2011/5/31

6月4日土曜−大和市  憲法・社会・官僚・人権

6月4日土曜−神奈川県大和市

近いのですが、下記の集まりがあります。
お近くの方、少し遠い方も、どうぞご参加くださいませ。

******
憲法九条やまとの会5周年講演会
「なくせ貧困 いかせ憲法9条・25条」
〜雇用問題の第一線ジャーナリストと山谷のボランティア医師が熱く語ります。〜
日時:2011年6月4日(土)
−午後1時開場、午後1時半開演
場所:大和市保健福祉センターホール

−神奈川県大和市鶴間1-31-7 TEL 046-260-5633
http://www.mapfan.com/cocomemo/cmspotdetail.cgi?F=srch&SPOTCODE=S0HRK6YI0
参加費:前売り500円、当日800円
後援:大和市・大和市教育委員会

オープニング−木管三重奏
オーボエ 北島章(NHK交響楽団)
クラリネット 斎藤行(青山学院大学OB吹奏楽団常任指揮者)
ファゴット 石井淳(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)

シンポジウム
竹信三恵子さん(和光大学教授・前朝日新聞編集委員)
本田徹さん(国際保険協力市民シェア代表理事の医師)
コーディネーター 斎藤竜太さん(医師、憲法九条やまとの会事務局長)

講師紹介
竹信三恵子さん  和光大学教授・前朝日新聞編集委員、朝日新聞の東京経済部、編集委員などを経て、今年4月から和光大学教授。連載「多様化する女性雇用」「家事の値段(見えない労働)」「『8時間労働』のゆくえ」「現場が壊れる」等で女性問題や労働問題を多く扱う。09年貧困ジャーナリズム大賞。著書に「日本株式会社の女たち」「ワークシェアリングの実像―雇用の分配か分断か」「ルポ雇用劣化不況」など。

本田徹さん    国際保健協力市民の会シェア代表理事、医師。青年海外協力医師隊員として北アフリカに派遣。若月俊一医師のもとで農村医学、内科を研鑽。シェアの設立に参加。外国人医療、山谷地域の訪問診察、路上生活者支援に従事。シェアの海外及び日本国内での保健医療活動に対し、若月賞(2007年)沖縄平和賞(2009年)等を受賞。著書に「すべてのいのちの輝きのために〜シェアの25年」など。

斎藤竜太さん   憲法九条やまとの会・事務局長、医師。大和市南林間に十条通り医院開業。神奈川労災職業病センター、神奈川県勤労者医療生活協同組合、労働者住民医療機関連絡会議、憲法九条やまとの会の設立に参加。地域医療、外国人医療、じん肺アスベスト被害をはじめとする労災職業病の医療に携わる。監修・共著「労災・職業病」、翻訳論文「石綿取扱い労働者の職業がん」など。

問い合わせ先:TEL&FAX 046−272−8880
2

2011/5/30

仙谷先生っ、いかんなあ。  大地震・原発・基地

******
仙谷由人官房副長官は30日の記者会見で、菅政権の東日本大震災復興の取り組みに批判が出ていることについて「震災復興が遅れているなんて全然思わない」と反論した。
 政権の復興策は、朝日新聞の世論調査で「評価しない」と答えた人が5割を超えるなど、評判がよくない。
 仙谷氏は「国もあらゆる施策を用意した。段取りのいい首長がいる市町村は仮設住宅建設も早く、そうでないところをとらえて批判するのは『木を見て森を見ず』だ」と強調。「政府がやっていないという報道が多すぎる」と報道機関に対し不満を漏らした。
 さらに「『木を見て森を見ず』は国民なのか」との質問が出ると「そういう部分もなきにしもあらずだ」と答えた。
*****


いかんなあ。国民はバカッと言っているようなもの。人の性格はそうは変わらない。
あのー、当たり前のことだけれど、毎週のように一つ一つの、たとえ小さなことでも実現している、ということを報告できなくては、国民はそう感じられないのです。

仮設住宅について容易でないのは、三陸では平地が少ないからなんだが、その具体的な数字を言えばいいのです。釈明も下手に過ぎる。

それら成果や事情を、上手に国民に流せない政府がバカッ、なのです。

で、不十分でしょ。
たとえば、
1−東北自動車道などの無料化のこと、どの政党も基本的に反対しない。それが二次補正の内容だということだが、そんなものは、
・たとえ3か月分だけでも
・車両ナンバーの地域名を特定したり
・トラックとか、大型バンとか
でも、とりあえず、来週から「無料」と今年度の予備費で、やってしまうなどすればいいのです。

まして
2−自治体での差に言及するなど阿呆か。多くの自治体、大変な所ほど、職員も庁舎も、資料も被害を強く受けているのです。おそらく仮設住宅を作る用地の少ない自治体と多く一致するかと。国、県がまともに早急な支援していないから、差が出ているのです。天に唾する発言です(2は5.31に追加)

そんなことなど碌にしていないくせに、馬鹿扱いは、いかんと。
やはり足を引っ張り始めた、と心配。
6

2011/5/29

内閣不信任案、その他  大地震・原発・基地

その1−この6月上旬に内閣不信任案だと。なんとも。

1−次の総理大臣を衆目一致しないままに提案するのかしら。そりゃ、衆議院解散となればその後に決めるのだろうが。

可決されたとき、筋からすれば谷垣首相なのだろう。まさか民主党の菅首相不信任に賛成した方は谷垣さんに入れるのかしら。それは幾らなんでもないだろうと。つまりは、民主党から出ていくことを前提での投票行動となろう。

それとも、民主党の中の圧倒的な多数が不信任案賛成にいれるのかしら、仮にそうなったら、確かに事態は違う、と。菅首相らが民主党から出ることはなく、民主党総裁もなんとか変えてしまい、菅首相は解散をすることもできず、不信任案を出したのは自民党だが、民主党の中で別の首相が決まる、という不思議なことになるのかしら。

一方、谷垣さんは、不信任案否決となればことここまで言っての否決だから自分の責任となる、と。その時点か、はたまたいつか首相になれそうな時までには自民党総裁も交替するということになるのだろう、と。

つまり、どっちに転んでも、政局的には自民党の中の谷垣さん以外の実力者の誰かが、損はない得をする、ということなのかな。谷垣さんは可決されても自分が首相になるとは限らず、なんか損な役目ですね。

2−提出者は自民党総裁なんだろうが、だが、そもそも自民党が提出できる立場なのか、と。

政治家、産業、官僚、学者、マスメディアらのナアナア馴れ合いの利益共同体「原子力村」を作り上げたのは、まずもって自民党。その結果、安全軽視、想定外乱発の原発政策を続け、東日本大震災を契機に福島第一原発事故となった。それで救援も滞り、福島の今末はまだまだ分からない、と。

谷垣さんは、不信任案を提出する際には、併せて自民党総裁として国民に明確に謝罪してほしいです。

ちなみに、谷垣さんは原発絡みではクリーンではないかと。小泉元首相のように反省を明確に言ってしまえばいいものを、と思うがそんな度胸がないのだろうな、と。

3−賛成をするかもしれない民主党の渡部議員や小沢議員なぞも、もと自民党。民主党が政権を握った後も、脱原発方向にさせなかったのもその力。渡部氏など福島に原発を誘致し続けた張本人。
渡部議員には、とある集まりにて回って来られてお酌してもらったことがあり、なんか憎めない人なんだ。そんなことを覚えているに影響を受けてしまう自分も恥ずかしい。ここに罪は重いと指摘させて頂く。

4−私は、既に書いたように、1で河野太郎氏とか、核燃料サイクルが成立しないことを明確に指摘し、危うすぎる「原子力村」の解体を明確に方針としている人を首相にする、として出すのでなければ、菅内閣の不信任案には反対です。

5−で、可決となったら、自民党単独では政権を取れないから、民主党の議員さんがどう流れるか、なのだろうと。1に一部書いたが、民主党を割らずに首相交代という可能性の方が強いのかしら。

私は、仮に可決、となったならば、
A−菅内閣総辞職の上で、10日間で政党の離合集散をガラガラポンとやり、河野太郎さんに首相になってほしいが。
B−菅内閣総辞職、民主党はなぜかグスグズと割れないままに、亀井さんとかが首相指名されるとかの可能性が高いのかな。
C−菅内閣総辞職、民主党が割れて、谷垣さんが首相指名を受ける、という可能性は低いのではないか。
D−衆議院解散、総選挙突入、自民党勝利、谷垣さんが首相、原子力村は変わらず、というのがもっとも困る。
E−衆議院解散、総選挙突入、河野太郎さん外が若手・中堅の政党を急遽立ち上げ、そこが勝利して河野太郎さん首相なんていうことがあるのだろうか。

ひょっとして、小泉元首相−北朝鮮拉致事件で一部なりとも被害者を取り戻した功績があるがその他は酷い政治と考え、だが任期はあるまま辞めた近時珍しい人−が、解散したらまた衆議院議員に出て、当選の上、首相指名を受けたりして。

解散‐
民主党は人数が大変多いから解散しないのが普通だが、菅さんの凄い?性格から、選挙となったりした場合、
・新党ができるとして、柱は、数十年かかるが脱原発、安全保障はなんと従前どおり、基礎年金は消費税増税でなどとなろうが、基本的には小さな政府志向ということになるのか。その場合、政党名は真面目に「民自党」をお勧め。一時的な感じの政党名はその程度の覚悟としか見えないから。

・対する政党は枝野さんらもまあ脱原発、安全保障は従前どおり、少しばかり大きな政府志向ということかな。

・実は対立軸という程のものはないのだ。指導者の交代の問題だと。

・つまり、原子力村と絡む議員、既に老熟しすぎた議員は落選してほしいし、相当にそうなるだろう、それ自体は良いことです。

否決となったらどうなるのかな。反逆した民主党議員は、踏み絵を踏ませて踏まない人は除名扱いとなっていくのだろうと。そして内閣改造かな。その際は、たとえ多数派のままであっても、自民党に働き掛け、河野太郎さんを引っ張ってくる形で、自民党の中の現実認識力がある良心層を引っ張ってほしいです。

以上、床屋談義で恥ずかしい。河野さんは今は外国で会議なんだな、能力あるんだなあ。

その2−下記のこと、ようやく。新聞紙上の「累積」というのが、3.23からの累積となっているのがおかしいのです。たとえ一部は推測となっても、3.11からの累積とすべきものです。その感想は後に。
**********
 東京電力は27日、3月11日から5日間のデータに公表漏れがあったと発表。当時、2分間隔でとっていたデータのうち、10分間隔のものしか公表していなかった。所内8か所の測定器は停電や津波の影響で故障。11日は所内備え付けの測定車が、12日午後からは柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)の測定車も合わせ、2台が移動して計測。柏崎刈羽原発の測定車は2分間隔で測定していたが、当時は通信環境が悪く、2台の測定車と事務所の間を人が往復する必要があったため、データ収集は10分ごとになったという。東電は事故直後からデータの存在を認識(5月27日読売)
**********


その3−事故調査・検証委員会
うーん、よくわからないです。原子力発電についての素人さんみたいなひとが多いが大丈夫か、と。原子力発電を批判的にずっと見てきた何人かの学者さんらを入れるとかの決断はできなかったのか、弁護士もそんな訴訟をしてきた人にできなかったのか、それが心配です。

林陽子さんは、私と大学も司法研修所の期も一緒、女性の権利関係とかをやってきたので畑違いではとも思うが、勉強家であり期待してます。
**********
27日、東京電力福島第一原子力発電所の事故調査・検証委員会の畑村洋太郎委員長(東大名誉教授)を除く委員9人を発表。地震学や法律の専門家などが選ばれた。枝野官房長官は「従来の原子力行政、原子力産業、政府からの独立性を確保し、能力識見のある方にお願いした」と。
 畑村氏以外の委員−尾池和夫(前京大総長)▽柿沼志津子(放射線医学総合研究所放射線防護研究センターチームリーダー)▽高須幸雄(前国連大使)▽高野利雄(元名古屋高検検事長)▽田中康郎(元札幌高裁長官)▽林陽子(弁護士)▽古川道郎(福島県川俣町長)▽柳田邦男(作家)▽吉岡斉(九州大副学長)(5月27日読売新聞)
**********


その4−義援金のこと。
うう、私も、日本赤十字とか共同募金会とかに寄附をせずに、「サンドウィッチマン」に寄付すれば良かったあ。
早期に寄付してしまったから、被災者に行く金銭そのもの以外にも使わけてしまうだろうし、被災者に行くものとしてもまだまだ届いていないのだから。酷い話だ。そうは自由にできるお金はないしなぁ。
 そろそろ、避難所で漫才をして下さい。泣き笑いのになるかもしれないけれど。出てきたときから誰も感じていよう、実力派ですもん。
****
 東日本大震災の被災者を応援しようと、仙台市出身のお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんと富沢たけしさんが27日、宮城県庁を訪れ、義援金9000万円の小切手を村井知事に手渡し
 2人は震災当日、気仙沼市の魚市場で番組収録中で、スタッフと高台に逃げて無事
銀行口座を開設したり、チャリティーライブを行ったりして義援金を募。2万6297人から義援金が振り込まれ、今月26日までに2億9722万円が集まった。義援金は岩手や福島など計6県に配る予定(5月28日読売)
*******
4

2011/5/25

分かってきたこととこれから−サンデー毎日6月5日号など。  大地震・原発・基地

分かってきたこととこれから−サンデー毎日6月5日号など。

自民党その他が、批判を強めていますね、
政府の下記に確かにいろいろ書いてある。改めて、当時、各号炉の把握ができていなかったことが分かります。
http://www.kantei.go.jp/saigai/pdf/201105231700genpatsu.pdf
その18ページからが東電、51ページから政府、60ページから保安院みたい。

野党はそりゃ、いろいろ攻めたいだろうと思う。自分が政権を持っていたらどうなっていたか、など棚の上にあげて。
−官邸の様子その他につき、誰か録音を取ってないのかなあ。政府と、保安院と、東電の会話など。録音機など36時間連続もできるんです。その場所は常時会議のようなものであり、議事録なんてとっていられる筈もなく、どこからどこが何の会議かはっきりしないような緊急状態だったんだから、誰か実は録音しっぱなしにしていたのではないかなあ。何年か後ぐらいに、出てくるのかしら。

で、既にここでも指摘もしてきたけれど、やはり

1−津波が来る前、すでに地震によって配管が壊れていた所もある
2−圧力容器の下の方ばかりか、格納容器にも穴があいてる
3−本来の電源は地震で送電線が倒れるなどして切れていた。近くの建物などすべて壊れたわけではなかったのに


知りたいなあ、と思っているのが、素朴な所なんです。議員さんも素朴なそして重要な質問をすればいいのに、と思う。

その1−メルトダウンを、本当に設定していなかったのか。
1979年のスリーマイル島事故では冷却水が完全に止まってたのはたかだ3時間程度(6時間?)ではなかったか。http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/L5_02.htm。それでも下記の状況
**********
事故後10年を経て原子炉を解体したところ、炉心部の破損は予想以上に進んでいたことが判明した。事故開始2時間18分後に加圧器逃がし弁を閉じ、3時間ほど経ってから冷却水ポンプやECCSを断続的に動かした結果、燃料棒がたびたび冷たい水につかったため、加熱と急冷を繰り返すことによる熱的破壊が進んだためである。原子炉の中心部は原型を留めないほどドロドロになって崩れ落ち、20トンもの溶融物が原子炉容器の底に落下した。炭素鋼でできた容器が持ちこたえたのは、奇跡ではないにしても稀な幸運と呼んでしかるべきものである。
**********
そりゃ原子炉の種類は違うが、今回、あんな長時間止まっていて当初からメルトダウンが当然の前提だと(表には言わなくとも)東電も、保安院も、安全委員会も、もちろん政府も、そういう認識はしていたのではないのかな。だからさきにレベル7だと訂正したのではないのか。
政府はともかく、他は専門家だろうが、と。それとも政府は騙されていたのか。
−説明する保安院の人の交代は、真実はメルトダウンなんだが「隠したい」からではなかったのか、それを推測していたが、まさか真実メルトダウンしていないと判断していたのか、−たしかに当時なかなかレベル5にもしなかった−そうだったら、専門家として大変な問題。

その2−海水注入の指示菅首相らは、3.11の地震直後から、ましてその夜から海水注入を、東電に要請してきたのか。なんか菅首相は自分で分かるから要請していた、とかあったとも思ったが。

その3−ベント実施も、海水注入も、誰にそもそも決定権限があるのか?
会長は中国、社長は国内だが自衛隊機に一度乗ったが防衛大臣の指示で降りたというようなありさまで、まだ東電に戻ってこれていなかった。(これ、同大臣が、結果的には東電の責任者を戻すのが遅らせてまったという結論ですね。載せればのセルで問題にされたのだろうけれど)

・なんか流れからすると、ベントについては、東電側がいつまでもしないから、首相が3.12早朝、乗り込んで行って、指示したように感じるのだが。それは「いら菅」さんだからできたことかも。谷垣さんだったらどうしたか。

その4−斑目安全委員会委員長は、3.12早朝のヘリコプター内で、「爆発しない」なんて本当に言ったのか。
なんか違う話もあり、何が真実なのか。どなたか教えて下さい。

その5−1号炉への海水投与の一時中断のこと
自民党谷垣さんが攻めているが、3.12夕方は、結果的にはもう溶解もしつくしていたし、水素爆発も起こし、配管には元々穴があき、原子炉は壊れ、格納容器にも穴が開いてしまっていたのだから、結果的には、それほど重大な論点ではないはず。

冒頭の政府サイトでは、政府が海水を入れろと指示したのは−そもそも指示できる法的関係なのかしら?−3.12の18時などと書いてある。

で、斑目安全委員長は、真水がもう入れられないというのに「海水を入れれば再臨界となる可能性がゼロではない」と言ったと、どういう意味なのか。海水の方が再臨界し易いのか?、そもそも真水がもうないから議論しているのであり、その他の選択肢があり得たのか?

その6−いまの計画は、汚染水を濾過しつつ何度も使うということなんだが
濾過したものは高濃度の汚染物質、どうするの?どうやってはずすの?
極めて長い時間がかかるが、その間、大丈夫なのか?
メルトダウン確定という今日、むしろ燃料交じりの液体というべきであり、グルグル回すその方法、それで対応できるのか。

その7−で、これからのあるべき対応策は、です。

サンデー毎日6月5日号に、これまでの経緯から信頼に十分値する小出教授の話がある。さらに、これまで原発を推進してきた重鎮ら、OBらの凄い話がある。うわあ、
・「燃料棒」なんてもうない、というべきなんだな
・格納容器も突き破り、コンクリートも突き破っているだろうと−地下水脈が怖い
・地下までの石棺−地下300メートルまでとその底に、特殊なコンクリートミルク−という方法があるみたい。
−単純に上だけするのではなく、地下までそうやってする方法があるのか、それなら、それがいいかと。
・たがなあ、石棺の中ではやはり冷却し続けなければならないみたい。いったいどうするのか。


小出教授らのお話−参議院委員会での発言その外のビデオも順次、追加されています。
http://hiroakikoide.wordpress.com/

−ちなみに議員の質問で「水素爆発」と「水蒸気爆発」の違いも抑えていない方も複数いるようで、がっくり。これでは不完全核爆発の質問なんて出るはずもない。ともあれ、この場に来る議員は素敵な方です。

わからん、ともあれ祈るほかない。
・どうか様々な工夫で放射性物質の流出を止められるように。
・どうか、その間、水素爆発も、水蒸気爆発も、不完全核爆発もないように。


10

2011/5/23

天皇の力、歌の力、著名歌手の力  大地震・原発・基地

天皇の力、歌の力、著名歌手の力

もう前のことですが、平成天皇ご夫婦が被災地に行って被災者といろいろ会話してきたこと、大変良かったですよね。日本国と日本国民統合の『象徴』という憲法上の位置づけであり、具体的にはこう言うことなのだろう、と思います。

被災者の方々として、日本の国民全体が、心に寄り添ってくれている感覚を受けることができるのだろう、と思います。臨床心理士1000人くらいが1週間、毎日話を聞くくらいの力かもしれない。

それは政治的権力を持たないからこそ、得られる感覚だろうと思う。まさにそれが『象徴』の行動なのだろうと。高齢だし、天皇は癌の既往症もあるのに、実にお疲れまでした。

ちなみに、鎌倉幕府以降、明治政府以前の極めて長い間、天皇はそんな存在だったはず。それがまさに日本の伝統。それを権力者とした大日本帝国憲法下こそ異常だったんです。それなのに大日本帝国憲法下みたいにしたいなんて言う人がまだいるとすれば、日本国の伝統をそれこそ無視している、と。

****************
芸能人の力、歌の力

下記書き込みがありました。
*****
投稿者:suma2011/5/23 1:19下記のツイートがありました。
夏川りみさんが避難所を訪問していたようです。お子さんがまだ小さいのに立派だと思います。
@saga70さがまゆ避難所訪問に行ったら、夏川りみさんが来てました。彼女が帰るのを待ってストレッチしてきマシタ。
*******

うーん、下記の公式ブログなどに出ていないので、確認できないです。その通りだったら素敵です。
http://www.rimirimi.jp/free/
−テレビで、橋幸夫の呼びかけ「絆の会」とかで、ジュディ・オング、山本リンダが避難所で歌っているのを見た。上記報道では金沢明子、清水アキラ、ジョン健ヌッツォも。

 場所によっては、広場の上で歌っていた。マイクとスピーカーだけは小さいがそれなりのものを用意したみたい。実にすばらしい。まあ若い人は知らない歌手だろうけれど、被災者は中年以上が多いしね。皆さん、実に喜んでいた。歌ったご本人らも、こんなに喜んでもらえて、と嬉しかっただろう。

 ジュディ・オングは、小さめだがあのちょうちょみたいな衣装をヒラヒラとさせていた。「魅せられて」の歌の歌詞には「女は海ー」「私の中でお眠りなさい」というのも含まれている。ためらいはあったかもしれないが歌って良かったです。見ているだけで涙が出てしまう。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/19/kiji/K20110519000847140.html

キャンディーズも、できれば2人で各所に歌いに行ってあげてくれないかな。初めて書くけれど。
長く歌っておらず、上手ではないかもしれない。設備も不十分だろうけれど。
「スーちゃんは天国で亡くなった方の前で歌っています」
とでも言われたら、誰も涙が止まるまい。


以下は、2011.4.21死去のスーちゃんの
(気づいたらスーちゃんも坂本堤と同じく4月8日生、つまりお釈迦様と誕生日と同じなんだなあ。と更によく見たら1956.4.8生、まったく同じ誕生日ではないかあ、驚き。ちなみに私も同級生。ああ児玉清さん、長門裕之さんも亡くなった、知っている人が死んでいくのが年を取っていくということなのだろうなあ)、25日の告別式で流れた本人の声録音の全文
******
 こんにちは。田中好子です。きょうは3月29日、東日本大震災から2週間経ちました。被災された皆様のことを思うと心が破裂するような、破裂するように痛み、ただただ亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです。
 私も一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。でもそのときは、必ず天国で被災された方のお役に立ちたいと思います。それが私の勤めと思っています。
 キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。幸せな、幸せな人生でした(涙ぐむ)。特に蘭さん、美樹さん、ありがとう。2人が大好きでした。
 映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。もっともっと女優を続けたかった。お礼の言葉をいつまでもいつまでも伝えたいのですが、息苦しくなってきました。
 いつの日か、妹、夏目雅子のように、支えて下さったみなさまに、社会に、少しでも恩返しができるように復活したいと思います。かずさん、よろしくね。その日まで、さようなら。
********

そのほか被災地で広がっている歌がいくつかあるようですね、素敵です。

歌の力も、それをもたらすことのできた著名な歌手の力も大きい、と。
6

2011/5/21

各議員の見解と、中韓首脳-福島へ  大地震・原発・基地

その1−与謝野議員のみならず他の議員の見解を知りたい。
*****
与謝野馨経済財政担当相は20日、福島第1原発事故は「神様の仕業としか説明できない」と述べ、枝野幸男官房長官が20日、東京電力に融資する金融機関に債権放棄を促したことについて「電力事業のような公益事業に必要なお金を貸すことに、金融機関の貸手責任が発生することは、理論上あり得ない」と述べ批判
*****

なんともお。与謝野さんは原発政策を推進した中曽根元首相の弟子であり日本原子力発電の出身。だとはいえ、この言いようはない。「貸手責任」の問題ではなく、枝野さんの言う通り「本来は倒産であるが、それを救済するのに債権者はどうするのか」、という論点なのだから。

与謝野さんは、原子力災害対策特別措置法第3条但書「ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない。」の「異常に巨大な」に該当するとして、東電には、法律的には賠償責任はない、という立場なのかと思われるが、それは内閣の見解不統一というものです。
 あの地震や津波は、原発という事故となれば莫大な被害を与える設備であることを比較対照するとき、法律の解釈として、隕石が落ちてきた場合とか、他国が故意にミサイルでも打ちこんできた場合のみに、「異常に巨大な」というべきでしょう。津波も過去数百年以内にはあった程度のものでさえああなったわけで、そもそも地震により、周囲の建物がすべて倒れたわけでもないのに既にに送電設備など含めかなり被害があったのだからとんでもない話


菅首相らも、株主についてどう考えるかを、とんと述べないことが問題です。東電に責任があるならば当然株式は零円になる事案なのだから。これ、機関投資家というよりも、天皇家が相当の東京電力の株式を持っているだろうから、というのが大きな障害なのではないか、と考えますけれど(終戦決定時の国体論争ではあるまいに)。

それから、送電網を別の経営体にする、という案については、いろんな議員の見解はどうなのかな。確認したいです。法律上、利益を確実に得られる独占経営体として許されているのが、日本の電力会社です、本来はおかしな話。そんな権益を確保し続けていかせるかどうかは、原発政策の転換とまさるとも劣らない重大なこと。東電はじめとした多くの権力者、権力基盤の抵抗を受けるものであり、転がるやたら大きな重い石を止められるかどうかの問題。

で、与謝野議員は、直ちの増税を強く推しているようでこれは困る、と。東電の責任についての見解相違にて、もはや内閣の一体性を害すると。首相や枝野さんとして、心の中では原発政策の大きな転換を目指してしかし戦略上は曖昧にしているということと期待する。ならば、もはや切らなければならない人となる。実務能力は高いけれど、重大な所で方針が異なればそうするほかない。切り方に難しい所があろうけれど。

その2−下記は河野太郎議員が5月23日にする質問予定の、内容一部です。内閣というか、経済産業省ほかの官僚機構がどのような回答をするのか、早く知りたいです。率直に正面から答えてほしいものです。http://www.taro.org/2011/05/post-1010.php

そして、若手・中堅の集まりが河野太郎を押し立てるならば、菅首相は不信任されてよい、と考えます。リーダーシップが無さ過ぎだからです。河野新首長が実現したならば、なんとか組閣した上で直ちに解散し、自民・民主を問わず、核燃料サイクルを未だ是認する議員を落選させるべき。(当選したければ原発は早期に廃止していくと言わざるを得ないという踏み絵をさせるべき)多数派となり、この政策を国民的な合意事項とすべき。1か月以内は選挙で混乱しつつも、各地で選挙運動をするのではなく、次々と政策を進めてくことで選挙運動とすべき。

*****
5.24補充−5.23の下記河野議員ブログによれば、総理大臣外が他の委員会にということで、質問が流れたとのことです。現政府も、自民党自体も、聞かれたくないことだからそうなったのではないか、なんて思ってしまう。http://www.taro.org/2011/05/post-1012.php

原子力安全基盤機構は今回の事故以来、何をしているのか。

託送可能な電力量は、東電管内でどのぐらいあるのか。
−電力の託送とは右です。http://www.hepco.co.jp/userate/retail/consignment.html

放射線、核、原子力などに関する独立行政法人、公益法人の一覧表、国庫からの支出、天下り、免許・資格の一覧表を委員会に提出せよ。

計画停電にあたり、どの地域を何時間停電させたのか、それによりどの程度電力供給が減ったのか、その当時の発電量はどうだったのか、詳細を提示せよ。

総括原価方式ならば、原価を全て公開せよ。

なぜ広告宣伝費が電力料金決定の原価に含まれるのか。

原価に含まれる人件費は、誰がどうやってチェックするのか。

マスコミに対して電力会社が広告宣伝費で口封じをしてきた事実を政府はなぜ容認してきたのか。

3月11日以来、東電が金融機関に融資の返済をしているかどうかを政府は確認しているか。また、いくらの返済が行われたか。

もんじゅのナトリウム漏れ事故以来、もんじゅを維持するためにかかったコストは合計いくらになるか。炉内中継装置を落としてしまってから、引き上げるまでにコストがいくらかかるのか。引き上げは、可能なのか、誰が可能と判断したのか。

六カ所の再処理工場は、本格稼働すると、年間何トンのプルトニウムを生み出すのか。日本が保有するプルトニウムは何トンか。

高速速増殖炉が実用化されていないのに、六ヶ所村の再処理工場を本格稼働させる理由は何か。

地層処分は、いつから始める予定なのか。そのためにはいつまでに候補地を決定するのか。モニタリングを何年実施するのか。十万年後の人類にどうやってそこが危険な土地だと伝えるのか。

こんな計画は放棄すべきだと思うが、いかがか。ウランの可採年数は何年か。
******


その3−日中韓首脳、福島を訪問
******
菅直人首相は21日午後、来日した中国の温家宝首相、韓国の李明博大統領と、福島第1原発事故で周辺住民らが避難している福島市内の避難所を訪問した。
******

驚きました。よく実現できた、と。上記の通りの福島の状況があるが、数時間のことだからと韓国も中国も判断したのだろうか。まあ中国の首相というのは決してナンバー2とか言う立場でもないようだけれど。
6

2011/5/21

福島第一原発と首都機能  大地震・原発・基地

福島第一原発と首都機能

−枝野幸男官房長官は17日の記者会見で、東日本大震災に関連し、首都圏で非常事態が生じた場合の政府のバックアップ機能について「現在は首相官邸のほか、立川(東京都)にもある。果たして十分なのか、十分ではない可能性が高いという前提で検証する」と述べ、代替場所を模索する考えを明らかにした。

−これ、気になる。前後して、下記の報道があります。

*******
1号炉がメルトダウンしていた、2.3号炉もその可能性が大きい、などと大きな報道。何をいまさらに。
*******
東京電力は21日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋南側で、放射線量が毎時1000ミリ・シーベルトに達するがれきを発見したと発表した。これまで確認されたがれきの放射線量のなかでは最も高い
−私、3号炉のプールが壊れて飛んだとしか思えないんですがあ。
*******

それから、下記も、ようやくにしてメディア報道されだしたのです。
******
装置使えず、作業員「不安」−東京電力福島第一原子力発電所で、放射性物質の吸引などで起きる「内部被曝(ひばく)」の検査を受けた作業員が、全体の1割にとどまっていることが分かった。−読売5.18
********
東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つかるケースが相次いでいる。大半は事故後に福島県に立ち寄っており、水素爆発で飛散した放射性物質を吸い込むなどしたとみられる。周辺住民も同様に内部被ばくした可能性もあり、福島県内の一部自治体は独自に検査を検討−毎日5.21
*******


そのうち、ここでも疑念を強く呈しているように、
「3.14の3号炉の爆発は、極めて小規模の不完全核爆発だった」とか、まあそれより「3.14の3号炉の爆発は、即発臨界爆発だったことが分かった、だがもう再現しない」とか言いだすかも、と。

お湯に入っているカエルがいて、お湯の温度はゆっくりと熱くしていくことによってのみ、パニックを起こさないから。という発想か。


で、まだ1号炉さえも安定していない。1から3号炉も、3.4号炉の燃料プールも、再臨界を何度もしているのではないか、と心配。現在の放射能ダダ漏れだけでも大変なことなのに、再臨界どころかさらに即発臨界−つまり小規模不完全核爆発−が起こり、今度は圧力容器、格納容器が爆発したとすれば、桁違いの放射能汚染となる。

(訂正−即時臨界ではなく、即発臨界というのですね、恥ずかしい。訂正しました。)

そろそろ、放射性ヨウ素が出るときにその直前摂取のみに効果があるとのことだが、広く日本国民の18歳以下の全員と妊婦全員に、ヨウ素剤を配るべきではないかなあ。

毎日の福島第一原発の所の風向きのメール配信サービスなんてのもあるのですね、http://www.yomiuri.co.jp/net/news/bcn/20110428-OYT8T00800.htm

それがなくとも更に数か月間も、放射能のダダ漏れをして行けば、風向きにより違うが福島近辺の地上も、潮流により太平洋も、実に汚染されていってしまう。

で、そんな状況だから、
東日本大震災に関連し、首都圏で非常事態が生じた場合、「首相官邸のほか、立川にもある」「十分ではない可能性が高いという前提で検証する」ということとなるのではないか、とも思う。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ