の、談合ないしアウンの呼吸があったのではないかなあ。酷いものだ。一人だけ反対していた教育委員は、骨がある、偉い!と思う。

そもそも、橋下市長なぞ、「体罰が必要な時もある」なぞと言い、この事件についてもろくに調べもしないうちから「手が出るときもある」などと言っていた。もともと「いじめられた経験」ではなく「いじめた経験」ばかりあるような感じの人、と感じる。

そんな考えの首長や議員が、そこらに幾らでも居る、という状況が、ひどい体罰事件やら、いじめ事件がなくならない土壌となっている。

他の部活動の試合出場?も一律自粛させてのも、「連帯責任」の発想であり、実に同じ土壌から生まれている果実

なお「教育委員会制度の形がい化」と「教育行政のトップ教育長」の問題点は下記で書きました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20120716/archive
ああ、そこに書いた「大津市」のいじめ死亡の件はどうなってるのか、まったく。

橋下氏は、「教育委員会制度」を本来の形にするのではなく、これを無くして、「教育長」をトップとしつつ市政の下におこうとしているだけ。そして、それを日本の制度としたいだけ。

あの高校をまともにするためには、
1−当該教諭
2−これを増長させた校長、教育長を含む教育行政畑
3−同じく、それで良かったなぞと言っている残った勝ち組OB、OB会、PTA
4−その土壌の下、そういうものだと思いこまされた来て生徒ら
への対策が必要なものでしょう。

今回の「どうせ1年限りの1年生だけ『普通科』」なんていう方策は、これらに対して、なんら有効な方策ではない。その教諭と校長あたりを移動、免職させたとて、何が変わるはずもない。数年すれば元の黙阿弥。
高校での武道授業を必須などとした今日、どこの学校でもますます酷い実態となっていくのでは、と気になる。

亡くなった高校生には、傷害の治療・診断はしっかりなかったのかな、写真などは無かったのかな。
まずは、当該教諭の傷害罪容疑での捜査が必要なもの。当時、警察は対応しなかったのかな。どうなっているのか。

あれは「体罰」でさえない。それは殴打した回数が1度でも「体罰」でさえない。高校生はわざと悪いことをしたのではないのだから。


8

2013/1/18

アレフとその信者←12人の死刑執行を導く存在  カルト・宗教・犯罪

アレフとその信者←12人の死刑執行を導く存在

上記のこと、現役さんたち、分かっているのかなあ。
私は、12人の死刑執行をこそ止めたいが、現役さんは12人の死刑を執行をさせたいのかな。

もともと、教祖麻原彰晃こと松本智津夫の死刑執行を止めることを願っているのならば、それは「オウム真理教」の教義に反しているのですよ。

麻原さんは、「自分の死」なんぞに拘泥する存在ではなかった筈でしたよね。

そして、弟子らは「今生、尊師と一緒に転生する」というのが望みだったはず。そんな歌だったか、詞章だったかも、ありましたね。(もちろん、後追い自殺などして欲しくないんですが)

教祖の死刑を止めたいなぞは、教義に明確に違反しているのですよ。

今生、まだまだ麻原さんに生きていたほしい、なぞというのは、文字通りの自分のエゴというものです。

で、
アレフとその信者は、自分たちこそが、弟子だった言い換えればつまり法友であり「真理の道を示す地図の先達」の12人の、その死刑の執行を導く存在だということを自覚されたしと、と思う。

法務大臣は、悩んでいると思う。
12人の死刑執行をしていいものだろうか、それが正しいのだろうか、と。

世論から言えば、そして権力者が考えても
オウム真理教まして麻原さん信奉を隠しもしないアレフが存在すること、その信者が未だ存在すること、まして偽りの勧誘を続けて拡大しようなぞとしているなぞ、12人の死刑執行を導く最大の要因です。


真実、オウム真理教の信者さんであれば、自分と12人とは何ら変わらないこと、紙一重であったことをよく分かっているでしょう。

現役さんは多く、弟子12人の死刑確定判決は、「大いなる艱難」だとか「殉教者」だとか思いたがるのだろう。

それは、自分が死ぬのでもないのだから、極めて無責任な態度。

それは、現実感覚がなさすぎる、映画の中の感覚。

オウム真理教アレフと、信者さん一人ひとりが嘲笑の対象となり、侮蔑され、悲哀をもってみられてしまう一つの原因なんです。
7

2013/1/17

観察処分訴訟 アレフ2審−全面敗訴  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに。

観察処分訴訟 アレフ2審−全面敗訴

*****
 オウム真理教から名前を変えた教団アレフに対する観察処分について、東京高等裁判所は「資金の状況を把握するために必要だ」として、事業に関する新たな報告義務を認めなかった1審を取り消し、教団の訴えをすべて退ける判決

 オウム真理教から名前を変えた教団アレフは団体規制法に基づく観察処分が適用されているが、処分の妥当性が争われた裁判で、1審の東京地方裁判所は収益事業の内容などを新たに報告する義務を認めなかった。
 
 国は控訴し、1月16日の2審の判決で、東京高等裁判所の加藤新太郎裁判長は「資金の状況などを十分に把握するためにも、収益事業の収支報告を受ける必要性は高い。こうした事業による資金の獲得が武器などの購入にもつながりかねない」と指摘して、1審の判決を取り消し、アレフの訴えをすべて退けた。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130117/k10014850151000.html
の要旨
*******
3

2013/1/15

長官銃撃事件報告−名誉棄損訴訟  カルト・宗教・犯罪

以下、備忘録までに。

このことについては、下記2010年3月のブログあたりに書いてあり、コメントとしては、それらを援用します。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/201003/archive

ちなみに「侵害された名誉って何?記載されて推定される各個人は格別、宗教団体アレフに名誉なんてあるの?」という主張はしたのかなあ、なんて思いました。それを問うべきではないか、と。
 内外で殺人、まして化学兵器サリンを使って無差別大量殺人をし、その首謀者麻原彰晃こと松本智津夫を未だあがめたてまつっている薬物宗教であるオウム真理教の一部アレフであるのに、と感じました。


*****
警視庁発表「名誉毀損」=アレフ勝訴、都に賠償命令―長官銃撃めぐる訴訟・東京地裁

時事通信 1月15日(火)14時59分配信
 警察庁長官銃撃事件をめぐり、オウム真理教の信者グループによるテロだったとする捜査結果を警視庁が公表したのは名誉毀損(きそん)に当たるなどとして、教団の主流派団体アレフが東京都と池田克彦前警視総監(現原子力規制庁長官)に5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が15日、東京地裁であった。石井浩裁判長は警視庁による名誉毀損を認め、都に100万円の賠償と謝罪文の交付を命じた。池田氏への請求は退けた。
 石井裁判長は、公表はオウム真理教が組織的に銃撃事件を実行したとの印象を与えると指摘。「アレフはオウム真理教が名称を変えたにすぎず、実質的に同一の団体だと一般的に認識されているのは明らかだ」として、公表でアレフの社会的評価が低下したと認定した。
 その上で「無罪推定の原則に反するばかりでなく、検察官が起訴した内容について公正中立な裁判所が判断を下すという日本の刑事司法制度の基本原則を根底から揺るがす、重大な違法性を持つ行為だ」と批判した。
 公表内容が真実かどうかについては、都側が主張をしておらず、判決は判断を示さなかった。
******
4

2013/1/11

スパム悪質−メルマガ送信は人数×5銭とかにすればいいものを。  メディア・ネット

スパム悪質−メルマガ送信は人数×5銭とかにすればいいものを。

メールは便利なんだけれど、工夫してもスパムが多くて困る。毎日80%程度はスパムかと。まずは本文が出ない設定、つまり標題その他で削除するようにしている。削除作業に毎日数分だが時間が取られる。私だけでも蓄積すれば馬鹿にならない。利用者数をかけてみたらすごい時間の無駄。

さらに、友人から私へメールにて、アドレスとかURLを教えてくれる筈だったが、来てないと思っていたら、送ってあるとのこと。「メールアドレス送ります」という標題とのことでして、そんな標題では当然直ちに削除してしまったです。被害だなあ。

1−下記は悪質ですね。
前者は「自分に何か疑いがかかっているのか」と不安にさせ、人によっては先を見てしまうと。
後者は、官庁である「国民生活センター」とか国民生活金融公庫に名を似せて、良いことがあるのかと思わせて、人によっては先を見させてしまうと。

******
"サイバーネット監視局"
親 族・職場,関係各所へ罪状 等の通知が届きます_GY2EW_
▼続 き は こ ち ら▼
http://xeo*********省略
*****
"サイバーネット監視局"
有罪確定となれば、あらゆる社会活 動が行えなくなります_01/10_ 直ちに協力的に対応して下さ.い_01/10_
******
▼タイトル▼
大臣許認可の元の認定です-CRUGG-
無償で金銭支援をお 受け頂けます_01/08_ 国民支援センターです_MXTN8_
▼続きはこちら▼
http://klo******

2−やたら、しつこく来るのもある。
*****
与沢翼@年収10億のスーパーフリーエージェント
金持ちがロレックスを身に付ける本当の理由とは?
************
とか言って、ぐちゃぐちゃ毎日来る。
 この「与沢」という人。年末年始のテレビで一度「若いリッチな人」として出ていたなあ。仕事内容はよう説明なきままに、ただただ若者でリッチだとか。こんなメール送信を多数することを要素として儲けているなぞ、まずはまともなものではない。マスメディアは取り上げるな、と言いたいです。宣伝料金でももらっているのかね。
メディアは出すならば、しっかり取材して問題性を明らかにする方向でのみすべきこと。
 その問題性は下記などにまとまっているね。あのメールにて人を集めてお金を取っているんだ。そりゃ、千人に一人、1万人に一人でも勧誘されれば相当な金額となろう。アフィリエイトとかで金銭をつまりは出している企業も考えてほしいものだ。なんともぉ。
http://gonta-kun.com/2012/02/post-370.html

 思うに、メルマガは送信数×5銭、メーリングリストは2銭とか、例えばサーバーは取ればいいものを、と思う。そしてその売り上げの10%を「メール税」として取ればいいものを、と思う。それとも、BCCで送っているのかなあ。
 これを実施すれば、こんな業者は毎日数千通、数万通、数十万通のメールを自動送信していたりするわけで、費用がかかり過ぎるからその制約に役立つ。一方、上記金額程度であれば、一般の公益的なメルマガなどにはまずは影響がない、と思う。一般のメールは、CC、BCC含めて費用がかからない、と。
 これを実施すれば、しょもないメール配信を制約しつつ、国の収入にもなるではないか、と。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ