2013/6/29

小学校の「午前5時間制」  短歌

昨日の新聞に、1日5コマの授業を給食前に行う「午前5時間制」の記事が出ていた。この4月に採用したのは東京都武蔵村山市のある小学校で、市内の別の小学校が8年前に採用したのに続く2例目だそうである。

内容は、登校時間を10分間早めて、午前中に授業の大半を終了するもので、5時間目の授業は11:50からの45分間とし、給食時間は従来の12:10からではなく12:35からと25分遅らせるというものである。

この目的は、集中力が持続できる午前中にできるだけ多くの授業をこなし、併せて放課後を補習に充てるなどして児童の学力向上につなげることにあるらしい。採用前は、家族や教師の一部からうまくいくのか心配する声も出ていたようだが、採用後は、朝食をしっかり摂るようになった子供がいたり、6時間目の授業が従来よりも25分早く終わるため、放課後に友達と遊ぶ時間が増えた、など変化を歓迎する母親の声が出ているそうである。

学校教育の専門家によれば、「午前中は4コマという固定概念を崩す意欲的な取り組み」という見方がある一方で、「一定期間後に学力テストを実施するなどして、具体的な成果や課題を検証する必要もある」との慎重なコメントが記されていた。もっともな見解ではある。

私自身は大いに結構な試みだと感じたのだが、こういう意欲的な試みがなぜ各学校任せになっていて、横の展開が弱いのだろうか。大学の秋入学制もトーンダウンしているが、こういうことこそもっと文科省など国の行政機関が関連の制度や仕組みを見直すなどの支援をしたり、情報を公開してできるだけ多くの人のアイデアや考えを吸い上げられるようにすべきではないのか、と感じた。

「この国の明治以来の枠組みは時代に合はせ見直すときぞ」

「改革は現場単位か国単位 見極めてこそ行政なるぞ」
3

2013/6/16

自宅西側の展望が開けたぞ  短歌

自宅から毎朝見上げている生駒山だが、難点がひとつだけあった。それは自宅と生駒山を結ぶ線上に背の高いバラック小屋が建っていたことである。これはもとは自動車板金工場の建物であったが、廃業された後もずっと残されていたままであった。それが昨日、念願がかなったのかやっと撤去され生駒山への見通しがよくなったのである。

実は、その建物を含む広い土地にコンビニ「F」の建設が始まったので、その一環として古い建造物が撤去されたのである。工事は約2ヵ月間で、8月には店舗がオープンすると聞いている。我が家の北隣にはもともとコンビニ「S」があるので、結果としては大手のコンビニが国道168号線をはさんで真向かいに大型店舗を出し、競い合うことになるようだ。

近所には最近、大型の保育所も開設されたし、大阪府の枚方市と和歌山県の新宮市を結び我が家の前を通る国道168号線そのものも拡幅やまっすぐ整備するなどの改良工事が順次進んでいるが、それに伴い沿線にはどんどんと各種店舗の建設が進んでいくのであろう。

新しいコンビニがどうあれ、私は北隣のコンビニとは共存共栄でいくことを以前から決めている。転居後まもなくの、地元にまだ十分に慣れていない時期に担当した自治会の役員業務にも快く協力してもらった恩義がある。古い考えかもしれないが、私はそれを大切にしたい。

先日、和歌山に住む弟夫婦と一緒に母の米寿の祝いを内々で催したのだが、同居を始めて5年半、ありがたいことに母もすっかりこの地に馴染んでくれているのが何よりである。おまけに病弱の妻もことあるごとに「ここに住んでよかった」と言ってくれている。発展する我が町の姿を、家族も含めて喜びや満足と共に見守ることができるのは、終の住処をここに決めた私にとっては何よりの幸せである。

「毎朝に見上ぐる生駒の峰々も喜びゐるか見通し晴れて」

「ふるさとに実家の姿今はなく終の棲家に惚れ込む日々よ」

 自宅西側にあったバラック
クリックすると元のサイズで表示します

 バラックが解体され、見通しのよくなった生駒山
クリックすると元のサイズで表示します
2

2013/6/10

ポリープはどこへ行った?  短歌

毎年、誕生月の2月にはドック健診を受けている。今年の健診結果も特に気になる点はなかったが、医師から一点質問された。それは、7年前の大腸内視鏡検査の折にポリープが見つかっていたもののまだ小さいのでしばらく様子を見ることにしていたが、そろそろ再検査してみますか、というものであった。

自分自身でもすっかり忘れていたので、是非とも再検査したいと答え、自宅の近くの病院でも検査を受けられるように、紹介状を書いてもらった。それを携えて先日、近くの大学病院へ出かけた。7年前に比べると検査前の処置方法も簡素化の方向に改善されているようで、前日から飲む下剤の量も減るなど患者側の負担が少なくなっているのはいいことだと感じた。

担当してくれた検査担当の医師は若く、内視鏡が一番奥に到達するあたりではもたつくなどその扱いもまだまだの感はあったがともかくは無事に終了した。そのあとすぐに別室の診察室へ向かった。診察担当の医師もまだ若かったが、そこでの所見は「どこにもポリープなどは見当たらず、気になる点は何もありません」というものであった。7年前のポリープは消えていた、ということになる。

実は、今回の検査に臨む前は、7年も放置してしまっていたのでポリープが野放図に成長して手のつけられない状態になっている可能性もある、と最悪の場合も想定していた。しかしそれが真逆の診断結果だったので拍子抜けしたのが実感である。ただし少し時間がたった後は、何もなかって本当によかったと心から嬉しくなった。

それにしても7年前のポリープはどこへ行ったのだろうか。7年前といえば2つ目の職場へ転職したころであろうか。いずれにせよ、こんなこともあるのだなあと、昨日のランチ会では、これを話題に友人たちと明るく語り合ったのであった。

「健康は自分の努力で守るもの齢(とし)相応の生活により」

「平生は健康たること意識せず過ごせることのありがたきかな」
1

2013/6/6

体重減らしは意外に簡単だった  短歌

ここ1年間くらい体重減らしに取り組んでいたが、なかなか成果は得られていなかった。しかし、最近の1ヵ月間であっさりと3kgくらい減量できてしまった。原因ははっきりとしている。それは2つの取り組みが奏功したからである。

一つは自宅での晩酌をやめたことである。アルコール類が高カロリーなのは以前から知ってはいたが断酒についてはなかなか実現できないでいた。それをやめることになったきっかけは、5月初めに風邪を引いてこじらせてしまったことである。一週間くらい経ってもよくならないので、薬の効きがよくなるように晩酌を控えていたのである。風邪が完治してからもそれを続けているが、自宅以外での飲み会には普通に参加している。

もう一つは、最近テレビや新聞でも紹介している「ドローイン」を実践してみたことである。「ドローイン」とは英語で「内側に引く」という意味で、もともとは腰痛予防やその改善のために開発された理学療法のひとつである。やり方としては、背筋を伸ばして肩の力を抜き、ヘソを背中に近づけるイメージで腹を大きくへこます、というものである。

こんなことを始めてから体重を量ってみると、何と3kgも減っているではないか。それ以降は毎日体重を量りそれを記録しているが、もちろん日によって少々のアップダウンはあるものの、最近では安定的に67kgから68kgの間で推移している。自分なりの目標は65kgなのであと2kg落とさなければならないが、この調子でいけば何とかなるように思えてきた。

姿勢がよくなったせいか、副次効果として腰痛も感じなくなった。これなら好きな山歩きも苦にならない。こんなに簡単に体重が減らせるのなら、もっと早くから取り組んでおけばよかったと反省しきりである。

「念願の体重減らしは晩酌を控へてドローインにて仕上ぐ」

「体重を減らすは身体を軽くする文字どほりなる成果を得たり」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ