2015/5/19

ガラケーはなくならない  短歌

最近買い替えた車のカーナビは先進的なものである。これまでのカーナビは車という全く別の物体にこれまた別の物体を取り付けるというものであったが、先般買い替えた車のカーナビは車自体にコンピュータが内臓されていて、多機能を持つコントロールステーションの働きをするもので、そのアプリのひとつとしてカーナビが位置づけられているのである。

これを「マツダコネクト」と呼び、アプリはSDカードを介して読み込む。車の電子化が進んでいることは知っていたが、ここまで進化していたとは知らなかった。カーナビは車と別ものではなく車そのものが意思を持った感さえしてくる。それくらいの進化である。

ところが、しばらくしてあることに気づいた。いいところばかりではないのである。それは、この車では前の車種まではできていたハンズフリーによる通話ができないのである。操作の間違いかと思い、何度もトライしてみたがうまくいかない。そこで先日、定期点検の折りにディーラーの営業マンとサービスマンに診てもらったのだが、2時間くらいあれこれとやっても原因がわからない。そこへ来た若い営業マンが一言。「ああ、このマツダコネクトでは携帯の機種によってハンズフリーが使えないのがありますよ。スマホならほとんどの機種が使えますが。」と言うのだ。

温厚と言われるこの私でもこの一言で愕然とし怒り狂った。というのは、このシステムの前提は車のユーザーの全員がスマホを使用しているからである。ここでも何度か書いたかもしれないが、この私は早くにスマホを体験した上でその利点と共に不便性や限界に気づいて、スマホをやめてガラケーとタブレットの二丁使いに変えたのである。また取扱説明書のどこを見てもこれに関する注意事項さえない。

このメーカーの思想の原点は、マスコミなどの論調に引かされてか、この国のマツダユーザーはすべてがスマホユーザーであるという前提でシステムを構築しているようだ。ところがどっこい、我が国のユーザーの半分以上は今も、これからもガラケーユーザーなのである。それは関係官庁の調査データにも明らかである。

つまり、今も今後もスマホ以外のいわゆるガラケーユーザーは国民の半分いるし、それは今後も変わらないのである。なのに国民全体がスマホを利用するだろうとの前提に立った商品開発をしているのは信じられないことである。これでは近年劇的な衰退を見せている関西系の電機メーカー2社と同じではないか。

ここ数年、高い技術力を持って業績を急上昇させているマツダではあるが、このままでは関西電機メーカーの二の舞になるのは必至である。ユーザーを忘れたりないがしろに会いたメーカーに明日はない。今のうちに自分達の過ちに早く気づいて軌道修正されるよう、願うばかりである。

「消費者を見ずして何の業績か一時しのぎは命も奪ふ」

「流行を追ふは悪しきと思はねど地道に足で稼ぐこそ得」
0

2015/5/11

百年企業はどこが違うのか?  短歌

アメリカの「金融資本主義」でも中国の「国歌資本主義」でもない、日本らしい経営のあり方を目指す「公益資本主義推進協議会(略称PICC)」に昨年秋に加入した。

今はその中の「百年企業研究委員会」に参加し、百年以上続いている企業の研究を始めた。さしあたっての課題図書として田中真澄氏の「百年以上続いている会社はどこが違うのか?」を選定した。

世界には創業から100年以上の企業が約27000社あるがその半数以上が日本企業である。しかもその大半は中小企業だという。

以前に日経新聞連載の単行本化された「二百年企業」(全三巻)も読んだが、これも含め共通してわかることは「守るべきもの」と「変えるべきもの」を間違えずにきちんと行っているという点である。

守るべきものとは経営理念であり、変えるべきものとは組織や営業スタイルなどの手段である。永続のためには創業家出身者にこだわらず最適な人材を起用している企業も多い。

「進化論」のダーウィンによれば、「強いものではなく変化に適応できるものが生き残る」という。企業も変化にきちんと適応しなければなるまい。

「老舗たる企業の長寿の秘訣とは理念を守り手段を変へる」

「百年を超へる企業に共通の適応力こそ長寿の秘訣」

0

2015/5/4

トレーニング三昧の日々  短歌

ゴールデンウィークの4月末から5月1日にかけては、5年ぶりの九重連山の登山に出かけた。目的は、この9月に計画している北海道の利尻岳登山のための強化トレーニングである。メンバーは利尻岳を目指す同い年の4名である。

このメンバーでは、今年は利尻岳だが、来年は2回目の剣岳を計画している。その後も、ヒマラヤトレッキングなど、これまで日程的・経済的な理由で行きたくても行けなかった名山への遠征登山を計画している。この5年以内に行っておかないと体力的に限界が来るような山ばかりである。それだけに、トレーニングにも自然と力が入るのである。

初日は新幹線で久留米へ向かいそこからは九大本線で大分県の豊後中村に行き、そこから先は約50分間バスに揺られて九重登山口である「長者原(ちょうじゃばる)」に着く。そこからは徒歩で約2時間歩いて前線基地の「法華院温泉山荘」に入り宿泊する。ここは有名なキャンプ地「坊がつる」の一角にある。個室で前夜祭よろしく乾杯し翌日の健闘を誓い合ったのだが、あいにく天候は急激な下り坂に入る。

翌朝目覚めてみるとやはり雨が降っていて、天気予報によると一日中降り止まない様子である。仕方なく覚悟を決めて、小屋を出る段階から雨具の上下を着用して登山を開始する。目指すは九州本島の最高峰の「中岳」(1791m)である。その手前では「白口岳」、その後では「天狗ヶ城岳」も含めて3座に登れたのでまずまずよしとしよう。午後早くに小屋に戻ったら缶ビールと焼酎などで乾杯した。

そのあとは、持参のハーモニカで「坊がつる讃歌」の合唱となる。茨城から来たという同年代の男性も加わっての大合唱となり溜飲を下げた。3日目は打って変わっての日本晴れである。少々恨めしく感じながらも長者原への下山を開始する。下山後は往路と逆のコースで大阪へ向かった。豊後中村駅の待合室や博多からの新幹線の中でもビールや持参の焼酎などで酒盛りとなる。

九重山から帰り1日おいた昨日は、大学同窓会のハイキングクラブの例会で京都トレイルの北山コースの16kmを、比叡山のふもとの二ノ瀬駅から高雄の高山寺まで歩いてきた。3歳年上のリーダーからは私がトップ歩きを指名された。ワンゲル部時代の先輩の指名だから断ることはできない。ほぼ6時間かけて無事に歩き通したときはさすがにホッとした。

今月は17日に登山クラブの月例会、21日には強化トレーニングの第3回目という具合に、ハイキング日程が続く。体重をあと3キロ減らすためにもこのトレーニングには真摯に向かい合わねばなるまい。

「風薫る五月の空に九重山登りし友と酒酌み交はし」

「我が友と利尻登山の計画を立てて足腰強く鍛へむ」

 九重連山走破の前線基地「法華院温泉山荘」前にて
クリックすると元のサイズで表示します

 登山を終えて、登山口の「長者原」にて九重連山を背景に
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ