2010/4/28

「大陪審」と「国鉄の分割民営化」  憲法・社会・官僚・人権

表題の2つは、たまたま2つ書くだけです。

小沢さん。27日に検察審査会の結果が出るんだったんだ。

昨年法律が変わって、2度「起訴相当」となれば強制起訴だからね。不安だったのだろう。で、「起訴相当」か、凄いことです。

英米法では「大陪審」というのだが、類似した起訴相当2回で強制起訴とするのは、検察官の起訴独占主義が崩れてきたのであり、大きな司法の改革でした。東京地検特捜部あたりはもっと進めたかったはずであり、実は喜んでいるかも。
この制度については、裁判員制度と異なり反対する弁護士もまずいなかったです。巨悪に向かう市民という構図ともなろうから、です。まあ起訴されても無罪と言うことが増えるかも知れないが、裁判所で公に実際に審理すべき事件が「起訴猶予」とか「嫌疑不十分」で闇のままと言うことを減らすことができる。大変に意義あると)

***************
ちなみに、福知山事故で強制起訴された3人のうちの
井手正敬氏

彼は、国鉄の分割民営化の過程で、国労組合員などに酷い差別人事と安全運航無視をしてきた首領3人のうちの一人です。
福知山事故でもとんと謝罪に出て来ない、なんともぉ、ひどいことを重ねたです。
下記に説明があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E6%89%8B%E6%AD%A3%E6%95%AC

台車、線路、架線などなどの検査期間のひどい延伸・省略、能力ある運転士でも所属組合で不採用やら、売店やら「閉じ込め」やら掃除をさせる「人材活用センター」に移動させ、
組合所属さえ労使協調ならば慣れておらず能力もない人に運転させ、結果、冗談でない異線侵入とか、オーバーランとか、通信ミスとか、改札ミスとか重ねさせてきた方です。

福知山事故で、運転士への圧迫の元凶とされた「日勤教育」という名の嫌がらせは、分割・民営化の時から始まったものでした。

老齢になって、ついに被告人になりました。
***************
6

2010/4/27

グァム移転の可能性について。  外国・外交

http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/
上記の有田芳生さんブログの4月26日に、下記のとおりなっていたので、有田さんに出典を聞きました。
********************
ジェイムズ・コーンウェイ米海兵隊総司令官も昨年六月四日の上院軍事委員会で「普天間代替施設は完全な能力を備えるべきだが、沖縄では得られそうもない。グアムや周辺の島々、他のアジア太平洋地域で訓練にふさわしい場所を検討している」と語っている。政府は「グアム統合軍事開発計画」などアメリカ軍事戦略の内在的論理を前提に毅然とした交渉をするべきだ。
********************

すると、下記を教えられました。なーるほど、なんとも、なんとも。

http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/1963.html
宜野湾市のホームページ中の11月26日の所
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/2556/2581/2582/37840/37844.html
http://www.city.ginowan.okinawa.jp/DAT/LIB/WEB/1/091126_mayor_1.pdf

やはり、米国としても、海兵隊を沖縄に残存させずとも対応できることを分かっているというべきなんだろう。
中国が万万が一台湾進攻する時などは、少なくとも数ヶ月前から予兆があるのであり、第7艦隊が近海を遊弋するだろうことと同様、対応できるはずだから。

とするとなあ、今回のキャンプシュワブ沖のV字型滑走路なんて、米国として、単に基地を増やしておきたい−日本の基地ならば費用も日本が持ってくれるし−それが実現できないときは金銭に変えたい、または後々撤退の時に金銭に変えたい、という程度のことではないか。

そうでなくとも、グァムへの移転には数千億円?だったか日本が負担するのでした。それに更に上乗せをさせられてしまうかもしれないが、県内、国内ではなく、グァム移転と言うことで普天間基地の閉鎖が可能なのだろう、と思う。


移転先は招致しているのですし(これ、余り報道されていないのはなぜなんだ?不思議)

**************
以下は、上記宜野湾市のサイトの一部転載です。ぜひとも上記宜野湾市のサイトを直接ご参照ください。

平成21年11月26日、衆議院第二議員会館において、与党国会議員に宜野湾市長による下記の内容の説明
※平成21年12月11日、新たな資料を追加して、再度講演を行いました。資料も更新

沖縄等基地問題議員懇談会 2009/12/11
「普天間基地のグアム移転の可能性について」
伊波洋一(宜野湾市長)

1.海兵隊のグアム移転が司令部中心というのは間違い。沖縄海兵隊の主要な部隊が一体的にグアムへ移転する。普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊も含まれる。

●「再編実施のための日米のロードマップ」(2006年5月1日)は次の通り。
「約8000名の第3海兵機動展開部隊の要員と、その家族約9000名は、部隊の一体性を維持するような形で2014年までに沖縄からグアムに移転する。移転する部隊は、第3海兵機動展開部隊の指揮部隊、第3海兵師団司令部、第3海兵後方群(戦務支援群から改称)司令部、第1海兵航空団司令部及び第12海兵連隊司令部を含む。」
「沖縄に残る米海兵隊の兵力は、司令部、陸上、航空、戦闘支援及び基地支援能力といった海兵空地任務部隊の要素から構成される。」
同時に、X字型の1800メートルの滑走路を持つ普天間飛行場代替施設についても2014年までの建設の完成を目標とすることが合意された。

●2006年7月に、米太平洋軍司令部は、「グアム統合軍事開発計画」を策定し、同年9月にホームページに公開した。その中で「海兵隊航空部隊と伴に移転してくる最大67機の回転翼機と9機の特別作戦機CV−22航空機用格納庫の建設、ヘリコプターのランプスペースと離着陸用パッドの建設」の記述。すなわち普天間飛行場の海兵隊ヘリ部隊はグアムに移転するとされた。宜野湾市では、この開発計画を2006年9月公開と同時に入手して翻訳して市ホームページ上で公開した。

●この「グアム統合軍事開発計画」について、宜野湾市としては普天間基地の海兵隊ヘリ部隊がグアムに移転する計画であるとしてきたが、前メア米国沖縄総領事は、紙切れにすぎないと言い、司令部機能だけがグアムに行くのだと主張した。しかし、この三年間この計画に沿ってすべてが進行しており、先週11月20日に、同計画に沿った「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」が公開された。ドラフトは、9巻からなり、約8100ページに及ぶが,概要版(Executive Summary)、及び第二巻「グアムへの海兵隊移転」と第三巻「テニアンへの海兵隊訓練移転」において、沖縄からの海兵隊移転の詳細が記述されている。海兵隊ヘリ部隊だけでなく、地上戦闘部隊や迫撃砲部隊、補給部隊までグアムに行くことになっている。

●2007年7月に、沖縄本島中部の10市町村長でグアム調査を行った。その際に、グアムのアンダーセン空軍基地副司令官に沖縄の海兵隊航空部隊の施設建設予定地を案内され「65機から70機の海兵隊航空機が来ることになっているが、機数については動いていて確定していない」との説明を受けた。

●2008年9月15日に、海軍長官から米国下院軍事委員会議長に国防総省グアム軍事計画報告書として「グアムにおける米軍計画の現状」が報告された。その中で沖縄から移転する部隊名が示されており、沖縄のほとんどの海兵隊実戦部隊と、岩国基地に移転予定のKC130空中給油機部隊を除いて、ヘリ部隊を含め普天間飛行場のほとんどの関連部隊がグアムに行くと示された。
**************
4

2010/4/26

小沢さん焼きが回っているのでは  日常のこと

前原さんと小沢さんの話。

確かに大都会周辺は一部高くなる、と。

で、小沢さんが民主党幹事長として−一方で道路建設も求めながら−マニュフェストと違うと、批判している、と。

しかしなぁ、そもそも高速道路の無料化って、そんなに国民から支持されたのかな。
そうは思えないのだが。

賛成するとしても、混雑がまあ甘受できる限りでのことではないかなあ。

地方であれば、使われていない面があり、まだまだ意義が分かる。
無料にしつつ、そうすれば入出路を増やすことでき、かなり意義がある。

しかし、大都会やその周辺などは、料金が安くなればなるほど混雑する。いつかは無料にしたいなどと誰が思うのか。と。機会費用の損失というのですか、実に渋滞がバカらしくて頭にきます。

首都高は、たしか昔は300円ぐらいだったかな。1000円でいいから早く走りたい、と思ったものです。まだまだ似たようなもの。

大都市とその周辺など、無料化など尚更に反対です。空かせるために、すこし高くなったっていい、と。

高速道路、6月からの料金体系は下記にあるのですね。
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000103.html

どうということはないではないか。
大都市でも、数割の値上げではないか。むしろ道路が空いていいではないか、と。
大都市周辺でも入出路を多くしてほしいが、それは無料化ではなく、ETC対応でするほかないのではなかろうか。

地方では、平日、特に安くなるではないか。休日は1000円限度から2000円限度になるが、いいのではないか。無料化への方向であることは確かではないか。何が悪いのか。


小沢さん、焼きが回っているのでは、と思う。まあ自分で首都高速周辺とか運転したことがないのだろうなぁ

草々−タバコは400円より更に高くなってもまあ甘受するから、吸う場所をもっと作ってくださいよぉ。店舗も禁煙ではなく分煙にしましょうよぉ。駅内に金魚鉢スペースを作ってもいいではないか、と。でないとタバコ吸いの業により「居直りマナー違反者」が増えてしまい、藪蛇になるだろうと確信する私より。
3

2010/4/25

子ども手当−外国居住の子ども  憲法・社会・官僚・人権

>尼崎市の子供手当の騒動
>50代とみられる韓国人男性
>妻の母国のタイで子ども554人を養子縁組していると説
>子供への送金記録や子供と定期的に会っていることを証明する数十枚の書類
>人数が多すぎるなど不自然な点があり、厚労省と相談した結果
>「実際に養育しているのかどうか調べる手がかりがない」
>申請書の受理を拒否

しかしなあ、本当にここまでのことをする人出るのだな。正直驚きました。詐欺未遂で立件可能か、警察・検察は直ちに動くべき、と。

「受理を拒否」という変な形で対応するのは実におかしい。通達行政もおかしい。制度を変えるべき、と思う。通達で50人までとかとするのも、実におかしい。

というか、施行までにはこのあたりしっかり決めて施行するのだと思っていたら、そうでもないんで、驚き。官僚が民主党に恥をかかせたかったのかしら。

で、こんなニュースでみられる事態もあるとき、外国で5人程度の子どもを観ている、なんていう程度の偽りの申請は実に多くありそうです。しかし、偽りでなかったら支給すべきなのか、と不思議に思う。

というのは、日本人でも、外国の多数の子どもらを見ている実に偉いなぁという人も何人もいるですよね。カンパを日本で集めたりしている。5人くらいならかなり数多く、50人だっているのでは?実際に、子どもの生活は、日本でのその人の活動の双肩にかかっていたりする。フォスタープランなんか、養育について全面的な負担ではないが、広くされて来ているではないか、と。そんな場合も、その方が日本に生活の本拠をまあ一応おいていれば、養子になっていれば勿論なっていなくても支給対象となる、と。

うーん、おかしいです。
それは、日本の外国の子どもたちに対する支援と言う観点で議論され立法するならすべきことであり、
子ども手当の立法趣旨は、違うと。日本での少子化対策であり、まあ今回は景気対策でもある、と。従って、外国に居住する子どもについては、外国人だろうと日本人だろうと、支給対象から外すべきでないか、と。すこし考えたただけ書いてしまう素人で申し訳ないが。

もともとの児童手当がそうなっていたから、そのままになったようだが、元々が「おかしかったのだ」、と言うべきかと思う。

そりゃ、両親が日本国民で外国に数年だけ行っている時には出ない、と言うのは悪いような気もするのだが、それは仕方がないとも思える。または何か特例規定を作ることで対応できると思う。

なお、
こんなニュースが出る事態とになるのが分かってた
   ↓
批判されるのが分かってた
   ↓
そのうえで改正するということで、誰も反論できないようにする

という方策だったのだとすれば、それは凄い政治的感覚です。鳩山さん、こんな論点では「君子豹変す」で直ちに法案の修正案作成、提出を指示すればいいものを、と思う。こんな朝令暮改ならば「過ちをあらたむるに憚ることなかれ」で良いではないか、と。


3

2010/4/24

普天間基地−返還について。  外国・外交

今日は日帰りで名古屋に。3か所。
市内ばかりだが、実に都会地だなぁ、平らだな、と思いました。
何度も台風、雨、高潮で大変なことになってましたですね。
実感としてその通り感じました。

*********
で、普天間基地問題につき考えるに、
真実、議論するならば考えておかなければ、ならないことがある。
(それにしてもこの一週間、−神奈川県の大和と綾瀬にある−厚木基地はうるさかったです。5階になってから益々電話の声が聞こえん!!)

http://obiekt.seesaa.net/article/136231624.html
上記で明らかなとおり、台湾問題です。

うん、朝鮮有事や日本本土を守るための沖縄の基地でないことは、少し考えれば分かること。昔、まだ沖縄で自動車が右側通行だったころ−返還された変わる前−に、与那国島までいった。あのとき、クブラバリとかも見たが、よく晴れた日は台湾が見えるんだ、空は中国のものなんだ、とか聞いて驚いたです。与那国島上空は、今も中国のものではないのでしょうかしら。

海兵隊が中心の普天間基地の問題は、軍事的には、「中国がいきなり台湾を攻めてきて傀儡政権を作ろうとするとき、米軍が対応するのに間に合うか」という問題。

実際、上記のURL記述でよく分かる通り、仮に仮にそんなことがあったら、確かに間に合わないのだろう。

で、これにつき、
・外国のことであり日米安保条約上、関係がないとか、
・中国国内のことであるとか、
・もはや国交が正式にあるのは中国なのだ、

などといって回答したつもりに、私はならないし、そんなことを言う人は信用できない人だと思う。中国は未だ民主主義国ではないし、たとえそうであっても、政府が異なる地域を軍事で統一して良いとは考えないから。

私は、こう考えています。
「そんな急激な侵攻は、まず100%あり得ない。数か月の予兆と数日の明確な準備が認定できる。米軍の海兵隊などがグァムからでも対応することは、十分に可能である。それなのに『間に合わない』ような急激な侵攻を言うは、ためにする議論であり、結論が先にあるもの、という外はない。勿論100年兵を養うのは一日のためであるが、情勢認識を欠いた軍事の用意は兵を養う国家を疲弊させ国民の信頼を失うものであり、本末転倒である。」と。

つまり、中国と米国、日本は極めて深い関係に、既にある。少なくとも、中国と米国は、互いが必要だと。
同時に、中国政府の指導者層は、1941年、日本が米国に挑んだような無謀なことをするようなのと異なり、実に良くも悪くも大人であり、ヒステリーに陥る恐れはまずない。彼らは、台湾なり台湾政府を軍事で支配することの危険性、そのデメリットを十分に知っている。軍事制圧を実際に計画すると言った異常行動をする事態は、少なくも数年間の政治変動の上での、数か月の予兆により分かるものである。

したがって、やはり沖縄に海兵隊は必要がない。沖縄を含め日本国内にある必要はない。普天間基地は直ちに返還されるべきものである。
7

2010/4/22

人間魚雷  外国・外交

ぎえっ、人間魚雷こんなニュースも流れていたんですね。
「僕たちの戦争」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%95%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89
「出口のない海」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%8F%A3%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%84%E6%B5%B7
ということで、ブログに書いたけれど。

なんとも。
ここまで書いているならば、これを北朝鮮が人間魚雷の類を
開発・製造・訓練しているという情報。それなりに確実なのだろうと。

若い人は知らないかもしれないが、北朝鮮政府による事件は日本での拉致事件だけではない。ラングーン事件、大韓航空機爆破事件、青瓦台事件、韓国侵入事件などなど、近時犯してきた。それにしても、人間魚雷まで「症状」が進んだのか。

韓国側にも、映画「シルミド」に描かれた悲劇もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%89

北朝鮮はずっと戦争をしているのです。

これは、北朝鮮に観光旅行に行くとむしろ分からなくなることでしょう。また朝鮮総連の日本での人権フレームアップに騙されて、分かった気になってしまった人もいよう。日本国内での人権問題はそれぞれの人の人権問題、北朝鮮政府の問題は問題、別のことです。

北朝鮮政府は、「回天」させたいのだろう。

私、オウム真理教が、1994年夏、その6月から薬物を使用していると知った時と同様、北朝鮮政府について、文字どおりの末期症状となってるんだなぁ、と感じます。

で、最後の暴走が怖い。
ここで幾ら書いても全国民的な不安感をあおるというものではなく、日本国政府他に警戒を発しているのだから、いいかと。

*******
【ソウル=水沼啓子】
22日付朝鮮日報は
韓国軍情報司令部が今年初頭
「北朝鮮が人間魚雷で攻撃してくる場合があるので備えなければならない」
という趣旨の指針を海軍に伝達していたと
韓国政府関係者は
「昨年11月、黄海で起きた南北海軍の衝突で敗北した北朝鮮が、韓国海軍に対する報復を実際に準備している状況を、韓国軍当局が何回か捕捉(ほそく)したことは事実」
「北朝鮮は攻撃手段の中でも、特に人間魚雷部隊を集中的に訓練してきた形跡があった」
と述べた。
とのこと。
***********
2

2010/4/22

闘い・戦いの中にあるという認識  外国・外交

>聯合ニュースによると、ソウル中央地検などは20日
>朝鮮労働党元書記の黄長(ファンジャン)ヨプ氏(87)
>を殺害しようとしたとして、北朝鮮工作員2人を
>国家保安法違反の疑いで逮捕(ヨプは火ヘンに「華」)
>2人は北朝鮮の人民武力省偵察総局所属
>昨年11月、偵察総局長から、黄氏を殺害するよう指示を受け
>12月、脱北者を装って中国吉林省延吉からタイに密入国後
>韓国に入国した疑い。
>黄氏は金正日(キムジョンイル)総書記の元側近で
>1997年に韓国に亡命。今月4〜8日に来日し
>拉致被害者家族らと面会するなどした。

**************

諸々のことで、闘い・戦いの中にあることもあるという認識が必要なんだろう、と思う。

そんな立場でもないのに「スパイだとか、陰謀が」
なんて被害妄想にかき立てられる人も少なくないが、現実に色々な戦い・闘いはある、と。日本ほどにスパイらが自由な国はない、のだろう。

もちろん、スパイ作業の8割?は公表情報の集約・整理や、半ば公然とした日本国有力者の籠絡作業だから(CIAの知識人工作、政治家工作は有名に過ぎるが、それ以外も)、実は日本国民側の、外国政府に利用されているのでは?という警戒心の問題なのです。

(まあ、万国の労働者団結せよ!、なんていうスローガンの欺瞞性もほとんどの人が知っていて、民主主義も成立している今日の日本では、日本という国家単位に考えて良いのだろう、と。)

黄さんは、先日、ようやくにして日本に来られました。不用意に出された飲み物も飲まないとのこと。北朝鮮政府としてもっとも殺したい人なんだろう。日本国の公安警察ほかも、相当に注意しただろう。

実際、韓国では、北朝鮮から脱北してきた誰だったか、大切な人が虐殺されてもいる、恐ろしいことに。

ああ、日本でもイスラム教教祖を批判した本「悪魔の詩」を翻訳した学者が、虐殺されてもいる。犯人は分からずじまい。外国にいようから時効は進んでいないのだけれど。

(そんなことから中古自動車関係などで、閉鎖した場所が各所にできてきたのは心配です。公安警察はとうにイスラム寺院あたりに信者として潜入しているのかなあ、公安調査庁は金銭を使っていいから協力者を確保しているのかなあ。何もしてなかったりして。)

オウムと闘う弁護士やジャーナリストは、過去殺され又は殺されそうになったが、今でも法的手段による嫌がらせは勿論として、周辺など危ないものです。ホームの先端に立つことはいかん、と。ネット上の嫌がらせもあろう、と。

日本国政府は、どうぞ、日本にいる脱北者のうち発言をしている方や、過去の経歴からして重要な人たちなど、重点警備にとどまらず、気をつけてあげて下さいませ。
該当者は、遠慮なく公安警察に相談すべきです。


差別問題に発展させたくないが、下記の認識は必要です。そんな認識もないままに、単に民族差別はいかんだけ言っているのであれば、それは後生楽に過ぎる。と。
「思想的にも完全に工作員となっている人もいようし、親族らが北朝鮮に人質に取られていることなどからやむなく工作員的なことをしている方もいよう。」という認識。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ