2017/4/24  15:40

15才の日記帳 @  思い出し話

探し物をしていたら、15才の頃に買った日記帳が出てきた。
青臭い詩を書きとめるために買った日記帳。
あまりにこっぱずかしいから、何度も捨てようと思ったが捨てられなかった。
二つの理由で、たぶん、この日記帳はこの先も捨てられない。



これが私の優しさです

窓の外の若葉について考えていいですか
そのむこうの青空について考えても?
永遠と虚無について考えていいですか
あなたが死にかけているときに

あなたが死にかけているときに
あなたについて考えないでいいですか
あなたから遠く遠くはなれて
生きている恋人のことを考えても?

それがあなたを考えることにつながる
とそう信じてもいいですか
それほど強くなっていいですか
あなたのおかげで


出典:『自選 谷川俊太郎詩集』(岩波文庫)




この日記帳の後ろのページには、この詩が載っている。
よく意味が解らなかった15の時から、この詩が好きだ。

死ぬ勇気もないし、死にたいとも思わないが
なんで生きてなきゃいけないかは解らなかった 息苦しい小中学生の頃。

なんとなくだけど…
今はずっとは続かないし、
自分が強くなって変えていってもいいんだ…と、思えた。


今もやっぱり、その同じ流れの中にいて、時々アップアップするけれど、
「人様の楽しい事に付き合う」という事を仕事に選んだから、笑っていられる。











クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



2

2011/6/4  2:16

2100万の便座  思い出し話

アイターンして10年たったよ〜。

自分たち名義じゃない、
シャンデリア型の照明のぶら下がる 吹き抜けのお家を完済し終えて
宮古島にやってきた。

あの家から持ち出したのは、
置いといても捨てられるだけだろう…と思った「ヒビの入ったウォシュレット」だけだ。
最近では、劣化してバラバラになり始めた20年以上の年代もん。



クリックすると元のサイズで表示します

新しいの、買ってもらいましたぁ〜!

なんだかね〜、しみじみ嬉しかったよ。
古いカサブタがポロンと落ちた感じだった。

古いウォシュレット君、さよ〜なら〜〜〜!




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2011/1/21  1:19

宮古島THINK10周年  思い出し話

亀さんの店、宮古島THINKが6月に10周年になる。


浜松THINKが10周年の時(思えば若かった・・・)
店を10年続けると云うのはなかなか出来る事じゃない
と、思ったので、頑張ってまとまった額のお祝いを送った。

あれから十数年、まさかその事を
まったく忘れているとは思わんかった。
お祝い金なんか絶対やらん!
品物に「妻寄贈」って書いといてやる。


クリックすると元のサイズで表示します


続きを読む
0

2010/6/14  22:32

あれから一年なのね〜。  思い出し話



誕生日でした。

51かぁ〜。
大人としての思慮分別とか、オバァとしての自覚とか、頓着無く生きていますが
微妙に身体にガタが来て考えさせられる・・・
半世紀以上生きてきたんだなぁって。


去年浜松に皆が集まって、私の誕生日を祝ってくれた。

もう、もう、そんな事在り得ないよねって思うぐらい、北から東から西から・・・。
去年の記事を見返して→記事1記事2 思わずウルウルするのはなぜだろう?

強行軍の浜松行きだったし、糸満での数日をはさんでいた。
帰ったら、パソコンに雷が落ちててネットにつなげなかった。
そのまんま、あっさりしたふたつの記事だけで私は終わってしまった。
その後も色々な事があって、あちらもこちらもご無沙汰しっ放しだ。
でも、参加者のブログで浜松オフ会を検索すれば、
あの時の幸せな気持ちが胸いっぱいに広がってくる。

ブログって不思議だなぁ。
誰かの過去記事が、別の誰かの過去とリンクしている。
私も誰かが懐かしく微笑んでくれるような記事をアップしていきたいなぁって思う。



さて、今日の誕生日
普通に過ぎるんだろうなぁと思って、何も言わないで居たら
「ランチ、行くかっ。」っと、亀さんが言ってくれた。 (=^▽^=)キャ♪


で、これをおねだりして買ってもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

沖縄の魚の下敷き〜! o(^▽^)o いいだろ〜!
・・・って、うらやましがるのは孫のYぐらいのもんか。。。



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2009/12/31  23:19

2009年の無有の10大ニュース  思い出し話



わっはっは〜!
間に合わないじゃないかぁ!


自分の備忘録として毎年書いてるのにぃ!!!o(`ω´*)o
なんか、編集漏れがありそうなので、正月にゆっくりアップしよう。 お粗末!

何はともあれ、新しい年を迎える事が出来る事に感謝!
来年は、も少しゆとりある人生・生活・フトコロを目指し、頑張ります。
みなさま、良い年をお迎えくださいませ。


忘れた頃にアップする
2009年、無有の10大ニュース → → → → →
続きを読む
1

2009/4/25  18:47

父とニュースと @  思い出し話



小学校に入るか入らないかぐらいの頃だったか・・・
わたしは、テレビの中で起こってる事のどれが本当の事だかわからなかった。


競艇選手の父は外出嫌いで、仕事(レース)から帰ってくると家に居る事が多かった。
テレビの前にも食卓にも、いつも父と私は長っちりだった。
ある日、テレビでやってる事は全部お話なの?って聞いてみた。

父は言った。
ドラマは役者さんが死んだフリしてるんで、終わったら立ち上がってお家に帰る。
でも、ニュースの中でつぶれている車は本当につぶれていて、
名前が出てる子供たちは本当につぶれて死んじゃったんだ。
ニュースで言ってる溜池で溺れて死んだ子は、もう家族にも会えないし、
ご飯も食べられないし、お墓に入れられちゃうんだ。

ものすごく怖かった。

子供一人が這いつくばってようやく通れるお寺の溜池の排水溝
(方向転換できないので、そのままバックで出て来る)に潜り込んで
ひとりで蟹や亀を捕ってたけど、それが急にできなくなった。

それまでは『人が死ぬ』という概念が理解できなかった。
と言うよりは、まったくそんなもんは知らなかったんだけどね。
それから急になだれ込むようになった情報量はすごかったように思う。
とは言っても・・・
いつも、いろんな事を考えてたみたいに自分では思うんだけど
傍目からは、部屋の隅でボーっとしてたり、アリの行列を何時間も見てたり
熱中すると人の話が聞こえなくて、ツバを飲み込むのを忘れて涎を垂らしたりと
少々心配な子だったみたいだ。


最近の無理心中のニュースとか見てて、ふっと思い出したから書いてみた。
亀の子タワシ〜
小さい子って、ニュースの中の事って本当だと思ってなかったりするから
ちゃんと一緒に見てお話してやりなよ。
お前さんも、忙しいだろうけどね、
お母さんはこう思うんだ・・・って、話してやる事は大事だよ。




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 

0

2009/2/20  0:43

願書の頃  思い出し話



世は受験シーズン真っ只中なんだねぇ。
ブログ仲間の記事で、願書の話が出ててぷちっと思い出した。


私はあまり字が上手くない。
ちゅ〜か、大きいだけが取り柄の丸文字でへたくそだ。(^◇^;)
自分の字があまりに下手で、劣等感を抱いていた私は、
高校受験の時、願書の記入を父にお願いした。父は達筆なの〜。

長所、短所の箇所で、「何て書くんや?」っと、父に聞かれた。

 そ・・そんなん、自分でわからへんやん。

 ふん! そうか・・・。

ちょちょちょい・・とボールペンで書いたのを覗いたら・・・



長所  誠実

短所  馬鹿正直 



泣いたね〜。 「お父ちゃんのアホ〜!」とか言いながら。
案の定、面接でも何だったかその辺りを聞かれたし。。。
『落ちたら、これのせいや!』と、物凄く暗い気分だったのを覚えてる。

(;¬_¬) そんなんで落とさへんて〜っと、今になれば思うんだけどね。


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ