2018/5/18

正しいスクワット  短歌

脚力増強と体重低減の運動の一環として昨年から実施しているスクワットだが、ここにきて大きな成果をもたらしてくれている。ヨチヨチ歩きだったのが昔の速度で歩けるようになったのだが、その理由は大股で歩けるようになったからである。

その理由はこれまでの我流のスクワットから、ある本に従って「正しいスクワット」に変えたからである。「死ぬまで歩くにはスクワットだけやればいい」というその本によれば、「正しいスクワット」のやり方というのは次のようになる。

@毎日、朝晩行う。
Aゆっくり行う。(腰を下ろすのに4秒、上げるのに4秒が基本)
B膝を90度より深く曲げない。(深く屈み過ぎると膝を痛める原因に)
C意識を太ももに集中させる。
D腰を曲げない。(お尻〜頭を床と垂直に保つ。深い呼吸をするために大切)
E腰を下ろすときに息を吐き、上げる時に息を吸う。(口で吐いて、鼻から吸う)
F食前に行う。(身体への負担を減らすため胃腸が休息している間に行う)
G入浴前に行う。(入浴後は副交感神経が高まり眠くなるため)
Hゆったりした服装で行う。(身体を締め付けると血液のめぐりが悪くなるため)
I痛みを感じたらすぐに中断する。

このやり方の最大のポイントは「深い呼吸」である。スクワットが効果的である理由は、筋力を強化し、血流をよくして、「自律神経」のバランスを整える適切な運動であるから、であるそうだ。この方法による効果としては、認知症を予防することや便秘にも効果があり、免疫力も高めてくれるようだ。

何ごとそうだが、我流や自分勝手なやり方はいけない。やらないよりも却って効果がそがれることもある。きちんとしたセオリーや正しいやり方に沿って行わなければ正しい効果は得られないのである。改めてそれを思い知った。

1

2018/5/14

「持つべきは友」を痛感する  短歌

昨日は同年令の大親友と作っている「四人会」のイベントがあった。近鉄の石切駅から生駒山に登り、奈良側に降りて銭湯で入浴してから生駒駅前の居酒屋で反省会といういつものパターンである。ただしいつもと違うのは、骨折の後遺症的な腰痛により私だけが登山はせず下山後の反省会から合流するという点である。

今回のイベントの主旨は、家族関連の用件でしばらく故郷に里帰りしていたメンバーの山登り復帰祝いと、私の体調の近況報告会である。

前日までは、午後からの降雨は予報されていたが、実際には朝10時前から降り始めてかなり激しい降り方となり、反省会をしていたお店では突然生駒市からの土砂災害警報がスマホへ発報されるほどの豪雨となった。山上での一献会の場所も水浸しであったそうだが、そこは百戦錬磨のメンバー3人、たじろがずに山頂売店から生ビールを運んだり持参の焼酎やレア日本酒を楽しんでいたそうだ。彼らはほんとにスゴイ。

生駒駅前の居酒屋で合流した3人に、私から1枚の紙にまとめた近況を報告した。みんな私の回復を自分のことのように喜んでくれ、一日も早い登山復帰を望んでくれた。あるメンバーから私の回復の原因について聞かれた際、私はすかさず、1人のメンバーがSRS(シュッシュ・リバイバル・ストラテジー)と銘打った「健康づくり・体重低減作戦」にお付き合いしてくれていることを挙げた。

このおかげがあってこそ私の体重は順調に低減しているし、最近では従来のように大股歩きができて歩行速度が戻ってきたので「ヨチヨチ歩き」をしなくても済むようになったことは疑いがない。特に、この活動の一環として取り組んだ「スクワット」が大きく奏功しているのである。

実はスクワット自体は1年以上前から取り組んでいたのだが、沈み込むときに吐き身体を伸ばすときに吸い込む呼吸法や、ゆっくりと時間をかけて上下するなど、「正しいスクワット」のおかげで脚力増強と腰痛の緩和が急速で進んでいるのである。これはずっと付き添うように伴奏してくれる大親友がいなければ続けられなかったことである。

「持つべきは友」・・・改めて痛感した。
1

2018/5/12

ニュートラムという乗り物  短歌

大阪市営のニュートラムという乗り物に乗った。母校の野球部の試合の応援のために南港の野球場に行く際に利用したのである。この乗り物には以前にも何度か乗ったことはあるが、今回はこれが全面自動運転の乗り物であることを駅の表示で初めて知った。英語ではAGTというらしく、公営の乗り物としては最近まで唯一のものであったらしい。

AGTというのは、Automated Guideway Transiの略で、小型軽量車両が自動運転により専用軌道上の案内軌条に従ってゴムタイヤで走行する中量軌道輸送システムの一種である。4両編成の先頭車両に乗り込み、普通なら運転席がある場所を確認してみたが運転用の機械や器具類はなく、ただ単にスペースがあるだけである。無人運転車であることは間違いなかつた。走行速度は決して早くはないが、安定していて乗り心地は悪くはない。

最近は自動車の全自動運転が話題に上っているが、それに比べるとニュートラムのほうは敷かれたコースの上を走るのだからはるかに安全である。だからこそ5分おきにどんどんそうこうしているのだろう。ただこのニュートラムも初期のころは終着駅で停車せず脱輪してしまうという事故を起こしたそうだから、自動車の全自動運転はその何倍も何十倍もリスクは大きいだろう。

とはいえ人類は、夢のような構想を次々と実現してきているので、自動車のそれもついには課題を克服して実現する時が来るのかもしれない。そこに人類の「おごり」と「自己過信」がないことを祈るのみである。

 運転席のないニュートラムの先頭車両
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/5/7

グランフロント大阪での勤務  短歌

先般もここに書き込んだのだが、3月からある新興企業からの要請でその会社の顧問を引き受けて勤務を始めている。その会社は、日本やアメリカや中国のファンド会社や投資顧問会社からの要請に対してそれに対応できる専門家を紹介し、時間制で情報を提供する企業である。人そのものを紹介し転籍させるビジネスではなく、その人の専門領域での知識やノウハウのみを提供するという点で、新しいビジネスモデルと言える。

世界的には欧米や中国で先行しているが、日本でも1〜2社が既に数年前からビジネスを開始しているそうだ。今回の会社はそういう先行中国企業との合弁会社であり、9年前から神戸で人材紹介会社を展開する中国人女性が社長である。1年前に設立されたその会社の社員は、20代から30代の、日本人男性1名と中国人男性2名の計3名である。

その会社のオフィスはグランフロント大阪の北館にある。私はそこで、いわば管理部長のような役割をすることになっている。つまり、まだ就業規則もないのでそれに代わる社内ルールの整備をしたり、社員の人事評価基準づくりとその運用のお手伝い、ビジネスマンとしての基礎についての指導などを任されており、ついでに部下指導の経験の少ない社長に対する助言者の役割も求められている。

雇用関係ではなく契約関係であるため、勤務日数も勤務時間も私自身に委ねられているのだが、上記の役割を果たすためにはその会社の事業内容や社員一人ひとりの仕事内容と人物自体も知らねばならないので、月に3回程度出勤することにした次第である。そうなると昼食もグランフロント大阪内や近くの阪急3番街などで用を足すことになるが、これがなかなか楽しい。

サラリーマン時代は、社内の社員食堂で済ませるのが当たり前であった私にとっては外食の昼食は少し高くつくものの、実に新鮮な印象である。この年になって都会の真ん中で勤務して大阪駅の周辺でランチを食べる経験ができるとは思いもよらなかったが、何ごとも経験で、これは楽しむほかはないと考えるこのごろである。
0

2018/5/3

あの奈良県もようやく動き出した  短歌

先日の新聞に「奈良県が2027年には県民のがん死亡率を全国最低とする目標を掲げ、4月から独自の取り組みを始めた」という記事が出ていた。地域別のがん死亡率や罹患率、検診受診率などのデータを分析して診療情報の「見える化」を徹底し、医療関係者らの取組みの効果を高めるそうだ。生涯で国民の2人に1人がかかるとされるがん対策の先進県である長野県を抜いて、全国トップを目指すということである。

奈良県と言えば、観光で有名な県のくせにホテルなど宿泊施設の数では最低レベルであったり、「県外就業率」では全国トップとなるなど、あんまりいいデータにお目にかかったことはないのだが、こういう前向きな目標が定量的に示されたのは、奈良県に住んで初めてと言ってもいいほど稀である。

それというのも何期か務めている知事が官僚出身のせいか、県民のほうよりも国や中央のほうを向いていると感じることがあまりに多かったので、知事や県に期待する声が少なかったのは事実である。私が住む生駒市も「大阪府生駒市」と揶揄されることがあるくらい県民や市民の多くは奈良県には期待せずむしろ大阪府のほうを向いている人が多いのもまた事実である。

しかしながらその認識も少しずつ変わりつつある。というのは、平城京跡も朱雀門や大極殿があるだけでなく、ある化学会社の工場撤去跡を借り受けて広大な平城京跡公園として整備が進みつつあるのは明るい話題である。このゴールデンウィークからオープンと聞いているので早速出かけてみたい。また奈良市内の中心部には、ここにきていくつかのホテルの建設が伝えられている。

あの奈良県も我々の冷ややかな目線を感じ世間の声に耳を傾けて、ようやく重い腰を上げたのかもしれない。もしそうなら結構なことである。奈良県と知事の本気度をじっくりと拝見してみよう、という心境である。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ