10〜11年度第18回SEITOPOG                       第1位 神坂 33,490点、 第2位 日野原 31,790点、 第3位 内山 29,940点

2006/11/26

ジャパンC、騎手コメント  

1着ディープインパクト(武豊騎手)
 今日はディープでしたね。後ろから行くことは想定していましたし、何よりも道中ディープが楽しんで走っていました。残り700mでゴーサインを出しましたが、彼本来の走りができました。フランスがあのような結果でしたので、今日は勝ちたいという想いが強かったし、変わらずファンが温かく迎えてくれたので、嬉しかった。

2着ドリームパスポート(岩田康誠騎手)
 すごい瞬発力のある馬。道中もう少しスムーズだったら、もう少しきわどかったかも〜。走りますね。

3着ウィジャボード(L.デットーリ騎手)
 ちょっと狭いところに入ったが、それは4角で外を通りたくなかったので。なぜならこのコースは牝馬にとってタフなものだから。残り100mで脚が上がったが、でも力を出し切った。それにしても、ディープはファンタスティックな馬だね。

4着コスモバルク(五十嵐冬樹騎手)
 馬がリラックスしていたと思う。レースはハーツやトーセンが行かなかったのでハナヘ行きました。道中はスムーズでしたが、直線もたれた。寒い時期の北海道、体が絞り切れないなのもあったのかな? でもよく頑張っている。

5着フサイチパンドラ(福永祐一騎手)
 惜しかったね。スタートもよく、折り合いがついた。中1週でしたが具合もよく、直線もよく伸びている。今日は内容が良かったと思う。

6着メイショウサムソン(石橋守騎手)
 折り合いもついたのに、なんであれだけ最後伸びなかったんだろう…。

10着ハーツクライ(C.ルメール騎手)
 4角の手前まではいつものようにいい手応えだったが、コーナーをまわったら、急に止まった。喉はいつも鳴っているし、調教もきちんと走っているので、それが原因ではないと思う。なんでだろう? 何が原因なんだろう?
0

2006/11/26

07年JRAキャラクターは織田裕二  

 JRAは26日、07年度のJRAキャンペーンキャラクターに、俳優の織田裕二さん(38)を迎えることを発表した。

 キャンペーンキーワードは「FEEL LIVE」に決定。「生で見たレースは一生忘れない。その鼓動さえ聞こえるほど、馬を近くに感じられる競馬場。ライブ競馬の五感を揺さぶる迫力と、そこで展開されるドラマを伝えていく」キーワードとしている。

 織田裕二さんは67年12月13日生まれの38歳。91年のドラマ「東京ラブストーリー」で注目を浴び、その後もドラマ「踊る大捜査線(1997)」、映画「WHITEOUT(2000)」、「県庁の星(2006)」など多くのドラマや映画で活躍している。

【過去のJRAキャンペーンキャラクター】
88〜89年 小林薫
90〜91年 賀来千香子、柳葉敏郎
92〜93年 高倉健
94〜95年 中井貴一、真田広之、時任三郎
96〜97年 本木雅弘、鶴田真由
98〜99年 木村拓哉
00年 緒形拳、松嶋菜々子
01年 馬キャラ
02年 永瀬正敏、小林薫、妻夫木聡
03〜04年 明石家さんま
05〜06年 中居正広
0

2006/11/26

ジュベナイルフィリー(GI) 登録馬  

アストンマーチャン 54.0
アマノチェリーラン 54.0
アルヴィス 54.0
イクスキューズ 54.0
ウオッカ 54.0
キャッスルトン 54.0
クラウンプリンセス 54.0
グロリアスウェザー 54.0
コスモベル 54.0
ジーニアス 54.0
ストラテジー 54.0
スマートカスタム 54.0
ディーズメンフィス 54.0
テンザンコノハナ 54.0
ハギノルチェーレ 54.0
バクシンヒロイン 54.0
ハロースピード 54.0
ピンクカメオ 54.0
ホットファッション 54.0
マイネルーチェ 54.0
ミルクトーレル 54.0
メジロアダーラ 54.0
ルミナスハーバー 54.0
ローブデコルテ 54.0

0

2006/11/26

JCアラカルト  

●1番人気の優勝
 85年シンボリルドルフ、00年テイエムオペラオー、04年ゼンノロブロイに続く4頭目で、いずれも日本馬によるもの。

●三冠馬のJC制覇
 85年シンボリルドルフ以来の2頭目。ダービー馬の勝利は、シンボリルドルフ、92年トウカイテイオー、99年スペシャルウィーク、01年ジャングルポケットに続く5頭目。

●GI・6勝
 ディープインパクトはGI・6勝目。これはシンボリルドルフ、テイエムオペラオーの7勝に次ぐJRA歴代3位。

●単勝最低配当
 ディープインパクトの単勝配当130円は、00年テイエムオペラオー(150円)を上回る史上最低配当。

●日本馬のワンツー
 日本馬が1、2着を独占したのは、85年、98年、00年、01年、03年、04年に続き7回目。

●サンデーサイレンス産駒
 99年スペシャルウィーク、04年ゼンノロブロイに続く3勝目。

●生産者
 生産者のノーザンファームは01年ジャングルポケット続く2勝目。今年はフェブラリーS(カネヒキリ)、高松宮記念(オレハマッテルゼ)、天皇賞・春(ディープインパクト)、宝塚記念(ディープインパクト)、エリザベス女王杯(フサイチパンドラ)、ジャパンCダート(アロンダイト)に続き、GIは5頭で7勝目。前日のジャパンCダートに続く2日連続のGI勝利となった。

0

2006/11/26

JC、全着順、払戻金  

1 ディープインパクト 2:25.1
2 ドリームパスポート 2
3 ウィジャボード 1/2
4 コスモバルク 1
5 フサイチパンドラ 1.1/2
6 メイショウサムソン ハナ
7 フリードニア 1/2
8 スウィフトカレント 3/4
9 トーセンシャナオー 3.1/2
10 ハーツクライ 6
11 ユキノサンロイヤル 3.1/2

単勝
6 130円
複勝
6 110円
7 210円
3 190円
枠連
6-6 750円
馬連
6-7 750円
ワイド
6-7 270円
3-6 280円
3-7 840円
馬単
6-7 860円
3連複
3-6-7 1,400円
3連単
6-7-3 3,830円
0

2006/11/26

ディープインパクトが優勝  

日本中央競馬会(JRA)の第26回ジャパンカップ(GI・芝2400メートル)が26日、東京競馬場で開催され、武豊騎乗の2005年三冠馬で1番人気のディープインパクトが優勝した。
 2着にはドリームパスポート、3着にはウィジャボードが入線した。

0

2006/11/26

JC前日オッズ  

【単勝オッズ】※馬番、馬名、オッズ
06 ディープインパクト 1.6
01 ハーツクライ 5.9
03 ウィジャボード 7.6
07 ドリームパスポート 11.0
11 メイショウサムソン 12.0
10 コスモバルク 24.5
02 スウィフトカレント 37.1
08 フサイチパンドラ 38.2
09 フリードニア 63.9
05 トーセンシャナオー 112.2
04 ユキノサンロイヤル 130.3

馬連は1-6が2.9倍で1番人気。
馬単は6→1が3.7倍で1番人気。
3連複は1-3-6が4.8倍で1番人気。
3連単は6→1→3が12.8倍で1番人気。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ