2010/7/30

千葉法務大臣の死刑執行−批判に関して  憲法・社会・官僚・人権

なんともまあ。下記のような批判。
それも、死刑維持派、廃止派の両方の一部から。

いわく
1−落選し民間からの法務大臣なのに。
2−法務大臣でいることへの批判を避けるために、死刑囚とはいえ命を利用した。

何を言っているのか、と。

1−法務大臣は、なっていることそれ自体で、もう「民間」ではありません。
国家として刑の執行を代表する立場です。

そもそも、「民間人」だとしても、なんら死刑執行を命令することに矛盾はないです。国家の刑罰権の独占は、国民から刑罰権を奪った代償であり、もともとは国民の権利に由来するのだから。

2−これが、落選したのに法務大臣でいることの批判を避ける材料になるはずがないではないですか。

実際、そんな材料になどなっていないのだし、なるはずがない。
そんな1―2か月法務大臣でいることの批判なぞより、死刑を自ら執行することの重さの方がはるかに重いのが当り前ではないか。


死刑維持派からそんな批判もありえることも覚悟で、執行したのでしょう。まして、親しかった死刑廃止論の方々から「裏切り者」にされることも覚悟で執行したのでしょう。文字どおり身を切られる想いだった筈です。
いわば、自ら泥水を飲んで、死刑制度を国民に問うた、のです。凄い覚悟だな、と私は敬服するのです。

重要なポイントは、
1−死刑廃止の立場に立っている自分だが、法務大臣であるが故に執行するということの重さ。
2−死刑の重さを、自分として、国民にも知ってもらうべく(まして、偶々国会議員ではなくなる)執行に立ち会うこと
にあるのです。


法務大臣になった直後から、死刑執行の案件について何件かは法務省刑事局から来ているはず。大量の資料とともに。そして時々進捗状況や意向を法務官僚から問われる。

中には、改めて確かに死刑しかない、執行する他ないと感じる酷い事案がある。

改めて自分の死刑廃止という思想と、違憲とはされていない現行法での法務大臣の職責を問いなおさざるを得ない。

前回の死刑執行から1年がたとうとしている。

このまま自分が法務大臣から離れれば、また死刑執行が始まる可能性がそれなりにある情勢となってきた。

後々の法務大臣で、慣例でもないのに、死刑執行に立ち会う人はいないだろう。

であるならば、自らが命じ、それも死刑執行に立ち会う以外の選択肢はない、と判断したのだろう、と思う。

(追加−直接には「法務大臣は、死刑執行に立ち会う覚悟がなければサイン・印をしてはならない。」とルール化させるため)

今、実に多くの意見が表立って出ているだけでなく、ご本人に直接にも、匿名ででも、実に多くの嫌がらせや攻撃が届いているでしょう。

私は、千葉さんの畏ろしいまでの苦悩と判断を理解しようとしないで批判するのは、間違っていると思います。

千葉さんは、ひどく真面目な人であり、心配します。
私は、退任された後、心から「お疲れさま」と言いたいです。
死刑求刑事案の刑事弁護はもうできないだろうけれど、でも、普通の弁護士に戻りましょう!、と。

(追加−こんな資料がありました。
「求刑した検事、判決を出した裁判官、それに法務大臣らが自ら執行すべきだ。それが責任だ」。28日に死刑を執行された尾形英紀死刑囚(33)は、死刑廃止団体「フォーラム90」が2008年に死刑囚77人から集めたアンケートの回答で、そうつづっていた。アンケートをまとめた本は千葉法相にも手渡されていた。
 尾形死刑囚は「ほとんどの死刑囚は反省し、被害者の事(こと)も真剣に考えている」としながら、自分については「死を受け入れるかわりに反省の心をすて、被害者・遺族や自分の家族のことを考えるのをやめた」と、自ら控訴を取り下げた心境を明かしていた。
 また、同じく28日に執行された篠沢一男死刑囚(59)も「いつ死刑になるのか、きもちのせいりがつきません。死刑はざんこくなものです。まい年、確定の日などはねむれません」と答えていた。 (asahi.com))
11

2010/7/28

死刑執行−法務大臣立会  憲法・社会・官僚・人権

*********
読売新聞−死刑の執行は09年7月以来約1年ぶりで、民主党政権では初めて。執行されたのは、00年、宇都宮市の宝石店で女性従業員6人を焼死させた篠沢一男死刑囚(59)と、03年、埼玉県熊谷市などで男女4人を殺傷した尾形英紀死刑囚(33)。両死刑囚とも、07年に死刑が確定していた。また、千葉法相は、自らが執行に立ち会ったことも明らかにした。

*******
 産経新聞−「私の命令の下に2名の死刑を執行しました」−。千葉景子法相は会見でこう発表し、執行にも自ら立ち会ったと明かした。これまでの慎重な姿勢から一転、執行に踏み切ったが、今後、存廃を含めた死刑の在り方についての勉強会を立ち上げるとともに、東京拘置所の刑場を報道機関が取材できる機会を設けるよう指示したという。
 千葉法相は大臣就任前まで「死刑廃止を推進する議員連盟」のメンバーだった。就任以来、会見などでは「大臣の職責だが、大変重い刑罰だと認識している。慎重に対処しなければならない」と話してきた。
 内閣府の世論調査で今年2月、死刑制度を容認する人の割合が過去最高の約85%超に達していることが判明。千葉法相は「非常に高い数字だ」としつつ、「死刑制度の在り方について、国民的議論の場を作っていかなければならない」として、執行を避けてきた。ただ、これまで「議論」を起こすための具体的な動きはみられなかった。
 このため死刑囚は増加。前法相時代の昨年7月に執行された時点での確定死刑囚は101人だったが、この1年間でさらに10人以上の死刑が確定、病死などもあり、今回の執行前の段階で現在の死刑囚は109人と過去最高の水準に達していた。
*******

千葉さん
凄いな、敬服、と感じます。

そりゃ、死刑廃止論者や多くの弁護士から見れば、就任まで死刑廃止議員連盟の幹部?をしていたのに、なんなんだ、と怒るだろう。
まして、落選してしまい、9月にあるだろう内閣改造ではまず法務大臣職から離れる状況なのだから、いかに法務省幹部に強く要請され続けていただろうとはいえ、なんなんだ、と怒るだろう。

取り調べ過程の可視化でも、事件の全体ではなく一部についての可視化を容認するようなことを最近言い出しており、なんなんだ、と怒るだろう。

つまりは、司法官僚としての法務省幹部の言いなりになっている、と。

でも、でも、と思う。

私は強硬な死刑存置論者であり、ただ法務大臣らは立ち会うべき、としてきた。国家としての殺人であり、命の大切さを示すためにも。
2009.10.24など。http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20091024/archive

廃止論者の中にもこの立会主張自体には、賛同する声が出ていた。

だから、執行をし、かつ立ち会われたこと、実にえらかったと思う。関西方言でのお疲れさまでした、と言う意味も含めて。
執行した刑務官らとしても、その点、実に嬉しかっただろう、と思う。心の中で涙を流しながらの執行だろうから、最終責任者たる法務大臣が立ち会うことは刑務官の納得材料ともなる。

日本の、司法の歴史の1つになった。

死刑廃止論者にとっては、意外な現実でしょうけれど。
刑事記録をしっかり読みこんでいけば、サイン・印をするしかないと思う事件はあるものです。

次は、刑事訴訟法上可能な、被害者や遺族らで希望する人が立ち会うことを、何とか実現させて欲しい。

これをもとに、死刑執行にはすべて法務大臣が立ち会うことが慣例となっていくことを望む。そして、刑事訴訟法も、そのように改正すべきと思う。

(上記リンク先を一部加えるなど一部訂正し、かつ一部、そんな誤解があるのかと驚いたので、下記のこと書き加えます。
メディアから一部問い合わせがあったが、千葉さんから私には今回の執行のこと、何ら知らされていません。示唆も勿論なかったです。確かに同一弁護士会所属で千葉さんが1つだけ期が上だったりその他25年以上前から知りあいですが、その限りです。就任後は弁護士会主催のパーティーなどで顔を見るだけでした。挨拶でも死刑のことは一切言わずでおられました。千葉さんが私のブログを見ていたかどうかも、知りません。
なお、松本智津夫死刑囚の死刑執行に関しては私はもともと法務省あて上申をしています。)
10

2010/7/26

カルト教祖の地位  カルト・宗教・犯罪

オウム真理教を考える一端

2チャンネルでの誰かの書込みですが、まさにそうだな、
実際、そうだったんだし、と思ったので、転載。

しかし凄い話だ。

ウンコの話は、私も麻原法廷で述べてきた。
教祖麻原がいかに「絶対的な存在」だったのかを示すために。

絶対性は、人を殺すことについてだけではない、
「真理の御魂 最聖麻原彰晃尊師」だからこそ
ウンコ指示やそんな「イニシエーション」?もできたんだと。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/psy/1277132039/

************
777 :神も仏も名無しさん:2010/07/25(日) 14:52:12 ID:WoorG5zW
あのね。恋愛ってのは行き過ぎると倒錯した世界に入り込むんだよ
男に振られて自殺考えるとか、心中するカップルとか。
別に好き好んでウンコ食いたいとは思わない。
ただのめりこむとそう思えても不思議じゃないほど倒錯しちまう可能性がある。

恋愛よりもっと倒錯した世界が宗教だ。
あんただってカルト宗教にはまった人だろう?麻原拝んでたんだろ?
ウンコ食えるかもどころじゃない倒錯した世界にはまってたんじゃないのか?

そういえば上夕は麻原の精液飲んだんだっけ?
好きな女のウンコ食うより異常じゃないの?
ノンケが汚ねえオヤジの精液飲むなんてよ?

************
3

2010/7/23

FX・先物と、賭博罪  メディア・ネット

どもっ。
********
第23章 賭博及び富くじに関する罪
(賭博)
第185条
賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第186条
常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
(富くじ発売等)
第187条
富くじを発売した者は、二年以下の懲役又は百五十万円以下の罰金に処する。
2  富くじ発売の取次ぎをした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
3  前二項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。

**********

FXとか、証拠金での外為取引とか、実にまったくメディアが宣伝している。テレビでは実に1秒以下の注意はあるが、なんか夢みたいな内容の宣伝。新聞やそのサイトでそう宣伝している。危険性は書いてあるが、まあ夢を多く描いている。

だがなあ、そもそも不思議なんです。仮に危険が十分に書いてあっても、これは「賭博」でしょうが。なんでそんなの販売・宣伝していいの?と

なんかFXって、400倍まであるとのこと、凄過ぎる。
400倍ので契約すれば、100万円で4億円の取引ができる。つまり400分の1=0.25%価格が上がれば、200万円になると。
逆に、0.25%下げれば100万円はなくなる、と。1%下がればあと300万円出さなければいけない、と。10%下がれば、4300万円を出さなければならない、と。

弁護士として多く闘ってきた先物取引なぞでも(現物と言う先物もあったりしてね)、10倍程度が多かった。それでも次々と追加証拠金を求められ、損失を被った人が多い。

そしてもちろん、それら売り買いには、相応の手数料がかかかると。証拠金を超えた手数料となっていたりして、仲介業者だけは損をしない。凄い話。

信じがたいことなんです。手元にないお金で賭博をするんですから。

合法なパチンコ、宝くじ、競馬、競輪、競艇にしても、違法な丁半博打、ポーカーゲームなどにしても、スッカラカンになることがあっても、100万円で1000万円とか、4億円の取引などできない。
そりゃ、その挙句に借金漬けになることはあっても、そうは借りまくれない。まあ最大年収の10倍程度までを、数年以上かかってつくっていくくらい。それでも職を失ったり、横領事件の発端となったり、自殺、一家離散などの悲劇が多くある。ギャンブルだからね。

で、これまでも酷いものだったんです。大会社やマスメディア。ギャンブルとまで言わないが、一時払い養老保険や投資信託なぞ、損失を多くの国民に与え続けているのに、知らない振りであり、報道もない。大切な広告主だからかな。

国民の中には、生命保険の満期金が予定通りに来るものと思っていたりする人もいる。それは幾らなんでも知らなさすぎ、と言いたいが、「確実」みたいなことを大手の生命保険会社の人や勧誘銀行が言ってたのですから。

で、今度は、大手の会社がギャンブルに誘い、メディアがその宣伝を平気でしている、と。本当ならば逮捕され重く処罰される「賭博」よりもはるかに危険なレベルの賭博行為を、堂々としているんです。実に、不思議です。

相撲の世界でのギャンブル、暴力団云々と異なり、多くの国民に大変な被害があるのです。というか、大会社がヤクザ化し、メディアがその提灯持ちかと。

どうぞ、皆様、騙されないように。


それから、生きるためとはいえ、そんな会社で働いている方々、なんとか外の仕事を探しましょう。後の夢見が悪いものです。判断基準は、自分の親や子どもを客や同業者として誘える仕事かどうか、なのだろうと。
5

2010/7/18

私の♪ブライド  カルト・宗教・犯罪

末尾は野田君日記の下記から、一部転載
http://alephnoda.blog85.fc2.com/blog-entry-467.html

貴重な資料なので、備忘録までに。野田君ご容赦を。
そう、それが現役さんと、幹部信者さんの考え方なんでしょう。

事実を確認しようともしない「見猿る」「聞か猿」となるか
自らが「救済する側」なんだ、という自慰行為を重ねるか、だけ。

つまりは、プライドという煩悩を捨てられず、飼い馴らすこともできない。
凡人とて、生きていく中で飼い馴らせるようになっているのに。

自らのしていることが、
・どれほど被害者らを悲しませ
・先達であった人らの死刑執行を推進しているか
分かろうとしないまま。

真理を求めるならば、自らの内外の何ものをも、怖れないはずなんだが。

草々
*********
 先月終わり、ある新規入信者から相談を受けた。ヨーガの修行をしてみたいと思ったが、麻原のビデオを見せられて躊躇したという。東京道場の信徒対応者がその人に貸した本があるが、そのタイトルは「悪魔が日本を嘲笑っている」。この本の内容とは、近年起きた凶悪事件が、フリーメーソンその他の陰謀によるものだとしている。神戸の14歳少年による酒鬼薔薇事件や、オウムの坂本弁護士事件・地下鉄サリン事件・松本サリン事件も陰謀によるものとしているし、その上で麻原を称賛している。著者は「有賀裕二」となっているが、確か元信者だったと思う。

 現在のアレフは、このように現在も「事件は陰謀」との主張を維持している。いや正確には、荒木君他上層部は事件の事実関係を認めてはいるが、末端信者は事件について思考を停止した状態である。分からないので考えないようにしているか、陰謀論のような自己正当化できる考えに依存しているか、である。

 では松本家含めた上層部はどう考えているのであろうか?獄中のある幹部が語った言葉をここに引用しよう。これは「事件の被害者のことをどう思っているのか?」という質問に対する答えである。

 「未来、私が仏陀となって彼らを救済します。」
*********
5

2010/7/12

参議院議員選挙−投票方法  憲法・社会・官僚・人権

昨日が投票日だったのだが、一昨日に期日前投票をした。

1−
期日前は住所・名前・所用を一応書いて投票権をもらうのですね。

私はまあ、立会人に知っている方がいたし、投票案内の郵便を持っているからいいけれど、この程度の確認でいいのかなぁと心配。
二重投票とか酷い人もいたようだし。まあでも、あまり厄介にすると障害になりすぎるし、難しいところでしょう。

2−
で、選挙区選挙の方は、まあ地元で以前から知っている千葉景子さんに投票。法務大臣なのに、このままだと麻原死刑囚にまでハンコを押さないのではないか、と心配だし、取り調べの可視化はもっともっと検察当局と闘ってほしいが、全体としては支持できるので。

しかし、落選してしまった。うーん。なんとお。

3−
比例区の方は、ああ、そうだ参議院の比例区は、全国一緒だったんだ、と再認識しました。私、神奈川県なので、有田さんにいれられるのか、いまいちわからなかったので(恥ずかしい)。

で、名前を探したら、やたら多くの人の名が書いてあり、民主党の中の最初の所に有田さんの名前。ああ、アイウエオ順なんだ、と。

で、これだと、もともと著名人の有田さんは、最初に名があることからも、当選確実だろう、と考えた。

で、とある政党名で入れました。

4−
うーん、どこに名前があるかで投票数は有意に異なろうから、不公平ではないかなぁ、とも思う。

実際、有田さんは民主党で最高得票だった。
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/kaihyou/yb018.htm
実に、票集めのための国民を愚弄した候補=ヤワラちゃんよりも多い、と。

これは、民主党の冒頭にあるのも理由の一つだったのではないか、と思う。
失礼ながら、そう思いました。

5−
ちなみに、衆議院議員選挙の時に一緒にする最高裁裁判官の信任?投票にあっては、まずまず大抵は、冒頭の人が最も×の比率が高いのです。

6−
参議院は、「良識の府」にするのが本来。
政党色はなるべく外すべきもの。
政党に入らなければ出られない比例選挙は、どうにもおかしい、です。

また、地域での票の平等も、衆議院ほどには厳しくなくてよいと思う。

全国の47都道府県から1人ずつ47人、小選挙区。
全国選挙区から53人とか、が一番いいように思うんだが。
それが3年ごと半数改選で、200人となる。

7−
ちなみに、衆議院は、
全国の47都道府県から2人ずつ94人、小選挙区。
政党別の比例代表で、400人
合計494人とか、が一番いいように思うんだが。

自分は、小選挙区制主軸つまりは死票があまりに多いのは、
実におかしいと考えます。
衆議院は、国民世論を相当に忠実に反映すべきだから。
2大政党制は、日本のようなまだくだ同質性の高い社会の場合、無理して導いていく必要性を感じないから。

8−
それにしても、菅総理大臣、
消費税なんであのタイミングで言いださなければ勝っただろうに、
なんとも、です。
ただ、転んでもたただでおきず、「議論を!」と記者会見したのは、さすがおぼっちゃま政治家とは違うんだな、と思った。

自民党も10%自体は了解なのだから、あれで消費税10%をいわば既成事実にしてしまった、
と言う政治的効果をもつ選挙となったのだから。

ちなみに、国会議員・大臣の歳費やら手当を10%まず減らす、ということを宣言したうえで消費税を言えばいいものを、とつくづく思った。
一般社会では収入はむしろ下がっているのですし、国会議員の歳費・手当はもともと高すぎると考えるから。

9−
なお、その後、サッカーを見てしまった。
オランダ・スペイン
うーん、さすがは決勝戦、凄い、高いレベルだと、素人が見ても分かる。
スペインが勝ったが、まさに両者に拍手です。

魔法のようなパス回し、でした。感動しましたです。

教育テレビで、解説もうるさくなくて良かったです。
******

以上、実に久しぶりの書き込みでした。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ