2010/10/31

野沢那智−死去  日常のこと

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%B2%A2%E9%82%A3%E6%99%BA#.E3.83.91.E3.83.83.E3.82.AF.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.9F.E3.83.A5.E3.83.BC.E3.82.B8.E3.83.83.E3.82.AF

野沢那智さん、亡くなってしまったんですね。
上記で紹介されている人です。

53歳の私としては、アランドロンの声よりも、
「ナッチャン・チャコちゃんのパックインミュージっク」です。

TBS系のラジオの深夜放送、1時〜3時
うーん、実に面白かったです。
中学生、高校生時代、夜に勉強しながら聞いていた。
何曜日担当だったか、木曜夜だったかなあ。

なんともまあ、イヤらしく大人の世界を垣間見せつつ、思春期の悩みを交換し、時には政治問題にも切り込んでいた番組でした
自分も、ハガキも何枚かは書いた記憶

文化放送系の、落合恵子とかよりもなんか好きだった。

あそこでの様々な話は、自分の思想形成にも相当に影響しているなぁと
実に感じます。

人間、まじめだけで進むものではなく、
いろいろしょもないことも、しょもない心情もあるのだ
と教えられた記憶。

TBSが昔からすこし好きであるのも、その影響だろう、と思う。

2歳上の松本智津夫は何を聞いていたのかな、何も聞いていなかったのかな、と同世代のものとして思う。

実行犯らの、今の40代であるオウム世代はその下、こんな番組はもうなくなっていたのだろうかな、と思う。

このところの著名人の訃報は、昔から名を知っている人が実に多くなった。
10歳下の人はもう知らないみたい。

まあそういうものだろうけれど。
2

2010/10/25

目新しい国会報道  憲法・社会・官僚・人権

これ、目新しい国会報道、ですね。

こう言うのがもっともっと、多くの国会議員のブログでて書いてくれるといい。他の議員もそれなりに書いているのだろうけれど、文章のプロがかいてあるだけに、やはり読みやすいです。

国会に馴れてくると書かなくなったりされてしまいがちだが、6年間継続してほしいです。

有田さんのブログ
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/


たとえば、
2010/10/25
>10月25日(月)参議院予算委員会に出てから明日の法務委員会の打ち合わせ
>こんなに時間のない準備期間なら新聞記事を引用する議員が出てくるのもよくわかる

2010/10/25
> 新人議員−懇親会が開かれたのは6日でなく7日
>谷さんは私の眼の前に最後までいた。
>「週刊現代」コラムに登場する「新人議員」など存在しない

2010/10/25
>「母親が拉致被害者」ーー拉致問題特別委員会の報道
>10月20日に拉致問題特別委員会で質問
>23日に東京都庁で行われた拉致被害者、特定失踪者を救う集会の「木村かほる」さんのブースで配布

2010/10/23
>参議院の議員会館の地下にはタリーズコーヒー
>店の横にあるテーブルに女性衆議院議員(民主党)が座って珈琲を飲みながらデニッシュ
>その横で秘書は直立で立っている。いや他者から見れば立たされているといった方が正確

2010/10/22
>国民新党の自見庄三郎さんの永年在職記念の謝辞に自民党席から飛んだ「短く!」の野次
>傍聴席には着物を着た奥様と子どもさん、親戚の方々
>そこに放たれた汚い野次
>西岡武夫議長の祝いの言葉に共産党女性議員は拍手もしなかった(自見さんの謝辞には拍手)
>1昨日の拉致問題特別委員会で横田早紀江さんの愛するめぐみさんに訴える肉声を流すことに反対した自民党
>昨日の法務委員会で東大阪署で行われた違法取調べの録音を流すことに反対した自民党

>横田早紀江さんが短波放送「しおかぜ」を通じて北朝鮮にいるめぐみさんに訴えた音声を流してもらった。しかしそこで速記は止められ、院内放送でも放送されなかった。なぜなら自民党参院国対の反対があったからだ。早紀江さんのわが娘への呼びかけは真情深いもので、聞いていた柳田稔拉致担当大臣も涙ぐんでいた。こうした内容が国会放送で流されず、速記録にも残されない

2010/10/21
>「週刊新潮」の記事
>庶民的「焼き鳥」より超高級「焼き肉」市民派「菅直人」美食日誌
>「党関係者」によるコメントである
>これがほぼ間違っている。焼酎の水割りなど飲んでいない
>炊き込みご飯は最後に出たが、少ない分量しか食べず、しかも「のどぐろ」
>予算委員会の質問で週刊誌の「関係者」コメントをそのまま読み上げている議員がいたので、あえてここに書いた次第

2010/10/20
>短波放送「しおかぜ」ヘの財政支援の増強は柳田稔大臣がきっぱりと認めてくれた

2010/10/19
> 外務省は「北朝鮮が相手だから」といった理由で組織体制さえ明らかにしない。拉致問題対策本部は公開するのに、外務省の対応はまったく理解できない。これでは本当に拉致問題に取り組んでいるのかさえわかりはしない。外務省の北東アジア課は瀋陽にある日本領事館に滞在する脱北者の人数さえ明らかにしない。

2010/10/17
>小沢一郎さんと日本酒を飲みながら食事
>小沢さんが言っていたことをひとつだけ紹介
>「せっかく政権交代が出来たんだから、何があってもこれを続けなければならないんだ」。

2010/10/16
>現場を歩いての実感ある質問
>民主党でいえば森ゆうこさんの人工呼吸器についての質問
>行田邦子さんの林業についての質問がよかった。
>菅直人首相との食事は2人だけの3時間
>菅さんが恐縮していたのは、移動するにも20台ぐらいの車が動くということ
>「総理だからこそ言えないことがある」
1

2010/10/23

アレフ−足立区の条例  カルト・宗教・犯罪

下記は、足立区反社会的団体の規制に関する条例です。
原案からは変わったということだが、それでも凄い条例です。

平成22年10月22日全会一致で成立、同日公布施行
http://www.city.adachi.tokyo.jp/reiki/reiki_koufu/44gou.htm

足立区長のブロク゜
http://www.city.adachi.tokyo.jp/011/d01000590.html

ちなみに、問題の物件は下記

所有権は、2010年3月29日売買で取得
所在は、足立区入谷9丁目27番地3、4号

土地は、527u(土地は2筆、地目雑種地)
建物は、鉄筋コンクリート陸屋根4階建、車庫・寄宿舎
−延1,145u、昭和50年3月18日新築

所有者は、合同会社宝樹社
本店−埼玉県越谷市北越谷一丁目20番6号さくらマンシヨン101号
(つまり宗教団体アレフの諸手続上の所在地と同じ)
設立は2007年4月17日、資本金250万円

代表役員は、
橋本英治(アレフの副幹事です、パッチャヤ)

業務執行社員は、上記橋本と、
鈴木一弘(アレフの共同幹事です、バッタジ)
杉内伸浩(ビルパ)              
萩原正英(パンニャマジャッティー)
伊藤精和(アレフの合同会議の構成員、パーモッジャカーヤ)
5

2010/10/19

ぎっくり腰  日常のこと

やってしまった。
久しぶりのこと。
うーん、3年ぶりぐらいか。

昨日、寒い時に、低い所に40分ぐらい座っていて、
ひょっと立ちあがろうとして、「うわっ」と。
その時点では、決して「ギクッ」ではなかった、だが分かった
「あっ、やっちゃった」と。

で、温かい風呂に長くはいり、腰を曲げて眠り
3年前に買ったコルセットをして
痛み止め−どれだって多分同じこと−を飲みつつ仕事
動かなければいいのだろうが、そういうわけにもいかず。

初めてのは、たしか33歳の時
あれは、冬、雪だるまの頭を体に乗せるべく持ちあげた瞬間
「ギクッ」と。
笑い話のような、典型例。這って移動するしかなかった。
外に話して笑われる。

あれから4−5回目かしら。

年齢、寒いとき、一定の姿勢を続けた後、重い物が
キーポイントなんだろうが、重なってくると、
重いものなぞ関係なく、何も持たなくても姿勢の急激な変化でなってしまう。

うーん、動きたくない。
2

2010/10/14

チリ700m地下から33人救出を見ながら。  カルト・宗教・犯罪

チリでの33人救出を見ながら思った。

うーん、
 人には、災害、事故や戦争のことを含め社会にかなり関心がある方と、ない方、つまり自分とその周りのばかりに多く関心を持つ方がいる。

 私、前者の方で、記録や直接の映像などもともとよく見る方です。
 同時に、自分は、近しい人から、人から自分とそのまわりには関心が無さ過ぎる、と批判されもした。
(うーん、いろいろ配慮をしているつもりだし、自分とは何かを考えてもいるつもりなのだが、非常識とか、はた迷惑なこともあるんだろうなあ)。

この違いは、
 男女の差異があるのかもしれないが、必ずしもそうではない。男でも、社会のこと、災害や戦争のことに、とんと関心を持たない人が少なくなくいるもの。
 知的能力の差異による、とも思えない。たとえ床屋談義であっても、知的能力関係なく、外側に関心を強く持つ人は持っている。
 年齢での差異は、まったくない。

 「人間は政治的動物である」なんて言う言葉を誰かが言っているが、一律にそうなのだ、とはとても思えない。もっとも社会は3人からという定義に従えば、周囲から自分がどう見られているかなど気にするのも、政治的人間に含ましめるのかもしれない。それならば、この言葉は正しいこととなる。

だがなあ、
「本当の自分探してよ♪」−歌詞
「本当の自分を見つけてみないか」−宗教の類の誘い
「本当の適職を知らないのでは」−サイエントロジーや、自己啓発セミナーの類
「隠されたものが見つかるよ」−占いなどの類
が実に多い。

話合い活動の際、勧誘方法の危うさや、マインド・コントロールのことを説明して、理解してくれて辞める方もいるが、そんな方のすべてに言いたいのは、実は下記のことなんです。

人間って、玉ねぎなんだって。「本物の自分」という概念なんて、人間の本質に反しているんだ、と。だって、生まれたときはまったくの白紙で、言葉も感情も思想も、その後にできてくるんでしょう。だから、どんどん剥いていったってつまりは見つからないんです。見つけたと感じたらそれは幻想。一つひとつの相矛盾するかもしれない皮が「自分」の断片なのだ、と。

それよりも、たとえ乞食をしていたとしても、自分も社会の一員であり、人類・動物・生物・地球・宇宙の一員である以上、外に関心を持った方が、人生は結局、面白いし、過ごしやすいんじゃないかなぁ、と。

逆にいえば、私はそう言いたく、自分自身の感覚でもある言葉があります。
「そんなに関心を持つ程の自分なの?」「自分も入っている社会全体なんだから、それと取っ組みあわなければならないんじゃないの」と。


*********

 ああ、すこし別のことだが、私、
「自分を気にしなさすぎる」と批判されることが、これまでずいぶんあった。
服装などずいぶん気にするようになってはきたのだが、まだまだ、かも。

だが、
「人は裸で生まれる。」−なんで服装やブランドものとか、贅沢な自動車とかにこだわる人がいるのか、実は全く分からないんです。「素敵ですね、うらやましい!」と言うようにはしているのだが。
「立って半畳、寝て一畳」−なんで見栄を張りたがるのか、分からない。

もとより、見栄を張るようなことをしている人についても、その目的のために真面目に努力をし、そして違法行為もしないまま、ひとかどのことをしてきた人については、
「偉いっ!!」と、心底思っている。

その感覚は、53歳になった今、実にある。
偉いですよ、そういう方。
その点では年をとってよかったなあ、と思っています。 
3

2010/10/9

200歳、年金不正受給など  日常のこと

死亡しているお年寄りの年金を、その子ども(と言っても壮年以上)が受理要していた詐欺事件を契機にした件、その後、書いてなかったですね。

その後、年金自体とは関係なく、定住している筈の「住民票」がある人が、更に戸籍問題と問題が広がったですね。
論点が分かりにくくなってきたが、整理すれば、下記のようなことかと。

先月来の報道によれば、結局
1−戸籍上、最高年齢のお年寄りは、長崎県壱岐の「200歳」ですかね。
2−100歳以上の戸籍で住所の記載のないものが約23万4千人分
3−100歳以上の、住民票ある人は何人?
4−そのうち、生存が確認されていない人は何人?‐85歳以上で800人が所在不明と推計
5−住民票あるうち、となろうが、100歳以上の年金受給者は何人?
6−そのうち、所在が確認されないのは何人?−110歳以上を調べるぞ、と先の大臣は行ったようだが進んでいるのかしら
7−ちなみに、大阪城に本籍を置いている人が800人だとか。

これらは、笑い話のように聞こえるが、実は相続案件などで、大きな問題ではあるのです。
相続人は、死亡者の配偶者と子が第一。子がいなければ、親に行き、親がいなければ直系尊属にいく。直系尊属が居ないと分かって、初めて兄弟や甥姪にいく。

で、例えば、20歳ぐらいで借金をかなり残して死亡すれば、相続人は「相続放棄」をせねばならない、と。
また、例えば、若くして交通事故などで死亡すれば、相続人は損害賠償請求権があり、相続人が動かなければ、具体的には任意保険の保険会社など、相続人を探して案内をしたりする。
また、例えば20歳ぐらいの人が裁判の被告となっていて、亡くなればその訴訟を相続人が継承するかどうかが問われる、と。

保険関係とか、父母、祖父母がいないことが証明されれば、曽祖父母の所に行く、と。祖父母で4人、曽祖父母は8人だと。
実際は、まあ100歳を超えていそうであれば、それ以上の戸籍を追わずに、「その他相続人なし」とまた関係人全員が証明書を出したりして、対応している。

だが、まあ、かなり正確さを求めている不動産の相続-登記-については、江戸時代に生まれた人の戸籍やら寺の人別帳まで要求されたことがあったし。今はそんなことまではなくなつたかなあ。

今は、120歳くらいまでは、生きていることもありえる訳で、これらのことを今後、実務に反映させれば、更にいろんな書類を求められることになるんだろう、と思う

で、
1−戸籍上200歳
凄いですね。壱岐市では、ギネスブックに申請すればいいのに、と思う。まあ、ギネスはイギリスで、戸籍なんてなくて証明書の類で進めている筈だから、この「書類上生きている最高齢」という概念が、かななか分かってくれないかも。

2−100歳以上の戸籍で住所の記載のないものが約23万4千人分
なるほど、職権抹消の対象ですよね。一応、その子、孫、ひ孫らに聞くこととするのかな。120歳以上は必要なしだが、その下だと聞くのかな。
人数がここまであるとは驚きだが、行旅死亡者というのが昔からかなりいて誰か分からないままだがら戸籍だけ残っていても不思議はない。また、死亡自体が発見されておらず、認定死亡も失踪宣告も関係人がしていなければ、このようなことになる。、

で、調べても未だに分からないのが、新聞報道では気軽に書かれている「職権抹消」です。これをしっかりやってこなかった所で、この人数が多い。
住民票の職権抹消は、勿論根拠と実例が多数あるのだが。

だが、戸籍法を見てもどうにも見つからない。まあ本を読めば見つかるかもしれないし、市役所の担当者に聞けば実務上の扱いを教えてくれるとは思うが、具体的な案件があるのでもないのに聞くのもなんだし。

どなたか、分かる方は、おられないでょうか。どこかに根拠があるはずだと思うんだが。

3−100歳以上の、住民票ある人は何人?

どこの方どうにも見つからない。どこかに出ていないかな。

これ、前も書いたと思うが、選挙ハガキが届かなかったりすると、割と早くに職権抹消されるはずだが、なんでそうなっていないのか。抹消されて、後に必要なので住民票を取ろうとして再登録するときに、過料何千円とか氏はらをされたり、と言うことです。
郵便だけは届いていたのかな、子どもが受領したままだったりしてね。

4−そのうち、生存が確認されていない人は何人?

85歳以上で800人が所在不明と推計、みたいなこと報道があったが、これこそ市役所は調べていくしかないのではないな、と思う。
それを年金停止にも反映させないと。

5−住民票あるうち、となろうが(まあ、住民票なくても現況届出を確実に誰かが本人名義で出していれば支給され続けているかも)、100歳以上の年金受給者は何人?

ここからは詐欺事件があり得るか、問題ですね。

6−そのうち、所在が確認されないのは何人?−110歳以上を調べるぞ、と先の大臣は言ったようだが進んでいるのかしら

これこそ、を急がなければならない、と、住民票調査と合せて、何時までぐらいにできるのかしら。110歳以上とした所がみそなんでしょう。100歳以上、90歳以上、と広げていくべきなんだろうけれど、急いでほしいものです。

何人の子ども、孫らが不正受給しているのか、何十億、何百億円?になるのだろうか。


7−ちなみに、大阪城に本籍を置いている人が800人だとか。

うん、戸籍は皇居の住所にだったおけるから。
これ、関西の旧い方の感覚では、部落問題と絡んで、そんな転籍をする人は未解放部落出身なんだなんて匂わす形で、ネットに書いている人がいますね。
驚きました、なるほど、そんな感覚を持っているのか、と驚きました。

実際、実際に居住している新たな所に転籍しようとしたら、年とった親に叱られた、なんて聞かされたことがありました。なんともお。
そんな先入観とか、未だに部落云々で差別したがる感覚、分からないです。人は人を差別したがる哀しい生き物なのかな、差別される危険性があるからそんなことに気を使うのかな、と不思議に思いました。

ちなみに、私、結婚した時に済んでいた水戸のアパートを、婚姻後、最初の本籍にしてました。そういうものだと思っていたので。
後に、親元もあるのに、また、1年も立たずに遠くに引っ越す予定なのに、そこを本籍にするとは、馬鹿なことをしたものです。勿論転籍しました。

ああ、オウム真理教では、まさに最初のうちは、住民票だけでなく本籍まで富士宮に移動させていたようです。
それが出家者と言うものだ、と言うことだったみたい。
麻原死刑囚は、あの富士山総本部を、やはり一つの国にしたかったんだろうな。
4

2010/10/1

中国とは違うのだあ−部長検事に逮捕状  憲法・社会・官僚・人権

9月22日に書いたこと、ここまでなったですね。

ことここで逮捕する以上、起訴までするのでしょう。「過失」なんて「更新日付」がいじった日ではない以上、ありえないことです。弁解は「フロッピーなどのことまるでわからないです」というところだろうか。確かに、中にはそんな人がいるものではある。
この2人は、まあ執行猶予判決だろうけれど、凄い話です、問題は多い。

だが、表題は「中国とは違うのだあ」としました。
それなりに健全な国家であること、民主主義国家であることを証拠づけるものだから。
******
大阪地検前特捜部長と前副部長の逮捕状を請求
証拠品のフロッピーディスク(FD)改ざん事件
最高検は1日、大坪弘道前部長(現京都地検次席検事)と佐賀元明前副部長(現神戸地検特別刑事部長)を犯人隠避容疑で逮捕する方針を固め、逮捕状を請求
******
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ