2017/4/30

「邪馬台国」はなかった  短歌

世間には「邪馬台国」論争というものがあるが、その大半は「邪馬台国がどこにあったのか」というものである。しかしながら私は、先日の古代史探訪会において「邪馬台国はなかった」という説を紹介した。もちろん私の説ではなく、古田武彦氏による同名の著書の紹介であるが、私自身もその内容に感銘を受けたので今では私の説でもある。

その内容は、「三国志」の中の陳寿が書いた「魏志倭人伝」の中に書かれている日本の古名は「耶馬臺(台)国」ではなく「耶馬壹(一)国」であることを何種もの検証作業を経て突き止めたものである。つまりそういう国は確かにあったのだが、その国名は「邪馬台(やまたい)国」ではない、「耶馬壹(やまいち)国」だという説なのである。

ところがこの度、石鎚山登山の帰りに高知市内に住む友人を訪ねたところ、そこに来合わせていたある人物が、さらに違う説を持ち出して熱弁されたのには驚いた。その方は元・高知県庁に勤務していた方で今は高知大学非常勤講師をされているH氏である。

その方の書かれた「耶馬壹国(やまとこく)」を読んだ。彼の説は、「魏志倭人伝」に書かれている日本の古名は「耶馬壹国」であるがその「壹」の読みは「いち」ではなく「と」であり、「耶馬壹国」は「やまとこく」と読むのだそうである。

朝鮮半島ではサイコロの目で「1」にあたる「壹」は「と」と発音するそうだ。「耶馬一国」説で有名な上記の古田武彦氏も橋詰氏に面会を求めてきたので東京で会ったところ、その説に感心してその正しさに脱帽したそうである。

この話を聞いて、私も即座に共感してしまった。つまり、どう考えても「邪馬台国」はなかったのである。これからは、私はあちこちでこの説の紹介者となり、「耶馬壹(やまと)国」説の流布・拡大に貢献したいものである。
0

2017/4/27

SRS作戦は完了したぞ  短歌

今週初めから3日間は西日本最高峰の石鎚山(愛媛県、標高1982m)に登ってきた。私の登山力復活を期して同い年の「四人会」が年初から展開してくれている「SRS(Shusshu Revival Strategy)」作戦の一環で、その仕上げの登山に付き合ってくれたものである。1月の生駒山、3月の交野山、愛宕山、4月のポンポン山へのハイキングを経て、今回の石鎚山につながったものである。

この山への登山は過去4回経験しているが、そのほとんどはゴールデンウィーク中かその直後が多かったが、今回は初の4月中の登山となったのでいささか緊張して臨んだ。これまで私の復活を支えてくれた3人へのお礼の気持ちを込めて、今回の担当リーダーは私が引き受け、プラン作りから往復のマイカー運転まですべてを請け負った。

さらには、虎の子のレア焼酎「百年の孤独」を持参して、登山の前夜祭に支援してくれた親友たち3人に提供し4人で飲んだが、これのうまかったこと。これまでは「百年の孤独」は宮崎出身の先輩社長が提供してくれていたのだが、今回はみんなへのお礼の気持ちで私が提供した。いい場面で使えてすごくよかった。

幸いにも天候はまずまずで、心配された積雪も大したことはなく、名物の「巨大鎖登り」も何とかクリアできた。(とはいえ、一の鎖では濡れた石に足を掛けたために少しだけ滑り落ちヒヤリとする場面もあったが。)下山後は成就社の旅館で昼食を摂り、みんなで祝杯を挙げた。これにてSRS作戦は完了した。あとは8月の東北の名山への遠征登山が待っている。

 石鎚山山頂にて
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/4/19

春は紫外線が強いなあ  短歌

先日は、大学野球の近畿学生野球リーグの試合を観戦した。場所は大阪湾の埋め立て地にある舞洲ベースボールスタジアムである。3人の子供とその子供達を含む家族全員での白浜旅行のため、今年は4月1日の開幕戦には行けなかったものの、第2節には張り切って出かけた。

残念ながら我が母校は試合には1点差で負けたが、久々の野球観戦はなかなか楽しかった。やはりスポーツはテレビなど間接的なものではなく、ナマで観るにかぎる。

しかしながら、一つだけ問題がある。それは、紫外線のことである。考えてみれば、4月や5月は意外に紫外線が強いのである。おかげですっかり日焼けをしてしまった。

日焼けはそのときだけではない。昨秋に硬膜下血腫で倒れこの2月にようやく完治宣言が出されてから、親友達3人が私の復活のためのSRS(Shusshu Revival Strategy)活動に付き合ってくれているが、先日もその最終回で第4弾である高槻のポンポン山へのハイキングがあったが、この日も薄曇りながらもいい天気で、紫外線がかなり飛んでいたようだ。

おかげで私の顔はもう既にかなり日焼けが進んだようだ。同時に、私の体力も急速に回復していることを実感している。日焼けできる毎日に感謝しよう。
0

2017/4/14

ハクモクレンとコブシの見分け方  短歌

春から初夏にかけてのこの時期に咲く花は実に多いが、その中でも白くて可憐な木花が我が家の近くの道沿いでも目につく。その花の名前を思い出そうとしたのだが、ハクモクレンなのかコブシなのかがよくわからない。

そこでネットで調べてみたところ、一発で「ハクモクレンとコブシの違い」という項目にぶつかった。どうやらそのことで悩んだり迷っていたのは私だけではなかったようだ。世の中には、案外同じような疑問を持ったり同じような考えを持っている人は多いのかもしれない。

それによると、ハクモクレンは花びらの厚さが少し厚めで、上を向いて咲くそうである。これに対してコブシのほうは花びらの厚さは少し薄めで、横向きや下向きにも咲くそうである。なるほど、これならひと目で両者の違いがわかる、

何ごとも、ちょっと調べたらすぐわかる便利な世の中になったものである。ひと昔前なら「百科事典」でも取り出してエッチラオッチラと探していたものだが、それに比べると随分手軽で便利になったものである。であれば、学校における勉強や教育のあり方ももっと変わってよさそうなものだが、そちらのほうはなかなか進みそうにないのはなぜだろうか?

 ハクモクレン
クリックすると元のサイズで表示します

 コブシ

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/10

ブログの芸風も変えよう  短歌

本年の初めから趣味やボランティアや仕事において「断捨離」を始めているが、その成果として自由になる時間が増えたことがある。これは難病を抱える妻との時間を共有するためにはありがたい成果である。それはまた自分自身にとっても、これまでの様々な課題を整理したり、書類や本類の「断捨離」をする時間にも充てられるので、ありがたい限りである。

最近の私の行動の傾向の変化としては、時間ができたというほかに、色々なことへの考え方ややり方が変わってきたこともある。例えば、これまでなら何の考えもなく電車やマイカーで出かけていた場所へも徒歩や自転車で行くようになったことなどがそれである。速足で30分くらいの生駒駅やその駅前のスポーツジムへ行く際も、最近は徒歩で行く場面が増えた。

2009年4月から始めたこのブログも、昨日からは9年目に入った今、ここいらで「芸風」を変えてみようと思う。そもそもは学び始めの短歌が上達するように大勢の目に触れてもらって恥をかくために始めたブログなので、当初から7年間くらいは毎回2首ずつ掲載していたが、この1年間くらいは1首ずつとなっている。しかもその題材は、ブログの本文とは切り離した短歌になってきている。

しかし今後はここでさらに大きく舵を切り、短歌なしの単なる日記に変えようと考えた。8年前から所属していた短歌の会も昨年末に退会したことだし、創立メンバーの一員として21年続けた登山の会も同じく年末に退会し同い年の親友たちとは我々世代に合わせた「ドリカム登山」の計画も進めている今、様々な面でやり方を変えるのも悪くはないだろう。

ということで、短歌のないブログは前回分から発進した。気が向いた時には短歌や俳句を入れることもあるだろうが、今後はそういうことにはこだわらないことにする。2009年から2014年9月までのブログは、「世界に1冊しかない自分だけの本」として3冊に分けて製本したが、芸風転換直前までの2年半の分も第4号の本として製本にかかろう。

そんな気持ちで出かけた昨日の奈良市の佐保川堤の桜は、その名に恥じないくらいの美しさであった。最高の見ごろの花は、このブログの再出発を祝ってくれているようであった。

 佐保川の桜@みごとな桜
クリックすると元のサイズで表示します

 佐保川の桜A両側から迫る桜
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ