2006/11/29

備忘録−黄泉の犬  知識人の責任

>黄泉の犬
>藤原新也著
>文藝春秋社
>1857円と税金
>2006.10.30

これ、有田さんのプログの先月あたりにあった。

うん、84ページ以降は基本的にいいんですよ。インドでの実にさまざまなこと、実に興味深く、感動的。宗教好きの人で「魂の遍歴」をしてきた人なんだな、と。
で、だからこそ、その自分の土俵の上でもまあいいから、確実な情報のみに基づいて、オウムを論じて欲しいと思ったです。

有田さんが本の論評として記述していたように、この本では、麻原さんが水俣病であった可能性のことが書かれている。

実に全くもって。

麻原さんについては、中沢新一あたりが、また公安調査庁の末端あたりが適当に言っていたようなのだが、
・親は在日朝鮮人である
・被差別部落出身である
などとの話が流れ、
今度は、水俣病であるようなことを、この藤原新也著では書いてある。

まったくもって。
前二者については、昨日付けで紹介してある、「麻原彰晃の誕生」に詳しく書いてあったと思う。勿論、その事実を否定する形で。
麻原さんは、父親が1910年から日本の植民地だった朝鮮半島で、生まれただけ。戦後引き上げている。父母も、勿論麻原さんも、被差別部落出身などではない。
いい加減にして欲しいと思うものです。

(麻原さんは、被差別部落出身の信徒に対して、俺もそうなんだと言って出家するよう勧誘していた。法廷でも出ていたです。麻原本人はそんな形の嘘までついていた。ひどいものだ。)

(ついでに、麻原さんの生まれた所は「金剛村」−ヴァジラヤーナ−ということ、自宅近くに金剛小学校があることに留意されたい。麻原さんの意識にはあっただろうなぁと。
ちなみに隣が坂本村なんです。麻原さんの頭の中で、なにか昔の恨みがあって「坂本」事件の動機のひとつかなぁなどとも思う。坂本の誕生日はお釈迦様と同じ4月8日だったし)

で、今度は水俣病ですか、ふー。
藤原さん、よくもまあ、あの程度の材料で書いてしまうものだ、不思議。

麻原さんの一番上のお兄さんから、接待したうえで「水俣病だ、シャコを多く食べた、申請したが認められなかった、アカと言われるから裁判はしなかった」と聞き出したとのこと。ふー。

なんで弟さんとか他の兄弟には当たらないのかな。兄弟は多くいて、1995年当時、なんと麻原さんが事件で著名になったのをきっかけにか、既にデビューしていたところ、歌手として改めて出てきたお姉さんまでいた。

で、1995年当時、メディアにもしばしば出ていた一番上のお兄さん。(12.27追加します-この点は間違いかもしれない、よく出ていたのは次男だったかしら、おって調べます)。
「教祖になってくれ」と麻原さんから言われた、などとも言っている。
他の麻原さんといつも行動していた旧い信者さんも誰も言っておらず、カルトの特性からしてもあり得ないのに、そう言われたと本人のみが言っているお兄さん。

その話を元に、よくもまあここまで書けるなぁ、と。

あのー、八代市が水俣のすぐ隣なんて、藤原さんは気づかなかったようだが、有明海周辺なんだから直ちに関連性が頭にでてくるのですよ。地理を勉強してないなぁ。

で、八代市住民にも中には認定されている患者さんもいよう。そりゃ患者さんも転居するのですから。不思議などあるはずもない。(追加−また、中には、水俣湾の魚を多く食べている人がいても不思議ではない。)
それを驚いたように、調べをくり返して分かったように、なんともしょもない書き方をしている。

で、
麻原さんは、生まれつき片目が見えないのです。
もう一方も進行性で見えなくなってきていたのです。
ですから、出産後、水俣病になり佐野症状として目が見えなくなったということはまずない。シャコをやたら食べていたとしても、です。

残るのは、胎児性水俣病かどうかですが、
やはり麻原さんにはその他の水俣病に特徴的な症状は一切ない。
シビレ云々なども、あったと言っているのはこのお兄さんだけ。
そもそも麻原さんの目は、神経性の視覚障害ではなかった筈ですがね。

ということで、
そりゃ100%の否定はできないが、「水俣病の可能性」とはやはり言うほどのことはないと判断された。だから、調べた方々も、結局、なんら書かなかった、だけのこと。それがまともなジャーナリスト。(長兄の言うとおりの認定申請を真実したかどうかは分からない。だが、麻原さんのところが申請しても、その他のことから類推しても、不思議はないでしょう。)

著者自身は、重要なことを書いたのに反応がないのはおかしいというように言っておられるようですが、そんな事実関係だから、反応がないのは当たり前でしょう。

軽率極まりない。
ああ、この方もオウムや麻原さんのことを「プレーボーイ」に書いていたのですね。
空中浮揚写真、この人の文章、今は森達也さんの文章、実にしょもな。

「魂の遍歴」みたいな所は、実に良いんですが、この本。
実に残念。
0

2006/11/28

備忘録−麻原彰晃の誕生  知識人の責任

>麻原彰晃の誕生
>高山文彦著
>2006.2.20 
>文春新書
>760円と税金

忘れないうちに、本の紹介をしておきます。これ出ていたのですね。

同氏チームのフォーカスなどで連載していたのは別途保存していたのですが、本になって読みやすくなった。1992−5年あたりは、週刊誌フォーカスのチーム、そしてTBSのスペースJが最もよく調査していた。後に公安警察も参考にしていたよ。

内容的にも、私の知っているところ調査してあるところとは矛盾するところがなく、そうすると真実取材してあって、他の記述も信頼性の高いものなのだろうと思っているものです。

---------
「月刊プレイボーイ」の森達也連載については、
実にまったくあきれている。

麻原さんの実家近くに寄ったり、オウムの成立時期の占い師?の所に言ったり、以前調べた事件の刑事にあったり、ヒヒイロカネの話を、仰々しく長々と書き、
「こんな作業を誰もしてこなかった」みたいなことが書いている。

高山氏の記述のパクリではないか、と気になるくらい。
もともと、この高山氏のように、またいくつもの新聞での特集があった。
1995年からだけでもちゃんと見てきた人にとっては、すべて知られたこと。

森氏はフォーカスとか、読んでないのかもね。それとも、読んでいてその孫記事を書いているのに明らかにしないだけ、かな。ドキュメンタリーは記録でなくていいようなことを言っている人なんだから、実は取材していないものまで書いているのかな、と気になる。

あげくに、オウムの説法を長々と引用したり、1月号などは死刑廃止論一般を長々と引用したり。何が「新しい視点」だ。

なんであんな埋め草記事を長々と許しているんだろう、プレイボーイって。
あまりにあほらしいから、しばらく前までは一応買っていたのだが、もう買わなくなった。

まあ、麻原さんの空中浮揚写真を、売らんかな主義で適当にでしたような所だから、不思議はないのかもしれない。

ああ、あんな人が「人権」とか「憲法九条」なんていわないで欲しいんだ、困る。

3

2006/11/24

本日の考えた屁理屈  カルト・宗教・犯罪

以下、白龍さんブログに私が書き込んだコメント文章の転載にて。
http://blog.goo.ne.jp/hakuryuu_001

----
2006-11-24 10:25:31
どもっ。
PSIっすね、火傷の跡を残している人が居ますよね。
で、
「尊師の脳派と同調させる」
というふれこみだったのだが、すぐに不思議だなあと思ったのが
「麻原さんの脳波って平坦ということだったのではないかしら」
でした。そのあたり、矛盾を感じた信者さんはいなかったのかなぁ。
----
2006-11-24 14:17:55
>いちいち矛盾を感じていたら、
>信者はやっていられませんて。(笑)

まあそうなんでしょうけれど、質問までせずとも、PSIの単純至極な矛盾の故に自ら気づいてやめていった人って、聞いたことがないんで。

「真理を求める」といいながら、矛盾はおいたままという思考が不思議で。
------
屁理屈としては、下記がもっともいいのでは?

「尊師は最終解脱したときから脳波がフラットだった。

だが、シャクティパットやイニシエーションでエネルギーを使い果たした段階で、しかし救済活動を進めるために、自らの脳波を自らいったん復活させて、PSIの元となる脳波情報をマンジュシュリーに与えたのです。

その後、またフラットとなったのだが、逮捕後も救済活動を進めました。具体的には近くの方のカルマを背負い続け、また法廷を通じて全世界の凡夫・外道のカルマまで背負い続けました。

それで、昨年の鑑定でも脳波が見られることとなったのです。

尊師の救済活動は今も続いているし、実は今の事態それ自体が、現世に生きるすべての衆生に対して、尊師が与えたもうたマハームドラーなのです」

ああ、仕事しよっ。
--------------
0

2006/11/23

神奈川県民で良かった。  憲法・社会・官僚・人権

まあ、どこの都道府県も時に不祥事があるけれど、
やはり神奈川県民で良かった。
東京都内で動くことも少なくないけれど、私は、東京都民ではない!!

いくらなんでも、石原都知事、メチャクチャ。
以前からさまざまな発言で物議を醸し出したし、ヨットなんとかもあった。
発言について、一部はこのブログでも書いた。

全くもって、恥かしい首長だ。
それを選んだ都民有権者は恥を知れ、リコール運動もしないで恥かしくないか、
と思う。

さて、これほどのメチャクチャですが、
現在の政治状況、メディア状況で、どのていど報道されるかしら、どの程度問題となるかしら。疑うものです。

北朝鮮は金王朝、東京都は石原王朝かね。

以下、抄本
>2006年11月22日(水) 22時31分
>石原知事の四男、公費で海外出張--朝日新聞
>四男(40)が03年3月、都職員らと一緒にドイツ、
>フランスを訪れた際、費用計55万円を都が全額負担していた
>都は「都の事業の外部委員としての出張で支出に問題はない」と
>委員の委嘱は1カ月間だけ。
>「海外出張のための委員委嘱では」との声
>四男は同月19〜26日、文化行政担当の都参与とその妻、
>都職員と4人で、石原知事脚本の「能オペラ」の制作準備
>のためドイツの室内楽団や欧州で活動中の日本人作曲家と
>打ち合わせなどをした。
>四男の航空運賃や宿泊費は都が全額負担
>支援事業「トーキョーワンダーサイト」に助言、意見をする芸術家として
>03年3月1日、外部委員「アドバイザリーボード」の委嘱を受け
>事業に詳しい都幹部の一人は
>「極めて不自然。海外出張させるために委嘱したと疑われても仕方ない」と
>「能オペラ」は04年2月に東京公演を予定
>が、作曲家との調整がつかず中止
>四男はその後も参与らの海外出張に数回同行-が、
>都は出張費を負担していないと
>ワンダーサイト事業について石原知事は今年9月の記者会見で、
>「私が考えついたんだからね。トップダウンですよ」と
-----------
0

2006/11/22

「命令放送」について  憲法・社会・官僚・人権

総務省大臣からNHKへの命令放送の話題、
「あっ」
という間に消えましたね。

先に紹介した下記の反対サイトも、更新さえしていない。
反対メッセージの賛同人数は何人だったのかなぁ、なかず飛ばずなんだろね。説得力がないもの。
http://www.labornetjp.org/news/2006/1162210271247staff01

で、末尾の方に転載したのが、「しおかぜ」を流している荒木さんのブログ記事の抄本です。
http://araki.way-nifty.com/araki/2006/11/post_ff18.html

そうなんですよね、
「命令放送」だがNHKに編集自主的になんていう曖昧な「命令」ではなく、

1−命令放送とそうでないものと明確に分離して
2−命令放送は政府が製作に深く関与する
3−命令放送でないものは、それこそ政府の意思を忖度(そんたく)などせず自主的に作る

ことこそ
1−むしろ、NHKの自主編集権を守り
2−拉致事件対応としても、より良いものになるのです
曖昧はいかん、と。

「命令放送に反対」する人は、曖昧なままに、NHKの国際放送のみならず国内放送こそが、政府の意向を忖度してしまう危険性こそが問題だと思わないのでしょうか。
多くの番組が、なんともまあ、ちょうちん番組になっていく危険性(11月16日だったか教育基本法をめぐるクローズアップ現代とか)をこそ、強調して欲しいのですが。

反対運動をされてきた方や党派は、「命令放送」という言葉にとらわれてしまい、問題の本質をまったく落としてしまったのではないか、と思いますが。

本質がとらえられれば、荒木さんらとも意見が一致するだろうに。

「人権派」という勢力は、北朝鮮政府による拉致事件や収容所のことを取り上げる運動体を、どちらかと言えば、従来の枠では「右寄り」の人が多いからだろうか、色眼鏡で見すぎている。

人権に右も左もないし、まして被害者は右でも左でもない。
なんとかしたいものです。
しっかり対応しなければ「人権派」の名が泣く。

----以下、荒木さんブログの一部抄本-----
>「命令」という言葉の本来の意味からすれば、国際放送の中に一定の時間を確保し(不可能なら時間を延長しても)、政府の責任で番組を作成し、放送させるべき
>例えば総理や官房長官が、政見放送のように直接マイクを通して拉致被害者に語りかけ、「必ず救出します」と呼びかける政府広報のような放送を確保すれば、きわめて大きな効果を上げることができる
>北朝鮮にいる被害者のみならず、国際的にも大きなアピールになりますし、国民も力強く思うでしょう。
>現在の「命令放送」は、一般の番組の中に渾然一体となったもの
>抽象的に拉致問題を強調せよと言っても、無理に増やせば「命令に屈した」ということになるし、無視していれば「拉致問題解決に不熱心」と言われる。
>現場では混乱するだけ。
-------

今度のNHK「命令放送」があっても、その中では、具体的な家族の呼びかけ、まして政府認定被害者以外の特定失踪者関係での呼びかけ放送など、到底してくれないものです。

さきに紹介した「しおかぜ」放送へのカンパは、まだまだ必要ということになります。どうぞ皆様、お願いします。
------ 記 --------
郵便振替口座 00160-9-583587
 特定失踪者問題調査会


http://www.chosa-kai.jp/ より
0

2006/11/21

運動家−様へ  憲法・社会・官僚・人権

9条関係のこと

NHK−BSの同番組では、3人の人が、3冊ずつ毎週本を紹介したりしてます。
その番組で、女優の藤田弓子さんが
「憲法九条を世界遺産に」(集英社新書700円)
ほ紹介されました。驚きました。

敬服です。
(まあ中沢新一との対談というのがなんともぉ
と気に食わんが、太田光が話していることということは大切なこと)

それにしても、少し震えた声でしたが、藤田さんが紹介すること、大変なことです。

みのもんたさんにしても、太田光さんにしても、この藤田弓子さんにしても、雨宮処凛さんにしても、
憲法学者とか、運動家的ではない人ではないが芸能界などで著名な人が、九条について発言することは、大変勇気のあることです。

そのような時、本当に、脅迫文が来たりするのです。事務所のみならず自宅に訳のわからない手紙やメールが。
あの恐ろしさは大変なことなんです。あの立場の人が発言するのは、文字通りの命がけなんです。
そのような立場を考えてみれば、もっともっと市民こそが動かないとならないと思います。

で、自分としては、学者みたいな人、また何を話すか分かりきったような人が来る集まりには、実はそう行く気が起こらないのが正直なところです。
「言うか言わないか」を迷っている著名人
こそ、実は危険な立場であり、かつ影響力がある。

何を話すか分るような人だけが講師をする集まりのままでは、所詮、影響力が限定的だと考えています。

どうぞ、講師について、そう著名人でなくていい、地元の戦争体験者とか多くいますし、世代こそ大切でありアタックすれば、保守系議員も集会で話してくれたりするのです。どうぞ、幅広くお願いします。

それで、あのどなたさまも「雨宮処凛」さんはご存知ですか?
若者対策の議論をする前に、まずは知りましょう。下記です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E5%AE%AE%E5%87%A6%E5%87%9B

ああ、映画と小説「出口のない海」
テレビ番組と小説「僕たちの戦争」
映画「男達の大和」
現在やっている映画「父親たちの星条旗」も見ましょう。

とオススメ
0

2006/11/17

マトリックス  その他  カルト・宗教・犯罪

http://blog.goo.ne.jp/hakuryuu_001

上記は、一応M派の「白龍」さんとサイト
うん、「マトリックス」について書かれている。

あの映画、面白いのですよね、

で、1993年7月くらいからオウム脱会のカウンセリングを始めて
改めて自分自身の為になったなぁと思ったのが
・改めての「胡蝶の夢」
・「旋火輪の教え」
なんです。

マトリックスの是非、今が「湖面に写る虚像」かどうか
やはり究極的には分からないけれど、
「旋火輪の教え」こそ、すべては無常とする釈迦の教えの大切なところだろう
なんて勝手に思ってます。

白龍さんサイトは、実に興味深いです。
ゴキちゅんにしても、10月20日頃エントリーの薬物のイニシエーションでの体験にしても、これまで詳細な体験談は初めてのこと。

ただ、10月30日のところの「タイタニック」のところは、
大切なことが抜けていると思った。

タイタニックがぶつかったのは氷山だけれど、
麻原さんつまりオウム真理教がぶつかったのは、現世の社会、人々であり、
ために多くの人を、オウムは殺したのだから。

縄に火をつけて廻したように虚空のものだとしても、無闇・無謀に手を出せば火傷する。(以前、地下鉄サリンの千代田線の林医師が茨城の晴嵐病院だったかなぁ、そこにいたと知ったときには、残念だった。実にあの近くにある、水戸八景の一つ「虚空像尊」と親しまなかったんだなぁ、と。)

だから、タイタニックのように沈没せずとも、下りるべきもの。
沈没するまで見届けようとするなんていう人は、「毒を食らわば皿まで」の発想でしかないと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ