2016/8/30

2回目の剣岳登山  短歌

今年から国民の祝日になった「山の日」は8月11日だが、我が登山クラブの8月例会はまさにその日から4日間の計画で剣岳に向かった。先輩社長と私の2名は同じクラブの例会で11年前にも一度計画し、無事に成功してきたタフで危険な山である。同行メンバー7名のうち5名は今回が初めての挑戦である。

剣岳という山は、新田次郎の「剣岳・点の記」にも登場するように、北アルプスでいや日本で一番最後に開かれた山とされている。山全体が鋭い岩峰で覆い尽されていて、どこから登ればいいのかもわかりにくい山である。近年では北アルプス全体で、登山にはヘルメットの着用が義務づけられているので私もイタリー製のヘルメットを購入して本番に臨んだ。

早朝に大阪を出たので、昼過ぎからは早速、室堂からの登りになる。ここでチームは剣岳本峰を目指す4名の本峰隊とその直前の前剣を目指す3名の別働隊とに分けられた。本峰隊は翌日の本峰登頂のために一つ先の山小屋まで行かねばならないためである。私は希望して後者の別働隊に入った。別働隊とはいえ、歩く速度が少し遅いだけで前剣までのコースは全く同じである。

天候はよい。室堂から一旦200メートル下って雷鳥沢から500メートル一気に登り返す途中で、日ごろのトレーニング不足がたたったのか、10kgを超える荷物を背負ってしまったせいか、早くも足が上がらず呼吸も苦しくなる。軽い高山病の症状のようだ。やっとのことで予定の小屋に着き宿泊した。

2日目は体調も回復し、一服剣から前剣まで行くことになったが、リーダーをしている先輩社長と話し合って、一服剣で文字どおりの「一服」することにした。目の前には前剣が聳え立っているが、我々の目は逆方向の剣沢やその向こうにゆったりと立ちはだかる別山と立山連峰の姿に向けられ、2人でこの登山クラブを作った22年前以来の様々なことや今後の山の楽しみ方などをじっくりと話すことができた。

3日目も最高の天候で周囲の眺望は素晴らしい。しかしながら体調のほうは疲れもあってあまり思わしくはない。と、私の足の運びの重たさを目ざとく見つけたリーダー殿は、途中から帰路も別働隊を編成する、との動議を出した。立山三山を越えて行く本隊のコースではなく、往路をたどりながら立山直下の同じ山小屋を目指すコースである。ありがたく受け入れた。

お蔭で、比較的ゆっくりと歩きながらリーダーと2人で前日と同じような話をじっくりと話すことができた。これまでの登山は、どちらかと言えば「ピークハント」というパターンであったが、これからは一服剣での周囲の景色を眺めながらゆったりと過ごす楽しみ方もあるのだなあと感じた。4日間の好天のおかげもあったが、実に爽やかな初めてのゆったり登山が楽しめた。親友で先輩のリーダーに大感謝である。

「湧き消ゆる北アルプスの白き雲 我を見下ろしゆたりと流る」

 剣沢からの剣岳の堂々とした姿
クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/8/20

GPTWとGPI  短歌

先日の新聞に一面広告でGPTW(Great Place To Work:働きがい指標)の記事があった。これは「信頼」と「誇り」と「連帯感」の3要素を測定して、その企業における働きがいを示そうとするもので、今や一流企業が競うようにしてその協会の審査を受けようとしているという。企業の力や位置づけを表す指標としては、これまでは売上高や利益率がよく用いられてきたが、最近ではそれ以外のものが使われるようになってきた、ということである。

一方、、先日のあるセミナーではGPI(Genuine Progress Indicator:真の発展指標、または真の進歩指標)という指標があることを知った。これは、1995年にアメリカのNGOが開発したもので、これまではGDP(国内総生産)一辺倒であった、国の発展度合いを測定する指標に新顔が加わった、ということである。

このように、世の中の進展というか成熟度に応じて、既存の常識や指標でなく新しい発想、新しい目標に沿った指標が表われるのは好ましいことである。聞いたところでは、お金や数字や効率至上主義であり、成果主義の産みの親であるあのアメリカでは、最近は人材育成の分野でも「プロセス」や「チームワーク」や「感情」を重視する傾向が強まっているそうだ。

料理でも和食が世界遺産になったり、日常的にも和食に脚光が当たっていると聞く。考えれば、働きがいやプロセスや感情を大切にするのは日本の伝統であるしお家芸とも呼べるものではないか。明治維新から150年近くにもなった今、西欧列国に追いつけ追い越せで、何でもかんでも欧米の物まねをするのはもういい加減にやめて、この国はもっと自信を持って堂々と振る舞い、自分の意見を言うようにしたらどうだろうか。

「盆過ぎて今年最後の花火には秋へつなぎの役目あるらし」
0

2016/8/3

ある日の和歌山弁講座  短歌

先日も和歌山弁のことを取り上げたが、登山クラブの6月の行き先は和歌山の龍門山であった。前回の悪天候とは比べ物にならないほどの好天である。私を含めみんなの気持ちは嫌が応でも高まり、自然と軽口が飛び交うようになった。そんな雰囲気のまま山頂へは予定より早く到着した。

と、そこではなぜか、私によるにわかづくりの和歌山弁講座が始まった。例えば、和歌山弁では、「ザ行」の発音が「ダ行」になることの紹介から始まった。和歌山弁では、「からだ」は「かだら」となるし、「ぜったい」は「でったい」となるから、「りゅうもんざん」は「りゅうもんだん」となるのである。これは同行のメンバーから大ウケとなった。

調子に乗った私は、さらに加えて、怪しい英語講座まで始めてしまった。それは河内弁の英訳講座がである。例えば、「How much are you?」は実際の英語では絶対に使ってはいけない表現だが、河内弁ではこれは「わりゃあ、なんぼのもんじゃ?」となる。また「To what class ard you bilonging?」は「わりゃあ、どこの組のもんじゃ?」となる。もちろん、大阪周辺でしか通用しないジョークである。

ことばというものは大切なものである。ビジネスの場面など意味を正確に伝える場合には標準語が適切だが、感情を表したりことばを楽しむには方言のほうが向いているなあと感じた。ある意味で、バイリンガルというものはこういうものなのかもしれない。ことばを使い分けるのは楽しいものである。

「この夏もゲリラ豪雨の頻発に備へバッグの小傘を確認」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ