浄化用ホワイトセージ

  | 投稿者: 浄化にホワイトセージ

ホワイトセージ浄化用


浄化用ホワイトセージ ミニサイズ(約13g〜18g)

ホワイトセージのミニサイズ。
こちらは、カリフォルニア産 無農薬の高品質浄化用ホワイトセージです。

ホワイトセージはパワーストーン等の石の浄化や、
場所の浄化、物の浄化など様々な浄化にに使う、お香の一種ともいえます。
火をつけて消したときに出る煙でパワーストーン等の石を数十秒燻すことで、
石を浄化させる作用があると言われています。

ホワイトセージとして一般的に知られているサルビア アピアナは
モジャバとソノラン砂漠の両方の西部にて発見されているカリフォルニア産です。
ホワイトセージは水はけのよい乾燥した土壌で、日光のよくあたる、
水気の少ない場所で育っています。

今日でも数多くのネーティブアメリカン部族の間で浄化の
儀式を行う際に使用されています。







浄化用 ホワイトセージ(リーフ) 45g

こちらは浄化用 ホワイトセージ、リーフタイプの45g入りです。

ホワイトセージとはハーブ系の植物で、サルビア科の一種です。
高さ50センチから1メートル以上まで伸び、薄いブルーの花を咲かせます。

ホワイトセージはいくつかあるセージの中でも特に神聖な種類とされています。
このセージは農薬などを使わず、野生で生えている物を手摘みで採取し、太陽の光で乾燥させています。

古来よりネイティブアメリカンたちはホワイトセージを浄化作用のある神聖なハーブとして大切に扱い、伝統的儀式などを行う際、大切な場所の浄化や祈りと感謝をささげるために使用していました。

天然石や部屋、気になる場所などの浄化に適していて、気持ちを落ち着かせたい時やリフレッシュしたい時などにもご利用いただけると効果的かと思います。

※火や、火のついたセージの取り扱いには、十分注意し、
燃えかすには水をかけて完全に消すようにしてください。


使用方法

1 灰皿かお香皿など不燃の容器を用意します。
2. セージの葉(1〜2枚)を手に持ち、先端に火を付けます。
3. 火がついたらすぐに振って火を消し、煙が出たら容器の上にのせます。
4. 浄化したい天然石を煙にかざし、10〜30秒ほどくぐらせます。
 (空間の浄化も出来ますので、浄化したい部屋で焚くと同時にお部屋の浄化にもなります。)
5 .浄化が終わったら、セージの燃えカスは水をかけて完全に消してください。

※火の取り扱いには十分ご注意ください。
※独特の匂いがしますがしますが、浄化作用のある煙ですのでご安心下さい。

【店長のコメント】

水晶のさざれやクラスターと並び、天然石の浄化に適したホワイトセージの葉の部分のみを集めました。
天然石だけでなく、お風呂場やトイレ、キッチンなどの水周りや、日のあたりにくい場所、会社などの空間の浄化にも適しています。
手軽な浄化グッズですが、火の取り扱いには十分ご注意下さい。
古来より伝わる浄化効果の強いホワイトセージです。



            >>その他の浄化用アイテムはこちら







ホワイトセージ・バンドル(20cm/60g)

【30本限定 浄化にお奨め】ホワイトセージ・バンドル(20cm/60g)

■心、空間、天然石の浄化に!
収穫したセージをすぐに束ねて、
太陽の光でたっぷり乾燥させて作る、
バンドルタイプのホワイトセージ。

強い浄化効果がありますので、
ネガティブな自分の心や魂、
悪い念を感じる空間、もちろん
パワーストーンアクセサリーの
浄化にもお使いいただけます。

また、香りが良いので、
お香代わりに使っても良いでしょう。
こちらのセージを使った感じは、
癖があまり強くない優しめの香りです。

■使用方法
バンドルタイプのセージも、
基本的な使用法はリーフと同じです。
先端に火を付けて炎は消し、
その煙で悪い念をいぶし出します。
糸をほどいてリーフとして使うことも可能です。

途中で火を消したい場合は、
蓋をして酸欠状態にするか、
お皿の上でもみ消してください。
長時間使用する場合には、
火の取り扱いに注意してください。

■長さ:約20cm/60g


>>【30本限定 浄化にお奨め】
ホワイトセージ・バンドルの感想・レビュー






パワーストーンやクリスタル等の石の浄化、
場所の浄化や物の浄化などにも使える浄化用ホワイトセージは
邪気や心身の浄化にもおすすめです。
すっきりしたい気分の時に、心を落ち着けたい時にもおためしください。






                     浄化用ホワイトセージ

新林の滝(サーキュレーター)







0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ