2010/3/31

重大事件―報告書  カルト・宗教・犯罪

警察の報告書は下記ですね。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/nansen/h220330_jiken.pdf
異例ですね、実に。
私が知らなかった内容もあり、可能ならばA〜Hの人に改めて聞いてみたいです。

これ、教団側は、確実に引締めに利用しますね。
「根拠もないままあんな発表をした。すべてが宗教弾圧であり、冤罪である一つの証拠だ」という感じで。

重大事件については、警察は責任者が必ず報告書を作るようです。一般には、内部資料扱いだろうけど。たしか、解決事件の最後には、表彰を与える警察官の氏名、職名、などを書くと。

1―坂本弁護士一家殺人事件―神奈川県警刑事部
2―松本サリン事件―長野県警刑事部
3―假谷さん事件―警視庁刑事部
4―地下鉄サリン事件―警視庁刑事部
の報告書が必ずあるはず。各警察署にはあるだろう。欲しいなあ。

どなたか原本でも、全部写しでも送ってくださると幸いです。
秘密は守りますから。

警察庁長官銃撃事件についても、内部向けの総括報告書もあるはず、ほしいなあ。
苫米地さんに依頼したことは、総括されているのかなあ。彼が催眠手法をとることから、記憶の書き換えもあるのではと思われてしまい、司法の場では信頼性をなくしてしまうもの。依頼すべき相手ではなかった。それが厳しく総括されるべきですが、書かれてあるのかなあ。
3

2010/3/30

前代未聞の事件には、前代未聞の体制で  カルト・宗教・犯罪

>「国民の生命を守るために必要だと判断した」。
>警視庁の青木五郎公安部長は、異例の14ページ「捜査結果概要」を公表
>「オウム真理教の信者グループが、組織的に、計画的に敢行したテロであったと認めました」
>中には、「容疑グループ」とするオウム真理教の元幹部や警視庁の元巡査長(44)ら8人が事件に関与したことを明確に裏付ける証拠や証言はない
>不起訴になった同庁の元巡査長や、元巡査長と接触していた元幹部ら「容疑グループ」8人
>「事件にかかわっていた疑いは極めて濃厚」
>「何らかの違法行為の敢行を企図していたことを強くうかがわせる」などの記述
>報道陣から、「匿名とはいえ人権侵害ではないか」「一方的な発表は乱暴ではないか」といった質問
>しかし、「国民の生命を守るため必要と判断」「テロの悲劇を二度と繰り返さないことが大事」「個人の生命、公共の安全と秩序を守る警察の責務」と
>捜査結果概要をホームページで1か月間、掲載
>公安部は30日午後1時、この事件について「容疑者不詳」と書類送検

凄いことだなぁ、

たしかに、私自身も、1994年11月から「前代未聞の事件には前代未聞の体制で」と言い続けてきた。1995年ではない。

だが、これは予想もしなかった。
オウム真理教から、名誉棄損訴訟あたりを、警視庁―つまり東京都知事かしら―相手にされたらどうするんだろう。
いろいろな証拠を出して、「相応の真実性の証明あり」もちろん「公益目的」として、棄却判決を得るようにするのだろうか。

つまり、民事で名誉棄損訴訟が来たら、
何としてでも、団体として有罪!と認定させるとか。
そこまで考えていたならば、凄いことです。

確かに、前代未聞のやり方です。
2

2010/3/29

警察庁長官銃撃-殺人未遂事件  カルト・宗教・犯罪

1995.3.30、
あれは、地下鉄サリンに続き、別の意味で、途方もない衝撃だった。


なんなんだあ、警察組織はバカったれか、
恐怖!と背筋を冷やしたものだった。
・3月20日の地下鉄サリン
・その前の「もう戦いは始まっているんだ」というオウムチラシ
・22日から始まった(大阪ではなんと19日から別件で始めていた)強制捜査の中

なんで、長官が撃たれるの!何やっている!
私の事務所と自宅さえ、24時間警備されていたのに、長官の所は警備してないの!
(追加-私の所さえ、警察は4方向に向けた録画機能付カメラを設置していたのに、長官の所は何も監視カメラがなかったの?)
警察は真実、事態の緊急性・重大性が分かっているの!

と思ったものです。


で、書いておきたいこと。

1―公訴時効は確かに一応成立するが、完全な成立ではない。
というのは
第1に、被告人となる人が外国にいる時期があったならばその間は停止するから。

第2は、時効制度はそののち長くはなった。がさかのぼる制度になっていない。だが今後、仮に銃など使った殺人・殺人未遂はいったん時効が完成したものまで含めて遡るとでも法改正されたならば時効は障害にならないことなるのだから。
(まあ時効完成したものまで遡るのは困難かなあ、憲法上は可能だと考えるが)。

2―周辺の状況からはまさにオウム。
というのは、
第1に、オウムが国家権力と戦争をしていた時期。

第2に、これは警視総監で言っているが麻原の、殺人予告のような1月の説法。

第3に、不確かに過ぎるが、後に早川被告らを近辺で見たとか、事件数時間後、3人が声高にホテルで話していたとの目撃、

第4に、現場にあったバッジだったか韓国通貨だったかの一つから、教団信者のDNAが出ているというお話(これについては私はたとえ鑑定でそうなっていたとして、鑑定依頼時期が相当に遅くなったと思われ、警察のデツチあげと言われれば否定しきれないと考える)

3―オウム真理教信者の元巡査長を絡めたオウム真理教関連説は、下記根拠に拠る。
第1に、その供述。
第2に、事件当日に着ていたコートに拳銃を発射した際にできる「溶融穴」があり、 「事件で使われた銃弾の火薬成分と矛盾しない」とかメガネ付着物が類似とか?
第3に、銃撃のそれなりの能力―警官だからまあなくはなかろうが、具体的にはどうなの?

4―しかし、それも破綻してしまい、これが仮に真実だとしても、下記のことでむしろ障害が大きくなってしまった。
第1に、警察が苫米地英人氏に依頼し、その催眠手法が施されることにより、ましてそれにつき苫米地氏がテレビ取材を受けて本人証言を含めてテレビ報道されるという、実にしょもない事態となり、信用性を実に低くしてしまった

第2に、元巡査長の話が、第1の影響もあるのだろう、フラフラと余りに変わってしまった。

第3に、早川被告が、坂本弁護士一家殺人事件で死刑確定となっているのに、今更嘘をつく理由があろうか、という課題。

5―で、4については、警備公安部が主軸だったことの影響だと思う。
まず、刑事警察だったら、苫米地さんのような危うい人に依頼しない。
3月22日以降、刑事警察部署は次々と捜査すべきオウム事件があり、とても人数が足りないこと、長官相手だったことから、警備公安部が担当することとなったのでした。

第1に、オウムになんら潜入しておらず、かといって刑事警察から信者リストさえなんかもららえなかったのか、その直後、私に自動車、信者名簿などをもらいに来るという体たらく。

第2に、巡査長が1996年5月までには供述しているのに、1996年10月になって、銃の捨て先とした神田川の捜索をするなどという遅滞。54日間したのだが。

第3に、2004年7月になって、3人を逮捕し供述を得ようと努力したのだが、もちろん得られない体たらく。そりゃ、真実だったとしてももはや話すはずがない心理的状況の時期のはず。

6―だからと言って、刑事警察の方が設定する、東大卒の?警察権力を敵視して銃による事件を続けてきた当時壮年男性(後に別件で受刑)、というのも信用性が低いように思う。
第1に、当たりやすい銃だということだとしても、それなりの距離から4発中3発が当たったという能力の高さ。しかも2発目からは倒れたまたは倒れつつある長官にあてなければならない。それ以外の事件との比較で見て、そこまでの腕があるとは思えない。

第2に、自分がやったと供述していても、細部になれば供述拒否ないし矛盾しているという実態。

第3に、本人の自己顕示欲の強さ。戦ったとして著名になりたいだけとも感じる。

第4に、この人がしたとすれば、3月22日のオウムへの強制捜査の後に、オウムの戦いに感動して?することとした、というものと思われるが、8日間程度では準備に足りるはずがないと思う。

7―しかし、状況証拠はオウム真理教
第1に、早川被告は確かに、関係していないと言っている。私も面会して聞いた。立会人がいる場所ではあるが完全否定です。今更滝本さんまで聞かないで、と。
だが、嘘をつくとすれば、1つだけ理由がある。―これ以上、他の元信者つまり法友につき、刑事処罰を受けさせたくないということ―です。

第2に、早川被告が北朝鮮に13回?ほど言っているという裏付けがあるなどと聞くが、それは私に対しても否定しているところ、仮にその裏付けが正しければ、まだ重要な所で嘘をついているということではある。
(しかしなあ、パスポートに書いてあるとか言う人もいたが、外交関係がない以上北朝鮮が描くはずはないし、それ以外の裏付けってロシアの実はあてにならない元KGBぐらいではないか―私もとある情報を10万円で貰ったものです、送金が難しかった―、と。)

第3に、北朝鮮のバッジがあった、などというわざとらしいやり方は、オウム的。
(だがなあ、オウムが坂本事件でオウムバッジがあったことがかえって、そんなものをつけてするはずがないではないかと麻原弁明に使われたことからすれば、今回も置くならオウムバッジではなかろうか、とも思われる)

第4に、逃亡している平田信は確かに銃の能力がある。
(だがなぁ、銃の種類があまりに違うようですし、平田は、ロシアのスペツナズで他の信者ともども訓練した時は、他の何らかより当たった数が少ないと聞いている。何発中何発だったか、聞き取り書きを探してひっくり返せばあろうが、ともかく下手だった、とのこと)

第5に、事件の1時間後、ある教団中堅の男性幹部が次のターゲットに警視総監らの名前を挙げ教団への捜査をやめるよう脅迫したとのこと

8―で、私は、2つの可能性が余り報道されていないと感じる

第1は、麻原が、まさに銃のプロらに依頼した可能性。
直接の依頼は、ロシアに関係する大幹部の数人のうちの誰かか、となる。村井刺殺事件の裏に何があるのか、のと同様、まさにシークレットワークの極地。
このことでは、どの程度信頼性があるのか分からないが一度は報道された3月30日の直前に来日し、直後にロシアに帰っていったロシア人がいたということが気になる。

(だがなぁ、オウムは、サリンにしても、薬物にしても、ともかく自分の所で作るという原理があったことがもう分かっているから、違う感じなんだよなぁ、とは思う。それから、ロシアの自転車は日本のとは違うんでないかい、と思う。オランダでだったか、ブレーキのかけ方が違っていて参りましたです)

第2に、北朝鮮政府、その工作員という可能性。
・キムイルソンバッジでしたか、それがあった。これは坂本事件の時に中川被告が麻原とつながっていたいからプルシャバッジを付けていたのち同じく、王様に忠誠を尽くして心底信じているならば付けたまま銃撃していてもおかしくないからです。
・北朝鮮の工作員ならば、その中にこの銃撃能力がある人がいても、また日本の自転車に慣れていてもおかしくない。
・仮に、早川被告が北朝鮮に行っていることが確かならば、北朝鮮がオウムの日本攻撃と呼応してもおかしくない、と。

(なお、麻原の親が朝鮮民族出身だとかいうのは、しょもない人が出した偽りの情報です。そのお父さんが、当時日本に併合されていた朝鮮半島で、日本から行っていた日本人の子として生まれただけです。)

結局、今の所、分からないことです。
一度は整理しようと思って書いたものです。


ともかくも、真偽を確かめるために、まずは平田信―ポーシャさん―が逮捕されないと。出てこないと、いつまでもこのことでも疑われます。

ともかく、国松警察長長官は、亡くなられないで良かった。
もし亡くなっていたら、オウムに日本政府が負けたようなものですから。


もちろん、もっと早く、少なくとも地下鉄サリン事件の前に、可能なこととしては假谷さん拉致事件の直後に、また松本サリン事件の前に、強制捜査が入るべきだったが。また、公安警察は潜入しておくべきだったが。
4

2010/3/25

脱会カウンセリング  カルト・宗教・犯罪

http://dailycult.blogspot.com/
上記は、「やや日刊、カルト新聞」サイトです。

うーん、実に興味深いですね。
次々と、カルト団体に絡む話題がでていて、それを何人かの筆者だろうか、記述していて、大変に参考になります。実に興味深いです。

ああ、「拉致監禁をなくす会」というのは、
オウムが、1990年頃以降だったか、昔やっていた「信教の自由を守る会」と同じような活動をしているんだね。
あの時は、警察の熊本県波野村での強制捜査と、後に、土谷正実(現在ではサリン製造などによる死刑判決を受けている)への強烈なカウンセリングなどについて、問題とされていたです。

思い起こしてみれば、私がしたのではないが、あの土谷被告へのカウンセリングが最後まで成功していれば、サリンなどが製造されることはなく、サリン事件は起きなかったはず。

残念です。そして、より効果的かつ違法ではない範囲の、脱会カウンセリング手法が編み出されていかないとならないです。

破壊的カルトのメンバーに対する脱会カウンセリングは、本人、家族のみならず、社会にとって、なんとしても必要です。

***********
で、「------会」とかの活動は、明らかに問題の真髄を認識せず、また問題点を逸らしています。
まともなジャーナリストや機関であれば、そんな団体や犯罪組織ともいうべき破壊的カルト団体に、利用されてはならないものです。

カルト問題に取り組む人は、
1―相談者の子どもらが「鰯の頭」を信じていいるから、と相談されても何ら相手にしない、それは自由だから
2―いかにまともそうな教えの宗教でもなんでも、団体として違法行為(刑事民事行政上)をしていて、しかもメンバーがそれを良いこととしているところから、問題としている、のです。

つまり、宗教如何ではなく、違法行為が続いている団体、それも「良いことをするつもり」で、霊感商法やら、何やら、極端にはサリン散布までする団体などだから、問題としている。

その「違法行為」をしなくなれば、誰も「拉致監禁」とキャンペーンされていることなどどころか、他の人は、何ら脱会カウンセリングもしないものです。
カルト問題ではなくなるから、です。

私の所にも時に、例えば寺から息子がキリスト教に入ってしまったが、なんとかできないか、なんていう相談がある。
おおっ、統一教会とか分派、または近頃話題となるやたら積極的で恐怖をたたきこむ起用団かしら、とみれば、なんとまさに普通の教会だったり。
そんな場合は、お父さんに、もっともっとよく話し合ってください、お父さんが信じる宗教とお父さんの宗教家としての実力、魅力やら家庭の問題であり、私は関係ないです、なんて冷たくするものです。カルト問題ではないから。

**********
で、日本警察は、ようやくにして統一教会について、特定商取引法違反などの容疑で、強制捜査が入るようになってきた。
脅迫罪とか詐欺罪とかの刑法上の罪で昔からできたものだが、ようやくにしてそんな罪で、警察が動くようになってきたものです。もう日本では、統一教会により被害相談のないものまで含めれば、もう1兆円を超える被害があるのではないかなぁ。遅いです。ようやくです。

日本の司法機関は、親らによる「拉致監禁」に甘いのではなく、宗教団体の違法行為について甘すぎた、のです。
統一教会は反省するべし。

もちろん、「韓国がアベル、日本がカイン」とか言って、日本の多くの若者や老齢の家庭が、収奪されるのも終わりにしないと。
統一教会信者さんの、「騙してお金をとるのは、救済者文鮮明氏に財産を復帰させることで、良いことだ」なんていう発想は
オウム真理教信者の、「尊師の指示で、徹底的に財産をはぎとり、時には人を殺すのは、すべての輪廻転生を見極めている最終解脱者の指示だから良いことだったんだ」なんていう発想と

同じだと、分かってほしいです。

************
************
2010年3月24日水曜日 【拉致監禁をなくす会】とサイエントロジー
 昨年11月の本紙記事 児童虐待防止キャンペーンでサイエントロジー制作の映像配布、 【続報】人権のための国際青年団日本支部とサイエントロジー で既報のように、統一協会(統一教会)とサイエントロジーの親和性を匂わせるイベントが今週末開かれる模様。

2010年3月23日火曜日 統一協会の霊感商法被害近況
 本紙名古屋での統一協会(統一教会)勧誘の実態、統一教会がアキバでデモ行進。都の漫画規制問題に参戦かにあるように、この連休中に元気な姿を見せてくれた統一協会(統一教会、世界基督教統一神霊協会)。

統一協会が秋葉原でデモ行進 「児童ポルノ規制強化」を訴える
・統一協会が「東京都青少年健全育成条例」問題に関わっている / 関わろうとしている
・統一協会は秋葉原を「性的に問題がある」存在で、攻撃の標的と見なしている

2010年3月22日月曜日 名古屋での統一協会(統一教会)勧誘の実態

**************
**************
4

2010/3/24

速報-日弁連懲戒委員会  カルト・宗教・犯罪

速報―日弁連懲戒委員会

オウム真理教教祖の麻原彰晃こと松本智津夫被告に関する控訴趣意書につき、期限通りに提出しなかったことから控訴棄却となり、死刑判決を確定させたことについて、私が、懲戒請求をしてきたことは、先に述べたとおりです。

また、
仙台弁護士会所属の松下明夫弁護士については、戒告処分となっていて、私が軽すぎるとして異議を申立て、松下弁護士が審査請求を、日弁連に出していたこと、
第二東京弁護士会所属の松井武弁護士については、業務停止1か月の処分となっていて、私が軽すぎるとして異議申立て、松井弁護士が代理人537名を付けて審査請求をしていたこと
も、先にこのブログに出した通りです。

で、3月8日付で日弁連懲戒委員会(委員長坂本成)の議決があり、3月19日付の日弁連会長宮崎誠の裁決書が届きましたので、報告します。

松下弁護士への戒告処分はそのまま
松井弁護士への業務停止1カ月は、「戒告する」に変更されました。
一緒の議決書です。

以上、速報までに。

重要な判示部分は下記あたりかと。
感想としては、
「弁護士に甘いよ。これでは弁護士自治に疑われてしまう。基本的なミスに過ぎるんですよ。松本智津夫であっても、人ひとりの命を、日弁連は馬鹿にしているのでは」です


*********************
松下弁護士に対する戒告処分について
―しかし、審査請求人らの上記選択は被告人の利益を守るためとは言え、控訴趣意書の差出期間を長期にわたって徒過したと判断せざるを得ず、その結果、死刑という重大な判決を確定させてしまい、被告人の控訴審における裁判を受ける権利を失わさせたものと評価せざるを得ない。
 弁護士職務基本規定も、第4章「刑事弁護における規律」の第46条(刑事弁護の心構え)において、「弁護士は被疑者及び被告人の防御権が保障されていることにかんがみ、その権利及び利益を擁護するため、最善の弁護活動に努める。」と規定している。ここでいう「最善の」弁護活動とは、言うまでもなくその弁護士が「主観的に最善」と判断するものではなく、他の弁護士から見ても「客観的に最善」と認められる弁護活動を指すものと解されている。本件の控訴趣意書付提出は、死刑判決確定という重大な結果を招いたことから判断すると、審査請求人らの書いは「主観的最善」に著しく偏したものといわざるをえない。もっとも審査請求人らの弁護活動を全体としてみると、刑事弁護人として主観的には「真摯な活動」をしていたものであることは理解できるから、その点を勘酌すると、同弁護士会の処分の程度にとどめることが相当である。
*********************
松井弁護士に対する業務停止1か月の処分について
―本件の刑事弁護人は松下明夫と松井武の二名であり、主任弁護人は松下明夫弁護士となっているが、本件刑事弁護人としての役割、仕事の分担及び活動について二名らに軽重の差はないことが認定できる。
*********************
3

2010/3/23

大家といえば親も同然、店子といえば子も同然  日常のこと

建物の賃料不払・明渡請求の事件が実に多いですよね、弱ったものです。

「大家といえば親も同然、店子といえば子も同然」なんていう発想が、昔はまあそれなりの割合で、あったように思う。

借りている方は、もっと不動産屋さんや大家さんとコミュニケーションをとられればいいのに、とつくづく思う。

昔は、うーん、数か月遅れているがこんな風だからと説明して、遅れて一部を払ったり、でズルズル大家さんも許してきたといういう事案がかなりあった。で、大家さんから相談を受けても、もう少し様子を見たら、と助言することも多かった。

中には、歳暮と中元は持ってくる、たまに家賃も持ってくる、子どもはまだ中学生みたいだから同情して、子どもにはご飯を食べさてあげもした、でもう未払いは3年分なんです、なんて相談もあったものです。で、何年もしてから、その子どもが大人になって払いにきた、なんていう涙が出る事案もあった。

ところが、うーん、ここ5―6年は、なんとも。その。

大家さんの中にも、店を貸していて売り上げがやたら下がっているのに、賃料の減額請求を認めず、裁判所で鑑定にまでなる状況となったりして、ひどく世知辛かったり。

賃借人は、何も挨拶しないまま、隠れていてしかし家賃はとんと支払わず、というのが実に多くなった。

こうなると、1―2ヶ月の遅れでも大家さん代理人として明渡請求をしなければならなくなるんです。
ともかく出てくれ、もっと安い家賃の所に引っ越されたらどうかと交渉したいのだが、住んでいるのに交渉に応ぜず、または出ても来ないとか。酷いのは、通知は裁判所からのものさえ受領せず、など増えた感じがします。実に弱ったものです。

実は、賃料払い、明渡訴訟などは、執行まですべてすれば、執行官費用、一気に明け渡させるための業者費用、立会人費用など、弁護士費用を入れずとも50万円を超えてしまうのが通例。

だから、家賃が相当にたまっていても、10万円程度ならばお金を支払ってでも直ちに出て行ってもらった方が、大家さんとしては実は得。
そんなことを最もよく知っているのがヤクザさん、困ったものですが、負担を考えればその方が大家さんとして得であり、いかんともしがたい。
ともかくも交渉に応じてよ、というのが一弁護士の気持ちです。

*******
このことから家賃保証会社の、勝手に鍵を変えるなど強烈なやり方が出てきて、今それが問題になっている。それは確かに問題なのだが、訴訟費用、業者費用と期間の不合理性を考えると、そのまま禁止すれば済むものではなかろう、と。
諸外国のように、数か月たまっているような時は、まあ1か月以内で訴訟も明渡競売執行も終えられる法的制度が必要だと思う。

ちなみに、日本では公共住宅が少なすぎる。当面、家賃は公共団体が支払うという形での生活保護類似の制度ができないのかしら。
未払いとなった後に、その後の部分だけでも生活保護類似として直接大家さんが受領できるならば、明渡請求をしない大家さんは多いと思うのです。
*******
7

2010/3/22

たかが空中浮揚、されど空中浮揚  カルト・宗教・犯罪

15年―たかが空中浮揚、されど空中浮揚


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
(cオウム真理教犯罪被害者支援機構許可)

1―これがまあ、滝本サリン殺人未遂事件(1994.5.9、甲府地裁駐車場にて)から始まり、同年8月の盗聴、同年10月のVX、同年11月4日のボツリヌス攻撃の、松本智津夫被告にとって最大の動機。調書にもしっかり貼ってある。
最終解脱―だから絶対的に従うべし、全ての輪廻転生が分かっているからポア指令に従えということになる―したという証明を、簡単に私も撮っちゃったんだから。麻原さんが3秒浮揚したというんなら、私は15秒なんだけれど、なんて私言っていたのだから。

2―この写真で麻原さんは空中浮揚したとまあ、現役のオウム信者さんは信じている。それゃ、写真として存在することは何ら不思議がないことだが、スッーと浮揚したとね。現役さんは、今は言わなかったり、黙ったり、また隠していても信じているものです。

3―これ出すと、また「弟子入りしたい」とかいう人が来るのかなあ、心配。
1995年5月だったか、夕刊フジがたしか最初に出した、それも一面にドドッと大きく。その重要性を他の所にも行っていたのだが、夕刊フジがその重要性をまず理解したみたい。それにしても、当時の編集長かしら、すごい決断だ。その後から、テレビにもだいぶこの写真が出て、「変な弁護士」とされてしまった。スタッフの人になんでそんなに出すの?と聞いたら、麻原の「空中浮揚」を出したかったが、私のが出たので出せるようになった、ということでした。なるほど、そんな事情もあったかと。

しょもない写真なんで「もう出さないでぇ」と1995年当時言っていたが、やはり大切なんだろうなぁと思いなおし、写真アップもできるようになったから、出しました。

私のは、
1―麻原のと違って膝に手をおいていないどころか、不完全だが手印を結んでいて、
2―口もまあ自然で、
3―髪もまあ乱れておらず
4―服も着たまま、それもジーパンで
5―体が小さく写っていてそれだけ遠くから写したということ、すなわち高さも高いということでしてね、
凄いでしょ。

転載は、2つ一緒であることを条件にご自由に。

16



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ