2012/11/6

「下山事件」−森達也・佐野愼一外  知識人の責任

http://sky.ap.teacup.com/takitaro/1460.html#comment
上記10月23日のエントリーに、本「下山事件」に関しての森達也氏と佐野愼一氏の関係について、下記書き込みがありました。
そのレスとともにエントリーとして、下山事件のこと、書きます。

***************
2012/10/24 20:38  投稿者:ワタナベ
>そして佐野氏と森達也氏は、ともに集英社の開高健ノンフィクション賞の選者ですね。親しいのかなあ。何とも、と思う

両氏は「下山事件」で接点があります。
森氏が「下山事件」という単行本を出した時、新潮社のPR誌「波」に称賛する書評を書いていたのが佐野氏です。その後刊行された柴田哲孝氏の「下山事件 最後の証言」で、森氏が殺人の実行犯が某氏(本の中では実名も書かれている)だと断言する証言や、事件に使われたと目されている車の種類についての証言を捏造していたことが明らかにされました。その後、森氏の本が文庫化されたとき、解説を書いているのがまた佐野氏でした。それは前述の「波」掲載の書評を書き換えたものなのですが、そのうち森氏のことを正直だと評した部分が削除されています。以下ブログに該当箇所の引用があります。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20061130/p6

私は「波」の書評も文庫版の解説も読みましたが、物書きとして筆を折るべき捏造が発覚している本を、その場しのぎの書き換え解説でまだ持ち上げるとはと呆れた覚えがあります。
**************


ワタナベ様
本「下山事件」での接点、なるほど、ですね。そんなことでしたですね。森氏は酷過ぎることを重ねた。そして佐野氏は、いったん友人とでもしたならば、擁護することを優先するような方なのか。なんとも。

下記あたりにもまとまっていることですね。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20061130/p6

下山事件について述べます。
私は、下山事件については、佐藤一氏の「全研究」がもっとも客観的・丁寧で信頼性が高い、と考えています。

●新版・下山事件全研究 著者:佐藤一
インパクト出版会 2009.8 6300円 621ページ
−古くは、下山事件全研究 (1976年)、時事通信社刊


6300円は高いけれど、その価値は十分あります。時事通信より以前から出ているのに。

佐藤一さんは、自殺説を当初取り後にGHQの暴力説を取った共産党関係で調査にあたり、しかし(当初の警察報告がつまりは正しいこととなるけれど、やはり)自殺と見る外ない、共産党関係でないことはもちろんGHQ関係でもない、と共産党関係とやり合ったのではなかったかな。

「下山事件」についてのその後に関しては、つまりは私も最初に読んで興味を持った松本清張の本の責任も重いなあ、と思います。誰にしても功罪はあるものですが。

森氏は、この時代に書いたのに「全研究」には当たったのかな。その他、未だに謀略説を言っている人もいて、困ったものだ、と感じています。この全研究もしっかり読んでみなさいな、と言いたいです。

森氏のように調子、思わせぶり好きな論客がまだまだ幅を効かせているから、オウム事件も、得られる裁判資料や判決さえ読まずに、オウム集団の考えたがる謀略説さらに教祖は関与していないとかの陰謀説を言いだす人が、これからも出るのだろう、と暗澹となります。

 まあ、1989.11からの坂本事件についても推理ばかり言ったり、自分の説にあう理由ばかり抜き出したりして、言うならばまずすべき調査はほとんどしない方もいて−特に推理小説家にはそんな人がいて発表までするから困ったものだった−果ては、売りこんできたダウジングを、駄目でもともとだからしてもらったら、なんて馬鹿を言う弁護士も居たりして、疲れたものです。
 当時、私は事実調査班の一人として、まずはオウム集団の当時の出家者300人ほど、特に幹部らの動きの把握、車両100台前後の把握から始めたものです。また調査班では第2に北朝鮮拉致説の関係では船の出入り、万景本号でしたかそんな調査もしたものです。もちろん、第3に統一教会とオウム真理教の関係、第4に赤報隊事件のこともそれなりに調べたものです。なにせ坂本事件は憲法公布の日である11.3(1989)の夜、赤報隊事件のうち阪神支局殺傷銃撃事件は憲法施行の記念日である5.3(1987)ですから。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%A0%B1%E9%9A%8A%E4%BA%8B%E4%BB%B6
真相に迫る努力というのはそう言うことかと。
 そして推定していた通り早川被告、佐伯被告らが実行犯だった、と。上祐被告らは(北陸のとある町まで行ってアリバイを確認したのは私)かかわっていなかったが、真相を間もなく知っていた、と。


なお、下記のブログでもこの研究本のこと書かれています。
http://www.us-vocal-school.com/weblog/music_life/archives/0005254.html
−引用−「松本清張の「日本の黒い霧」や、矢田喜美雄「謀殺・下山事件」が最も有名かもしれないが、「黒い霧」の推理小説的な検証や、「謀殺・下山事件」における「情報の闇鍋状態」..そうしたアプローチと比べれば、「全研究」はずっと冷静な筆致で丹念に書かれている--

6

2012/11/5

「カルト宗教」取材したらこうだった  他の本など紹介

「カルト宗教」取材したらこうだった−藤倉善郎著
宝島社新書 750円くらい 2012.8.24


上記の本、面白いです。

幸福の科学、ライフスペース、スビリチュアル、その他諸々
カルト問題についての有効な予防策であり、
カルト問題の入門書的なものであると同時に、
対処する人の心構え、具体的な方策も示されている。

カルト団体への批判は、個人を愛しつつ、揶揄することが実は最も効果があると思っています。メンバー一人ひとりを愛しつつ、またその立場を尊重しながらも、
しかし「うーん、言ってることやってること、やはりおかしいよぉー」ということで。

「信じている」人というのは、論理や証拠で信じているのではない。
だから通例、理詰めで分かるものではないです。理詰めは、失礼だけれど幼いメンバーらの反発心を強くしてしまうだけのこともある。
まさに信仰ですから、個人間ではまずは信頼関係の醸成もっとも大切。で、言ってることはやっぱりおかしいょぉーと、余裕を持って時には指摘すること大切だと。

つまり外から見たらこうなんだ、と自己相対化を互いに知っていくということかと。

そんな本だと思います。
7

2012/11/4

暴露ナイト  メディア・ネット

関東だけかな、と思ったらあちこちで放送されているんだ。
テレビ東京「暴露ナイト」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E7%A6%81!%E6%9A%B4%E9%9C%B2%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88

この11月2日午前0時あたりからのに、4人の発言者の中の一人として出てきました。

話したのが2分の1位に編集されていたけれど、それでも10分あり、肝心なところは残してくれていた。通例は数分での切れ切れであり、実に情報も意も尽くせないところ、深夜のパラエティチックだからだろう、なんとか話せる時間をもらえた、と。

他の発言者は、死刑執行を数回したことのある元刑務官、いろいろエピソードをもつ元麻薬取締官、それから監察医の著名な上野先生。

うーん、若い女性がやたら居る所、赤を基調とした所で話したのは初めてでしたが、話せる時間こそが大切、そしてオウム真理教もその事件も、ゼロから話すことが既に必要なのだと。

報告までに。

昨日の昼はいつもの北鎌倉円覚寺、
墓参りと食事
皆、年をとってきてしまった。
坂本は33歳のまま。
4

2012/11/3

権力を見せる方法  憲法・社会・官僚・人権

権力をともかく使い、見せたがる人なんだと思う。

田中真紀子文部科学省大臣が、来年開設予定の大学3つを、それ自体の問題は指摘しないまま、不認可だと。

田中真紀子氏は、人を殺したり殴ったりの指示をしないだけで、尼崎女性被疑者(報道内容どおりの場合)とどう違うのか、と思う。人を支配したがる性質、恐怖を与える手法、詰め寄る態度、そして権力を見せたがる性質。

もうめちゃくちゃ。

そりゃ大学が増えすぎ、というのはそのとおり。

だがそれは一般論であり、全体として定員を遥かに下回ったり、問題ある大学に指導、補助金打ちきりなどしていって対応すべきこと。

新設拒否にも具体的理由が必要なのは当たり前。大学設立の認可は自由裁量ではないし、自由裁量だとしても、もはや裁量権の権力的濫用。

裁判となれば国が負け、何十億か払うことになる。ましてや学生や教諭予定者の人生、皆の努力。

まったくしょもなく、下らない人を大臣にしたものだ。権力を見せたいのだとしても、見せ方を知らなさ過ぎる。

野田首相は、衆議院議員を直後の離合集散とかで乗り越えて化ける可能性があるかも、と思ったが、やはり終わりだな。

8

2012/11/1

奈辺に真相ありや  メディア・ネット

奈辺に真相ありや、はたまた映画「藪の中」か映画「めまい」か

**第1****
尖閣海域で「日本船を駆逐」=海保発表と食い違い−中国海洋局
**第2***
中央日報 latest news日本の大学に従軍慰安婦ポスター掲示=韓国人教授


第1の中国報道は、日本の報道と明らかに違う。
 中国政府があえて嘘をついているのであれば、日本政府は、「なぜ真っ赤な嘘をつく、いいかげんにされたい」としっかり言い、世界に宣伝すべし、と。
 だが、日本の漁業関係者に、尖閣諸島周辺で漁業をすることをもともと抑制してきた日本政府の態度だからつけこまれる。まあ民主党政府ではなく以前からかな。下記外務省の説明にも、八重山漁協の漁は書いてないし、実態として漁は抑制されているようですし。http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/qa_1010.html#qa03
 で、実はこの中国の報道こそが正しかったりして。日本政府も信用できるかしら、なんて疑ってしまう。

第2の韓国発の報道は、なんでこんな間違い報道があるのか、と確かに思う。
 そもそもそんな短期間に、そんなに掲示することなぞ容易にできるものではない。大学によって違うが、掲示も今は簡単には出来ないところも多いはず。
 それがこんな報道となっている。その趣旨、それを偽りのままにおいておくことの問題性、真実はそんなポスター貼りがないと知った場合も韓国国民の反応など気になる。
 日本でも日本の侵略戦争の反省なく朝鮮半島と断絶すべし、などと言うネトウヨその他の人を励ますばかりではないか、と。

**第1****
尖閣海域で「日本船を駆逐」=海保発表と食い違い−中国海洋局
 【北京時事】中国国家海洋局は31日までに、中国の海洋監視船4隻が30日、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)海域で定例巡航を行い、中国領海で違法な活動をしていた日本側船舶を追い払う措置を実施したと発表した。
 共産党機関紙・人民日報系の国際問題紙・環球時報は31日の社説で「中国側が釣魚島海域で日本船の『駆逐』を公式に宣言するのは初めてで、段階的な勝利だ」と主張した。
 日本の海上保安庁は、中国の海洋監視船4隻が30日、日本の領海に一時侵入したと発表。「(船が)駆逐されたという事実はない」としており、中国側の主張とは相いれない。(2012/10/31-18:56)

**第2***
中央日報 latest news日本の大学に従軍慰安婦ポスター掲示=韓国人教授
2012年10月29日15時00分 ソウル聯合ニュース】
 韓国広報専門家として知られる誠心女子大学教養教育院の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が留学生と共に日本の主要大学40校に旧日本軍の従軍慰安婦問題を訴えるポスター1万枚を掲示した。
 徐教授は29日、留学生50人と共に3週間かけて日本の主要大学に従軍慰安婦問題に対する謝罪を求めるポスターを掲示したと明らかにした。東京大学、京都大学、岡山大学、大阪大学、立教大学など40校の掲示板や学生食堂、寄宿舎、大学前の飲食店などに掲示したという。
 「DO YOU REMEMBER?(覚えていますか)」と題したポスターは、1970年代に当時の西ドイツのブラント首相がポーランド・ワルシャワのユダヤ人虐殺被害者慰霊碑前でひざまずいて謝罪している写真をデザインしたもの。
 写真の上には「ブラント首相の謝罪が欧州の平和に大きく寄与した。元従軍慰安婦のハルモニ(おばあさん)たちは日本が心から謝ることを待っている」という内容が英文で書かれている。
 今年5月、米紙ニューヨーク・タイムズに掲載された全面広告と同じデザインで、今月からはニューヨーク・タイムズスクエアの大型看板に掲示されている。
 もう一つのデザイン「DO YOU HEAR?(聞こえますか)」は昨年12月に米紙ウォールストリート・ジャーナルに掲載した全面広告と同じものだ。在韓日本大使館前で従軍慰安婦問題解決を求め毎週水曜日に行われる「水曜集会」の様子を撮影した写真が掲載されている。
 徐教授は「対話と常識が通用しない日本政府を相手にするより、日本の将来を担う大学生を相手に従軍慰安婦問題を伝え世論を形成していきたいと考えポスターを掲示した」と説明した。
 また、米国と欧州の主要大学でも同様に従軍慰安婦問題のポスターを掲示していく計画だとしている。
******


以下概略の記事は、ますます藪の中。
報道が当然に正しいとは思うべきではないが、間違いだというべきでもなく、それぞれ情報の出所がどこかを気にしつつ、だが注目し続けるべきだろうと。
*****
イランの無人機「イスラエル核施設の撮影成功」
【テヘラン=酒井圭吾】イラン政府は29日、同国が開発した無人機が、イスラエルの核施設の撮影に成功したと発表した。以下略(2012年10月30日 読売新聞)
******
温家宝首相の親族が27億ドル蓄財…米紙報道
 【ニューヨーク=柳沢亨之】26日付米紙ニューヨーク・タイムズは北京電で、中国の温家宝(ウェンジアバオ)首相(70)の母親や妻、弟、長男ら親族が計約27億ドル(約2150億円)相当を蓄財したと伝えた。(2012年10月27日 読売新聞)
******
「秘密財産ない」親族巨額蓄財報道に温氏側反論
【中国総局】中国の温家宝(ウェンジアバオ)首相の母親らが巨額の蓄財をしたとの米ニューヨーク・タイムズ紙の報道に関し、首相の親族の弁護士が報道内容を否定する声明を発表した。2012年10月28日 読売新聞)
*******
「中国に恥かかせようとするもの」…中国外務省
 中国外務省の洪磊(ホンレイ)(こう・らい)副報道局長は26日の定例記者会見で、同紙の報道について「中国に恥をかかせようとするもので、何か別の下心がある」と非難、「中国は法に則してインターネットの管理を行っている」と述べ、政府が接続遮断を指示したことを示唆。(2012年10月27日 読売新聞)
*********
巨額蓄財、首相親族が真相明らかに…中国外務省
 洪副局長は「国際社会には、中国の大きな発展を快く思わない勢力が常にいる。(彼らは)あらゆる方法を講じて中国と中国の指導者に恥をかかせ、中国を不安定にしようとする」と批判した。2012年10月29日 読売新聞)
*********
【北京=大木聖馬】民主党の有田芳生(よしふ)参院議員(比例)が27日、訪問先の平壌から空路、北京空港に到着した。
 有田議員は訪朝の目的について「日本人の遺骨収容と墓参のために、国会議員として現状の調査に行った」と述べた。日本政府内に訪朝への批判があることについては「事前にしかるべきところに自分の意志を伝えている」と説明した。訪朝中、北朝鮮政府当局者とは接触しなかったという。(2012年10月27日 読売新聞)
*********
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ