10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2007/1/30

名馬アンバーシャダイ、30歳で大往生  

29日午前、北海道新ひだか町のアロースタッドに繋養されていたアンバーシャダイ(牡30)が、放牧中の事故(右前脚骨折)により死亡した。

 アンバーシャダイは父ノーザンテースト、母クリアアンバー(その父Ambiopoise)という血統。大種牡馬ノーザンテーストの初年度産駒として、現役時代は古馬になってから本格化。81年有馬記念、83年天皇賞・春といったGI級レースほか、81年目黒記念・秋、82年AJCC、83年AJCCを勝つなど34戦11勝の成績を残し、83年にはJRA特別賞を受賞した。

 現役引退後、3億円でシンジケートが組まれ、アロースタッドで種牡馬入り。91年宝塚記念(GI)を勝ったメジロライアンを筆頭に、カミノクレッセ(日経新春杯-GII)、レインボーアンバー(弥生賞-GII)、カネトシガバナー(神戸新聞杯-GII)、ベストタイアップ(東京新聞杯-GIII)、エアジョーダン(共同通信杯4歳S-GIII)など16頭のJRA重賞勝ち馬を出した。昨年もカンファーベストが関屋記念(GIII)を制している。02年に種牡馬を引退し、同場で余生を送っていた。

 後継種牡馬としては、メジロライアンの産駒メジロブライト(天皇賞・春-GI)が種牡馬入りしたが、同馬は既に死亡しており、ベストタイアップやカミノクレッセも種牡馬を引退。現在はメジロライアンが主な存在となっている。

 また、母の父としても06年フローラS(GII)のヤマトマリオン(父オペラハウス)、04年フローラS(GII)のメイショウオスカル(父フジキセキ)などを出し、偉大なる父の血を後世に伝える役割を果たした。
0

2007/1/28

バイオレットS、シャドウストライプ無傷の3連勝  

京都競馬場で行われたバイオレットS(3歳OP、ダート1400m)は、安藤勝己騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.5倍)シャドウストライプ(牡3、美浦・加藤征弘厩舎)が後方2番手追走から、粘り込みを図る2番人気トロピカルライトをあっさりと交わし、1.3/4馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムは1分24秒5(良)。さらに3馬身差の3着に4番人気ビクトリーテツニーが入った。
0

2007/1/28

ゆりかもめ賞、マイネルヘンリー差し切り  

東京競馬場で行われたゆりかもめ賞(3歳500万下、芝2400m)は、津村明秀騎手騎乗の2番人気マイネルヘンリー(牡3、美浦・菅原泰夫厩舎)が、最後方追走から直線で外に持ち出すと、先に抜け出した6番人気エルソルダードに1.1/4馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムは2分27秒1(良)。さらに1.1/4馬身差の3着に7番人気サンアイブライトが入り、1番人気ヒカルオオゾラは7着に敗れた。
0

2007/1/28

こぶし賞、トーセンキャプテンがデビュー2連勝  

京都競馬場で行われたこぶし賞(3歳500万下、芝1600m)は、四位洋文騎手騎乗の1番人気トーセンキャプテン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、後方追走から直線入り口あたりで追い出し抜け出すと、外から襲いかかる2番人気シュガーヴァインを1.1/4馬身抑え優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。さらに3/4差の3着に3番人気パレスショットガンが入った。
0

2007/1/28

クロッカスS、サープラスシンガーが逃げ切る  

東京競馬場で行われたクロッカスS(3歳OP、芝1400m)は、田中勝春騎手騎乗の3番人気サープラスシンガー(牡3、美浦・宗像義忠厩舎)が好スタートから先手を奪うと、直線に向いても脚色衰えず、1番人気ウィズディクタットに1.1/4馬身差をつけて逃げ切った。勝ちタイムは1分22秒1(良)。さらに1.1/2差の3着には2番人気メダイヨンが入った。

0

2007/1/23

JRA賞授賞式、ディープインパクト関係者喜びの声  

【武豊騎手】
 国民的スターとなった馬に乗せてもらえたのは幸せです。彼ほどのパートナーはいないので、頼り切っていました。有馬記念の走りはすごかったと思います。その乗り味を知っているのは自分だけだと思うと、嬉しいですね。また、早くディープの子供に乗りたいです。

【池江泰郎調教師】
 このような名馬に巡り会い、調教師冥利に尽きますし幸せです。ディープインパクトには、何度「ありがとう」と言っても足りないぐらい感謝しています。

【金子真人オーナー】
 馬主としての20年分の幸せを2年でまとめて満喫させてもらった。一昨日ディープに会いに北海道に行って来ましたが、元気そうなので、ホッとしました。また、(種牡馬として)いい成果を残すよう頑張ってもらいたい。
0

2007/1/20

若駒S、モチが逃げ粘る  

京都競馬場で行われた若駒S(3歳OP、芝2000m)は、岩田康誠騎手騎乗の5番人気モチ(牡3、栗東・田中章博厩舎)がスタートから先手を取ると、直線に向いてしぶとく粘り、外から差を詰めた1番人気クルサードをハナ差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分05秒2(良)。さらにクビ差の3着には4番人気ブルーリッチが入った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ