2006/5/30

異議申立を棄却  カルト・宗教・犯罪

● 下記の書き込みに追伸 ●
−この決定文A4の14ページ、欲しい方にはファックスします。
−ファックス番号とお名前をメールで下さいませ。
takitaro@yha.att.ne.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
東京高裁11部は
同10部が本年3月27日した松本被告の控訴棄却
への弁護人の異議申立について
を棄却しました。

今後は最高裁への特別抗告、
またその後の訂正の申し立て?がある程度だろう。

異議申立の棄却決定文は、A4の14ページにもわたる文章で、
大変、説得力があります。

思うに、例えば月刊プレスボーイでの森達也氏らにあるような、しょもない言説などもあるところ、
このような決定文などにつき、マスメディアは、全文出して欲しいです。

滝本太郎のコメントとしては下記です。

「正しい判断が、説得力ある文章で示されたと考える。
弁護人があまりに危険なチキンレースをして負けただけの話である。松本被告の訴訟能力についても丁寧に検討されていて敬服する。

松本被告については、速やかに死刑を確定させ、6ヶ月と5日以内に執行すべきと考える。執行の際は、法廷でも述べたように私を立ち合わせて欲しい。

そして、この際、検討すべきことが2つある。

1つは、
12人の実行犯ら弟子が死刑判決を受けているが、本当にそれで良いのだろうか、と言うことである。
犯行にいたる心理的機序をみるとき到底、正しいとは思えない。
12人への死刑執行で喜ぶのは、松本被告のみである。
被害者心理として、死刑の執行は喜びではなくケジメでしかないところ、この破壊的カルト集団における事件については、松本被告一人で良いのではなかろうか。

2つは、
今回の決定書にも記載ある吉岡毅弁護士(埼玉弁護士会所属)の件である。
彼が弁護人として、単独接見をなし、松本被告か何らかの教示を受け、または受けたと称して、オウム真理教信者らに事柄を伝えときにどのような影響を与えるか、これが、オウム真理教の今後を占う最大のキーポイントである。
他の弁護人らはその問題性を十分に認識し、何よりマスメディアにあっては、同弁護士に十分な釈明をするよう、その矛盾点を質問するよう求める。」
1

2006/5/29

折々の歌  日常のこと

折々の歌

このブログは、まあ個人的なことはまず書かないし
日常もまず書かないのだけれど
まあたまには良いだろうと。

27〜28日は、拉致事件の調査で釧路、網走と行ってきました。
下記に地元新聞の記事が出ている。
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=17&news_cd=H20021023230

それにしても、子どもさんが突然いなくなった親御さんの悲嘆。
坂本のご両親、奥さんのご両親を重ね合わせた。

坂本事件の時は、随分長かった気がしたが、1989年から1995年の6年間だったんだ、と思った。

何とかしたい、と思う。確かにあまりに不自然。

夜、関係者のみだからいけるのだけれど、カラオケ
でも、「なだそうそう」はやはり誰も歌わなかった。
http://momo-mid.com/mu_title/nada_sousou.htm

自分はまだお会いしたことはないけれど、やはり曽我さんの歌だと思う。
曽我さんのお母さんは、共に拉致されて、まだ見つかっていない。
曽我さんは、お母さんは日本にいるものだと思って帰ってきたのだった。
多くは、私と同じ世代。

北朝鮮政府は、実にひどいことをしてきた。

--------

で、折々の歌。
上記調査のほか、とある映画作りの関係で想うことあり。

うーん、自分は

随分昔の初恋みたいなときは
「恋は水色」
http://momo-mid.com/mu_title/love_is_blue.htm

自分で惚れた時のは
「僕の胸でおやすみ」
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/bokuno_munede_oyasumi.htm

坂本事件のときは
「愛燦々」−坂本に2番目からマイクを取られた歌
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/ai_sansan.htm

その事実調査班の合宿でよく歌っていた歌
「安奈」
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/anna.htm

もう5年にもなる、子どもを交通事故で失い
しばらく後に知りやたら聞いていた歌
「いつも何度でも」
http://www.momo-mid.com/mu_title/itsumo_nandodemo.htm

「いつも何度でも」と「愛燦々」は、カラオケスナックで歌っていて絶句してしまったことがあったなぁ。恥かしかった。

うーん、これから先どんな歌が自分の人生になるのだろうか

ああ、いろんなメロディーを聞けるここはいいですよ。
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mount_midi.htm

自分の葬儀のときは、これらの曲を流してもらう音楽葬にしてもらおう、
などと想った日。備忘録ですね、これ。
0

2006/5/27

2徹  日常のこと

27日朝

2徹をしてしまった。

まあ、電車の中では10-20分程度ずつ寝ていると思うのだが、

10年ぐらいこんなことはなかったなぁ。

まあ、ギリギリになって、かつパッションが上がらないと、
なかなかまとまったものは書けない自分がいけないのだが。

今は、裁判所にも相手方にも、ファックスで準備書面を送れる。
その他の文章もメール、ファックスで送れる。

そんなことから、逆に期限に遅れてしまうとき、
ずるいことだが
郵便屋さんのせいにもできず、
徹夜することとなってしまったりする。

うーん、うーん。

で、一端寝ると起きれる筈もなく、出かけることにします。
0

2006/5/23

ジャーナリストって  知識人の責任

ジャーナリストって何? と思う。

その類の本はろくに読んだことはないが、私なりの定義は

「課題にかかる事実を見る眼、見つめ続ける気力と勇気を持って、それに基づいて事実、分析、自らの考えを他に伝えることを業とする自然人」

だと思う。

大切なのは、事実から出発するということ。
思想家とかだと形而上学的にやってもまあいいし、小説家ならば推測や想像、創造の部分が多くあっても良い、と。
だが、ジャーナリストって、そうではなかろう、と思うので。

で、他に伝えるためには、不明確過ぎないようにして、それなりに分かる言葉で書句べきことは当然の前提。

吉本隆明の類の影響かどうかは知らないが、「ジャーナリスト」って言っても、言っていることがあまりに不明確な場合があります。また、言っていることがどう見ても分からないときや、あえて不明確に書くことによって「逃げ」の体勢にある文章を見るときって、時にありますよね。

新聞の論説とか、ジャーナリストの文章でも。これは、末尾の方を見れば、容易に判断がつくことです。小難しい言葉や、カタカナが多かろうと、それぞれの段落の末尾、まとめをみれば分かること。
中学校で習ったはず。

ああ、それから他の普遍化しようとしている立論をすでに持っているとき、そこに持ち込もうとして、その課題の特殊性というか、課題の特徴たる色合いを軽視してしまいがちです。それは、事実から出発する筈のジャーナリストとしては、あまり露骨にやってはならないと思います。

まあ、私が弁護士であることの弊害かもしれない。
弁護士の場合、証拠・事実とそれに基づいた論述、特には感情を入れても、基本がなってなかったら、
そしてその立論と主張を、明確に伝えられる文章でなかったら、言葉でなかったら、裁判では勝てる裁判でも負けてしまいますもん。シビアですもん。
(私の文章が分かりにくいというネットでの評判もありますが、仕事の文章ではそうでない筈なのでご安心を。)

-------------
それで、本題です。佐々木俊尚さんの下記のところの5.22の文章についてです。
http://blog.japan.cnet.com/sasaki/2006/05/post.html

今回の玉稿については、同意できるところが多くありますが、下記のところのみは、あまりに相対主義に過ぎ、それも事実に基づいていないと考えるので、意見を申し上げます。

(なお、結語の趣旨が不明確だなぁと感じますが、それはそのようなスタイルをされているかもしれず、やむをえないとは思います。)

すなわち、「大日本帝国」云々の部分について、失礼ながら考察に精密さが足りず、印象で述べていて、結局は、R30さんと同じ過ちを犯しているのではないか、と感じられます。

その論調は、教団が生き残るために上祐が計画した「・大日本帝国に似ているとして、国民を味方につける。」そのままの論理でもあり、しょもない「一部の知識人」が時に言うことでもあるので、改めて書きました。

また、このことは、右に先立つ5月13日に、私のブログにおいて記述しております。

ネット関係で著名な方のようですので、この件では同じく泉さんにインタビューを受けている私のブログであります以上、もちろんお読みかと思いますが、その立論を踏まえておられないとしか思えないものです。

もとより、私の拙稿を読む義務はありませんでしょうけれど、ご自身のジャーナリストとしての観点を更に磨くために、万一読まれていなかったらこれをしてほしく、読んでおられたらその上で改めて具体的に、下記のことをご検討くだされたく、お願いします。

突然に失礼いたしました。
草々

------
R30さんの松永君インタビューでの言葉

この問題に簡単に結論を付けることなどできない。なぜならそれは、松永氏だけの問題でも、アーレフ信者と被害者との問題でもなく、おそらく日本人全員の問題だからだ。自分自身の過去の反省をうやむやにしてきた我々日本人自身が背負っている十字架を見ずにオウムを罵倒する人は、まさに自分を嘲っているのと同じである。
-----
佐々木さんのブログ
 私がR30さんのこの発言を読んだときに感じたのは、多くの批判者が書いている「オウムと日本国民を一緒にするな」という身も蓋もない批判、反感ではなかった。実のところ、R30さんの言説は、単なる脊髄反射的な感想にとどまらず、非常に重要な意味を含んでいるように思えた。

彼の意見から私が受け止めたのは、「オウム」や「大日本帝国」という被害を与えた側の認識のあり方の問題ではない。そうではなく、オウムや大日本帝国から被害を受けた側――つまり大日本帝国に侵略された中国や韓国と、オウムによって生命の危険を感じた日本国民の側の認識のありかたの問題だった。その「被害を受けた側」の認識としては、「歴史認識が問題だ」と言い続けている中韓の人々と、オウムの危険性をいまも声高に指摘し続けている日本社会は特定の場所においてオーバーラップするし、そのアナロジーには何らかの意味が存在すると思える。

 日本と中韓、オウムと日本社会の間に横たわっているのは、決定的な認識のずれと、絶望的なまでのコミュニケーションの断絶だ。それは実のところ、日中韓やオウム−日本社会だけでなく、先に挙げた『断』のコラムで書いたように、いまや社会の至るところに偏在しているように思える。

----------

佐々木さん、
結局は、大日本帝国の場合とオウムの場合を一緒くたに話しています。

でも、下記のことが事実して存在します。

1−大日本帝国では、女性は勿論、男性とてそう自由に選挙はできなかった、
2−大日本帝国では、政権に逆らえば、投獄されたり、殺された
3−国家の場合、そこから抜けることは経済的、文化的、過程のことからも事実上極めて困難
4−日本の場合、靖国神社への公式参拝をしているなど不十分なところもあるが、国家としては1995年の首相声明にあるとおりしっかり謝罪しており、条約締結の際にさまざまな形で補償をしており、さらに不十分なところについてさまざまに運動している人もしっかりいる。
5−日本国民は、単に日本国民なのであり、多くの人は「天皇陛下万歳」「大東亜共栄圏を作ろう!」などとの思想にもはやない。

1−オウムの場合、もともと勧誘されたが嵌らないでいた人もいた
2−オウムの場合、マインド・コントロール、洗脳があるとはいえ、それでも脱走した人も少なくなくいた、
3−オウムの場合、逃げる場所は実際上はあった
4−オウムの場合、まして1995.5.16の後は、容易に逃げられた、それからもう11年
5−しかも、その信者は未だ「麻原彰晃」に帰依している。

以上の違いはきわめて大きいものです。

以上からして、
たしかに、大日本帝国の所業を許した日本国民に責任はあるでしょう、戦後の国民にも日本の責任を政府に果たさせ尽きていない以上、責任はあるでしょうが、

それと現役オウム信者を責任(=どの程度非難できるかというレヴェル)は、あまりに異なります。

-------
また、佐々木さん
R30さんは、松永君へのインタビューの中で、最後にこうも言っています。
http://gripblog.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/__c076.html

「R30:「私はそうは言えません」というレベルにあるならば、逆に言うともう、これってアジアと日本の戦争責任問題と同じだぞと。日本人って実はアジア人からこういう風に見られてるんだぜ。それって俺たちがオウムってことなんだぜ。と言うしかないんだよね、そう思う。」

ですから、ご自身が「彼の意見から私が受け止めたのは」と言い「被害を受けた−側の認識の問題」と言ってみても、やはりR30さんの発言について、あまりに曲解というか、彼のためかもしれないが「善解」に過ぎると言うものです。
事実を変えてはならないと思います。

最後に、佐々木さん
>日中韓やオウム−日本社会だけでなく、先に挙げた
>『断』のコラムで書いたように、いまや社会の至る
>ところに偏在しているように思える。

との纏めはあまりにいただけないと思います。
自分の立論に利用するための文章だったのか、そのためには課題の特殊性も無視してしまうのだなぁと感じました。

なお、佐々木様
泉さんについて「泉さんはジャーナリストとしてはまだまだ半人前で(と偉そうに私がいうのはおこがましく、許してほしいが)」とあります。

勿論彼女はまだまだ素人です。が、生意気ではありましょうが、私は、きわめて多数の世界中のジャーナリストから取材を受けた者であるところ、私の感触では、ジャーナリストとして最も大切な
「事実を謙虚に見ようとする姿勢」
を持っていると感じました。

この姿勢は、往々にしてそれなりに実績を上げてくると自分の言いたいことが先にあったりするので、失ってしまいやすいです。自信がついてきて、事実を変容してしまったり、自分の立論にあわせたりするので。心したいものだと思います。
逆に、本当に一流とされるジャーナリストらの多くからは、事実を大切にされているなぁと、いつも感心したものです。

では失礼します。

草々
0

2006/5/23

炎上とかコメントスクラムと言う言葉  メディア・ネット

「炎上」ということが、ブログでは話題になっていることを知った。

コメント欄に手ひどい書き込みが続いて『コメントスクラム』とかいって批判する人もいるようですね。
 元アナウンサーの薮本さんのところが話題になっているそうで、見てみると、確かにすごい。
 http://blog.livedoor.jp/yabumoto_net/archives/2006-05.html

 しかしなぁ、私はよろしいんではないですか、と思うけれど。著名であり、社会的影響力がある方だということの証明ではないですか、と。掲示板ではなく、ブログなんだから、そんな場合は、コメント欄なぞ無視して本文を充実させれば良いではないか、と。

 人によっては、数十程度のコメントぐらいでオタオタすることがいるようですがね実に不思議。対応の方法はあるし、一切無視もできるのがブログでしょう。

 これ、掲示板の時には困るんですよね、自分や他の大切にしたい書き込みも埋没してしまうから。私が昔管理していた「小うるさおじちゃん掲示板」のときは、1200ぐらいの自働連続書き込みがされた。オウム問題で、ダミーサークルやら偽装サイト外の暴露合戦をしていた時でした。

 あれは明白に業務妨害でした。私の弁護士としての業務の一環としての掲示板だと書いてもあったので。で、業務妨害罪として告訴しました。県警もICPOだったかそんなのを通して、努力してくれたのですが、多くのその発信地はスウェーデンでその前がトンガと言うところまでは分かったのですが、その先は難しかったみたいで、公訴時効になりました。ありゃ、ひどかった。

 思い出せば、それ以前にメール爆弾が来たこともあったなあ、二度にわたり2000通ぐらいだったか、あの頃はまともて削除する方法を知らず、しかも標準設定のプレヴューだったから、削除には時間がかかりました。

 スキルをもっと持たないといけないですね。
 で、佐々木俊尚さんと言う下記のところの5月22日のに、コメントを書こうとしたのですが、できず、かなり著名な方のようなんですが。このひと、ネットの可能性を探るジャーナリストとか言う方の筈でして、残念に思いました。

 で、これからもう一つ記事を書いて、トラックバックというのを、して見ます。できるかなぁ。

0

2006/5/20

問い合わせ  カルト・宗教・犯罪

http://nightmares.exblog.jp/

上記の方、どなたなのかなあ。
とてもよく練れた文章で、諸々の課題についての感覚も鋭い。

諸々の感想には、賛同するところが多い。

オウム関係にも相当に興味があられて、数ヶ月前から、西村さんリンク集にも入っている。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/

ご参考までに、オススメ。

----
で、この方に、参考書籍などを読んでもらいたいなぁとお送りしたいのですが、そのサイトからはメールも分からない。

なんか良い方法がないでしょうか。-ALL
0

2006/5/19

意外な展開−荒木君  カルト・宗教・犯罪

>上祐代表は19日午後、都内で
>破産管財人・阿部三郎弁護士
>や反上祐派の中心人物である荒木浩広報部長ら
>と会った。
>教団分裂後の賠償金支払いなどについて話
>路線対立から分裂が決定的
>7月からは財政面を完全に分ける

http://www.ntv.co.jp/news/58694.html

−−−−−−−−−−−−−
上記のこと、確かにテレビで見ました。

意外な展開、驚愕の展開です。

いや、分裂云々ではなく、荒木君が反代表派の中心人物として出てきたこと。


分裂云々は、昨年末から実質しているから、不思議ではない。

ちなみに、上祐は、TBSの報道特集が暴露している通り、オウムの教えを残すためには、麻原死刑執行などの後に共倒れにしないために、方針の違う2つの分けるというのであり、

話し合っての「組織分割」です。

どちらもオウム真理教。
まあ、上祐派が後に盛り返してくるのだろうけれど。


荒木君は、上祐の近くにいて、上祐の嫌なところ、一時期神がかりみたいになってついていけなくなったことから反上祐派に行ってしまった。
これも意外ではない。

意外なのは、その荒木君が中心人物として出てきたことです。

彼は麻原から何らかの「成就」をしたともされていなかった。だから、彼が中心人物として実際に上祐や破産管財人とも?会うというのは、いかに広報部長とはいえ、不思議なことなのです。


推測されることは、彼が何らかの宗教的な位置づけを、少なくとも反上祐派の内部において認められたということです。それができるのは「正大師」しかいない。

そして、反上祐派には「正大師」はいなかった。

上祐以外にオウム真理教に残っている正大師は、獄中の新実のほかは、松本被告の妻ヤソーダラーと三女ウマーパールヴァティアーチャリー程度です。

何らかの接触が続いていると見るのが妥当だと思う。
そして、荒木君に「権威」を授与することができるほどのことって、なんなんだろう。


こうなると荒木君を、A君と匿名にはもうできなくなってしまった。

もともとは、上祐が彼のキャラクターを利用して、1995年広報担当にしたことがきっかけ、それがなければ彼はメディアに出ることがなく、映画『A』『A2』で、森監督らの野心に利用されこともなかっただろう。酷い話だ。


ちなみに、麻原家の収入は、オウム真理教からの40万円と、パソコン会社Y2PCからのもの。40万円の方は反上祐派が出すことになるのだろう。

そのあたりも説明されるべきこと。


両派とも、いろいろ明確に説明しなければらならない立場でしょう。

メディアは、それこそ、両派に記者会見を求めるべきところ、していない模様。拒否されたのならばそれ自体を報道すべきこと。いったい、何をやってるんだ。

上祐派
・信仰の対象、教祖は誰か。
・別団体と言っても、その正大師、「マイトレーヤ」の名を捨てるのか、捨てないで別団体となぜいえるのか。
・麻原の位置づけ。
・新実被告、土谷被告の位置づけ、連絡しあうのか。
・麻原の詞章、歌、そもそもあの立位礼拝の言葉も使わないのか。一切の説法を引用することもなくすのか。
・ヤソーダーラーや6人の子どもとの関係、その他の6人の子どもとの関係・連絡を何らかするのか。しているのか。Y2PCとの関係
・今後の活動方針、布教方針
・(追加)脱会したと称する先年まで出家していたオウム真理教司法試験受験組責任者格の松本被告弁護人弁護士吉岡毅(埼玉弁護士会のヨシオカツヨシ)との関係、同人はメンバーか、麻原との連絡は?

反上祐派
・信仰の対象、教祖は誰か、代表は誰か。
・麻原の位置づけ。
・事件の位置づけ。
・ヤソーダーラーや6人の子どもとの関係、その他の6人の子どもとの関係・連絡を何らかするのか。しているのか。Y2PCとの関係
・今後の活動方針、布教方針
・(追加)脱会したと称する先年まで出家していたオウム真理教司法試験受験組責任者格の松本被告弁護人弁護士吉岡毅(埼玉弁護士会のヨシオカツヨシ)との関係、同人はメンバーか、麻原との連絡は?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ