2006/7/26

匿名性と「権力」  メディア・ネット

------
中国、ネット規制巧妙化 “抜け道”ブラウザに対抗

> 【北京=福島香織】中国が国家プロジェクトとして進めているネット規制システム「金盾」をバージョンアップし、パソコン別検閲が可能となるなど、より巧妙化
>初夏にかけてMSN、hotmailやグーグル、国内大手検索サーチエンジンの新浪、捜狐などが相次いでアクセス障害やサービス停止
>関係者は、これをネットを規制するという政策のために必要なバージョンアップ作業、検閲対象用語の増加のためとしていた。

>金盾プロジェクトの技術関係者によれば、今回のバージョンアップは単なる検閲対象ワードの増加だけでなく、システム自体が進化したと
>検閲対象用語をもとに、サイトへ一律に接続遮断を行っていたが、今後はパソコンのIPアドレス(ネット上の識別番号)ごとに、アクセス履歴を解析、そのユーザーの政治的傾向を分析した上で接続の可否を判断していく
>娯楽サイトしかアクセスしていないパソコンが、「人権」という用語で検索したり、人権サイトにアクセスしたりしても問題ない
>チベットやウイグル族関連のサイトにアクセスし続けたあとに接続しようとすると、遮断される仕組みになる

>同じサイトでも接続できる人と接続できない人が出て、特定の用語やサイトがアクセス禁止の対象となった印象を与えにくい。
>遮断された方も接続できないのはネット規制によるものではなく、自分のパソコンやサーバーの調子が悪いためだと納得してしまいがち
>検閲されていると気づかせないように、巧妙にネット規制を実施するのが狙い

>ネット規制の巧妙化の背景には、規制が厳しくなるほど、その対抗システムが発達するという状況がある。
−中略−−

>中国インターネット情報センターによれば6月末まで
>ネット人口は1億2300万人
>ネット普及率は9.4%。
>半年前1500万人だったブロガーは2800万人
【2006/07/25 東京朝刊から】

------------
 昔、政治学の担当教授からは、「権力」とは、社会的価値の権威的配分と定義する、と習った。なるほど、とは思う。
 しかし、上のような記事を見ると、これこそが権力の近未来的将来なんだろうなぁと思う。ひどいものだ。

 匿名性(極端なのはハンドルネイムもいらない「名無し」ばかりの2チャンネル掲示板群なんだろう)
は、ネットにおいてなんとしても守るべきものです。

 名誉毀損その他については、最低限のサーバーの協力は必要だけれど、もう法律上はそれが限度とすべきではないか、と考える。

 日本では戦時中であっても、公衆便所の板には、東条英機や天皇についてまで批判する落書きがあったという。
 落書きを広くできる社会であってこそ、(しょもないのが99あっても1つの大切な言論、情報提供があるものです、実際。)危ないファシズム、管理社会を止められるのだから。

 「1984年」だったか、カメラ社会、人相自働認識まで計画されているイギリスと、ネット規制の中国。英米で支配するエシュロン。

 恐ろしい話に過ぎる。
0

2006/7/25

一部「請求自体失当」も?  カルト・宗教・犯罪

以下、朝日新聞要旨

>次女と三女が「30分間許されている拘置所での接見を、会話がないからと途中で打ち切られた」などとして国に計900万円の損害賠償を求めた訴訟
>東京地裁は25日、請求を棄却
>永野厚郎裁判長は「限られた職員配置のなか、できるだけ多くの接見を円滑、公平に実施するための措置で、違法ではない」
>原告側は、接見が制限されていることや拘置所側の松本被告に対する医療措置も問題と
>判決は
>「接見を制限していることが裁判官に与えられた権限の趣旨に明らかに背くとはいえない」
>「治療が必要な身体的、精神的疾患があるとは認められず、治療を怠っているとはいえない」と退け

2005.10.1のこのブログに記述してあった裁判ですが、地裁判決が出たとのこと。

・請求額は前の報道の700万円ではなく900万円だったみたい。
・朝日は今回2つのことを書いてあるが、2つの請求原因事実があるみたいですのに1つしか書いてない新聞が多い。。

−判決文要旨を記者はもらったのだろうから(今は長い判決文などの時はCDでもらったりまでしている)、新聞社としてそれをサイトに出すくらいのことをしてほしいです。

読売新聞によると、{「東京高裁は、治療が必要にもかかわらず、刑事裁判の手続きを進めた」とも主張したが、判決は「主張自体が不当」と退けた。」との判断もあったみたい。

これは、請求原因として記載されたことがたとえそれが立証されても請求の趣旨を認められないという「請求自体失当」の趣旨だろうか。
だとしたら、凄いこと。

----
ちなみに、西村新人類さんが見つけた控訴審弁護人のサイトは下記。
どんな立場にしても、少しでも生資料に高いものを出すことが、メディアと異なってサイトの良いところ。
http://www.asahara-kousoshin.info/
0

2006/7/21

参ったなぁ  カルト・宗教・犯罪

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060719-OHT1T00007.htm
より

横山昭二元弁護士、元大阪弁護士会所属、

 1995.10だったか、本来予定された第一回公判の前日まで、松本被告の弁護人だった人の言葉です。
 なぜかその日に、出家者の運転する自動車に乗っていて、突如ユーターンしたことで事故となり、怪我をしたとして延期させた人。大阪では、最低の弁護士などと言う人も居た。

だが、
>横山氏は「一般の人は、なぜ被告人がこういう事件を企てたか、
>ほとんど分からない。被告人に言いたいことをどんどん言わせる
>べきだった。十分に弁論させようという態度が、
>弁護人たちにはなかったと思います
とのこと。

 この人にこう言われては弱ったものだが、実際当たっていると言うほかはない。
 1996年前半の、破防法弁明での松本被告の雄弁さを見ても、最初から松本被告にまず話させたならば、より彼の動機の真相が分かったかもしれないから。

 そりゃ、刑事裁判はまず検察側立証であり、その中での井上被告の証言に対して、反対尋問を普通の弁護士ならばしたがるだろう。
 だが、あのような事件、被告人が希望していた模様だから、弁護側こそがまず本人にしゃべらせてくれ、と要請して裁判を進める方法もあったかと思う。

 訴訟手続きは、本来融通無碍であるべきである。法に定められた権利をまず守ろうというのが被告人の意思に反しているとき、どうすべきか。
 弁護人が、それこそ、パターナリズム(父権主義)に陥って、被告人ではなく刑事訴訟法を弁護した姿が、一審弁護団だった。

 すべての誤りは、1996.4第一回公判の、裁判長が、松本被告の「4つの?実践」説法に対して、「それで実践したということですか」との質問に対して、黙秘権告知も勿論すでにされているのに対して
 安田弁護士が

「それ以上話す気があるか、黙秘権があるが、」

とか言ったことにある。

 特別抗告の棄却決定は、小法廷の休み開け、8月10日過ぎになるのだろうか。お盆前ということかなぁ。
 それとも、いかに高裁弁護人の手続き違反が問題なっている事件ではあっても、これだけの事件だから、高裁での異議棄却と同じく、実に詳細に書く為に、先に伸びるのかなぁ。

(先月、世界カルト問題会議というようなのがあって、麻原裁判の状況を報告しておいたのですけれど、英語にした報告文書を見て、そんな形で裁判が終わるのですか、と実に驚いていた人がいましたです。日本の弁護士の恥、です。)

 で、アッサージさん、どうする?
0

2006/7/20

ようやく。焦点はお付の人  カルト・宗教・犯罪

ようやくです。
---------
松本智津夫被告(51)の家族の側近信者の男女2人が、脱税目的で銀行口座を開設し、銀行から預金通帳をだましとったとして、警視庁公安部は20日午前、茨城県龍ヶ崎市内にある松本被告の妻(47)の自宅や埼玉県越谷市内にある同被告の三女(23)の自宅など数か所を詐欺容疑の関連先として捜索した。

 調べによると、側近信者の女(35)は2002年4月ごろ、コンピューターソフト開発事業を営む側近信者の男(35)と共謀し、この男に雇用されている実態がないのに、給与の支払いを受けると偽って、都市銀行支店で口座を開設し、預金通帳をだまし取った疑い。

 公安部は、給与を支払うよう偽装することで、男の個人事業所得を圧縮し、所得税を免れる目的もあったとみている。
(読売新聞) - 7月20日
---------

もともと、オウム関連企業に勤めていて、脱会してその企業自体を離れたとき、翌年になって高い金額の住民税の請求が来て、困ることが、よくありました。
所得税と異なり、住民税は翌年になるから。

つまり給与は自分で管理できず、自分名義の預金通帳を作られて、そのハンコも通帳も、教団の会計と密にしている会社経理担当信者が持っているままであって、本人は自分の給与も知らないんです。

ひどいことでした。

(誤解を招くといけないから追加すると、本件は、逆に働いてもいないのに給与振込みを受けていた、まあ本筋は所得税の脱税といったところです。
 そこから麻原家にいっていれば贈与税の脱税の問題です。
 もちろん、ここ数年、「口座」に関しては、マネーロンダリング防止の為に極めて厄介になってきていることから(だって金銭の送金でも100万円を超えると、送金する方なのに身分証明とか、口座自体から送金の形にしなければならなくなってます。)、
この「詐欺」も成立すると思いますです。
 まあ、オウムは昔から結婚してもいないのに戸籍を一緒にしたり、異動していないのに住民票を動かしたり、ああ、上祐も接見する為に少し下の年のサマナを養子にしたりしてました。中田グループは破防法逃れの為に何人をも養子にしていた。
 手続きの類の不正利用なんて、気にしない団体です。)

それで、ようやく捜索が入った。立件可能ですね、これ、銀行から被害届出をもらったのだろう。

焦点は、お付の人だという点です。アーレフ自体ではなく、「麻原家」の懐に関連するのですから。アーチャリーさんの新居も捜索されたのですね。

松本被告の家族は、どうかしっかり離婚して、自分たちの力で生活していって欲しい。龍ヶ崎の近隣の方らも後に勤務先まで探そうとしてあげていたものです。

どうしても大変だったら、生活保護だって、完全にオウムから離れるならば、贅沢な行為をしないならば、実質特例としてしばらくは出すようにできると思います。

------
そんな麻原家を利用しているのは、現役信者と、弁護団かなぁ、酷いものだ、と思う。

破壊的カルト教祖の親族、子供らは後に辛い思いをする。いくつもの先例がある。
すでに長女は不安定に過ぎるし、こどもらの将来もオウム真理教とくっついていたままではまともにできようがない。

まったく、都合のいいところだけ「人権」を主張させる法的な助言などは、本人らを不幸にするだけなんだが。
1

2006/7/19

すごい話だ−冷戦  憲法・社会・官僚・人権

すごい話ですよね、下記の記事。
---------
 【ワシントン18日共同】
米中央情報局(CIA)が1950年代から60年代にかけて、日本の左派勢力を弱体化させ保守政権の安定化を図るため、当時の岸信介、池田勇人両政権下の自民党有力者と、旧社会党右派を指すとみられる「左派穏健勢力」に秘密資金を提供、旧民社党結党を促していたことが18日、分かった。

 同日刊行の国務省編さんの外交史料集に明記された。同省の担当者は「日本政界への秘密工作を米政府として公式に認めたのは初めて」と共同通信に言明した。

 米ソ冷戦が本格化した当時、日本を反共の「とりで」にしようと、自民党への支援に加え、左派勢力を分断する露骨な内政干渉まで行った米秘密工作の実態が発覚。日本の戦後政治史や日米関係史の再検証にもつながる重要史実といえそうだ。

---------

たしか、社会党はソ連から当時資金提供を受けていた、共産党の昔の分裂の際は「新しい声」とんなんとか言うのがソ連から資金提供を受けていたのではなかったかしら。

「革新系」(死語です)に対してはそんな批判があったが、
やはり、「保守系」もですか。

自民党自体は、当時の数百万ドルだったのではないかなぁ。数十億円といったところか。

東西の冷戦のさなか、日本も普通の発展途上国と同じく、対立の前線だったんですね。内戦で無いだけましだけれど。

国会と国会議員、各政党は、そんな総括もしていって欲しいものです。
将来のために、日本の独立の為に。

0

2006/7/3

とりあえず良かった。  メディア・ネット

溝口敦さんの子供さんへの傷害事件
事件解決に向かっているようですね、良かった。

何より、全治2週間でなんとか済んだようで良かったです。

溝口さんの本や調査内容は、坂本事件の調査の折に役立っていたものです。結局、山口組系後藤組とオウム真理教とは、最初の頃の土地利用をめぐる以外の接点は無かったのだけれど、オウム真理教以外での団体での墓地造園その他もあり、有象無象が宗教ビジネス周辺にもあるのがわかって興味深かったです。

本人が襲われたときでも、もちろん許せないけれど、家族が襲われるのでは、本人として強く萎縮してしまいやすいものです。
2重の意味で酷い事件です。

思うに、このような事件が時に起こるのだけれど、
言論分野の団体は、反応が鈍いのではないかしら。


日本ペンクラブとか、新聞協会とか、直ちに声明を出すべきものだがなぁ、と不思議、です。

声明を出すなどすることによって、
・ご本人に孤独ではないと自信を持たせ、
・暴力で言論を封殺しようとする輩に対する警告になり、
・後々の類似事件の防止に役立つのですが。

ペンクラブ
http://www.japanpen.or.jp/
日本新聞協会
http://www.pressnet.or.jp/

>警視庁組織犯罪対策4課は3日、元指定暴力団山口組系
>幹部・魚山恭嗣容疑者(59)傷害容疑で逮捕
>3人目。魚山容疑者は、すでに起訴されている上野孝夫被告
>が関係していた組の幹部を昨年11月まで務め
>襲撃の指示役だったとみて追及
>魚山容疑者は、上野被告や養子の上野浩被告と共謀
>今年1月8日、三鷹市の路上、溝口敦さんの長男の右足を
>ハサミで刺し、2週間のけがを負わせた疑い。

>魚山容疑者は容疑を否認
>溝口さんが、昨年7月に山口組組長が交代した後、
>内幕を雑誌に次々と発表したことについて、
>3人が記事の内容について逆恨みしたものとみている
0

2006/7/2

北朝鮮-拉致の関係  外国・外交

以下、神奈川での集会ですが、よろしければ皆様ご参加を。
今回は土曜日なので、私も参加できます。 --草々

■第14回 拉致被害者と
家族の人権を考える市民集会

〜拉致を語らずして人権を語るなかれ〜

講 師:増元照明さん(増元るみ子さんの弟)
    寺越昭男さん(寺越昭二さんの長男)
    内田美津夫さん(寺越昭二さんの三男)
    真鍋貞樹さん(特定失踪者問題調査会専務理事)
    梁東河(ヤン・ドンハ)さん(元在日の帰還者)予定
    『私は、こうして北朝鮮で生き抜いた!』の著者

日 時:平成18年7月8日 土曜日
 午後1時30分開場・午後2時開演
 場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)

主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市

問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ