2009/1/31  23:05

捕食者  宮古島



殺鼠剤関係の記事のまとめって事で〜! v(=^▽^=)

宮古島にはレッドデータブックに載るような生き物が少なくない。
一部の識者の努力で、そういう生き物の観察会なども行われている。
だが、総じて、分類とか食性とかにはあまり関心が持たれてないように思う。


私が会って蛍の話をした宮古生まれの人で、固有種の「ミヤコマドホタル」が
アフリカマイマイを食べて育つ事を知っていた人はいない。
っと言うか・・興味が無い。。。
ホタル見た事無い・・とか、
え?普通のホタルじゃないの?・・とか ε- (´、`*)  
当然、バンバン使われているマイマイペレットの使用に躊躇する人は居ない。

殺鼠剤ワルファリンを使うと、鼠はどのように死ぬか?
食べてすぐ、もがき苦しむようじゃ、他の鼠が毒餌を食べなくなってしまう。
だから、血液を凝固させる力がだんだん低下して出血して弱るようになっている。
眼底出血を起こすと目がよく見えなくなって明るい所へ出てくる。
これが「天井裏や家具の陰で死にません」と言う売り言葉になるわけだが。。。
脳出血も起こったりして運動能力が落ちて、捕食者に捕らえられやすくなる。
ここで、猫の二次摂取が起こる。
捕食者は猫だけではない。蛇だってそうだ。
蛇なんて死んだってかまわないと言う向きもあるかも知れないが。。。(#◣_◢)
肉食の鳥類、例えばサシバだってそうだ。
宮古の自然界の食物連鎖の頂点と言っていいサシバは、とても毒物を生物濃縮しやすい。
マイマイペレットの毒も、殺虫剤の毒も、殺鼠剤の毒も、最終的にサシバの腹の中。

いや・・サシバを密猟する人の腹の中、かな???

サシバ、食べないし〜 っと思った人
動物の腹の中に入らなかった毒素は、解けて流れて地下ダムへ〜。

自然の浄化作用を人為的なものが上回った時に、ツケは必ず回ってくる。
それを教える使命が行政やマスメディアにはあると思う。
さて、新聞に投稿したけど、取り上げてもらえるだろうか? ( ̄∀ ̄*)


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


0

2009/1/30  23:09

そんなおまえが大好きだ  孫かいじゅう




   クリックすると元のサイズで表示します


先生〜! 
1点やってくれ!


あ・・・ (;¬_¬) 「め」 じゃなくて 「ぬ」 だ。。。


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2009/1/30  16:15

きらきらガラスアート第二弾  無有工房



先日の上野小学校一年生の講座は、日曜日だった。
小学校の野球の選抜大会とワイドーマラソンとに重なり、
参加できない子も多かった。

と、言うわけで28日の放課後「ガラスアートの小びん作りパート2」


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

みんな大きくなったなぁ〜。( ̄v ̄*) 


クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


本日の生徒は『キジムナー』か? (^◇^;)
このガジュマルの木の茂みの中に、7名ほど居ます。
ちょっと・・・登ってみたかった・・・ f^_^; 


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



0

2009/1/28  23:36

殺鼠剤  宮古島


殺鼠剤について思うところ


実は今回、犬の『海』が食べた毒物は限定されたわけじゃない。
食べた物はもう消化されちゃっていたからだ。
でも、先生の『殺鼠剤』を想定しての治療が功を奏し、貧血と血便が止まった。

私が知っている限りで、知り合いの飼い犬が3匹、殺鼠剤(たぶん)で死んでいる。
殺鼠剤のワルファリンによる中毒症状は、体内のビタミンKが破壊されるために
血液を凝固させる作用が低下して起こるそうだ。
海もそうだったけど、歯茎が貧血で白くなって、血の混じった物を吐いて
液状の血便(ほとんど血といってもいいと思うけど)が垂れ流しになる。
死んでいった犬は、口や鼻からの血が止まらなくなって、可哀想で見ていられなくて
安楽死させたと聞いた。
彼女の犬はリード付きで公園を散歩していて、何か食べた気配がしたから
口の中を見たんだけど、もう飲み込んだ後だった。
まさかそんな毒物とは思わず、気がついた時にはもう打つ手の無い状態だった。


調べたところによると、ネズミ取り用の毒物によって起こる中毒は、描が多いそうだ。
ほとんどが殺鼠剤で死んだネズミを口にして起こるから。

どうしても納得いかない。
うちの犬は放し飼いにしてない。
「海」は確かにがっついてるが、死んだネズミは食べないと思う。
100歩ゆずって食べるような奴だとしても、散歩の10分20分のあいだに、
亀さんの目と、よりがっついてる「ひなた」の目を盗んでは無理だと思う。
第一、漁港だぞ、殺鼠剤を空中散布する場所じゃないだろ。

「散歩は、どこの公園ですか?」と、スタッフの方に聞かれた。
その方の言うには、同じような症状で運び込まれる動物がここしばらく多いのだそうな。
どうやら、殺鼠剤を公園に撒いている人がいるようだ。
去年、東京の多摩川河川敷で、動物愛護団体などが世話する野良猫のえさ容器に
殺鼠剤が混入される事件が起きている。
野鳥観察が趣味の男性のしわざだったらしい。
殺鼠剤を公園や漁港に撒く側にも撒く側の言い分があるのだろうが、
これは、あまりにも危険で悲惨だ。
一歩間違えれば、子供たちの命だって危ない。
 
こういう、バカタレの事をここでちんたら言ってても仕方が無い。
考え無しにやっちゃう馬鹿は何処にでもいるんだから。
それよりも、宮古島の場合は殺鼠剤が容易に手に入ってしまう空中散布
何とかしなきゃいかんと思う。
小さな袋に「食べないでください」と書いた殺鼠剤をヘリコプターからキビ畑に
ぱらぱらと落とすんだが、どうしても少しは道路に落ちる物が出てくる。
『道路に落ちてる殺鼠剤のパックは畑に投げ込んでください』
というニュースなんかも流れるのだが・・・
この人の善意を当てにしたやり方は、何とか変えていただけないだろうか?

毎年これを食べて中毒になる動物がいる。動物は字が読めないし。。。
お金を払わずに毒物が手に入ってしまうわけだから、いまいましい動物(?)に有効活用・・
と考える人がいても不思議は無いのかもしれない。
殺鼠剤って農薬みたいに配って貰うわけにいかないんだろうか?


さあ、私はどう動こうか・・・


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


中毒に関する分りやすいサイト → こちら

0

2009/1/25  23:31

海が死にかけだった事  無有ん家の生き物



はぁぁ〜、苦しかった。
やっと、書いてもいいかなって思える状態になった。
まだ、完全に安心してるわけじゃないけどね。



20日 火曜日 
 いつもの真謝漁港まで「お犬様車両ミゼット」で出かけて行った犬たち。
 広場で放して貰って、それぞれのペースで散歩する。
 亀さんが見守る中、走り回ったりトコトコ歩いたりして、
 呼ばれたらミゼットに飛び乗って帰ってくるんだが、
 この日スバルが釣り餌を拾い食いして、舌に釣針が刺さる。
 M獣医さんのお世話になる。

22日 木曜日 
 亀さんが奮起して、真謝に掛ける『ゴミは持ち帰りましょう』のポスターを作る。
 毎日気付いたゴミを拾うと決めて、ボランティア用ゴミ袋を
 役所に行って調達してくる。

23日 金曜日
 朝起きたら、海の調子が悪かった。
 昨夜は普通に食べてたのに、それを全部吐き出していた。
 朝ご飯も食べようとしない。液状の血便が出ていた。
 獣医さんに連れて行く。
 肝臓の数値がひどく悪くて、劇症肝炎に近いような状態になっているとの事。
 毒物中毒の可能性が高いと聞き、猫の天の事を思い出してパニクった私。
 毒物が消化吸収されてしまっているので、解毒剤がどのくらい効くかは
 体力と運しだいと言われる。 

24日 土曜日
 『殺鼠剤』を想定しての治療が功を奏し、貧血と血便がましになる。
 M獣医さんに「まだ安心できないが、良くなっているとは思います」っと言って貰った。
 でもね、天の時は、そう言って貰って、迎えに行く予定だった日の朝に
 「未明に死にました」っていう連絡が入った。
 生き物の命はわからない。

25日 日曜日
 血便が止まってた。M先生曰く。
 「こんなに回復が早いのは滅多といない。雑種だから強いのもあるだろうけど。」
 f^_^; あはは・・褒め言葉としていただいておきます。
 明日退院予定の『ウンチまみれの雑種の海ちゃん』・・・
 ちなみに、お聞きしてきた大体の治療費は、我が家の『ひと月分の食費相当額』(T◇T)
 (╬◣д◢) スバルといい、海といい〜!
 ワンコの拾い食いのせいで、人間は超緊縮生活となりそうです。
 それでも、助かってくれて本当に良かった。


まずは経過報告
この毒物、『殺鼠剤』についての話は次でしますね。




クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


0
タグ:  殺鼠剤 強運

2009/1/24  23:30

目玉オヤジ  



この間、亀さんから貰った〜♪

クリックすると元のサイズで表示します

マーティーのMのスワロフスキーが取れちゃったので
因幡の白兎目玉オヤジ・・・(;¬_¬) 邪道ですな〜

一反もめんが好き!          こんな物もありますぅ。 ↓
続きを読む
0

2009/1/22  22:11

ごぼう  日々の暮らし



いつが収穫期やら、分んないまんま大きくなった→ あのゴボウ

8月には→ あんな悲しい事 もあったけど、ここまで立派になりました。

クリックすると元のサイズで表示します


よし! (* ̄∀ ̄)9 今度晴れたら抜くぞ! 


クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ