2016/4/25

自分の意見を言うとぶつかるんだなあ  短歌

先日は、高校時代の同級生たち数人と会うために和歌山に出かけた。目的は、高校卒業後50年となることを記念した行事の打ち合わせのためである。そこには、クラス会で昨年会った人もいたが、6人のうちの半分は20年ぶりの再会である。

イベントの目的や、クラス毎に世話役を設けるなどの運営要領をメモした私の資料か奏効したのか、打ち合わせは実にスムーズに進み、開催の時期や時間帯や場所など主な点はビシビシと決まって行った。そのあとはお決まりの懇親会である。和歌山在住の物知りの案内で、とある居酒屋に入った。

一口食べて「これは旨い!」と思った。それもそのはず、その店の経営者は元は中央市場に長く勤めていた人で、毎朝市場に出かけて美味しい食材が見つかったときだけ買ってくるからである。そこまではよかったのだが、そこからは雲行きがおかしくなってしまった。というのは、メンバーの一人と議論になってしまったからである。

技術屋である彼は、打ち合わせの中での私の仕切り方に不満があったらしく、何かにつけて私にからんでくるのである。同級生だからという気安さから、私は誰にも遠慮や気遣いはなしで素直に自分の意見を述べていたのだが、どうやらその中には彼の気に入らないことが含まれていたようだ。とはいえ、こちらも自分の意見を翻す気持ちはさらさらない。

いったんは収まった議論だが、電車に乗ってからそれが再燃した。話題は私が働き始めた大学のことを批判したり、同窓会とは関係のないことまで発展するので、さすがの私も少し大きな声で反論した。最後に彼が言い出したのは、同窓会の打合せの中で彼の発言に対して冷たいと思えるような態度をとったことを持ち出してきた。

それでようやくわかった。彼が言いたかったのは実はそのことであり、その他のことは単なる刺身の妻であったのだと。何のことはない、それならそれでそのことを早く言ってほしかった。であれば、それについてはお詫びするとともにその解釈は誤解であったことをきちんと説明できたのに、と残念でならなかった。

自分の言いたいことを言うのが「自己主張」なら、言うべきことをきちんと伝えるのが「アサーション」である。彼にはそれを勉強してほしいものだ。しかしながら、その後も彼からは何ごともなかったかのように同窓会関連の連絡があるので、ホッとしている。いつか「アサーション」のことを伝えてあげたいものである。

「友ありて親しき中にも礼儀あり言ふべきことはきちんと話せ」

「久々の故郷なりや友の宴 酒よしあてよし笑顔よし」
0

2016/4/19

外国人旅行者の行動が変わってきたぞ  短歌

爆買いなどのことばを生んだ近年の日本への外国人旅行者だが、最近はその行動が少し変わってきたように思われる。まだまだ大半はバスで移動する団体旅行が多いが、よく見るとそうではない行動パターンが増えてきたようだ。

つまり、少人数で、身軽な服装で日本の街中を散歩しているカップルやグループや家族連れが増えている。彼らはたいてい大きなスーツケースではなく小さなリュックやショルダーバッグ姿であり、数人単位で電車など公共交通機関を使って移動している。これはどういう理由によるのであろうか?

一つの理由は、来日回数が2回以上のリピーターが増えたからではないだろうか。さらには、日本のあちこちを一気呵成に回るのではなく、気に入った町に何日もいる滞在型の旅行が増えたからではないだろうか。ではリピーターのウェイトが増えている理由は何だろう?

日本の治安がよいから、街がきれいだから、歴史があり歴史的遺物がたくさん残されているから、食べ物が美味しいから、人々が親切だから、など色々考えられるが、これという決めてはなかなか一つには絞りきれない。それは理由は一つではなく、いくつもの複合だからかもしれない。

いずれにしても、真の国際化というようなものはこのように進むのかもしれない。何か大きなイベントや制度や法律などによってある日突然変わるのではなく、日常的なお付き合いの中から、目に見えない速度でゆっくり自然に進むのではないだろうか。そんな気がした。

「何気なき日ごろの中に進みたる国際化とは積み重ねなり」

「我が国に日々進みたる国際化 改まるなく自然自然に」
1

2016/4/10

検札業務がやっと改善されたなあ  短歌

一昨日と今日は、一日空けて東京日帰りの出張であった。一昨日との夜と昨日に大切な会合があったため、効率の悪い出張となった。1ヵ月ぶりの新幹線で、ある変化に気づいた。それは、車掌による検札業務が大幅に削減されていたことである。

具体的には、座席指定車両においては原則として検札業務が廃止されたのである。近鉄など私鉄においてはITの活用により早くから検札業務は廃止されていたのだが、JRでは長年続けられていた悪弊がようやく解消されたのである。ただし、ジパングクラブなど割引特典のある乗車券については、その根拠となる会員証などの提示が求められることもあるようだ。

それにしても、あのJRがやっと変わったことは評価していいのではないだろうか。ちゃんと特急券や座席指定券を買っているにもかかわらず検札を受けるのは、飲酒運転もしていないのに警察官から検問を受けた時のように何となくイヤーな気持ちになったものである。それかなくなったということは実に喜ばしいことである。

言うまでもなく、このことは乗客にとって歓迎できるたけでなく、乗務員にとっても無駄な仕事がなくなり、乗客の安全や快適性のためのための時間が確保されることにつながるので、望ましい姿に近づいたと言えるだろう。この改善の背景というか前提条件にはIT技術の進化があることは間違いがない。しかしながら、単にそれだけの問題ではなく、トータルでの生産性の向上や利用者サービスの向上についてJRがようやく本気で考え始めたということだろう。

これこそが国鉄民営化の重要な目的の一つであった。さらなる進化を期待すると共に、同様に民営化された日本郵政にも自分達の利益を優先したり体質が後戻りすることないように意識改革を進めて、民営化の真の成果を出してもらいたい。

「サービスの真の向上果たすには顧客意識と生産性よ」

「サービスを国営するはその国の発展前の期間限定」
0

2016/4/7

特急料金あれこれ  短歌

最近、関西の私鉄を利用していて感じるのは、特急料金が各社まちまちであるということである。例えば、阪急電車や阪神電車、京阪電車では特急料金はかからないが、近鉄電車では特急料金が必要である。また南海電車では8両の車両のうち和歌山寄りの4両のみが指定席料金が必要で残りの半分の車両は無料という折衷スタイルである。

これはどういう理由によるのであろうか?よく考えてみると、一つの法則というか前提条件が見えてくる。それは、京都と大阪そして神戸を結び他社と競合してる路線では特急料金や指定席料金はかからない、という点である。そうでない路線では特急料金がかかっている。ということは、各社とも本来なら特急料金はとりたいものの競争に負けないためやむを得ずそうしていない、という構図が見えてくる。

ここで一つの問題が浮上する。それは、鉄道各社の相互乗り入れである。例えば、阪神と近鉄が相互乗り入れしている路線では、近鉄部分のみ特急料金がかかるというややこしい状況が発生している。これは利用者にとってはわかりにくいし、不便な点が多い。

私鉄電車の特急料金とは、果たして競合の有無だけで決まっていいものだろうか?特急料金がかけられないからと、車両は普通車両と何らの違いもないありふれたものであったり、普通車と何ら変わらないサービスであったりという縮小均衡に陥ってはいないのだろうか?

もしそうだとしたら、利用者不在の論理だと感じるのは私だけだろうか?たとえ他社との競合があったとしても、特長のある車両やサービスを投入して差別化を図るとか、利用者から見てわかりやすい料金体系にするとかの工夫はできないものだろうか?私鉄各社の努力を望みたい。

「朝ごとに春の風情の進みたる風に陽射しに花のかほりに」

「春ぼらけ霞の正体見つけたり黄砂花粉にPMなりや」

0

2016/4/3

奈良と神戸が近くなったなあ  短歌

近鉄電車と阪神電車が相互乗り入れを始めてから数年が経過したが、最近ではようやくその便利さを実感する機会が増えた。例えば、六甲山にハイキングに行った帰りは生駒駅まで乗り換えなしで帰れるのは疲れた身体にはありがたい。途中の甲子園球場に野球の応援に行く際も都合がよい。

そのほか、最近は近畿の大学野球リーグの応援のために大阪南港の舞洲野球場に行く機会が増えたが、この場合も阪神の西九条駅から市バスに乗れば球場前まで直行できる。昨日も今日も、大学OB会を代表して、連続して母校チームの応援に出かけたが、ずいぶん楽に行けた。

しかしながらまだまだ課題もある。その一つは、近鉄の特急電車が阪神線には乗り入れできていないことである。理由は、両社の料金体系の違いにあるらしい。しかしそんなことはその気になれば何とかなるはずである。奈良から神戸三ノ宮まで快速急行でも1時間20分もかかるのは納得しがたい。せめて1時間を切れば旅客はぐんと増えるに違いない。

この差は実はかなり大きいと言える。単に時間が短くなるだけでなく、例えば、奈良や神戸での訪問先の数や滞在時間が増えるため旅の楽しみ方が増えるし、訪問先に落ちるお金の量も間違いなく増えるに違いない。両社には、プロダクトアウトの発想でなくマーケットインの発想に切り替えて、付加価値を高める新機軸を切り開いてもらいたいものだ。

「これまでの旧き観念打ち捨てて新発想で付加価値上げよ」

「神戸から奈良へと繋がる鉄路には新たな魅力潜みいるなり」

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ