2011/1/28

官僚の能力・姿勢、弁護士会の説得力  憲法・社会・官僚・人権

官僚の能力・姿勢、弁護士会の説得力ー2題

菅首相−27日−米社が長期国債の格付けを引き下げたことにつき「そういうことに疎い」などと記者団に発言

私もテレビでみて、「うーん」と思った。
官僚に聞かないと、下手なことを言うのではないか、という心配が先立ってしまっているのかな。萎縮している総理大臣ではないか、と。
つまり
「そんなことに一喜一憂はしないが、まさに国をあげて、もちろん野党も財政健全化を図ることには協力されたし、ということだと思う」
という程度のことは、多くの国民でも菅さんもいえようが、それも委縮してしまって言えなくなってしまっているのだろうか。

そもそも、官僚の姿勢・能力はどうなっているのか。バカか、と思う。本会議で、5、6時間拘束されたとのことだが、その間に、大ニュースになってすぐに記者から聞かれること明らかなのだから、官僚からニュース要旨とコメント案くらい渡さないのか。それが不思議。官僚の姿勢がおかしいのか、能力が無いのか。柔軟性が無さ過ぎる、と。

*******************
宮城県が検討を始めた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を装着させる条例について、仙台弁護士会の新里宏二会長は28日、仙台市内で記者会見し「人権保障上看過できない重大な問題を有する」と、反対する声明

うーん、新里さんは同期、同クラス。サラ金の金利規制その他の消費者問題で実によく頑張ってこられていますが、うーん、この声明は刑事弁護委員会などからの起案で、常議員会で議論のうえで出たのだろうけれど、辛い。

というのは、既に技術の大きな革命により、5−60代が受けてきた刑事法・憲法体制の勉強学問が、到底予測していなかった刑事事件が起きる一方、刑事事件の抑制、再犯防止の方法も、刑事法、憲法体制が予測しなかった方法がとれるようになっているのだもの。

そんな良くも悪くも進歩を捉えずして、従来の法解釈で新技術を判断することはできない。新技術について、憲法制定の趣旨を捉えて、現実的にいわないと。

性犯罪被害の深刻さ、特に子どもら被害の場合の精神的被害の深刻さを考えるとき、過去の技術を前提とした憲法解釈だけしていればいいはずがない。

知事の1月22日に発表の試案は
1−宮城県在住の性犯罪前歴者、ドメスティックバイオレンス(DV)加害者に位置確認のための電子装置(GPS)の常時携帯を義務づけ、違反者には罰金等を科す、

2−再犯防止に必要と認められる場合、性犯罪の逮捕者にDNAの提出を義務づける、

3−弁護士らによる「地域行動支援委員会」を設置し、性犯罪前歴者に定期的に行動記録を報告させる

という内容の条例試案

で、http://www.senben.org/archives/2117
に仙台弁護士会の声明の全体がある。
弁護士的にはというか検察官で対しても、かなり説得力があるだろう、だが国民全体への説得力があるだろうか。

第1に、条例でできることではないだろうが、という記載。これはまさにそのとおりです。著しい権利制限なのだから。

第2に、DVについては、宮城県ではDV法の命令自体が少ないままであり、制度よりも命令自体をもっとちゃんと出すようにシステム化しないと、というのもその通り。

第3に、刑務所での再発防止プログラムを進めその効果を見てからという批判だが、うーんどうか。
というのは、刑務所に行かないで執行猶予で終わらせての再発も、相応にあることは周知の事実なのだから。何より、被害は日々発生しているのであり、その効果を見てから、という言い方は逃げの論理とも思われてしまうから。

第4に、二重処罰となる云々のところは、他国でも憲法規範だがこれに当たらないとして制定されつつあるところから見ても、説得力はないように思う。

まだ深く調べても、考えていないもので、乱暴でして申し訳ないけれど、私は下記のように考えてます。どんなものだろうか。
1−もちろん、法律で合憲の範囲で、裁判所が定めるべき。

2−GPS装置につき、もっともっと小さなもの、そして腕時計と兼用の形のを開発すべし。

3−DV事件については、十年も続くことはまれに過ぎるのだから、裁判所の判断での数年以内に限るべき。

4−性犯罪で生涯2度の実刑があったならば、裁判所の裁量で、まさに何歳になるまでとか、無期限とか、GPSを強制的につけ外せない刑罰をも加えられるとして良いのではないか、と思う。(実刑の期間は実際上相当に下がってこよう、それが被告人側のメリット)

5−性犯罪裁判で実刑のとき、1度目の裁判でも、自由刑の終了後、10年以内の期間GPS強制としていいのでは。また本人の選択で、刑期の半分までの短縮と引き換えに、その2倍とかの期間GPS強制を受忍することで代用することができる、とすべし。

6−1度目の実刑5年以下の場合、刑務所に入るか、執行猶予だがGPS期間その2倍とかの選択を被告人本人にゆだねてもいいではなかろうか。もともと執行猶予とするときは、猶予期間とするのと引き換えに、その間GPSをつけることを選択できてもいいのではないか。

7−DNA情報や、指紋情報、掌紋情報、歩き方情報などは、性犯罪については、有罪である場合に、当然提供すると刑罰に入れるべき。

8−米国のどこかの州のように日々追跡するためのGPSセンターを作るべし。

と、現在のところ考えます。

理由は
1−判決時に付加刑として言い渡すならば、二重処罰に当たらない。

2−自由刑と罰金刑のみが憲法上許されていると考えるのは間違い、憲法は「残虐な刑罰」を許していないだけです。

3−DNA情報などは再犯の犯罪抑止に大いに役立つ、そして採取するのは口の中をぬぐって渡すだけで足り苦痛など一切ない。
ちなみに、写真情報や指紋情報なぞ、私昨年米国に行ったところ、米国にはすべて取られていますです。日本では取られていないのにね。日本も入国者については似たようなことをしてますよね。韓国のように全国民の指紋情報を持つ?までのことを日本はしていないが、私は、有罪判決を受けたものについてはすべて認めていいと思う。
日本では、現在、日本人の指紋情報など、警察が非公式な形で有罪と確定していない人についても−多分いくつかの事件で参考人となっている私のも−収集を進めている、あれは実におかしい。公式にすべきこと。

4−より小さな腕時計兼用のものとすれば、2度の実刑を得た人は、強制的な相当期間つける付加刑とされても受忍すべきだと。

5−1度目の実刑判決や、執行猶予の場合、刑期や猶予期間の短縮というメリットを与えて、本人に選択できていいではないか。

と。

今でも、罰金を支払わなければ労役場留置という処罰形式がある。合憲とされている。
そして実態として、刑事弁護で、多額の金銭を用意して示談とか寄付とかして、執行猶予を得たりたることもある。実刑を金銭で交換している、ということ。

そんな現在の法律や実態から考えて、GPSなどが相当に犯罪抑止に役立つのならば、付加刑として合憲だと考える。
そして、実際相応の役立つと思います。これは性癖で治らないだろう、という被告人は、実に悲しいことに確かにそれなりにいて、監視されている実感・急ぎの検挙が犯罪抑止になろうから。

上記の通り考えました。
まあ、同業者などからの批判覚悟でして、辛い。
5

2011/1/25

冬の北海道 外  日常のこと

読売新聞さん、素敵な記事です。転載のことご容赦を。
*****
25日午前7時10分頃、北海道のJR石勝線新夕張駅(夕張市)―占冠駅(占冠村)の間で、シカが線路内に入っているのを、貨物列車の運転士がみつけて停車した。
 運転士が、追い払おうと汽笛を何度も鳴らしたが、シカは線路内に居座り続け、占冠方向にゆっくりと移動。約10キロの間、列車もシカの後ろを徐行しながら進行した。約1時間後、シカが線路から離れ、列車は通常の運転を再開した。
 このため、後続の特急列車など上下線の5本が最大1時間36分遅れ、約700人に影響が出た。現場は山あいで、シカは1頭だったという。
(2011年1月25日14時58分 読売新聞)
*****

うーん、ほのぼのとするなあ、いいなあ。
うーん、降りて追い払う方法はなかったのかしら。

冬の北海道の列車にも、子どもが3人も山村留学していたものだから、何回も乗った。
線路なぞ見えないけれど、雪煙りをあげて走っていくのが不思議。

もちろん、急いでいる人、病人の方もいるだろう。人間には迷惑な話だが
でもなあ、ほのぼのとする。


で、下記のようなニュースは見たくない。
何とかならないものか。
ロシアにとっては、北方領土のことなど政治のごくごく一部なんだろう、と思う。
******
ロシア通信などによると、モスクワ南部のドモジェドボ空港の国際線ターミナルで、24日午後4時32分(日本時間同10時32分)頃、爆発があり、少なくとも35人が死亡、130人が負傷した。
******


それから、下記のニュース
アメリカって、戸籍制度が無く、また州ごとに独立性が強いという背景がありこそすれ、なんなんだとやはり不思議に思う。母子手帳の制度もないのかな。国民皆保険さえまともにできないみたい、実に酷いもんだ、と思う。
******
1987年に生後19日で誘拐され、今月、実の両親を捜し当てた米南部ジョージア州在住の女性、カーリーナ・ホワイトさん(23)の育ての母親が23日、北東部コネティカット州内で米連邦捜査局(FBI)の出先機関に出頭
 南部ノースカロライナ州在住のアン・ペットウェイ容疑者。カーリーナさんは約5年前まで同容疑者とコネティカット州内で同居していたが、顔が似ていないことなどに疑問を感じ、行方不明児の捜索支援団体に調査を依頼、実の両親との再会を果たしていた。(1月24日読売新聞)
*******

1

2011/1/20

人体の不思議展  日常のこと

昔、見たんです。これ。
当時は、ドイツ人だったかな、亡くなった誰さんの遺志により表示があったが、遺体数でいえば決して一人ではなく、実に多いので、おかしいなあ、と思った。

ただ、人間は普通の生き物なんだ、それも恐ろしく精巧な生き物なんだ、というこを伝えたく、子どもも連れていき、実際そう感じて、感心したものです。

で後に、中国で「邪教」とされている「法輪功」が、死刑囚や自分達の仲間が殺されて勝手に展示されている、とした批判していることを知り、うわぁ、と思ってもいた。

で、ついにこのような動きが出たのですね。
うん「死体解剖保存法」の観点からすれば、実におかしいことです。
京都の教授は問題化すべく訴訟まで起こすと言う。どういう背景があるのだろうか、また起こすならば1人ではなく多くの人がいいのではないか、とも思うんだが。

ネットで調べると、妊婦のお腹の中と胎児まで展示されていたこともある、などとある。それは、妊婦の承諾を得たのだろうか、明確に承諾を得たのだろうか、尚更に疑問ですよね。
私自身、臓器移植は了解しているが、医学生への献体までは了解していないところ、ましてこのような展示をする了解までは、幾らなんでもそうできないです。

刑事法としては、本人の了解をえているかはまずは関係がないけれど、中心課題は、本人の了解があったのか、明確なものだったのか、にあると思う。

*********
人体の不思議展:「標本は死体」京都府警が捜査
京都市勧業館みやこめっせで開催されている「人体の不思議展」(同展実行委員会主催)
特定場所以外での保存を規制する死体解剖保存法に抵触する恐れ
京都府警が捜査
厚生労働省は展示の標本が死体に当たるとの見解
特殊加工した標本など約170点を展示
同法は大学など以外で遺体を保存するには都道府県などの許可が必要と定めているが、京都市に許可申請は出てない
同展は02年から全国35会場で開かれ約650万人が入場
京都府保険医協会などが昨年12月、告発状を提出
府警は受理していないが、厚労省へ照会するなど独自に捜査
厚労省医事課は取材に対し「『保存』の解釈は難しく、展示が違法かどうかは司法判断になる」と
同展会場事務局は取材に「答えられる人間がいない」と
毎日新聞 2011年1月19日 20時20分
********

********
会場近くに住む生命科学が専門の大学名誉教授
「死体が展示されているため精神的苦痛を受けた」と
同展実行委員会(大阪市北区)に損害賠償を求め、20日にも京都地裁に提訴
原告側代理人は「今回は違法状態を世間に訴えることが目的」と
死体を保存する場合は、開催地の京都市長の許可が必要だが、「申請がされておらず同法違反にあたる」として、同展の開催自体が違法だと
教授は「展示されている奇抜なポーズをとった標本の場合は、死後硬直前に薬品づけにしなくてはならず、死者の尊厳を冒涜している。当初は学術的な要素が強かったが、次第に商業性が強くなり、生命倫理的に非常に問題だ」と
同展をめぐっては近年、輪切りにした人体や臓器などを展示する手法が問題視され、後援を取りやめる企業や団体が相次ぎ、抗議運動も活発
−産経新聞
***********
0

2011/1/19

法律事務所の宣伝−弁護士の方々へ  日常のこと

この1ー2年、なんかこのブログを見て知った、として、近い人や近くない人から、一般の民事案件が来ることがあります。
決してデムパではなく、またカルト問題や特異な事件ではなく、普通の一般事件も少なくない。

なんで近くの弁護士さんにしないのですか、と聞くと「信頼できる弁護士を探しているので」、などと言われる。決して、15年ほど前にテレビにやたら出ていたというのが主要な要因ではないと感じる。

「一般事件では普通の弁護士そのものなんです」と説明し、多くはその近くの弁護士を紹介したり、弁護士会法律相談センターを紹介するが、中には受任するものがある。

今、法律事務所の宣伝がかまびすしい。
テレビやラジオまでしているところもあり、何にお金をかけているのか、心配になる。
ホームページも多くできている。それは、私もたまに見てみる。

が、業務内容とか法律相談の紹介とか、相談は無料などと、ひどく宣伝臭を感じる所が多い。ブログで日々のことを書いている方、社会のことを書いている方は、そうはいない。
また逆に日々の一般事件を書いていたりして、これでは依頼者が不安に思うはず。

で、余計なことだろうけれど、助言したいです。
多分、相談者・依頼者は、その弁護士と人となりを知りたいのだ、と。
何に関心を持ってる弁護士か、日々どんなことをしている弁護士か、どんな悩みを持っている弁護士か、といったところ。

30年近くも弁護士をしてくれば、多くは昔に扱った事件の依頼者、その紹介、さらにその事件を扱ったことによる孫事件、さらにひ孫事件となるが、それはその弁護士の人となりとか聞いて、紹介されるのだろう。
最も嬉しいのは、数年前とかに終わった事件の、相手方から別の事件を依頼されたり、紹介されること。だって、当時の相手方弁護士よりもこちらが良いと考えたのだから。

だから、ホームページなどは、事務所・業務の紹介などは一通りだけにして、その人となりがどうしたって分かるように、ブログを継続して書くのが良いように思う。
一般事件では、社会問題や政治問題など、相談者本人は、意見が違うからと言って依頼しないということはない。いろいろ考えているんだな、こんな姿勢で考えているんだ、という人となりを知ることができるようにするのが良いように思います。

以上、余計なお世話ながら。
4

2011/1/17

駅ホームの安全性  日常のこと

毎日新聞さん、転載どうぞご容赦を。

*****
転落:目の不自由な男性、ホームから 山手線にひかれ死亡
16日午後5時17分ごろ、東京都豊島区目白3のJR山手線目白駅で、同区北大塚のマッサージ師、武井視良(みよし)さん(42)がホームから転落し、進入してきた同線外回り電車(11両編成)にひかれ、全身を強く打って死亡した。武井さんは当時、妻(55)と一緒におり、2人とも目が不自由だったという。
毎日新聞 2011年1月16日 20時08分(最終更新 1月16日 21時56分)
*****

これは酷いよ、可哀想だよぉー。
この類の事故、毎年何件も起ってますよね。酷いよ。
数日前にも、転落した高校生がいたのではないかな。
ここ十年でも何十人になっているのだろう。

http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/08/080812/080812.pdf
ネットでちょっと調べたところ、平成13年の統計があり、
1年間全国、ホームからの転落での死傷45人、死亡17人、電車接触死傷65人、死亡10人みたい。かなり多い。
10年間ならば、死亡数百人になるんだあ。

うーん、電車って、輸送人数キロ計算で、安全と言われる。そりゃ、自動車よりも安全なんだろう。だが電車に乗っている時の事故だけでなく、こんなホーム周辺での事故を入れたらどうなんだ、と疑問に思ってしまう。まして、電車施設を使った自殺者数を入れたならばどうなんだ、と思ってしまう。

1−夕方の目白駅、日曜日だとは言え、かなりの人がいたのではないのかなあ。
肩を貸してあげる人は、いなかったのかな。
迷っていたみたいだし、声をかけるタイミングがあったのではないかなあ。

2−ホームの柵、大分増えてはきたけれど、山手線でさえまでまだないみたい。
電車ドアの種類、ホーム幅の狭さ、費用といった色々な障害があろうが、いくらなんでもそろそろ作れないものか。

3−新幹線横浜駅や、相鉄線横浜駅には、一部、自動柵ではなく、つまり電車ドアにあわせてドアが開くという形ではなく、通例ドアが来るところは開いているが金属の柵がついている。
これは決して完全ではないが、かなり相当に転落を防止できると思う。狭くてとても付けられない所ならば、そんなやり方もあるのです。

4−柵を作ることは、駅での電車への飛び込みを防止するのにも、大いに抑止効果がある。物理的効果とともに、心理的効果がある。
3記載の開いた金属柵であっても心理的効果が実に大きいはず。一度でも飛び込みたいとと思ったことのある人ならば分かるのではなかろうか。

酷いよ、可哀想だよ。
痛かっただろうなぁ。悔しいだろうなぁ。
4

2011/1/13

サイバー戦争?  メディア・ネット

読売新聞様、転載のことどうぞご容赦を。
*****
【ワシントン=山口香子】ロイター通信は12日、イスラエル情報機関筋の話として、イランの核開発計画がウラン濃縮施設の主要システムのコンピューターウイルス感染により、2年以上遅れる見通しだと伝えた。
 米情報筋は、イラン政府は核開発を進めるべきかについて最終結論に達していないとみており、オバマ政権はこうした分析から、外交交渉と経済制裁を並行させる現方針を続ける余裕があると判断しているという。
 イランでは昨年9月、各地で産業用コンピューターがサイバー攻撃でウイルス感染したと報じられた。
(2011年1月13日18時36分 読売新聞)
*****

うーん、凄いことです。ウィルス感染させるだけでそんなことができるのだろうか。
・どんなウィルスなんだ、
・他国のパソコンは関係がない、なんていうことがあるのだろうか。
・ペルシャ語?の入っているパソコンだけに感染するとか?
・重要なことは、やったのは、個人か、団体か、イスラエルか、アメリカか。
・いつかは判明してくるのだろう、知りたいです。

サイバー関係では、中国が昨年のノーベル平和賞はもちろん、多くのサイト閲覧やメール監視をしていることが有名だが、いろいろな勢力・地域間で、日々戦争なのだろう、と思う。
いったい、どこからどこが戦争なのか、これから先ますます分からなくなってくるのかもしれない。

私へのメール爆弾や掲示板攻撃について、昔した業務妨害罪での告訴により、ICPOまだ確か依頼してくれるなど捜査はし、スウェーデンだったか、その前がトンガだったか、そこまで分かったのだがそれ以上できず、だった。そんなのは笑い話扱いなんだろう、と思う。

ああ、そういえば、電波まで盗聴するエシュロンだったかな、あれはどうなっているのか、日本の公安警察も、自衛隊情報関係部局も、とんと関係させてくれないのだろう。
それはそれで、秘密が実はどうという程のことではない日本ということで、良いことかも。

(警視庁外事何課だったかな、あそこから漏れた公安情報のベタ印刷の本、私も入手できました。データで保存する方法もあるのだろうけれど、見にくいし何より本にまでなってしまったと言う体たらくの証拠としたくて。東京地裁で止められたところはグレーになっていた。代表訴訟みたいに個人情報の所はすべて消すような訴訟はできなかったのかな。まさにプライバシー。監視対象だった方、可哀想です。
そもそもが警視庁にあって、当初「漏れたもの」と認めなかったから、本にまでなってしまったのだと思う。それ自体が問題です。
それにしてもあそこまで手間暇かけて調査をしているんだ、と驚いた。(ああ、1995.3.30の直後に公安警察が来てオウムの車両情報、出家者情報を渡した時、実にありがたがっていたの思いだされる。あれも、私だけでなく、元情報は熊本県波野村や山梨県上九一色村富士ケ嶺の住民の監視活動の成果の上で調べたものでした。情報収集は手間暇かかるもの))

とか書くと、「集団ストーカーに遭ってます」なんていう話が来たりするから辛いです。
2

2011/1/11

若者への謝罪  憲法・社会・官僚・人権

【マジキチ】熊本・阿蘇市の成人式で市長が恒例の歌を披露!
今年はAKB48「ヘビーローテーション」(動画あり)
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1195.html

上記は、下記の新人類さんブログで知ったこと。
http://sinzinrui.blog.so-net.ne.jp/

なんともはや、なんともはや。
こんなパフォーマンスで人気を取った気になっているのだろうか。

かたや、家父長的な発想の石原都知事とかは何をどう言ったのかな。
東京都の税金を、なんとか銀行やら、実現できるはずもないオリンピック招致やらであれだけ無駄遣いして、でも若者に訓示を垂れるのかな。

借金を増やすばかりだった地方自治体の首長などは何を言ったのかな。自分が首長時代の責任でなくとも、これからの若者の負担にもなっていくのです。

ここ数年の市長の挨拶などで、成人になる人に、先に大人になっている代表として、お詫びした人はいないのかなあ、何人かはいるのかなあ、と気になる。

だって800兆円でしたか、国や地方公共団体で、借金を重ねているんだもの。
そりゃ、私とて54歳になるが、そんな借金を支持したこともなければ、そんな政治家や、官僚を支持した記憶もない。
だが、34年間の投票行動の中で、その他もろもろのことの中で、監視不十分、馬鹿だったから、こんな体たらくをさせてしまった、そんな大人の一員であることは確か。

で、20歳はもちろん、うーん20代の若い方々など、
今、あまりに可哀想です。

自分や、まあ今35歳以上の方あたりならば
自分の親の世代よりも初任給が相応に高く、就職口もそれなりにあり
生活状況は、頑張れば親よりも良くなるだろう、
という希望があった。

それが、ここ何年かはとんとないんだもの。
そして、借金は膨れるばかりなんだもの。

世代間格差であるだけでなく、上の世代のいわば「ふしだらな生活」のツケを、若い方に負わせるんだもの。

だから市長は、挨拶でまず若い方に謝り、そのうえで自分なりの考えや励ましを述べるべきなんだろう、と思うんです。

(今日は丸一日証人等の尋問、医師ならば朝から晩まで手術をしているようなもの、なんだろう、実に疲れるものです。医師はもっと長い手術など、それも直接命にかかわるから本当に大変だな、偉いな、凄いな、と思ったりした)
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ