2018/1/18  16:22

夫婦は合わせ鏡  身内の金言集

小学校低学年の頃の私は、母の体調が悪く、競艇選手の父が仕事に行っている時は
隣に住む、父の姉である『となりのおばちゃん』の所に預けられていた。

戦争未亡人で、女手一つで息子を育ててきた伯母は、
厳しかったが、とても可愛がってくれた。
それは、100歳近くになった今も変わらない。

うちの亀さんは、けっこう伯母のお気に入りだ。「面白い」そうだ。
滅多と伯母が気に入る人は居ないので、その時点で亀さんが「変わり者」なのは間違いない。

「あんたは、いっつも楽しそうやな〜。」会うといつも言われる。
『そりゃあんまりだ』とか『いい加減にしろよ』とか『今に見ていろ〜』とか
のたうち回っていた時期にも、やっぱり同じようにそう言われた。

「あんたがそうして居られるのは、旦那さんのお陰やで」
これには流石に反発したのだが、

『好むと好まざると、夫婦は合わせ鏡や。
あんたの旦那が面白いのはあんたの手柄や。』



ああ・・・そうなのね。。。
その言葉を反芻しながら、20年ほど暮らしてる。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2015/8/9  10:49

大好きな伯母  身内の金言集


小学生の頃、母が入院すると、私たち姉弟3人はそれぞれ親戚に預けられた。
父が競艇選手だったから、仕事の時はしばらく家を空ける事になるからだ。

私は隣に住む父の姉である『となりのおばちゃん』の所で生活した。

『働かざる者食うべからず』
小学校低学年の頭では、これは難しかった。

厳しかったけど、とても可愛がってくれた。


クリックすると元のサイズで表示します

『となりのおばちゃん』御年94?95?・・・もう、忘れたわ〜との事。
数年前まで、現役バリバリ美容師でした!
かくありたいと思う、今日この頃。




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2015/2/25  14:24

ケタの違う借金は。。。  身内の金言集

ママ(お姑さん)の 為になった言葉。

「桁の違う借金は生活を切り詰めても埋まらないのよ」

目からうろこの一言だった。

それが正しいかどうかじゃなく、最終的に事を成すために、
もっと大きく物事を考える必要があることを知った。

続きを読む
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ